耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

耐震リフォームの重要なポイントとは

この春で東日本大震災から5年になりますが、マイホームの耐震性については、気に留めておきたいものです。戸建住宅の耐震性を考える上で、何に気をつければ良いのでしょう。
よく言われているポイントは、「屋根」、「柱」、「基礎」、「壁」などです。
耐震リフォームの際に、特に気をつけて補強を検討したい箇所ですが、ここで幾つか、その補強工事のポイントをご紹介しましょう。

・屋根:屋根の重量によっては、地震時の揺れが増幅したり、屋根材などが落下してくる危険性があります。そこで、ポイントとなるのが軽量化。重量が軽く、割れたり落下したりしない屋根材に葺き替えることで、地震の時の被害を軽減できるといわれています。

・柱:日本の一般的な木造住宅の場合、柱の補強は比較的重要といわれています。柱と土台、柱と梁をつなぐ部分を金具で補強します。また、湿気による腐食、シロアリ被害があれば、その部分を取り除き、新しい木材で継いで金具で固定します。

・基礎:1981年の新耐震基準以前に建てられた住宅の中には、脆弱な基礎のものがあるとの懸念があります。その場合は、鉄筋入りのコンクリートによる補強などの検討が必要な場合もあります。また、地盤がゆるい場合は地盤の改良や建物下へのくい打ちが必要になることも。

・壁:一般的に日本の戸建住宅に多い在来工法は、横揺れに弱いといわれています。そのための補強策として、構造用合板という板を柱や土台に打ち付けるなどの対策をすることがあります。また、柱と梁の間に筋交いを入れて補強するなどの工法もあります。

耐震性と屋根の関係

ここで、少し詳しく屋根について見てみましょう。
地震の時、屋根の材質によって家全体の揺れ方が大きく変わります。その理由は、屋根の重さにより家屋の重心の位置が変わるからです。屋根は家屋の一番上に乗っているものですから、重ければ建物の重心の位置は自然と高くなります。
重心が高いほど不安定になり、地震時の揺れ幅が大きくなるのです。さらに、実際に揺れるときには、建物の先端に遠心力が働き、本来の重さの何倍もの力が加わります。したがって、屋根が重ければ重いほど、屋根の落下や建物そのものの倒壊の危険性も高まります。
一方、屋根が軽ければ、重心は下がり地面に近づくので安定感があり、地震の揺れも小さく伝わります。つまり、屋根は軽ければ軽いほど、減震が期待でき耐震性が高まるのです。
こうしたことから、屋根の耐震性を高めるには、丈夫で軽い屋根材への変更が重要ポイントといえます。

屋根の耐震リフォームと屋根材選び

では、どのような屋根材に変えればよいのでしょう。屋根の重さは屋根材によって大きく異なります。ここで、一般的な屋根材の重量を比較してみましょう。

<屋根材の重量の比較:100m2の家屋の場合>
瓦屋根:約6トン
スレート屋根:約2トン
金属屋根:約600キログラム
※建物個別の条件等により状況は異なります。

このように同じ大きさの屋根でも、屋根材により重量は大きく変わります。最も軽いのが”金属屋根”ですから、耐震性も最も高いと言えますね。
このことからも、近年、瓦やスレートから強度もある金属屋根へ葺き替えるケースが増えているのです。
日本は地震の多い国です。耐震補強の必要性を感じながら、リフォームはまだという方も少なくないかもしれません。安心して暮らすために、この機会に耐震リフォームを検討されてはいかがでしょうか?

耐震のおすすめ記事

  • しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    今、あなたが住んでいる木造住宅は大きな地震が来たとしても倒壊や大破することなく、十分に耐えられる構造や性能を備えているでしょうか? もしも地震対策や耐震性について不安があるのなら、すぐにでも手を打っておくべきです。地震に…

  • 耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

  • 古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • 「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    わが家の耐震性を再確認 1981年に新耐震基準が施行されましたが、それ以前に建てられた木造住宅と以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。全国の多くの自治体では、新耐震基準以前に建てられた木造住宅などを対象に耐震診断…

  • 知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    地震大国として知られる日本。地震の多い地に併せて建築分野でもその対策が進化していますが、地震対策において耐震、制震、免震という三つの技術が用いられているのはご存知でしょうか。ここではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを…

  • 地震に強い家の条件とは

    地震に強い家の条件とは

    家に求められる耐震性能は? この国で住まいについて考えるとき、避けて通れないのが地震対策です。ここ数年でも、記憶に新しい大きな地震がありました。これから家を建てたり、購入するのなら、しっかりと耐震性能を見きわめたいもので…

  • ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーって、なに? 住宅を建てるにはいろいろな工法があります。日本で木造住宅を建てる場合、在来工法に次いで多く用いられているのが、ツーバイフォー工法です。通称「ツーバイフォー」や「2 x 4」とも呼ばれることが多…

  • どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    耐震診断・耐震補強は大切だけど 地震の多いこの国では、住宅の耐震性はとても大切です。今後も大きな地震の可能性が予測されており、家族を守るためにも、わが家がどのくらい安全なのか知っておきたいものです。そんなことから、耐震診…

  • 地震に備えて屋根工事をしよう! 耐震性に優れている屋根とは?

    地震に備えて屋根工事をしよう! 耐震性に優れている屋根とは?

    耐震性を考えて屋根工事をしよう、と目にしたことがある方も少なくないと思います。では、耐震性に優れている屋根とはいったいどのような屋根なのでしょうか。ここでは、耐震性に優れた屋根、地震に強い屋根にするにはどんな工事が必要な…

  • 在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

    在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

      工法によって、リフォームの仕方が変わる? 近年、年数を経た家を建て替えるのではなくリフォームをして暮らしやすさや価値を向上させるケースが多くなっています。また、地震や台風などの災害対策としてのリフォームを考…

その他のおすすめ記事

  • 耐震

    在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

    在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

      工法によって、リフォームの仕方が変わる? 近年、年数を経た家を建て替えるのではなくリフォームをして暮らしやすさや価値を向上させるケースが多くなっています。また、地震や台風などの災害対策としてのリフォームを考…

  • 耐震

    ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーって、なに? 住宅を建てるにはいろいろな工法があります。日本で木造住宅を建てる場合、在来工法に次いで多く用いられているのが、ツーバイフォー工法です。通称「ツーバイフォー」や「2 x 4」とも呼ばれることが多…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ