屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

屋根の塗替えをする理由は?

日本の夏といえば、台風がつきもの。台風をはじめとする自然災害が多い日本の住宅においては、屋根メンテナンスをきちんとすることが家の寿命を伸ばす秘訣になります。屋根はつねに紫外線や風雨に直接さらされながら住まいを守ってくれている大切な部位で、「家の要」ともいえます。
住宅用の一般的な屋根材のうち、スレート、セメント瓦、塗装鋼板はおおよそ10年に1度を目安に塗替えをするのが良いといわれています。その理由は、経年により屋根材の塗膜(塗装した表面)の耐久性が落ちてくるからです。
あらたに塗装することで次のようなメリットが期待できます。

・美観の維持:新築から年数が経ち、色あせや変色した屋根材の外観をきれいに復活させる。
・屋根材の保護:金属屋根のサビを防いだり、スレート屋根の防水効果になる。
・住宅性能の向上:塗料の種類によっては、断熱性の向上や汚れをつきにくくするなどの性能をプラスできる。

塗料と塗装の工程について知っておこう

自宅を建ててから10年前後経過していたり、屋根表面の色あせや汚れが目立ってきたら、塗替えの時期かもしれません。屋根の専門業者に点検を依頼し、必要であれば、塗装メンテナンスをすることになります。
塗装に使用する塗料はさまざまな種類があり、それぞれ特長が異なります。また、屋根塗装はこまごまとした工程が多く、技術力のある信頼できる屋根業者に依頼することが大切です。
そこで信頼できる業者を見分けるためにも、ルーフスタイルで、塗料や工程について少し知っておきましょう。

<屋根用塗料の代表的な種類>

・アクリル系
耐用年数:5?8年/価格:安価
重ね塗りができ、価格もリーズナブルだが、耐久性は他の塗料より低い。短い期間で屋根色を変えたい場合はおすすめ。

・ウレタン系
耐用年数:8?11年/価格:手ごろ
幅広い素材に使える。価格の割に耐久性は良いが、性能は他の塗料よりやや低い。

・シリコン系
耐用年数:12?15年/価格:手ごろ
手ごろな価格ながら、耐久性が高く、汚れにくい。コストパフォーマンスに優れているので、広く使われている。

・フッ素系
耐用年数:15?20年/価格:最も高価
最も耐久性が高く、美観も長期間維持できる。

*塗料の耐用年数はあくまで目安で、個々の住宅の環境や居住条件により異なります。

<塗替えメンテナンスの工程>

1)足場の設置、養生:足場を組み立て、その周囲をシートやネットで養生する
2)洗浄:高圧洗浄した後、乾燥させる
3)下地処理:ヒビや欠けている部分を修理する
4)塗装:下塗り、中塗り、上塗りの3回行う
5)縁切り:塗料で接着したスレートなどの屋根材を切り取る
6)点検、足場の撤去、周囲の清掃

30坪前後の住宅で以上の工程を行った場合、一般的な工期の目安として約1週間かかります。
外壁塗装を同時に行ったり、工期中に雨が降ったりすると、さらに日数がかかります。

適切な屋根メンテナンスのために

こうして見ると、塗料の種類によって、耐用年数や価格、特長が異なるのがわかります。屋根材によって適した塗料も違ってきます。どの塗料を使うかは、費用と耐久性とのバランスに加え、施工後にどのくらい住むのかも含めて検討したいものです。
また、塗装メンテナンスの工程で手抜きがあると、後々、雨漏りなどのトラブルを招くおそれがあります。
こうしたことから、屋根の塗装にあたっては、塗料選びと工程の確認が重要な注意ポイントになります。どのような塗料を使えばいいか、また各工程について詳しく説明してくれる業者に依頼しましょう。極端に短い工期や安すぎる代金を提示する、また一方的に高額な塗料を勧める業者には要注意です。
以上を参考に、優良な業者を見つけて最適な塗装メンテナンスを行ってくださいね。

屋根のおすすめ記事

  • 屋根に太陽光発電を設置する際の注意点

    屋根に太陽光発電を設置する際の注意点

    近年ではスマートハウスやゼロエネルギーハウス(ZEH)が話題となっています。また、2020年の省エネ基準適合住宅の義務化などもあり、ますます太陽光発電に注目が集まっています。ここでは、太陽光発電を設置できる屋根の種類やメ…

  • 屋根勾配って、どうやって決めるの?

    屋根勾配って、どうやって決めるの?

    屋根における重要な要素 屋根は住宅の外装の大きな面積を占める部分です。そのため、その形状や材質は家の外観イメージ並びに住宅の性能に大きく影響します。屋根には形状、軒の出幅といった要素がありますが、特に重要な要素が勾配(屋…

  • 屋根の縦葺きと横葺きの違いって? それぞれの特徴

    屋根の縦葺きと横葺きの違いって? それぞれの特徴

    全国的に採用が伸びてきている金属屋根。建物に合った様々なデザインが楽しめるのが魅力のひとつですが、特に多く採用されている2大デザインは「縦葺き」「横葺き」です。 屋根の外観がストライプ(縦じま)に見えるものが「縦葺き」、…

  • 屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    外観イメージを左右する屋根の色 屋根の塗替えリフォームをすることになったら、どのように色を選べばいいのでしょう? 屋根は外壁とともに、住宅の外観イメージを構成する主要な部分。屋根の色選びによって、家の見た目は大きく変わり…

  • 驚きの「屋根」活用術

    驚きの「屋根」活用術

    屋根を有効スペースとして考える ぽかぽかと暖かい陽気の日が増えました。気候の良い日には、アウトドアライフを楽しみたいですね。出かけることなく、自宅の庭で子供たちを思い切り遊ばせたり、ガーデニングやバーベキューなどができれ…

  • 国宝・阿弥陀三尊像の美しさのヒミツは屋根と天井にあった?

    国宝・阿弥陀三尊像の美しさのヒミツは屋根と天井にあった?

    不思議な関係の2つの国宝 長い歴史のあるわが国には、建造物や美術工芸品といった数多くの国宝があります。また、文化財と呼ばれるものもありますが、その違いは何なのでしょうか? 文化財とは、文化活動によって生み出され、文化財保…

  • 屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    東京駅の屋根に注目 日本の首都・東京の玄関といえる東京駅。保存復原プロジェクトにより、2012年に丸の内駅舎が創建当時の姿を取り戻しました。国の重要文化財でもある駅舎ですが、駅として日々機能しながら、観光スポットとしても…

  • 切妻屋根のファサードがシンボル 生まれ変わったもう1つの公会堂

    切妻屋根のファサードがシンボル 生まれ変わったもう1つの公会堂

    大阪のもう1つの公会堂? 大阪市の公会堂といえば、有名なのが、市の中心部・中之島公園に位置する中央公会堂です。「中之島公会堂」とも呼ばれ親しまれている大阪市中央公会堂は築100年を迎える、赤レンガの壁とアーチ状の銅屋根の…

  • 天窓をつけると雨漏りする? 屋根に天窓をつけるメリット

    天窓をつけると雨漏りする? 屋根に天窓をつけるメリット

    せっかく新築購入やリフォームをするなら、天窓を設置してみたいと思いませんか? 昼間は自然光が差し込み、夜は綺麗な星空を見ながら眠る……。天窓に憧れる方はたくさんいるでしょう。ここでは、天窓のメリットやデメリット、屋根に設…

  • 大阪城の美しい緑の屋根をよみがえらせた、驚きの屋根修理とは

    大阪城の美しい緑の屋根をよみがえらせた、驚きの屋根修理とは

    大阪城の屋根材は? 古くから、商都・大阪のランドマークであり続ける大阪城。美しい緑の屋根がそのシンボルになっていますが、この屋根は何でできているかご存知ですか?屋根材としては立派な本瓦の形状をしていますが、緑色の瓦を葺い…

その他のおすすめ記事

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ