ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

外装材選びのポイントは?

建物の屋根と外壁はあわせて外装と呼ばれます。屋根の葺き替えや外壁の張り替えなど、外装の大規模なリフォームが必要になったら、また家を建てることになったら、どのような外装材を選べばいいのでしょう?
外装工事には大きな費用がかかるので、もちろん予算についても考慮が必要です。とはいえ、外装はライフスタイルや住む人のセンスを表す住まいにとっての「顔」であり、雨風や直射日光から住む人の生活を守ってくれる大切なもの。
リフォームや新築のときに費用を安く抑えることができても、素材によっては、劣化が早かったり、ひんぱんにメンテナンスコストがかかったりすることもあります。したがって、コストに見合った美観と耐久性が外装材を選ぶ上での大きなポイントになるのです。
そこで、今回は、美観と耐久性の観点から、外装の大きな部分を占める外壁の素材選びについてご説明します。

外装の大きな要素、外壁材の種類を知ろう

まずは、外壁材の種類を知っておきましょう。住宅に使用される主な外壁材にはサイディング、モルタルなどの塗り壁、タイルなどがあります。このうち、サイディングとはボード状の外壁材で、大きく窯業系と金属系に分類されます。
それぞれの特徴や必要なメンテナンス、耐用年数は次の通りです。

・モルタル壁:いわゆる塗り壁。セメントに砂と水を混ぜて練った「モルタル」を左官作業で外壁下地に塗り付けた後、塗料で塗装して仕上げる。さまざまな形状の壁に対応でき、部分的にタイルを貼ることも可能。定期的な塗替えメンテナンスが必要。耐用年数は約15?20年。

・窯業系サイディング:セメントに繊維を混ぜて高温・高圧で成型したボード状の外壁材。表面のテクスチャーや色のバリエーションが豊富。定期的な塗替えメンテナンスとシーリングの補修・交換が必要。耐用年数は約15?20年。

・金属系サイディング:ガルバリウム鋼板やアルミなどの金属をボード状に成型・加工した外壁材。軽量で、テクスチャーや色のバリエーションが豊富。定期的な塗替えメンテナンスとシーリングの補修・交換が必要。耐用年数は約15?20年。

・タイル:粘土を原料として高温で焼き上げたもの。モルタルや専用の下地に張り付けて施工する。耐久性が高く塗替えの必要はないが、目地の割れやはがれの定期的な点検が必要。

*耐用年数はあくまでも目安であり、立地環境や塗装の種類などにより、異なる可能性があります。

バランスのよい外壁材は?

以上のようにさまざまな外壁材がありますが、近年では、色やテクスチャーが豊富で施工が手軽なサイディングが一般的です。その中でも注目されているのがガルバリウム鋼板のサイディングで、金属系サイディングの主流となっています。
ガルバリウム鋼板といえば、屋根材の印象を持つ方も多いと思いますが、外壁材としても屋根と同様の耐久性やメリットがあります。そのメリットの1つが金属ならではの軽さです。
耐用年数が過ぎた外壁材は交換が必要になります。通常であれば、その際、先に古い外壁材を撤去しなければなりません。しかし、軽量なガルバリウム鋼板のサイディングであれば、古いモルタル壁やサイディングの上から重ねて張ることができる場合がありますので、工務店さんに相談してみましょう。
これは重ね張りという施工法で、古い外壁材を撤去しなくてもいいので、その費用を大きく節約できます。また、テクスチャーや色のバリエーションも多彩ですから、デザイン性にもこだわった施工が可能です。
これなら、美観と耐久性、そしてコストパフォーマンスのバランスが非常に良いといえますね。美しく丈夫な家づくりには、屋根材・外壁材ともにガルバリウム鋼板を検討されてはいかがでしょう。

ライフスタイルのおすすめ記事

  • 見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    収納で個性的な住まいを演出? ライフスタイルにこだわった個性的な住まいにしたいと思う人は少なくないでしょう。特に戸建住宅なら、外観から内装まで、まるごと思い通りの家づくりができます。わが家の個性を演出するなら、内・外装の…

  • 湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    収納にはしっかりと湿気対策を 高温多湿の日本で快適な住まいをつくるには、湿気対策が重要になります。それは、居室だけではなく、収納についてもいえることです。家の中には、ふだんあまり開け閉めすることがない収納スペースもあるか…

  • 窓まわりを工夫して外国の家のような部屋づくり

    窓まわりを工夫して外国の家のような部屋づくり

    外国風の部屋づくりは窓まわりから? 家を訪れた友人に「まるで、外国の家みたい!」といってもらえるような部屋づくりをしたいと思いませんか? とはいえ、映画や雑誌で見るような外国の家は日本と違い、広くて天井も高く、そのまま真…

  • モデル・香菜子さんインタビュー:使ってみて分かる本当に良いものの美しさ

    モデル・香菜子さんインタビュー:使ってみて分かる本当に良いものの美しさ

    モデル、イラストレーター、デザイナーと、いくつもの顔を持つ香菜子さん。二児の母でもある彼女は、本当に欲しいものを自分で作り、自然体のライフスタイルを実践することで、多くの女性からの支持を得ています。そんな彼女に、ご自身の…

  • おしゃれな家にするために リビングの間取りとインテリアづくりの注意点

    おしゃれな家にするために リビングの間取りとインテリアづくりの注意点

    リビングは住まいの中心だから 住まいの中でも、中心となる場所はどこでしょう? それは、家族みんなが集まる場所、つまりリビングルームです。 リビングは家族みんながくつろいだり、友人や来客を招いておもてなししたりと、家族にと…

  • 知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    茅葺き屋根は日本だけじゃない? この5月に開催予定の伊勢志摩サミットで注目される伊勢神宮。その本殿の屋根は急な勾配がついた特徴的な形をしています。これは、板の上に草で葺かれた茅葺屋根であるためです。茅葺きの「茅」とは、ス…

  • ペットとともに暮らすためのリフォームとは

    ペットとともに暮らすためのリフォームとは

    室内で暮らすペットが増えている? 現代の日本では、少子化の一方、犬や猫を飼うご家庭が多くなりました。特に犬を飼っている世帯のうち、室内で飼うことが多い小型犬の割合が1995年の26%から2014年には63%ととても高くな…

  • 今どきのおしゃれな家に和室は不要?それとも必要?

    今どきのおしゃれな家に和室は不要?それとも必要?

    和室があれば、何かと便利? ライフスタイルの欧米化にともない、現代は和室のない家が増えています。これから家を建てるなら、欧米風のモダンな家にしたいと思う人も多いでしょう。そんなおしゃれな家には和室は不要かもしれません。 …

  • 景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    美しい街並を作り出すものとは ぬけるような青い空に映えるオレンジ色の屋根と白い壁の家並、??そんな南欧の街並にあこがれる人は少なくないでしょう。地中海の青い空と美しいコントラストを作り出している屋根はテラコッタと呼ばれる…

  • 残暑を乗り切るために 窓辺の遮熱対策はできていますか?

    残暑を乗り切るために 窓辺の遮熱対策はできていますか?

      暑い夏、住宅に求められる性能は 年々、夏の暑さが厳しくなり残暑の時期も長くなっています。室内にいても熱中症になることもあり、冷房の効率を良くして家の中を涼しく保つことが大切です。そこで、最近注目されているの…

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    残暑を乗り切るために 窓辺の遮熱対策はできていますか?

    残暑を乗り切るために 窓辺の遮熱対策はできていますか?

      暑い夏、住宅に求められる性能は 年々、夏の暑さが厳しくなり残暑の時期も長くなっています。室内にいても熱中症になることもあり、冷房の効率を良くして家の中を涼しく保つことが大切です。そこで、最近注目されているの…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ