いろいろあります。住まいを守る「屋根」の素材。

快適な住まいを守る屋根

春は仕事や学業などで新しいことが始まるシーズンです。この時期は引越しをされる方も多いでしょう。心機一転の春は「家」についていろいろと見直したり、考えたりするのによい季節なのかもしれませんね。住宅ローンの申し込みなども多いそうですよ。そこで、今回は住宅の要となる「屋根」がテーマのお話です。
住まいを考えるとき、間取りや内装などとは違い、「屋根」を意識することは少ないかもしれません。しかし、実は、屋根は住宅にとって非常に大切なもの。直接外にさらされている屋根は、雨風や雪、寒暖差、地域や季節によっては台風や大雪などから日々私たちの暮らしを守ってくれる大切な部分です。
もし、屋根にダメージがあると雨水が浸入し家の内部の柱や梁にまで影響をおよぼし、家全体の寿命を縮めることもあります。また、その材質によっては、地震や火災に対する防災性も異なってきます。
こうしたことから、屋根は住まいの耐久性の要といえるのです。

屋根の素材とメンテナンスの関係

住宅の耐久性を左右する屋根ですから、そのメンテナンスやリフォームも重要になります。実際に雨漏りがあってからでは、内部まで被害がおよび屋根だけの修理では済まなくなる可能性があるのです。そうしたトラブルが起きないよう定期的なメンテナンスが必要ですが、その時期は屋根材の種類によって異なります。
ここで、一般的な屋根材の種類とその特徴について少し知っておきましょう。

日本瓦

日本瓦:・ 日本瓦:粘土を使った陶器製で非常に重い。瓦自体の寿命は長く40?60年とも言われるが、下地の木材の腐食などもあり一般的に屋根の寿命は20?25年程度といわれる

セメント瓦

セメント瓦:厚形スレート、コンクリート瓦とも呼ばれる、重く強度が低い。一般的に寿命は約15年程度といわれる。

スレート

スレート:天然石製の天然スレート、セメントを主原料とした人工の化粧スレートがあるが、天然スレートは非常に高価で手に入りにくく、スレートといえば化粧スレートのことを言う。軽量で安価だが強度が低い。一般的に定期的にメンテナンスをすれば、寿命は約20?25年程度といわれる。

金属屋根

金属屋根(ガルバリウム鋼板):ガルバリウム鋼板とは、鋼板を基板としたアルミニウムと亜鉛の合金めっきを施した金属素材で、屋根材としてはこれを塗装した塗装鋼板を使用する。非常に軽量で耐震性や耐火性などの防災性・耐久性が高く、施工しやすい。
塗装鋼板では20年程度メンテナンスフリーの素材も登場している。
水はけの良い通常の屋根面では寿命は約40年程度といわれる。

長年にわたり家を守るものだから

こうしてみると、屋根材によってけっこう特性が異なりますが、重いものほど耐震性が低く、施工も大変です。また、コストについては新築や葺き替えの時だけでなく、メンテナンスや修理の費用も必要になります。例えば、比較的安価でそれなりに寿命もあるスレートやセメント瓦、塗装鋼板はそれぞれ一般的には10年程で塗替えが必要だといわれています。
このように、屋根材によって特性が異なり、メンテナンスの時期や方法も違うことから、どの屋根材を選ぶかも大切なポイントです。メンテナンスやリフォームの時期に、耐久性や防災性の高い屋根材への葺き替えを検討されてもいいかもしれません。住まいの要である屋根のリフォームは家全体を守るリフォームでもあります。
大切な自宅の屋根には耐久性や防災性そしてコストの面から納得いく屋根材を選んでおけば、安心して暮らせますね。例えばガルバリウム鋼板に代表される金属屋根であれば、耐震性も優れ、防災性やメンテナンスの容易さにも優れていますし、耐久性もトタンなどの初期の金属屋根と比べても飛躍的に向上しています。
屋根は長年にわたり住まいを守ってくれる大切な部分。この機会に、わが家の屋根について見直してみませんか?

屋根材のおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • 耐震

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    わが家の耐震性を再確認 1981年に新耐震基準が施行されましたが、それ以前に建てられた木造住宅と以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。全国の多くの自治体では、新耐震基準以前に建てられた木造住宅などを対象に耐震診断…

  • 屋根材

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根の雨漏りの意外な原因 雨の多い季節になりました。木造住宅の大敵、雨漏りをしっかり防いでいきたいものです。 雨漏りの原因といえば、屋根の瓦やスレートの破損、ズレ、または窓のサッシまわりのシーリングの劣化などが考…

  • メンテナンス

    戸建住宅の修繕計画を立てよう

    戸建住宅の修繕計画を立てよう

    家は購入してからが大事 マイホームを持つことが将来の夢という人は少なくないでしょう。しかし、家は手に入れることがゴールではありません。長年にわたって良い状態を維持し、快適に暮らし続けるのが大切です。 日本では、これまで木…

  • 屋根材

    世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    京都・清水の舞台の高さは? 千年の都として栄えた古都・京都。二条城や平等院など「古都京都の文化財」として知られる17ヵ所の文化財は世界遺産にも指定されています。 そうした文化財群のなかでも、特に有名なのが清水寺です。この…

  • メンテナンス

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    家を守る大切な外壁や屋根の工事だから 外壁や屋根の修繕・リフォームが必要になったら、外装業者に工事を依頼することになります。外装は住宅全体を雨風から守る重要な部分ですから、きっちりとした施工が欠かせません。とはいえ、屋根…

  • リフォーム

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    中古物件で思い通りの家づくり? ここ数年間、戸建住宅の建設費用ならびに新築住宅の価格も高止まりの傾向が続き、新築着工件数も低水準で推移しています。ただ、細部までこだわって思い通りの家を新築したい、ピカピカの新築住宅に住み…

  • 屋根

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の塗替えをする理由は? 日本の夏といえば、台風がつきもの。台風をはじめとする自然災害が多い日本の住宅においては、屋根メンテナンスをきちんとすることが家の寿命を伸ばす秘訣になります。屋根はつねに紫外線や風雨に直接さらさ…

  • メンテナンス

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    住宅の細かい不具合はリフォームのタイミングで一気に解決 住宅のリフォームをするきっかけや理由は人によりさまざま。とはいえ、戸建住宅の場合、壁紙の貼り替えや古くなったシステムキッチンやユニットバスの交換など、おおよそ10年…

  • リフォーム

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家は永遠じゃない? 家を購入したり、建てたりしたなら、いつまでも快適に暮らしたいものですね。とはいえ、新築から10年以上経てば、何かしらメンテナンスや修繕が必要になってきます。 また、エアコンや給湯器などの住宅設備の多く…

  • リフォーム

    初めてのリフォームを成功させるために

    初めてのリフォームを成功させるために

    リフォームって、どうするの? 気に入って購入したマイホームも、何年か暮らすうちに修繕や変更したい箇所が出てきます。そこで、リフォームを検討することになりますが、初めての場合は、どこ(誰)に依頼すればいいのか、どのように進…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ