リフォームが必要?知っておきたい屋根・外壁のお手入れ

家の状態を長く良好に保つためにできること

新築から数年経ったわが家の屋根や外壁が汚れてきたら、どうすればいいのでしょう。外にさらされている部分だから、多少の汚れは仕方ないでしょうか。
いいえ、その汚れは屋根や外壁リフォームが必要なサインかもしれません。放置すると、家の美観をそこなうだけではなく、外壁や屋根の劣化を早め、深刻なダメージにつながることもあります。
屋根材や外壁材の多くは、表面が塗料で塗装されています。塗装した塗料が乾くと膜状の「塗膜」になり、屋根や外壁を汚れや腐食から保護する重要な働きを持ちます。屋根材・外壁材によっては無塗装のものもありますが、外装材の表面が住宅にとって大切なのは基本的に同じです。したがって、屋根や外壁の表面が汚れにより劣化すると、腐食を進めてしまう恐れがあります。
汚れが気になり出したら、専門の業者にメンテナンスやリフォームを依頼する前に、点検を兼ねて自分でお手入れをしてみましょう。外装材の種類によっては、表面が意外とやわらかいものもあります。キズをつけると劣化を早めてしまうので、掃除などをするときには強くこすったりしないようにしてください。

何をすればいい?外壁のお手入れと注意点

では、家の部位ごとにお手入れの方法と注意点についてご紹介します。

【外壁】
お手入れ方法……水で洗い流すことが基本です。汚れにホースで水をかけて洗い流します。それでも取れない場合は洗車用などのやわらかいスポンジやブラシを水で濡らしてやさしくこすります。まだ残っているときは、中性洗剤を使用します。高圧洗浄機を使うのも効果があります。

注意点……中性洗剤を使ったときは、落としたあとに、よく洗い流すことが必要です。中性洗剤が壁に残っていると、そこから劣化していくことがあります。高圧洗浄機を使用するときは、一ヵ所に集中して水をかけないようにしましょう。それが雨漏りの原因になることがあります。また、周辺に水が飛び散って近隣に迷惑をかけないように慎重に。特に、軒下は湿気やホコリが溜まりやすいので、しっかりチェックして汚れを落としておきましょう。さらに室外機などの設備の裏側や北側の壁も汚れやすいので、念入りに見ておきます。

目地と屋根の汚れを取る作業について。

【目地】
お手入れ方法……水にぬらして絞った雑巾でやさしくふきます。

注意点……直接水をかけないようにします。水がかかるとシーリングがやせてひび割れの原因となります。ひび割れになると、建物に水が入ってくることがあります。

【屋根】
お手入れ方法……目で見て汚れがあればホースや高圧洗浄機を使用して水で洗い流します。

注意点……屋根に上って高所で作業するのは危険なので避けましょう。高圧洗浄機を利用するときは、周辺をよく確認してから行いましょう。屋根表面は雨水で随時洗い流されていますので、目立った箇所がなく、塗膜の劣化がなければ、それほど神経質にならなくても大丈夫です。

がんこな汚れはカビやコケかもしれないので注意

お手入れを行っても落ちない汚れはカビやコケかもしれません。
これをムリに落とそうとすると、外装材を傷めてしまう恐れがあるのでやめておきましょう。また、こうした機会に、自分でお手入れできない部分もよく観察します。屋根も見える範囲で観察し、瓦のズレや金属屋根の変色、スレートのカビやコケなどがあれば、要注意です。
外壁・屋根ともに、こうした変化があれば、塗替えなどが必要かもしれないので、外装専門の業者に相談することをおすすめします。
同じ築年数の建物でも外装の汚れのつき方は、外装材の種類や気候、周辺環境などによって異なります。近年は汚れがつきにくい塗装を施した屋根材や外壁材もあり、こうした材料の外装なら長年にわたって洗浄やメンテナンスが不要です。
とはいえ、どのような種類の外装材であっても、日ごろから点検をかねて家の外観をきれいに保つのは外装を長持ちさせる上で大切なことです。屋根や外壁の汚れを見つけたら、早めの対処を心がけましょう。

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    モデル・香菜子さんインタビュー:使ってみて分かる本当に良いものの美しさ

    モデル・香菜子さんインタビュー:使ってみて分かる本当に良いものの美しさ

    モデル、イラストレーター、デザイナーと、いくつもの顔を持つ香菜子さん。二児の母でもある彼女は、本当に欲しいものを自分で作り、自然体のライフスタイルを実践することで、多くの女性からの支持を得ています。そんな彼女に、ご自身の…

  • 屋根

    驚きの「屋根」活用術

    驚きの「屋根」活用術

    屋根を有効スペースとして考える ぽかぽかと暖かい陽気の日が増えました。気候の良い日には、アウトドアライフを楽しみたいですね。出かけることなく、自宅の庭で子供たちを思い切り遊ばせたり、ガーデニングやバーベキューなどができれ…

  • 屋根

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    住宅の外観デザインのポイントは これから家を建てることになったら、家の中も外も思い通りのデザインにしたいですね。このごろは、立地環境やライフスタイルにあわせて、住宅の外観にこだわる人が増えています。道行く人が感心するよう…

  • 屋根材

    スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    広く普及しているスレート屋根材とは 青空に風光る季節、日本の住宅街の眺めといえば、青い空に瓦屋根の家並みでしたが、それも懐かしいものとなりましたね。いま、瓦屋根にかわって、広く普及している屋根材はスレートと呼ばれるもので…

  • 屋根材

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    歴史あるフシギなお寺 東京の中でも、とりわけ江戸情緒が残る街・築地。 その象徴ともいえる、にぎやかな場外市場から1本の通りをへだてた場所にそのお寺はあります。江戸時代から続く歴史と由緒ある寺院ながら、一歩その境内に踏み入…

  • メンテナンス

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    持ち家の価値を維持するために 建築の専門家が住宅の状態を検査するサービス「ホームインスペクション(住宅診断)」が広がりつつあります。中古住宅市場の活性化を目指し、国交省もホームインスペクションを普及させる方針です。これか…

  • メンテナンス

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    家を守る大切な外壁や屋根の工事だから 外壁や屋根の修繕・リフォームが必要になったら、外装業者に工事を依頼することになります。外装は住宅全体を雨風から守る重要な部分ですから、きっちりとした施工が欠かせません。とはいえ、屋根…

  • 屋根材

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    ユニークな異人館 異国情緒ただよう神戸市北野地区の異人館街には、歴史ある美しい洋館が立ち並びます。これらの洋館が異人館と呼ばれるのは、幕末や明治時代以降に欧米人の住居として建てられたためです。北野の異人館には、贅を尽くし…

  • ライフスタイル

    知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    茅葺き屋根は日本だけじゃない? この5月に開催予定の伊勢志摩サミットで注目される伊勢神宮。その本殿の屋根は急な勾配がついた特徴的な形をしています。これは、板の上に草で葺かれた茅葺屋根であるためです。茅葺きの「茅」とは、ス…

  • 屋根材

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    スレート屋根にもいろいろある? 現代の戸建住宅向けの一般的な屋根材の1つにスレートがあります。スレートは薄い板状の屋根材で、瓦に比べて色数も多く、軽量で耐震性にも優れています。 そうしたことからか広く使用されているのです…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ