いろいろあります。住まいを守る「屋根」の素材。

快適な住まいを守る屋根

春は仕事や学業などで新しいことが始まるシーズンです。この時期は引越しをされる方も多いでしょう。心機一転の春は「家」についていろいろと見直したり、考えたりするのによい季節なのかもしれませんね。住宅ローンの申し込みなども多いそうですよ。そこで、今回は住宅の要となる「屋根」がテーマのお話です。
住まいを考えるとき、間取りや内装などとは違い、「屋根」を意識することは少ないかもしれません。しかし、実は、屋根は住宅にとって非常に大切なもの。直接外にさらされている屋根は、雨風や雪、寒暖差、地域や季節によっては台風や大雪などから日々私たちの暮らしを守ってくれる大切な部分です。
もし、屋根にダメージがあると雨水が浸入し家の内部の柱や梁にまで影響をおよぼし、家全体の寿命を縮めることもあります。また、その材質によっては、地震や火災に対する防災性も異なってきます。
こうしたことから、屋根は住まいの耐久性の要といえるのです。

屋根の素材とメンテナンスの関係

住宅の耐久性を左右する屋根ですから、そのメンテナンスやリフォームも重要になります。実際に雨漏りがあってからでは、内部まで被害がおよび屋根だけの修理では済まなくなる可能性があるのです。そうしたトラブルが起きないよう定期的なメンテナンスが必要ですが、その時期は屋根材の種類によって異なります。
ここで、一般的な屋根材の種類とその特徴について少し知っておきましょう。

日本瓦

日本瓦:・ 日本瓦:粘土を使った陶器製で非常に重い。瓦自体の寿命は長く40〜60年とも言われるが、下地の木材の腐食などもあり一般的に屋根の寿命は20〜25年程度といわれる

セメント瓦

セメント瓦:厚形スレート、コンクリート瓦とも呼ばれる、重く強度が低い。一般的に寿命は約15年程度といわれる。

スレート

スレート:天然石製の天然スレート、セメントを主原料とした人工の化粧スレートがあるが、天然スレートは非常に高価で手に入りにくく、スレートといえば化粧スレートのことを言う。軽量で安価だが強度が低い。一般的に定期的にメンテナンスをすれば、寿命は約20〜25年程度といわれる。

金属屋根

金属屋根(ガルバリウム鋼板):ガルバリウム鋼板とは、鋼板を基板としたアルミニウムと亜鉛の合金めっきを施した金属素材で、屋根材としてはこれを塗装した塗装鋼板を使用する。非常に軽量で耐震性や耐火性などの防災性・耐久性が高く、施工しやすい。
塗装鋼板では20年程度メンテナンスフリーの素材も登場している。
水はけの良い通常の屋根面では寿命は約40年程度といわれる。

長年にわたり家を守るものだから

こうしてみると、屋根材によってけっこう特性が異なりますが、重いものほど耐震性が低く、施工も大変です。また、コストについては新築や葺き替えの時だけでなく、メンテナンスや修理の費用も必要になります。例えば、比較的安価でそれなりに寿命もあるスレートやセメント瓦、塗装鋼板はそれぞれ一般的には10年程で塗替えが必要だといわれています。
このように、屋根材によって特性が異なり、メンテナンスの時期や方法も違うことから、どの屋根材を選ぶかも大切なポイントです。メンテナンスやリフォームの時期に、耐久性や防災性の高い屋根材への葺き替えを検討されてもいいかもしれません。住まいの要である屋根のリフォームは家全体を守るリフォームでもあります。
大切な自宅の屋根には耐久性や防災性そしてコストの面から納得いく屋根材を選んでおけば、安心して暮らせますね。例えばガルバリウム鋼板に代表される金属屋根であれば、耐震性も優れ、防災性やメンテナンスの容易さにも優れていますし、耐久性もトタンなどの初期の金属屋根と比べても飛躍的に向上しています。
屋根は長年にわたり住まいを守ってくれる大切な部分。この機会に、わが家の屋根について見直してみませんか?

屋根材のおすすめ記事

その他のおすすめ記事

すべてライフスタイル屋根リフォーム屋根材メンテナンス耐震

▲ページトップ