耐震性にも優れる美しいデザインの家

家の耐震性は外観デザインと関係する?

地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、気に入ったデザインの外観や内装にしたいものです。そして、いつまでも美しく維持していきたいですね。
家の外観は主に屋根と外壁といった外装で構成されますが、屋根材と外壁材の色やデザインによって家全体のイメージがほぼ決まります。また、こうした外装は住宅の耐震性に加え防水性、断熱性などを左右する部分であり、防災面での安全性はもちろん、日々快適に暮らせるかどうかに大きく関わります。
このように、住宅の性能やデザイン性の決め手となる外装ですが、特に気を使いたいのが「屋根」です。屋根は、日ごろからあまり意識しないかもしれませんが、耐震性や耐久性といった住宅の性能とデザイン性の面からも重要な部分なのです。

住宅の性能と外観に大きく影響する屋根

地震のときには、屋根の重さによって建物の揺れ方が異なります。そのため、屋根の耐震性は重量によって左右され、軽い屋根ほど耐震性が高くなります。さらに、日ごろからの風雨や紫外線、また台風や寒暖差からも住まいを守るものですから、屋根には耐久性も必要です。
一方、家の外観デザインを考えるとき、まず気になるのが外壁の色やテクスチャーかもしれません。しかし、同じ外壁でも屋根の色とデザインによって大きくイメージが変わります。外壁との配色は面積比によっても、また同じ配色でも屋根のカタチによってもイメージは違ってきます。
意外なほどに家の外観デザインを決める上で屋根は存在感があるのです。したがって、屋根は耐震性などの住宅の性能からも、デザイン性からも重要といえますね。
こうした屋根の性能やデザイン性は屋根材によって異なります。住宅の耐震補強を含めリフォームを考えるなら、高い性能とデザイン性をあわせ持つ屋根材に変更したいですね。とはいえ、そのような屋根材はあるのでしょうか?

耐震性とデザイン性をあわせ持つ屋根材とは

高い耐震性や耐久性、そして比較的自由なカタチに成型できる屋根材はあります。それは、ガルバリウム鋼板の「金属屋根」。実は、金属屋根の高い耐震性は美しいデザインに関係しているのです。
金属屋根の重量は瓦の約10分の1という驚きの軽さ。現在、一般的に使用されている屋根材の中で最も耐震性に優れています。優れた耐震性は薄く伸ばすことが可能な金属の特性により実現したもの。この特性がデザイン性にも大きく関係しているのです。
瓦の形状は数種類、スレートはほぼ板状と決まっています。これに対し、薄く伸ばす、曲げるなどフレキシブルに加工がしやすい金属は多様な成型と多彩なカラー塗装が可能です。また、縦型・横型など様々な素材を使い、ライフスタイルにあわせた好みの形状の屋根を作ることが可能です。
例えば、金属素材であるガルバリウム鋼板の屋根材には板状や瓦の形状のものがあり、一見すると本物のウッド素材や和瓦、洋瓦のような造型性です。こうした金属屋根なら、形状に加え、色やテクスチャーも豊富で、様々な住宅デザインを引き立てます。
その上、地震などの万が一の災害の場合も、屋根材が壊れたり落下したりすることがほとんどありませんので安心です。

耐震性に優れた金属素材だからできる美しいデザインの屋根。リフォームの際には、ぜひ検討したいですね。

耐震のおすすめ記事

  • 在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    「ツーバイフォー(2×4)」は、19世紀に北米で生まれた住宅工法のひとつです。日本には1970年代に導入され、“耐震性の高い工法”として幅広く普及しました。実際、阪神淡路大震災や東日本大震災ではこの工法で建てられた住宅の…

  • 在来工法の家づくりって、どんなもの?

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    日本で最も多い家づくりの工法 住宅を建てるにはいろんな構法がありますが、日本で最も多く用いられているのが木造軸組構法です。在来工法とも呼ばれ、木材が豊かなこの国に古くから伝わってきた家づくりの方法です。木の柱や梁(はり)…

  • 「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    わが家の耐震性を再確認 1981年に新耐震基準が施行されましたが、それ以前に建てられた木造住宅と以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。全国の多くの自治体では、新耐震基準以前に建てられた木造住宅などを対象に耐震診断…

  • 耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームの重要なポイントとは この春で東日本大震災から5年になりますが、マイホームの耐震性については、気に留めておきたいものです。戸建住宅の耐震性を考える上で、何に気をつければ良いのでしょう。 よく言われているポイ…

  • 大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

    大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

      江戸時代以前の耐震対策とは 日本が世界でも有数の地震大国であるのは誰しもが認めるところです。そのため、日本の住宅耐震技術は非常にすぐれたものとなっています。特に1923(大正12)年の関東大震災以降、耐震研…

  • 「地震に強い家」とはどんな家? 地震に強い家と弱い家の違い

    「地震に強い家」とはどんな家? 地震に強い家と弱い家の違い

    揺れを感じない小さな地震も含めると、日本では相当な回数の地震が起こっています。そんな日本で暮らしている以上、自宅が地震に弱い家か、それとも地震に強い家なのかは気になるところですね。そこで、ここでは地震に弱い家、強い家それ…

  • わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫? この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。 木造住宅については、屋根が重いと地…

  • しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    今、あなたが住んでいる木造住宅は大きな地震が来たとしても倒壊や大破することなく、十分に耐えられる構造や性能を備えているでしょうか? もしも地震対策や耐震性について不安があるのなら、すぐにでも手を打っておくべきです。地震に…

  • 古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーって、なに? 住宅を建てるにはいろいろな工法があります。日本で木造住宅を建てる場合、在来工法に次いで多く用いられているのが、ツーバイフォー工法です。通称「ツーバイフォー」や「2 x 4」とも呼ばれることが多…

その他のおすすめ記事

  • 耐震

    在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

    在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

      工法によって、リフォームの仕方が変わる? 近年、年数を経た家を建て替えるのではなくリフォームをして暮らしやすさや価値を向上させるケースが多くなっています。また、地震や台風などの災害対策としてのリフォームを考…

  • 耐震

    ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーって、なに? 住宅を建てるにはいろいろな工法があります。日本で木造住宅を建てる場合、在来工法に次いで多く用いられているのが、ツーバイフォー工法です。通称「ツーバイフォー」や「2 x 4」とも呼ばれることが多…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ