新築か中古?戸建住宅を購入するならどっち?

新築 vs 中古、メリット・デメリットを知ろう

現在、新築マンションの価格が高騰し、新築戸建住宅の価格も高めで推移しています。戸建て派にとっても、マイホームに「新築」か「中古」のどちらを選ぶのかは大きな問題です。ピカピカの新築は気持ちのよいものですが、リーズナブルな価格の中古物件にも魅力があります。
当然ながら、新築、中古のどちらにもメリットとデメリットがあるものです。まずは、それぞれのメリット、デメリットを確認し比較してみましょう。

新築戸建住宅

<メリット>
・セキュリティや省エネなど、最新の設備を導入していることが多い
・中古住宅よりも税制面での優遇措置が大きい
・ハウスメーカーや分譲業者などによる保証やアフターケアがある
・中古住宅よりも住宅ローンに有利
・中古よりも建物の寿命が長い

<デメリット>
・大きな分譲地の場合、隣家も新築なのでどんな住人なのかわからない
・大きな分譲地の場合、全体の開発終了後、周辺環境や交通の便が変わることもある
・手抜き工事や施工ミスなどがすぐにわからない場合がある

中古戸建住宅

<メリット>
・築年数以外の条件が同じなら同等の新築住宅よりも割安
・物件価格が安い分、リフォームに費用をかけられる
・周辺環境や騒音、日当たり、風通しなど実際に確認できる
・施工の不具合などがあれば、既にわかっていることが多い
・物件数が圧倒的に多い
・近隣住人や環境が確認できる

<デメリット>
・個人が売主のケースが多く、瑕疵への十分な保証がないことも
・昭和56年以前の建物の場合、耐震性が劣っているものもある※
・建物の図面や修繕履歴などがわからない場合も多い
・建物の耐用年数があまり残っていない場合はすぐに建替えが必要になること

・同じ築年数でも環境や以前の住人によって建物の状態はさまざま
・建物の外観デザインが古めかしいことも

※新耐震基準は昭和56年に導入されましたが、この頃に建てられた住宅は、適用されているかどうかをしっかりとチェックしておきましょう。近年では新耐震基準に適合する建物が税金の軽減措置対象に加えられるなど、大きな関心を集めています。

安心して購入できるのは、どちら?

セキュリティやキッチンなどの設備をはじめ、省エネやバリアフリー対策など、住宅性能は年々進化しています。新築の戸建住宅には最新の設備や外装材が使われることが多いことから、快適さや安全性という面では申し分ないといえるでしょう。また、分譲業者やハウスメーカーによる施工保証もあり、安心できそうです。
さらに、注文建築なら、法令の範囲内で間取りや設備、内外装など施主の希望通りの家作りができます。建売住宅の場合は仕様が決まっていることが多いですが、最近は内装や設備などの選択の幅が増えています。
しかしながら、新築の場合は未完成の段階で売買契約を交わすことが多く、トラブルが起こったり、完成が遅れる可能性もあるなど、多少なりとも不安があります。また、もし、施工ミスや工事の不具合があっても、すぐにではなく何年か経ってからトラブルとして発覚する場合もあります。
そうしたことも考慮した上で、新築と中古のどちらが良いかを判断しましょう。

中古住宅は価格と建物の状態を見きわめて

中古住宅の最大のメリットは価格といえるでしょう。物件購入のための費用を抑えて、その分をリノベーションにかけて思い通りの住まいを作ることもできます。とはいえ、築浅で立地条件などが良い物件は必ずしも新築よりも安いとは限りません。
そこで、中古住宅を選ぶには、価格と建物の状態のバランスの見きわめが重要になります。物件価格がお手頃でも、リフォームにどれくらい費用がかかるのか、またリフォーム後、何年住めるのかによって、将来にわたって必要になる費用が大きく変わるからです。
中古の建物の状態は環境や以前の住人の暮らし方、どう修繕してきたかなどによって個々に異なります。購入を検討する中古物件があれば、建物の劣化の具合や修繕の履歴、設備の交換の時期などさまざまな視点からチェックしましょう。特によく確認したいのが、床下や外装(屋根・外壁など)の状態です。
建物を支える土台に異常がないかどうかは床下でチェックできます。また、外装は柱や梁といった構造を守る部分です。購入に先立って、建築の専門家に詳しい調査を依頼することをおすすめします。
多くの人にとって、家は人生最大の買物。新築、中古いずれにしても後悔しないよう、よく比較検討して納得のいくマイホーム選びをしてください。

ライフスタイルのおすすめ記事

  • おしゃれな外壁の色選びって、どうすればいいの?

    おしゃれな外壁の色選びって、どうすればいいの?

    まずは「景観ガイドライン」の確認を 戸建住宅の外壁は建物の最も多くを占める部分なので、外壁の色によって家の外観イメージは大きく変わります。したがって、新しく家を建てるときや外壁の塗替えの際には色にこだわって、おしゃれな外…

  • ペットとともに暮らすためのリフォームとは

    ペットとともに暮らすためのリフォームとは

    室内で暮らすペットが増えている? 現代の日本では、少子化の一方、犬や猫を飼うご家庭が多くなりました。特に犬を飼っている世帯のうち、室内で飼うことが多い小型犬の割合が1995年の26%から2014年には63%ととても高くな…

  • 見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    収納で個性的な住まいを演出? ライフスタイルにこだわった個性的な住まいにしたいと思う人は少なくないでしょう。特に戸建住宅なら、外観から内装まで、まるごと思い通りの家づくりができます。わが家の個性を演出するなら、内・外装の…

  • 湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    収納にはしっかりと湿気対策を 高温多湿の日本で快適な住まいをつくるには、湿気対策が重要になります。それは、居室だけではなく、収納についてもいえることです。家の中には、ふだんあまり開け閉めすることがない収納スペースもあるか…

  • 景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    美しい街並を作り出すものとは ぬけるような青い空に映えるオレンジ色の屋根と白い壁の家並、??そんな南欧の街並にあこがれる人は少なくないでしょう。地中海の青い空と美しいコントラストを作り出している屋根はテラコッタと呼ばれる…

  • 外国人も興味津々、神社の屋根デザインあれこれ

    外国人も興味津々、神社の屋根デザインあれこれ

    屋根を見れば建てられた時代がわかる このところ、伊勢神宮の式年遷宮と出雲大社(写真)の大遷宮が重なり、京都では下鴨神社、上賀茂神社の遷宮が続きました。その話題はテレビやネットなどでも取り上げられ、日本国内はもちろん、外国…

  • 知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    茅葺き屋根は日本だけじゃない? この5月に開催予定の伊勢志摩サミットで注目される伊勢神宮。その本殿の屋根は急な勾配がついた特徴的な形をしています。これは、板の上に草で葺かれた茅葺屋根であるためです。茅葺きの「茅」とは、ス…

  • あこがれの海外インテリアを上手に取り入れるには

    あこがれの海外インテリアを上手に取り入れるには

    海外インテリアを日本の住まいに取り入れるには 自宅の新築やリフォームをすることになったら、おしゃれでステキな住まいにしたいですね。そこで、気になるのが、ミッドセンチュリーや北欧スタイル、アーリーアメリカンなどのハイセンス…

  • 中古物件購入後によくあるトラブルとは?

    中古物件購入後によくあるトラブルとは?

    中古物件を購入した後にトラブルになった、という話を聞いたことはあるでしょうか。実はだれの身にも起こる可能性があり、決して他人事ではないと言えます。ここでは、中古物件購入後に起きがちなトラブルの内容や、トラブルに気づいたと…

  • 窓まわりを工夫して外国の家のような部屋づくり

    窓まわりを工夫して外国の家のような部屋づくり

    外国風の部屋づくりは窓まわりから? 家を訪れた友人に「まるで、外国の家みたい!」といってもらえるような部屋づくりをしたいと思いませんか? とはいえ、映画や雑誌で見るような外国の家は日本と違い、広くて天井も高く、そのまま真…

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    雨どいが大切な理由 戸建住宅の屋根や外壁は住まいを雨風から守る大切な部分です。それとともに、雨水から家を守るために大きな役割をしているのが雨どいです。雨どいには屋根の付属品のようなイメージがあるかもしれませんが、十分に機…

  • 屋根材

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    歴史あるフシギなお寺 東京の中でも、とりわけ江戸情緒が残る街・築地。 その象徴ともいえる、にぎやかな場外市場から1本の通りをへだてた場所にそのお寺はあります。江戸時代から続く歴史と由緒ある寺院ながら、一歩その境内に踏み入…

  • ライフスタイル

    窓まわりを工夫して外国の家のような部屋づくり

    窓まわりを工夫して外国の家のような部屋づくり

    外国風の部屋づくりは窓まわりから? 家を訪れた友人に「まるで、外国の家みたい!」といってもらえるような部屋づくりをしたいと思いませんか? とはいえ、映画や雑誌で見るような外国の家は日本と違い、広くて天井も高く、そのまま真…

  • 屋根材

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    現代にも通じる洋館のスタイル 「家を建てるなら、おしゃれな洋館のような建物にしたい」そう思う人は少なくないでしょう。日本に洋風建築が入って来た明治以降から昭和初期にかけ、日本で暮らす外国人や裕福な日本人の住宅として、美し…

  • 屋根材

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    いま、人気の屋根材とは 家を建てたり、屋根を葺き替えたりすることになったら、どのような屋根材を選べばいいのでしょう? 一般的な住宅用として、広く普及している屋根材のスレート。また、近年、耐震性が高く丈夫なことから人気上昇…

  • 屋根

    美しすぎる洋風建築、国宝・迎賓館をいろどる屋根材とは

    美しすぎる洋風建築、国宝・迎賓館をいろどる屋根材とは

    日本のベルサイユ宮殿? 映画に出てくるようなヨーロッパの貴族の邸宅やお城。一度は訪れてみたいものですね。実は、日本にもそんな場所があるのをご存知ですか? それは、東京、赤坂の迎賓館です。海外からの国賓やVIPを招いて、き…

  • ライフスタイル

    屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    おしゃれな家は屋根がポイント? 「おしゃれな家を建てたい!」と思ったら、何を参考にすればいいのでしょうか。まずは建築の歴史に残るおしゃれな住宅を見ることをおすすめします。とりわけ1920年代に成立したモダニズムと呼ばれる…

  • ライフスタイル

    おしゃれな家にするために リビングの間取りとインテリアづくりの注意点

    おしゃれな家にするために リビングの間取りとインテリアづくりの注意点

    リビングは住まいの中心だから 住まいの中でも、中心となる場所はどこでしょう? それは、家族みんなが集まる場所、つまりリビングルームです。 リビングは家族みんながくつろいだり、友人や来客を招いておもてなししたりと、家族にと…

  • 屋根材

    快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な室内空間づくりで大切なこと 室内の壁と天井は住まいの大きな面積を占める部分ですから、どのような質感や色に仕上げるかで内装のイメージは大きく変わります。また、使用する壁材や天井材の種類によっては室内環境にも影響します…

  • ライフスタイル

    家を建てるときに知っておきたい! 住宅の屋根勾配の考え方

    家を建てるときに知っておきたい! 住宅の屋根勾配の考え方

    家を建てようとするとき、ぜひしっかりと考えてほしいのが屋根の勾配をどうするかという問題です。屋根づくりにおいては素材選びとともに、勾配の度合い、屋根の形が重要な意味を持ってきます。 勾配の違いによるメリットとデメリットな…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ