わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫?

この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。
木造住宅については、屋根が重いと地震のときに大きく揺れるとよくいわれています。一般的な住宅用の屋根材の中で重い屋根といえば、瓦屋根になりますが、「わが家は瓦屋根だけど、大丈夫?」と不安に思っている方もいるかもしれません。
実は、瓦屋根の家だからといって、必ずしも耐震性が低いとは限りません。次のような場合は耐震性に配慮されている可能性が高いのです。

・屋根を支える壁が十分な強度を有している。
・比較的近年に建てられた家で、防災瓦(通常の瓦より軽く減震効果がある)を使っている。
・地震の揺れや台風の風に強いガイドライン工法により施工されている。

自宅の瓦屋根の耐震性について疑問がある場合は施工した建築会社などに確認してみましょう。
とはいえ、これらの条件があてはまったとしても、大丈夫とは言いきれません。地震により住宅が倒壊する原因は屋根だけではないからです。

地震による家屋倒壊の要因とは

一方、軽量で耐震性が高いとされるスレートや金属屋根の家でも、屋根以外の部分に問題があれば不安材料となります。
地震で住宅が倒壊する場合、その要因は一つではありませんが、いくつか共通するものがあります。阪神・淡路大震災での家屋倒壊の原因の多くが次のようなものでした。

・1981年に新耐震基準が導入される前の古い建築工法で建てられた。かつ、木材が老朽化していた。
・窓が多い、間仕切りのない大部屋があるなど、壁面積が少なく、強度的に不安がある。
・柱と梁や土台の接合部が専用の金物で留められていないため、激しい縦揺れにより柱が抜けた。

木造戸建住宅の耐震性については、1981年と2000年に建築基準法の改正が行われ、耐震性能の基準が大幅に引き上げられました。

こんなことがあれば、耐震診断を

わが家の耐震性がどの程度のものか、また、どこにどのような耐震リフォームが必要になるかは、耐震診断を受けてみないとわかりません。1981年以前の建物に加え、近年に建てられた家でも上記の倒壊要因にプラスして次の項目に1つでも当てはまれば、耐震診断を受けることをおすすめします。

・部分的に窓が多いなど、壁の配置がアンバランスになっている。
・平面図で見たときに凸凹が多いなど、建物が複雑な形をしている。
・外壁や基礎に目につくクラック(ひび割れ)が入っている。
・柱や梁、土台に雨漏りによる腐食やシロアリ被害がある。
・地盤が軟弱で、建物が沈んでいる、または傾いている。
・長年にわたり、外壁や屋根のメンテナンスやリフォームをしていない。

耐震性は家全体で考える

こうしてみると、耐震のポイントは屋根だけではないことがわかりますね。
耐震性が高いとされる軽い屋根でも、以上のような問題があれば、安全とは言い切れません。したがって、住宅の耐震性については、建物を部分的に見るのではなく、ポイントとなる各部分を確認した上で総合的に検討することが重要なのです。
そのためには、ぜひ耐震診断を受けましょう。それが、地震から大切なマイホームを守る第一歩となります。

▼心配な人は1度ここで問診をしてみましょう。
「誰でもできるわが家の耐震診断」
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/seismic/kodate/wooden_wagaya.html

耐震のおすすめ記事

  • 「地震に強い家」とはどんな家? 地震に強い家と弱い家の違い

    「地震に強い家」とはどんな家? 地震に強い家と弱い家の違い

    揺れを感じない小さな地震も含めると、日本では相当な回数の地震が起こっています。そんな日本で暮らしている以上、自宅が地震に弱い家か、それとも地震に強い家なのかは気になるところですね。そこで、ここでは地震に弱い家、強い家それ…

  • 耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームの重要なポイントとは この春で東日本大震災から5年になりますが、マイホームの耐震性については、気に留めておきたいものです。戸建住宅の耐震性を考える上で、何に気をつければ良いのでしょう。 よく言われているポイ…

  • 地震に強い家の条件とは

    地震に強い家の条件とは

    家に求められる耐震性能は? この国で住まいについて考えるとき、避けて通れないのが地震対策です。ここ数年でも、記憶に新しい大きな地震がありました。これから家を建てたり、購入するのなら、しっかりと耐震性能を見きわめたいもので…

  • 「在来工法」と「2 x 4」、耐震性が高い家はどっち?

    「在来工法」と「2 x 4」、耐震性が高い家はどっち?

    木造住宅の工法の違いをご存知? これから家を建てるのなら、地震に強い家にしたいですね。木造住宅の場合、どのような建て方をすれば、耐震性の高い家にできるのでしょう? 建物の耐震性を確保する方法は、工法(建て方)によって異な…

  • 地震に備えて屋根工事をしよう! 耐震性に優れている屋根とは?

    地震に備えて屋根工事をしよう! 耐震性に優れている屋根とは?

    耐震性を考えて屋根工事をしよう、と目にしたことがある方も少なくないと思います。では、耐震性に優れている屋根とはいったいどのような屋根なのでしょうか。ここでは、耐震性に優れた屋根、地震に強い屋根にするにはどんな工事が必要な…

  • 「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    わが家の耐震性を再確認 1981年に新耐震基準が施行されましたが、それ以前に建てられた木造住宅と以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。全国の多くの自治体では、新耐震基準以前に建てられた木造住宅などを対象に耐震診断…

  • 古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • 知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    地震大国として知られる日本。地震の多い地に併せて建築分野でもその対策が進化していますが、地震対策において耐震、制震、免震という三つの技術が用いられているのはご存知でしょうか。ここではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを…

  • 中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

  • 木造住宅の地震対策!?ツーバイフォー、在来工法ともに大切なこと?

    木造住宅の地震対策!?ツーバイフォー、在来工法ともに大切なこと?

    地震対策は耐震補強だけじゃない? 日本で安心、安全な住まいづくりを考えるとき、非常に重要になるのが地震対策です。現在では、何らかの対策を施しているお宅は少なくないと思います。とはいえ、「わが家は地震に強いツーバイフォーだ…

その他のおすすめ記事

  • 屋根

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    姫路城の屋根の色は白? それともグレー? 国宝であり、日本で初めての世界遺産である姫路城は、白鷺城(はくろじょう、しらさぎじょう)とも呼ばれ親しまれてきました。そう呼ばれるゆえんは、天守群のシルエットが、まるで鳥のシラサ…

  • メンテナンス

    外壁塗装で重要! 外壁の下塗り材の種類と特徴

    外壁塗装で重要! 外壁の下塗り材の種類と特徴

    外装塗装では、耐久性や仕上がりの美しさを求めるために、下塗り・中塗り・上塗りと複数の工程が実施されます。どの工程も大切なのですが、基本となる下塗りは後の作業や仕上がりに大きく影響する重要な作業です。下塗りの持つ意味や、用…

  • ライフスタイル

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    ライフスタイルは変わるものだから 家は長年にわたって暮らすもの。家を建てることになったら、いつまでも家族みんなが快適で暮らしやすい住まいにしたいものです。とはいえ、年月が経つうち、住む人のライフスタイルは変わっていきます…

  • 屋根材

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    外壁サイディングってなに? 家を建てたり、外装のリフォームをすることになったら、屋根や外壁にどのような材料を使うかが大きなポイントになります。材料によって建物全体の外観イメージが大きく変わりますし、その後の維持メンテナン…

  • 屋根材

    快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な室内空間づくりで大切なこと 室内の壁と天井は住まいの大きな面積を占める部分ですから、どのような質感や色に仕上げるかで内装のイメージは大きく変わります。また、使用する壁材や天井材の種類によっては室内環境にも影響します…

  • ライフスタイル

    ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    外装材選びのポイントは? 建物の屋根と外壁はあわせて外装と呼ばれます。屋根の葺き替えや外壁の張り替えなど、外装の大規模なリフォームが必要になったら、また家を建てることになったら、どのような外装材を選べばいいのでしょう? …

  • メンテナンス

    外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    最近自宅の外壁がなんだか古臭くなってきた、と感じることはあるでしょうか。もしかすると、それは塗装のチョーキング現象かもしれません。 の可能性があります。チョーキング現象という言葉は建築用語ですので、あまり聞きなじみがない…

  • メンテナンス

    ゲリラ豪雨から住まいを守るために メンテナンスやリフォームはここがポイント

    ゲリラ豪雨から住まいを守るために メンテナンスやリフォームはここがポイント

    ゲリラ豪雨からわが家を守ろう 近年、「ゲリラ豪雨」と呼ばれる局地的な集中豪雨が多くなりました。ゲリラ豪雨は、予期しないときに突然、せまい範囲に集中的に降る激しい雨のことで、住宅などに大きな被害をもたらすことがあります。 …

  • メンテナンス

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるために大切なこと 春の花が咲き、過ごしやすい季節になりました。比較的気候が穏やかに安定しているこの時期に、ご自宅のお手入れについて考えてみてはいかがでしょう。いつまでも快適に暮らすために、マイホームは…

  • 耐震

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    わが家の耐震性を再確認 1981年に新耐震基準が施行されましたが、それ以前に建てられた木造住宅と以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。全国の多くの自治体では、新耐震基準以前に建てられた木造住宅などを対象に耐震診断…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ