ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

ツーバイフォーって、なに?

住宅を建てるにはいろいろな工法があります。日本で木造住宅を建てる場合、在来工法に次いで多く用いられているのが、ツーバイフォー工法です。通称「ツーバイフォー」や「2 x 4」とも呼ばれることが多いこの工法は、アメリカで発祥し、昭和40年代に日本に伝わり普及するようになりました。

家を建てるとき、どの工法にするかで費用や工期が変わってきます。また、建てた後も工法によってメンテナンスやリフォームの仕方も異なるので、家を所有する上では工法について知っておくことが大切です。今回は、ツーバイフォー工法の特長とその家づくりの流れについてお伝えします。

 

ツーバイフォー工法の特長は

ツーバイフォー工法の日本語での名称は「枠組壁工法」。その名前が示す通り、断面が2 x 4インチの木材で作った枠に合板などの面材を取りつけたパネルで壁や床を構成していきます。近年は、このパネルの枠に2 x 6インチや4 x 4インチの木材を使用するタイプも登場し、その場合は「ツーバイシックス」や「フォーバイフォー」工法と呼ばれます。

柱やはりでできた骨組に壁をつけていく在来工法とは違い、ツーバイフォー工法では、柱やはりはなく、上述のパネルで箱を組み上げるようにして家を造っていくのが大きな特長です。

在来工法では、柱やはりといった「点と線」で建物を支えるのに対し、ツーバイフォー工法では、天井と床、4面の壁の合計「6つの面」で建物を支えます。このことから、基本的に耐震性のある構造となるので、公的に定められた基準通りの部材を使用し適切に施工していれば、特に耐震補強は必要ありません。さらに、木造ながら、気密性や断熱性の高い構造にもなります。

 

ツーバイフォーの家造りの手順は


では、実際にツーバイフォー工法で家を建てる場合、どのようなことをするのか知っておきたいところです。ここで、そのおおまかな流れをご紹介します。

 

1.地盤整備をし、自縄張り(敷地内の建物が建つ部分に縄を張り、設計図通りに配置を決める作業)をします。地鎮祭をしたい場合は、ここで行います。次いで、水盛り・遣(や)り方という建物の正確な位置を出す作業をして、コンクリート基礎の工事をします。
2.コンクリート基礎の上に土台を固定します。

※ここまでは、在来工法の家づくりと同様の手順になります。

 

3.1階の床となるパネルを作ります。この床面はプラットフォームと呼ばれ、壁枠組(壁体パネル)を作るための作業台になります。

 

4.1階の壁体パネルを作り、建て起こします。

※2階以上のフロアを作る場合は、3.から4.の手順の繰り返しになります。

 

5.屋根の骨組みとなる小屋組を作ります。棟上げ式をしたい場合は、ここで行います。

 

6.屋根工事、外部建具の取りつけ、天井の下地工事をします。配線・配管や断熱工事を行い、内壁の石膏ボードを貼りつけます。

 

7.内部の造作や内外装を仕上げ、内部建具を取りつけ、照明器具や設備類を設置し、完成です。竣工検査の後、必要であれば手直しを行い、施主へ引き渡しとなります。

 

以上の手順による工期の目安は3ヵ月程度ですが、これはあくまでも目安です。工期および工事の手順は、施工するハウスメーカーや工務店によって変わる場合があります。

 

ツーバイフォー工法は現場の施工効率がよく、他の工法に比べて工期が短くて済みます。また、部材や施工の規格も厳しく定められているので、業者による施工精度の差もあまり出ません。それだけにツーバイフォーの家づくりをするときは、この工法に精通した業者に依頼することが大切です。

 

耐震のおすすめ記事

  • 古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • 大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

    大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

      江戸時代以前の耐震対策とは 日本が世界でも有数の地震大国であるのは誰しもが認めるところです。そのため、日本の住宅耐震技術は非常にすぐれたものとなっています。特に1923(大正12)年の関東大震災以降、耐震研…

  • 地震に強い家の条件とは

    地震に強い家の条件とは

    家に求められる耐震性能は? この国で住まいについて考えるとき、避けて通れないのが地震対策です。ここ数年でも、記憶に新しい大きな地震がありました。これから家を建てたり、購入するのなら、しっかりと耐震性能を見きわめたいもので…

  • 知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    地震大国として知られる日本。地震の多い地に併せて建築分野でもその対策が進化していますが、地震対策において耐震、制震、免震という三つの技術が用いられているのはご存知でしょうか。ここではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを…

  • わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫? この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。 木造住宅については、屋根が重いと地…

  • 耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

  • 在来工法の家づくりって、どんなもの?

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    日本で最も多い家づくりの工法 住宅を建てるにはいろんな構法がありますが、日本で最も多く用いられているのが木造軸組構法です。在来工法とも呼ばれ、木材が豊かなこの国に古くから伝わってきた家づくりの方法です。木の柱や梁(はり)…

  • 耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームの重要なポイントとは この春で東日本大震災から5年になりますが、マイホームの耐震性については、気に留めておきたいものです。戸建住宅の耐震性を考える上で、何に気をつければ良いのでしょう。 よく言われているポイ…

  • 2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    日本では比較的新しい工法、2×4 現代の日本で木造住宅を建てる場合、主に木造軸組構法と枠組壁工法の2通りの工法があります。 木造軸組構法は古来より日本に伝わる建築工法であることから、在来工法とも呼ばれます。これに対し、通…

  • 中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

その他のおすすめ記事

  • 耐震

    耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームの重要なポイントとは この春で東日本大震災から5年になりますが、マイホームの耐震性については、気に留めておきたいものです。戸建住宅の耐震性を考える上で、何に気をつければ良いのでしょう。 よく言われているポイ…

  • 屋根

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    住宅の外観デザインのポイントは これから家を建てることになったら、家の中も外も思い通りのデザインにしたいですね。このごろは、立地環境やライフスタイルにあわせて、住宅の外観にこだわる人が増えています。道行く人が感心するよう…

  • ライフスタイル

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールという考え方 家は快適に暮らすための場所であるのはもちろんですが、住む人のセンスやライフスタイルを表現できる場でもあります。おしゃれな家づくりをするなら、内装から外観までトータルにコーディネートしたいもので…

  • 耐震

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫? この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。 木造住宅については、屋根が重いと地…

  • リフォーム

    リフォームやリノベーションの前に考えよう 使いやすいキッチンの条件とは

    リフォームやリノベーションの前に考えよう 使いやすいキッチンの条件とは

    使いやすいキッチンって、どんなもの? キッチンは家の中でも特にモノが多く、長い時間家事をする場所ですから、効率のよい空間であってほしいもの。リフォームやリノベーションをすることになった場合も、何かと要望が多くなる場所です…

  • 耐震

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    日本では比較的新しい工法、2×4 現代の日本で木造住宅を建てる場合、主に木造軸組構法と枠組壁工法の2通りの工法があります。 木造軸組構法は古来より日本に伝わる建築工法であることから、在来工法とも呼ばれます。これに対し、通…

  • リフォーム

    外装リフォームのときには防犯のことも考えよう

    外装リフォームのときには防犯のことも考えよう

    秋冬は空き巣が増える!? このところ、朝夕冷え込むようになってきましたね。衣類を入れ替えたり、暖房器具を出したり、冬への準備をされるご家庭も多いと思います。これに加え、この時期に気をつけていただきたいことがあります。 そ…

  • ライフスタイル

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    収納で個性的な住まいを演出? ライフスタイルにこだわった個性的な住まいにしたいと思う人は少なくないでしょう。特に戸建住宅なら、外観から内装まで、まるごと思い通りの家づくりができます。わが家の個性を演出するなら、内・外装の…

  • 耐震

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

  • 屋根

    ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ライフスタイルを広げるスペースとは 断熱性の高い現代の住宅の室内は冷暖房がよく効き、季節を問わず暮らしやすくなっています。そうはいっても、気候の良い時期には、住まいの中に自然の風や光を取り入れたいもの。 屋内と外をつなぐ…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ