新築か中古?戸建住宅を購入するならどっち?

新築 vs 中古、メリット・デメリットを知ろう

現在、新築マンションの価格が高騰し、新築戸建住宅の価格も高めで推移しています。戸建て派にとっても、マイホームに「新築」か「中古」のどちらを選ぶのかは大きな問題です。ピカピカの新築は気持ちのよいものですが、リーズナブルな価格の中古物件にも魅力があります。
当然ながら、新築、中古のどちらにもメリットとデメリットがあるものです。まずは、それぞれのメリット、デメリットを確認し比較してみましょう。

新築戸建住宅

<メリット>
・セキュリティや省エネなど、最新の設備を導入していることが多い
・中古住宅よりも税制面での優遇措置が大きい
・ハウスメーカーや分譲業者などによる保証やアフターケアがある
・中古住宅よりも住宅ローンに有利
・中古よりも建物の寿命が長い

<デメリット>
・大きな分譲地の場合、隣家も新築なのでどんな住人なのかわからない
・大きな分譲地の場合、全体の開発終了後、周辺環境や交通の便が変わることもある
・手抜き工事や施工ミスなどがすぐにわからない場合がある

中古戸建住宅

<メリット>
・築年数以外の条件が同じなら同等の新築住宅よりも割安
・物件価格が安い分、リフォームに費用をかけられる
・周辺環境や騒音、日当たり、風通しなど実際に確認できる
・施工の不具合などがあれば、既にわかっていることが多い
・物件数が圧倒的に多い
・近隣住人や環境が確認できる

<デメリット>
・個人が売主のケースが多く、瑕疵への十分な保証がないことも
・昭和56年以前の建物の場合、耐震性が劣っているものもある※
・建物の図面や修繕履歴などがわからない場合も多い
・建物の耐用年数があまり残っていない場合はすぐに建替えが必要になること

・同じ築年数でも環境や以前の住人によって建物の状態はさまざま
・建物の外観デザインが古めかしいことも

※新耐震基準は昭和56年に導入されましたが、この頃に建てられた住宅は、適用されているかどうかをしっかりとチェックしておきましょう。近年では新耐震基準に適合する建物が税金の軽減措置対象に加えられるなど、大きな関心を集めています。

安心して購入できるのは、どちら?

セキュリティやキッチンなどの設備をはじめ、省エネやバリアフリー対策など、住宅性能は年々進化しています。新築の戸建住宅には最新の設備や外装材が使われることが多いことから、快適さや安全性という面では申し分ないといえるでしょう。また、分譲業者やハウスメーカーによる施工保証もあり、安心できそうです。
さらに、注文建築なら、法令の範囲内で間取りや設備、内外装など施主の希望通りの家作りができます。建売住宅の場合は仕様が決まっていることが多いですが、最近は内装や設備などの選択の幅が増えています。
しかしながら、新築の場合は未完成の段階で売買契約を交わすことが多く、トラブルが起こったり、完成が遅れる可能性もあるなど、多少なりとも不安があります。また、もし、施工ミスや工事の不具合があっても、すぐにではなく何年か経ってからトラブルとして発覚する場合もあります。
そうしたことも考慮した上で、新築と中古のどちらが良いかを判断しましょう。

中古住宅は価格と建物の状態を見きわめて

中古住宅の最大のメリットは価格といえるでしょう。物件購入のための費用を抑えて、その分をリノベーションにかけて思い通りの住まいを作ることもできます。とはいえ、築浅で立地条件などが良い物件は必ずしも新築よりも安いとは限りません。
そこで、中古住宅を選ぶには、価格と建物の状態のバランスの見きわめが重要になります。物件価格がお手頃でも、リフォームにどれくらい費用がかかるのか、またリフォーム後、何年住めるのかによって、将来にわたって必要になる費用が大きく変わるからです。
中古の建物の状態は環境や以前の住人の暮らし方、どう修繕してきたかなどによって個々に異なります。購入を検討する中古物件があれば、建物の劣化の具合や修繕の履歴、設備の交換の時期などさまざまな視点からチェックしましょう。特によく確認したいのが、床下や外装(屋根・外壁など)の状態です。
建物を支える土台に異常がないかどうかは床下でチェックできます。また、外装は柱や梁といった構造を守る部分です。購入に先立って、建築の専門家に詳しい調査を依頼することをおすすめします。
多くの人にとって、家は人生最大の買物。新築、中古いずれにしても後悔しないよう、よく比較検討して納得のいくマイホーム選びをしてください。

ライフスタイルのおすすめ記事

  • 床から音が……床がきしむ原因と対策

    床から音が……床がきしむ原因と対策

    床がきしむ音は、音量自体は小さなものかもしれませんが、一度聞いてしまうとその後もずっと気になってしまうものです。家が古いから、木材だからといった理由だけでなく、新築でも起こりうるのはご存知ですか?床がきしむ原因は意外なこ…

  • ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板の次世代建材 家を建てることになったら、安全で快適な住まいにするために気にしたいことがたくさんあります。耐震性など災害に強いことはもちろん、断熱性や湿気対策も大切です。そして、内外装ともデザインにこだわり…

  • スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    外観イメージを決めるものとは 住宅の外観イメージは住まいの「顔」ともいえる大切なもの。家を新築したり、外装のリフォームをすることになったら、景観にほどよくマッチし、住む人はもちろん訪れる人にも好印象を与える外観にしたいで…

  • 使いやすい間取りでおしゃれな家に

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    おしゃれな家にするには間取りも重要? 家を新築したりリノベーションすることになったら、訪れた人がほめてくれるようなおしゃれな家にしたいですね。内外装のデザインはもちろん、壁紙や床材なども気になりますが、おしゃれな家づくり…

  • 照明に工夫しておしゃれな家づくり

    照明に工夫しておしゃれな家づくり

    おしゃれな家づくりのコツは照明にあり? 自宅を新築したりリフォームする際には、おしゃれな家にしたいですね。それには、内外装のデザインにこだわる、家具や生活雑貨のテイストを揃えるなど、いくつかのコツがありますが、照明の使い…

  • 知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    茅葺き屋根は日本だけじゃない? この5月に開催予定の伊勢志摩サミットで注目される伊勢神宮。その本殿の屋根は急な勾配がついた特徴的な形をしています。これは、板の上に草で葺かれた茅葺屋根であるためです。茅葺きの「茅」とは、ス…

  • おしゃれな家づくりは窓辺から! 窓装飾の種類を知っておこう

    おしゃれな家づくりは窓辺から! 窓装飾の種類を知っておこう

    窓辺にこだわるおしゃれな家 外国風のおしゃれな家にあこがれても、日本の住宅事情ではスペースの広さや天井の高さなど外国とは大きく異なります。そのため、おしゃれな家づくりは難しいと考える人も多いかもしれません。しかし、壁や天…

  • 室内壁のプチリフォームで外国みたいなおしゃれな家に

    室内壁のプチリフォームで外国みたいなおしゃれな家に

    手軽に室内壁のイメージを変えるには 住宅の内装を構成する要素のうち、室内壁はつねに視界に入り、大きな面積を占める部分です。したがって、壁の色や模様、テクスチャーによってインテリアの印象は大きく変わります。外国の家やおしゃ…

  • ペットとともに暮らすためのリフォームとは

    ペットとともに暮らすためのリフォームとは

    室内で暮らすペットが増えている? 現代の日本では、少子化の一方、犬や猫を飼うご家庭が多くなりました。特に犬を飼っている世帯のうち、室内で飼うことが多い小型犬の割合が1995年の26%から2014年には63%ととても高くな…

  • 家を建てるなら、知っておきたい屋根材と屋根勾配の関係

    家を建てるなら、知っておきたい屋根材と屋根勾配の関係

    屋根づくりの重要ポイント 住宅にとって屋根は日々の雨風や日差し、また台風などの災害から住まいを守ってくれる大切な部分です。一方、洋風のとんがり屋根や重厚な大屋根など、屋根は建物の外観イメージづくりにも大きく影響します。し…

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    おしゃれな家は屋根がポイント? 「おしゃれな家を建てたい!」と思ったら、何を参考にすればいいのでしょうか。まずは建築の歴史に残るおしゃれな住宅を見ることをおすすめします。とりわけ1920年代に成立したモダニズムと呼ばれる…

  • リフォーム

    リフォームが必要?知っておきたい屋根・外壁のお手入れ

    リフォームが必要?知っておきたい屋根・外壁のお手入れ

    家の状態を長く良好に保つためにできること 新築から数年経ったわが家の屋根や外壁が汚れてきたら、どうすればいいのでしょう。外にさらされている部分だから、多少の汚れは仕方ないでしょうか。 いいえ、その汚れは屋根や外壁リフォー…

  • 屋根

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    地震対策で意外に大切なこと 地震や台風など、日本は災害の多い国です。それだけに、大切なわが家をしっかりと守りたいものです。特に、ここ数年は大きな地震が相次いでいることから、自宅の耐震性が気になる方は少なくないでしょう。地…

  • リフォーム

    在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    こだわりの浴室づくりなら、在来工法? 住まいの中でも浴室は、日々の疲れをいやし明日に向けてリフレッシュするための大切な場所。家を建てたり、リフォームしたりするなら「ホテルや旅館のようなお風呂にしたい!」と思う人も少なくな…

  • 屋根材

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根のデザインと屋根材選び 住まいを守る上で屋根はとても重要なものであり、さらには住宅の外装の大部分を占めることから、外観イメージにも大きく影響します。したがって、家を建てるときに、どのような屋根にするかは大きな問題です…

  • 屋根材

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    再注目される国立代々木競技場 2020年の2度目の東京オリンピック開催に向け、新国立競技場や選手村の建設が急ピッチで進んでいます。一方で、前回開催時の施設を今回も利用することが決まっています。そうした施設の中でも、特に有…

  • 屋根材

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    外壁サイディングってなに? 家を建てたり、外装のリフォームをすることになったら、屋根や外壁にどのような材料を使うかが大きなポイントになります。材料によって建物全体の外観イメージが大きく変わりますし、その後の維持メンテナン…

  • 屋根

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の塗替えをする理由は? 日本の夏といえば、台風がつきもの。台風をはじめとする自然災害が多い日本の住宅においては、屋根メンテナンスをきちんとすることが家の寿命を伸ばす秘訣になります。屋根はつねに紫外線や風雨に直接さらさ…

  • リフォーム

    リフォームのトラブル事例集

    リフォームのトラブル事例集

    リフォームのトラブルが急増 ここ数年間で屋根や外壁のリフォームをめぐるトラブルが相次いでいます。 特に、訪問販売によるトラブルが急増しています。突然の訪問で屋根や外壁の不具合を指摘しリフォームを「即契約」させるケースが多…

  • 屋根材

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    瓦にもいろいろある? 日本の住宅地でよく見かける瓦屋根。その屋根材といえば、当然ながら昔から伝わる日本瓦を思い浮かべる人は多いでしょう。とはいえ、日本瓦によく似た「セメント瓦」という屋根材について耳にしたことはありません…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ