屋根の色選び、基調の4色はこう使う

外観イメージを左右する屋根の色

屋根の塗替えリフォームをすることになったら、どのように色を選べばいいのでしょう?
屋根は外壁とともに、住宅の外観イメージを構成する主要な部分。屋根の色選びによって、家の見た目は大きく変わります。
さらに、家の外観のカラーイメージには、屋根と外壁のコーディネートはもちろん、窓のサッシや玄関建具の色とのバランスも大切です。センスの良い色選びをして、わが家らしい外観にしたいものですね。

地域の「景観ガイドライン」を確認

家の外観カラーを考えるにあたっては、事前に確認しておきたいことがあります。
それは、「景観ガイドライン」と呼ばれる地域ごとの景観に関するルールです。
全国の市区町村によっては景観ガイドラインを定めているところがあります。そうした自治体にある建物は外観カラーをこのガイドラインに合わせなければいけません。
景観ガイドラインによる規制や定める内容は自治体によって異なります。
また、1つの自治体の中でも場所ごとに細かく景観規制をしている場合もあります。塗替え工事をする前には、自宅のある場所の景観に関する規制やルールがあるのかどうか、またその内容について市区町村に確認しておきましょう。

基調の4系統別カラーコーディネートのヒント

では、カラーコーディネートを考えていきましょう。一般的な屋根の色として、近年よく使われているのが、この4つの系統色です。

・ブラック系
・グレー系
・グリーン系
・ブラウン系

屋根の基調の4色ともいえます。

次に、この屋根の色系統ごとに、コーディネートしやすい外壁とサッシのカラーをご紹介します。

<ブラック系の屋根>
外壁の色:ライトグレーやグレージュ(暗めのベージュ)、アンバー(こはく色)などとマッチします。
サッシの色:白系と合わせるとはっきり引き立つイメージになり、ブラックと合わせると重厚なイメージになります。シンプルにしたいならグレー系が良いでしょう。

<グレー系の屋根>
外壁の色:アイボリーやベージュ、グレージュなどの無彩色が似合います。サンドカラーやアースカラーと合わせると和風のイメージになります。
サッシの色:シンプルに仕上げるならグレー系、強めのアクセントをつけたいならブラックがいいですね。和風イメージの場合、ブロンズ系がなじみ、ブラウン系なら重厚なイメージになります。

<グリーン系の屋根>
外壁の色:白、うすいベージュがよくマッチします。
サッシの色:グレー系がシンプルによくなじみます。ブラックと合わせて強いアクセントにすることも。

<ブラウン系の屋根>
外壁の色:落ち着いたイメージのベージュとよくなじみます。
サッシの色:白と合わせると軽いアクセントになります。木系、土系の外壁ならブラウン系が似合います。

実際の色決めは大きめの見本で

全体のカラーコーディネートのイメージができれば、実際に色選びをしていくことになりますが、そこで、重要になるのがカラーサンプルです。同じ色でも面積が小さいと濃く、大きいと薄く見えます。また、室内と屋外でも大きく見え方が違ったりします。したがって、見本帳だけで決めるのではなく、実際に使う予定の材料や塗料で大きめの見本を用意してもらい、必ず屋外で確認しましょう。

屋根材選びはメンテナンスも考えて

色によっては、汚れが目立ちやすい、色あせしやすいといった違いがあります。例えば、ブラックは最も色あせしにくい色ですが、汚れが目立ちやすいものです。グリーン系、ブラウン系はあざやかな原色に近づけると色あせしやすくなります。
とはいえ、最近の塗料は高機能になり、汚れがつきにくいものや色あせしにくいものも増えています。また、金属屋根であれば豊富なカラーバリエーションのなかから好みのものを選ぶことができます。屋根材や塗料の種類によっては色数も違うので、後々のメンテナンスのことも考えて、工事業者とよく相談して決めましょう。

屋根のおすすめ記事

その他のおすすめ記事

すべてライフスタイル屋根リフォーム屋根材メンテナンス耐震

▲ページトップ