ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

ツーバイフォーって、なに?

住宅を建てるにはいろいろな工法があります。日本で木造住宅を建てる場合、在来工法に次いで多く用いられているのが、ツーバイフォー工法です。通称「ツーバイフォー」や「2 x 4」とも呼ばれることが多いこの工法は、アメリカで発祥し、昭和40年代に日本に伝わり普及するようになりました。

家を建てるとき、どの工法にするかで費用や工期が変わってきます。また、建てた後も工法によってメンテナンスやリフォームの仕方も異なるので、家を所有する上では工法について知っておくことが大切です。今回は、ツーバイフォー工法の特長とその家づくりの流れについてお伝えします。

 

ツーバイフォー工法の特長は

ツーバイフォー工法の日本語での名称は「枠組壁工法」。その名前が示す通り、断面が2 x 4インチの木材で作った枠に合板などの面材を取りつけたパネルで壁や床を構成していきます。近年は、このパネルの枠に2 x 6インチや4 x 4インチの木材を使用するタイプも登場し、その場合は「ツーバイシックス」や「フォーバイフォー」工法と呼ばれます。

柱やはりでできた骨組に壁をつけていく在来工法とは違い、ツーバイフォー工法では、柱やはりはなく、上述のパネルで箱を組み上げるようにして家を造っていくのが大きな特長です。

在来工法では、柱やはりといった「点と線」で建物を支えるのに対し、ツーバイフォー工法では、天井と床、4面の壁の合計「6つの面」で建物を支えます。このことから、基本的に耐震性のある構造となるので、公的に定められた基準通りの部材を使用し適切に施工していれば、特に耐震補強は必要ありません。さらに、木造ながら、気密性や断熱性の高い構造にもなります。

 

ツーバイフォーの家造りの手順は


では、実際にツーバイフォー工法で家を建てる場合、どのようなことをするのか知っておきたいところです。ここで、そのおおまかな流れをご紹介します。

 

1.地盤整備をし、自縄張り(敷地内の建物が建つ部分に縄を張り、設計図通りに配置を決める作業)をします。地鎮祭をしたい場合は、ここで行います。次いで、水盛り・遣(や)り方という建物の正確な位置を出す作業をして、コンクリート基礎の工事をします。
2.コンクリート基礎の上に土台を固定します。

※ここまでは、在来工法の家づくりと同様の手順になります。

 

3.1階の床となるパネルを作ります。この床面はプラットフォームと呼ばれ、壁枠組(壁体パネル)を作るための作業台になります。

 

4.1階の壁体パネルを作り、建て起こします。

※2階以上のフロアを作る場合は、3.から4.の手順の繰り返しになります。

 

5.屋根の骨組みとなる小屋組を作ります。棟上げ式をしたい場合は、ここで行います。

 

6.屋根工事、外部建具の取りつけ、天井の下地工事をします。配線・配管や断熱工事を行い、内壁の石膏ボードを貼りつけます。

 

7.内部の造作や内外装を仕上げ、内部建具を取りつけ、照明器具や設備類を設置し、完成です。竣工検査の後、必要であれば手直しを行い、施主へ引き渡しとなります。

 

以上の手順による工期の目安は3ヵ月程度ですが、これはあくまでも目安です。工期および工事の手順は、施工するハウスメーカーや工務店によって変わる場合があります。

 

ツーバイフォー工法は現場の施工効率がよく、他の工法に比べて工期が短くて済みます。また、部材や施工の規格も厳しく定められているので、業者による施工精度の差もあまり出ません。それだけにツーバイフォーの家づくりをするときは、この工法に精通した業者に依頼することが大切です。

 

耐震のおすすめ記事

  • 地震に強い家の条件とは

    地震に強い家の条件とは

    家に求められる耐震性能は? この国で住まいについて考えるとき、避けて通れないのが地震対策です。ここ数年でも、記憶に新しい大きな地震がありました。これから家を建てたり、購入するのなら、しっかりと耐震性能を見きわめたいもので…

  • 耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームの重要なポイントとは この春で東日本大震災から5年になりますが、マイホームの耐震性については、気に留めておきたいものです。戸建住宅の耐震性を考える上で、何に気をつければ良いのでしょう。 よく言われているポイ…

  • 在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    「ツーバイフォー(2×4)」は、19世紀に北米で生まれた住宅工法のひとつです。日本には1970年代に導入され、“耐震性の高い工法”として幅広く普及しました。実際、阪神淡路大震災や東日本大震災ではこの工法で建てられた住宅の…

  • 知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    地震大国として知られる日本。地震の多い地に併せて建築分野でもその対策が進化していますが、地震対策において耐震、制震、免震という三つの技術が用いられているのはご存知でしょうか。ここではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを…

  • 中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

  • 「地震に強い家」とはどんな家? 地震に強い家と弱い家の違い

    「地震に強い家」とはどんな家? 地震に強い家と弱い家の違い

    揺れを感じない小さな地震も含めると、日本では相当な回数の地震が起こっています。そんな日本で暮らしている以上、自宅が地震に弱い家か、それとも地震に強い家なのかは気になるところですね。そこで、ここでは地震に弱い家、強い家それ…

  • 古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • 地震に備えて屋根工事をしよう! 耐震性に優れている屋根とは?

    地震に備えて屋根工事をしよう! 耐震性に優れている屋根とは?

    耐震性を考えて屋根工事をしよう、と目にしたことがある方も少なくないと思います。では、耐震性に優れている屋根とはいったいどのような屋根なのでしょうか。ここでは、耐震性に優れた屋根、地震に強い屋根にするにはどんな工事が必要な…

  • 在来工法の家づくりって、どんなもの?

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    日本で最も多い家づくりの工法 住宅を建てるにはいろんな構法がありますが、日本で最も多く用いられているのが木造軸組構法です。在来工法とも呼ばれ、木材が豊かなこの国に古くから伝わってきた家づくりの方法です。木の柱や梁(はり)…

  • 在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

    在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

      工法によって、リフォームの仕方が変わる? 近年、年数を経た家を建て替えるのではなくリフォームをして暮らしやすさや価値を向上させるケースが多くなっています。また、地震や台風などの災害対策としてのリフォームを考…

その他のおすすめ記事

  • 耐震

    在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

    在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

      工法によって、リフォームの仕方が変わる? 近年、年数を経た家を建て替えるのではなくリフォームをして暮らしやすさや価値を向上させるケースが多くなっています。また、地震や台風などの災害対策としてのリフォームを考…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ