こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていますが、この寿命をまっとうさせるには適切なメンテナンスが欠かせません。スレート屋根を長持ちさせるには、具体的にどのようなメンテナンスが必要になるのでしょうか?

メンテナンスが欠かせない! スレート屋根とはどんな屋根?

スレートとは、現代の多くの住宅に使用されている薄い板状の屋根材です。粘板岩を加工した高価な天然ものもありますが、一般的には薄型化粧スレートとも呼ばれるセメントに繊維素材を混入したものが住宅に使われています。したがって、スレートといえば、薄型化粧スレート(以下スレート)をさすことが一般的となっています。

自宅の屋根をスレート屋根にするメリットと注意点

自宅の屋根をスレート屋根にするメリットといえば、比較的軽量で色数が多く、いろんなデザインの建物にもマッチしやすいといったことでしょう。そのため、スレートは広く普及しているのですが、一方で、注意しなければいけないことがあります。それは、定期的なメンテナンスが欠かせないことです。

おおよその目安では、スレート屋根の寿命は20年から25年といわれていますが、これは適切にメンテナンスを行なっている場合の寿命です。メンテナンスを怠ってしまった場合、寿命よりも早く葺き替え工事をせざるお得なくなってしまいます。

では、どのような状態やタイミングでスレート屋根のメンテナンスをすればよいのでしょう?今回はその見極め方についてお伝えします。

スレート屋根が劣化しているかの判断ポイント

スレートの表面は特殊な塗料で塗装することにより雨等の環境要因から内部を保護する作りになっています。雨や直射日光などで塗装は 経年劣化をしていくので、定期的に塗料の塗り替えが必要になってきます。

基本的には10年に1回程度、塗り替えを行うのが良いとされています。しかしながら、このタイミングはあくまでも目安で、住宅の周辺環境や条件によって、劣化のスピードやメンテナンスの時期が変わります 。まずは簡単にスレート屋根が劣化しているかのチェックポイントをご紹介します。

劣化しているかの判断ポイントは「屋根に色あせや色むらができていないか」にあります。
色あせや色むらは直射日光に含まれる紫外線によって色素が破壊されることで起こり、太陽光による熱も塗装の劣化を進めます。そのため当然ではありますが、日当たりが良過ぎるような場所では屋根は色あせしやすくなります。

これに加えて、酸性雨や潮風による塩害などがあると塗装の劣化はさらに早く進みます。このように環境によって劣化の進み具合が異なるので、スレート屋根のメンテナンスのサインは自分で見つけることが大切なのです。

実際どうすれば良い? スレート屋根のメンテナンス方法

今度は具体的にスレート屋根のメンテナンスの方法を見ていきましょう。

スレートはセメントが主成分ですが、セメント自体に防水性はないため、太陽光から受ける劣化によってスレート表面の塗装が剥がれてしまうと、セメントが水分を吸収してしまい、コケやカビが発生してしまいます。そのため、防水効果を継続させるには、10年に1回の割合で塗装によるメンテナンスを施す必要があります。

一般的な塗装業者に依頼する場合、工事期間は一週間~10日間程度かかります。塗装面の「洗浄」と「補修」を行った後、塗料の「下塗り」「中塗り」「上塗り」を行い、最後に塗料によって接着してしまった屋根材の継ぎ目を切り離す「縁切り」をして終了です。

料金相場は、足場の設置から縁切りまでを含めて約30万~50万円。これは耐用年数10年前後の「シリコン系塗料」を使用した際の相場ですので、15年以上長持ちする「フッ素系塗料」や「遮熱系塗料」と使うとその分料金もアップします。

塗装以外のメンテナンスにはどんな方法がある?

屋根の劣化が進行し、ひび割れや釘浮きなどの症状が出てくると、塗装によるメンテナンスでは対応できません。そんな時は、「カバー工法」をお勧めします。カバー工法とは、既存のスレート屋根の上からガルバリウム鋼板 などの金属屋根を重ねて、二重構造の屋根にするリフォーム工事です。

屋根材をまるごと取り換える「葺き替え」とは違い、カバー工法は既存の屋根をそのまま生かせるので、古い屋根材の解体作業や処分作業が不要です。その分工期を短縮でき、費用も抑えることができます。

ただ、既存の屋根材や下地が著しく劣化していると再利用ができなくなるため、葺き替え工事をする以外に残された道はありません。カバー工法でのリフォームを予定している方は、早めに屋根の現状を確認しておきましょう。

塗装メンテナンスの重要性を忘れずに

屋根の色あせ、色むらは劣化のサインといわれても、この時点では雨漏りなどは起こりません。だからといって、これを放置しておくと、塗装の膜が完全にはがれてしまい、スレートが雨水を吸収し乾燥することをくり返してもろくなり、反りやひび割れなどの症状を起こします。

こうなってしまっては、雨水が屋根の下地にも浸入して雨漏りや内部の腐食を起こす恐れがあり、塗装で回復させることはできません。屋根の葺き替えなど大がかりな工事が必要になります。だからこそ、早めのメンテナンスが重要なのです。

劣化の程度が色あせ・色むら、また塗装の一部がはがれるくらいであれば、多くの場合、洗浄と塗装だけで屋根の耐久性を回復させられます。また、適切な時期にこうしたメンテナンスを行うことが、スレート屋根の寿命を保つための大きなポイントになります。

それには、家のオーナー自らがこまめに屋根をチェックすることが欠かせません。新築や葺き替えから数年経ったわが家のスレート屋根に色あせや色むらがあれば、ぜひ屋根の専門業者に相談しましょう。

塗装がどれくらい保つのかは、環境に加えて塗料の種類によっても異なります。屋根用の塗料には、紫外線や酸性雨等への耐久性を高めたものもあります。屋根の塗り替えをすることになったら、立地環境に合わせた塗料選びについても、専門業者とよく相談してくださいね。

メンテナンスのおすすめ記事

  • 屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    遮熱って、なに? 断熱との違いは? 今夏は記録的な猛暑となり、外出を控えたいほど暑い日が多くなっています。熱中症を防ぐためにも屋内を涼しく保つことが大切ですが、冷房のための電気料金も気になるところです。暑い夏だからこそ、…

  • 外壁塗装時に発生する臭いの対処法

    外壁塗装時に発生する臭いの対処法

    家を新築するときや外壁をリフォームするときに外壁塗装を行いますが、そこで心配になるのが臭いの問題です。外壁塗装時に気になる臭いは何なのか、身体に害はあるのか?その対策について詳しくご紹介します。 家の中が臭い!外壁塗装時…

  • 外壁をツートンカラーにするなら、どんな色の組み合わせがおすすめ?

    外壁をツートンカラーにするなら、どんな色の組み合わせがおすすめ?

    外壁塗装をする際にはカラー選びが重要になってきます。どのカラーを選ぼうか迷ったときには、思い切っておしゃれにツートンカラーにしてしまうのはいかがでしょうか。ここでは、ツートンカラーの外壁塗装についてご紹介していきます。 …

  • しっかり計画をたてよう! 戸建住宅の修繕計画の立て方

    しっかり計画をたてよう! 戸建住宅の修繕計画の立て方

    新築で購入した憧れの戸建住宅。しかし、屋根や外壁、ピカピカのキッチンやバスルームも、長い年月を重ねれば劣化は避けられません。いつまでも快適に暮らし続けるにはどうしたら良いのでしょうか。 答えは、メンテナンスやリフォームと…

  • 屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    家を守る大切な外壁や屋根の工事だから 外壁や屋根の修繕・リフォームが必要になったら、外装業者に工事を依頼することになります。外装は住宅全体を雨風から守る重要な部分ですから、きっちりとした施工が欠かせません。とはいえ、屋根…

  • 玄関ドアの塗装は必要? 玄関ドアの塗装を考えるべきタイミング

    玄関ドアの塗装は必要? 玄関ドアの塗装を考えるべきタイミング

    その家の顔ともいうべき玄関ドア。しかし、そのドアの塗装が剥げていたり色褪せていたりすると、これだけで家全体の印象が悪くなりかねません。そのため、玄関ドアの塗装や補修が必要になるわけですが、塗装のタイミングや、塗装ではなく…

  • 外壁にひび割れが……ひび割れをしてしまう原因と発見後の対策

    外壁にひび割れが……ひび割れをしてしまう原因と発見後の対策

    外壁のひび割れは見た目が悪くなるだけでなく、ひび割れたところから建物の劣化が始まり非常に危険です。外壁にひび割れを発見した時は放置せず、早めに適切な処置をすることが必要です。外壁がひび割れてしまう原因を解き明かして、正し…

  • 外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討したいのは、汚れにくい外壁塗装選びです。汚れにくい外壁塗装を選ぶことで、メンテナンスや清掃の手間を減らして長く快適な状態をキープできます。外壁が汚れる、または汚れて見える理由を解き明かし、汚れにくく…

  • 在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    住宅工法の種類を知ろう 家を建てることになったら、いろいろと知っておきたいことがあります。その中でも基本となるのが住宅の工法です。工法とは建物の骨組み(躯体)をつくる方法のこと。在来工法とツーバイフォーがよく知られていま…

その他のおすすめ記事

  • リフォーム

    在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    こだわりの浴室づくりなら、在来工法? 住まいの中でも浴室は、日々の疲れをいやし明日に向けてリフレッシュするための大切な場所。家を建てたり、リフォームしたりするなら「ホテルや旅館のようなお風呂にしたい!」と思う人も少なくな…

  • 耐震

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    今、あなたが住んでいる木造住宅は大きな地震が来たとしても倒壊や大破することなく、十分に耐えられる構造や性能を備えているでしょうか? もしも地震対策や耐震性について不安があるのなら、すぐにでも手を打っておくべきです。地震に…

  • ライフスタイル

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    ライフスタイルは変わるものだから 家は長年にわたって暮らすもの。家を建てることになったら、いつまでも家族みんなが快適で暮らしやすい住まいにしたいものです。とはいえ、年月が経つうち、住む人のライフスタイルは変わっていきます…

  • メンテナンス

    在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    住宅工法の種類を知ろう 家を建てることになったら、いろいろと知っておきたいことがあります。その中でも基本となるのが住宅の工法です。工法とは建物の骨組み(躯体)をつくる方法のこと。在来工法とツーバイフォーがよく知られていま…

  • 耐震

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    日本で最も多い家づくりの工法 住宅を建てるにはいろんな構法がありますが、日本で最も多く用いられているのが木造軸組構法です。在来工法とも呼ばれ、木材が豊かなこの国に古くから伝わってきた家づくりの方法です。木の柱や梁(はり)…

  • リフォーム

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    浴室の施工法の違いとは? 自宅の浴室をリフォームすることになったら、快適でくつろげる場所にしたいものですね。ところで、浴室づくりといえば、ユニットバスが主流ですが、在来工法という選択肢もあるのをご存知ですか? 既成のパー…

  • 耐震

    大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

    大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

      江戸時代以前の耐震対策とは 日本が世界でも有数の地震大国であるのは誰しもが認めるところです。そのため、日本の住宅耐震技術は非常にすぐれたものとなっています。特に1923(大正12)年の関東大震災以降、耐震研…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ