リフォームとリノベーションの違いとは

建物の「改修」の意味合いが強いリフォーム

最近、よく耳にするようになった「リノベーション」という言葉。建物の増改築に関することですが、「リフォーム」とはどのような違いがあるかご存知ですか。実は、これまで両者には厳密な定義はなかったのですが、ここ数年で、不動産や建築業界を中心に区別して使われるようになってきました。
そこで、今回は、業界におけるリフォームとリノベーションのそれぞれの意味と違いについてお話しします。
まず、リフォームですが、老朽化していたり、壊れていたりする部分を直して建築時の状態に建物を戻すときに使われます。例えば賃貸物件の場合は、入居者が退去したあとに、部屋や設備の状態を修繕することはリフォームです。これは「原状回復」と言うこともあります。
リフォームは使われる範囲が広く、住まいの改修全般に使われることもありますが、新築のころと比較してマイナスになった部分を元に戻すという意味合いのほうが多いようです。例えば、壁紙の貼り替えやユニットバスの交換、屋根・外壁の塗り替えなどがあげられます。

価値や性能を向上させるリノベーション

これに対し、リノベーションの特徴は、既存の建物に大規模な工事を施し、住宅としての性能を新築以上に向上させて、価値を高めることをいいます。「リノベーション」という言葉には「革新、刷新」という意味もあります。リフォームがマイナス面を元の状態に戻すことであれば、リノベーションは、マイナス面からプラスの状態にまで価値を引き上げるためのものです。
例えば、戸建住宅のリノベーションでは、すべての内装を撤去し、いったん「スケルトン」の状態にした上で補修や補強をし、給排水管や設備を取り替えて内外装まで変更することもあります。間取りを大きく変えることや、問題がない既存部分を残して有効に利用することも可能です。このように、建物の価値や性能を大きく向上させ、住宅の耐用年数を大幅に伸ばすことができるのがリノベーションなのです。

注文建築に近い形で古い住宅をよみがえらせる

リノベーションは施主の要望に応じて行うものですから、注文建築に近い形で古い住宅をよみがえらせることになります。住む人のライフスタイルに合わせてゼロから住まいを作り変える手法といえるでしょう。
そうしたことから、リノベーションは「手頃な価格の中古物件を購入して思い通りの住まいを作り変えたい」「居住中の住宅が老朽化したので建て替えようか迷っている」といったケースの有効な選択肢になります。費用の面でも、一般的な新築コストより低めといわれています。 しかしながら、建物の土台や構造の状態によっては、新築よりも費用が高額になったり、リノベーションができないケースもあります。また、いったんスケルトンにした後、予想していなかったダメージがみつかり、追加して工事が必要になることも。
したがって、リノベーションを考えるなら、事前に必ず建築士や専門業者に相談し対象となる建物を詳しく調査してもらいましょう。

リフォームとリノベーション、どちらにする?

古くなった設備を交換したい、住宅全体の性能を良くしたい、などリフォームやリノベーションのきっかけや目的は世帯によりさまざまです。
中古住宅を購入してリノベーションしたい場合は、その物件価格とリノベーションにかかる費用のバランスを考えることが大切です。

居住中の物件の場合は、工事後何年住みたいのかによって、リフォームで済ませる選択肢もあります。また、数年おきに最低限必要なリフォームを行い、子供の独立など大きくライフスタイルが変わるときにリノベーションすることを考えてもよいでしょう。 戸建住宅の場合、耐用年数に応じて外装を交換し、内装は家族のライフサイクルに合わせて変えるといったリノベーションもひとつの方法です。
暮らしやすい住まいづくりのためには、リフォームとリノベーションを効率良く行って、より快適に過ごしたいものです。

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

すべてライフスタイル屋根リフォーム屋根材メンテナンス耐震

▲ページトップ