屋根の強風・台風対策って屋根材によって違うって、ホント?

台風から家を守るには

近年、台風が大型化し北上することが多くなりました。そのため、これまであまり台風が来ないとされてきた地域にも被害が及ぶようになっています。日本中どこでも、台風の強風による被害を受ける可能性があるということです。
戸建住宅の場合、台風から大切な住まいを守るためのポイントと言えるのが屋根です。万一、風で屋根材が飛ばされると雨漏りという家にとって深刻なダメージを招くので、これを防ぐための対策が非常に大切です。
台風から住まいを守ることは屋根を守ることになりますが、屋根材によってその対策の仕方が違ってきます。住宅の一般的な屋根材には、瓦、人工スレート(以下スレート)、ガルバリウム鋼板を主とした金
属屋根(以下ガルバリウム鋼板)がありますが、それぞれ材質や特徴が異なるからです。今回は、これらの屋根材ごとの強風・台風対策の仕方を紹介します。

屋根材ごとに違う台風対策


<瓦>
瓦は粘土を成形し焼き固めた屋根材で、和風住宅によく使われています。高い耐久性がありますが、屋根材としては最も重量があるので強風で飛ばされると非常に危険です。風で瓦が飛ばされるのを防ぐには、しっかりと固定されていることが欠かせません。そこで、大切になるのが、瓦のズレがないか定期的にチェックすることです。とは言え、屋根に上がって点検するのは危険ですから、自分で行う場合は地上や窓からの目視にとどめ、屋根全体の点検は専門の業者に依頼しましょう。
築年数が経った古い住宅の瓦屋根で、土葺きと呼ばれる手法で葺かれている場合は、現行の葺き方よりも瓦がズレやすいので、葺き替えを検討した方がよいかもしれません。その場合、従来の瓦よりも軽く割れにくい防災瓦をズレたり脱落しないように固定するガイドライン工法という施工法で葺き替えれば、安全性を高められます。ただし、これは全面葺き替えになるので、工事費も高額になります。このように費用面での検討も必要になりますが、コストを抑えつつ、より軽く耐震性や耐風性も高めるには、スレートやガルバリウム鋼板への葺き替えという選択肢もあります。


<スレート>

スレートはセメントが主原料の軽く薄い板状の屋根材です。スレート屋根の台風対策は、瓦と同様、ズレを見逃さないことが大切です。特に、劣化が進んだ状態で強風にあおられると、屋根の頂点に固定された棟板金まで飛ばされる恐れがあり、そうなると屋根全体へのダメージにつながります。
したがって、劣化を抑えることが大きなポイントになりますが、そのためには定期的なメンテナンスが欠かせません。およそ10年を目安に、塗装の塗り替えと必要に応じてスレートと棟板金の補修を行うようにしましょう。劣化が進み塗装で性能が回復できない場合は、葺き替えを検討する必要があります。

 


<ガルバリウム鋼板>

金属であることから非常に軽量で耐震性も高く、サビへの耐性を持たせた屋根材です。ガルバリウム鋼板の屋根の台風対策は、下地にしっかりと固定することが基本になります。ガルバリウム鋼板は耐久性が高く、耐用年数は40年程度と言われ、20年にわたってメンテナンスフリーの製品もあります。しかし、屋根の下地はそれより先に傷んでくるので、10年に1度くらいの割合で専門業者に依頼して、点検と必要に応じた補修をした方がよいでしょう。

こうしてみると、いずれの屋根材の台風対策も、日ごろの点検やメンテナンスがカギになることが分かりますね。屋根材が飛ばされると雨漏りにつながり、一挙に建物が劣化します。大切な住まいを守るためには、屋根のメンテナンスを欠かさないことが大切です。

屋根材のおすすめ記事

  • 今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    外壁サイディングってなに? 家を建てたり、外装のリフォームをすることになったら、屋根や外壁にどのような材料を使うかが大きなポイントになります。材料によって建物全体の外観イメージが大きく変わりますし、その後の維持メンテナン…

  • スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    広く普及しているスレート屋根材とは 青空に風光る季節、日本の住宅街の眺めといえば、青い空に瓦屋根の家並みでしたが、それも懐かしいものとなりましたね。いま、瓦屋根にかわって、広く普及している屋根材はスレートと呼ばれるもので…

  • 災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    東大に江戸時代の瓦屋根 日本を代表する最高学府、東京大学。その本郷キャンパスのシンボルとなっているのが、通称「赤門」です。江戸時代後期に建てられたものですが、もともとは何の門だったのか、ご存知ですか? 赤門は、旧加賀藩の…

  • あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    歴史あるフシギなお寺 東京の中でも、とりわけ江戸情緒が残る街・築地。 その象徴ともいえる、にぎやかな場外市場から1本の通りをへだてた場所にそのお寺はあります。江戸時代から続く歴史と由緒ある寺院ながら、一歩その境内に踏み入…

  • 世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の優れた屋根材とは この4月から電力の全面自由化がスタートします。自由化によって事業者間で競争になれば、電気料金は安くなると思いがちですが、そうとは限りません。発電用の燃料費の変動が電気料金に大きく影響するよう…

  • アルベロベッロと白川郷 異なる屋根材のとんがり屋根の意外な関係

    アルベロベッロと白川郷 異なる屋根材のとんがり屋根の意外な関係

    イタリアのユニークなとんがり屋根 世界には、いろいろな変わった屋根があり、ユニークで美しい屋根が世界遺産となる景観をつくり出している場所があります。そんな場所の1つ、イタリア南部のアルベロベッロという村をご存知ですか? …

  • 今も国宝を守る日本最古の瓦屋根とは

    今も国宝を守る日本最古の瓦屋根とは

    瓦屋根はいつからあるの? 昔からこの国で住宅に最も多く使われてきた屋根材といえば、瓦ではないでしょうか。銅やガルバリウム鋼板でできた金属瓦、最近は樹脂製の瓦などもありますが、本来、瓦とは粘土を成形し焼いたものを指します。…

  • 歴史と現代に見る自然派の屋根材

    歴史と現代に見る自然派の屋根材

    日本で初めての屋根 飛騨高山の白川郷に代表される茅葺きの屋根の家並みは日本の原風景ともいわれます。そんな茅葺き屋根の材料「茅」ですが、これは特定の植物ではなく、ススキなどのイネ科の植物の総称です。この草で葺いた屋根を総じ…

  • 屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    ハイグレードな塗装鋼板とは 近年、住宅の外壁や屋根といった外装の材料として普及が進むガルバリウム鋼板をご存知でしょうか? 鋼板でありながら、サビに強く高い耐久性があり、金属特有の軽さから耐震性にもすぐれた建材です。このよ…

  • 屋根の雨音がうるさい……屋根の雨音を軽減する方法とは?

    屋根の雨音がうるさい……屋根の雨音を軽減する方法とは?

    自宅の屋根の雨音がうるさくて気になる……というとき、何か雨音を軽減するための効果的な方法はあるのでしょうか?屋根材による雨音の違いとその理由、そして屋根を完全に葺き替えてしまう以外の、コストと手間を抑えた軽減のための対策…

その他のおすすめ記事

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ