在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

「ツーバイフォー(2×4)」は、19世紀に北米で生まれた住宅工法のひとつです。日本には1970年代に導入され、“耐震性の高い工法”として幅広く普及しました。実際、阪神淡路大震災や東日本大震災ではこの工法で建てられた住宅の多くが倒壊を免れ、注目を浴びました。

日本に古くからある「在来工法」より地震に強いとも言われるツーバイフォーですが、その違いは何でしょうか?  ここでは各工法をご紹介しながら、その耐震性を探っていきます。

木造住宅の工法の違いとは?

2019年現在、各地で大きい地震が起こっている日本ですが、これから家を建てるのであれば、地震に強い家にしたいところです。もし木造住宅を建てる場合、どのような建て方をすれば、耐震性の高い家にできるのでしょう?

建物の耐震性を確保する方法は、工法(建て方)によって異なります。現代の日本の木造住宅の主な工法には、通称「在来工法」と「ツーバイフォー」の2種類があります。

このどちらの工法が、耐震性が高いのか気になるところかもしれませんが、耐震の考え方や補強の仕方で耐震性が異なってきます。

地震に強い住まい作りのために、在来工法とツーバイフォーの2つの工法の特徴と耐震方法の違いについて知っておきましょう。

在来工法(木造軸組構法)とは


木造軸組構法(以下、在来工法)は日本の昔ながらの建築工法で、柱や梁で建物を支える構造になります。

コンクリート基礎に土台を据え付けて柱を立て、梁などを組み合わせて骨組を作り、そこに壁などを取り付けます。その後、屋根をはじめとする外装工事を経て内装を仕上げていきます。新築の場合、家の大きさや立地などに左右されますが、完成までの目安として4ヵ月から半年の工期がかかります。

先に骨組を作ってから壁を施工するので、間取りの自由度が高く、増改築しやすいのが在来工法の大きな特長です。また、窓の開口を大きく取ることもでき、開放的な家づくりに向いています。

在来工法は柱と梁で耐震性を持たせています。さらに筋交いという建材を斜めに入れ、枠に構造用合板という板を打ち付け補強した「耐力壁」を配置することで、さらに耐震性を向上させています。

ツーバイフォー(枠組壁工法)とは


枠組壁工法は「ツーバイフォー」と呼ばれる工法の正式名称です。断面が2 インチ×4インチの角材を基準部材として使うことから、ツーバイフォーと呼ばれるようになりました。

このサイズの角材で作った枠に構造用合板を打ち付けてパネル状にし、これを床や壁として建物を構成します。基礎工事や土台の据え付けまでは在来工法と同様ですが、その後の現場での加工作業が省力化されているので、新築の工期は3ヵ月前後といった短さで建てられます。

ツーバイフォー工法では家全体をパネルで構成しています。つまり、4つの垂直面(壁)と、2つの水平面(床・屋根)による「モノコック構造」 です。

モノコック構造とは、強度が求められる航空機のために開発された構造です。例えば飛行機・新幹線やF1用のレーシングカーなど、「外皮が強度部材を兼ねる構造物」かつ「極めて強固さが求められるもの」を作るときに利用されます。ここでいう外皮とは住居に例えると天井や壁・床に該当します。
地震や台風といった外部からのエネルギーが加わった場合、在来工法では力が1点に集中して建物が捻じれやすくなりますが、モノコック構造では6面全体にバランスよく力が分散されるので、高い耐震性を実現できるのです。

ただし、壁の配置が耐震性に大きく関わるため、間取りの変更や窓の大きさには制限があります。

工法の違いより大切なのは「耐震基準」

阪神大震災以降の地震では、ツーバイフォー住宅への被害は少なかったとされています。だからといって、在来工法の住宅がそれよりも耐震性が低いとはいえません。阪神大震災で大きな被害を受けた住宅の多くが古い耐震基準で建てられていたか、耐力壁が足りていないものでした。
今は新耐震基準が設けられ、在来工法とツーバイフォーのいずれの工法でも耐震性に違いはなくなっています。

とはいえ、その後何もメンテナンスをしなくていいわけではありません。建築後、構造や土台が湿気などで腐食してしまったり、シロアリ被害が発生してしまったりした場合には、 耐震性が損なわれます。
また、壁により耐震性を確保するツーバイフォーでは、増改築の際の間取りや開口部を変更すると、大きく耐震性が変わってしまう場合もあります。

工法の他に耐震性を上げる方法は?

上記で説明したように、現在では新耐震基準を満たしていれば、工法の違いで耐震性に大きな差が出ることはありません。工法に関係なく耐震性を上げたい場合、効果的と思われるのは「屋根を軽くする」ことです。

地震が発生すると、建物を伝って屋根にも揺れが生じます。高い位置に重心がある屋根が揺れると、遠心力が加わって建物全体がさらに揺れることになります。この時、屋根が重ければ重いほど揺れは大きくなり、住居倒壊の危険が増すのです。耐震性を重視するのであれば、屋根はできる限り軽い素材のものに葺き替えておくとよいでしょう。

おすすめの屋根材は「ガルバリウム鋼板」で、重さは1㎡当たり約5kg。昔ながらの瓦屋根は1㎡当たり約42kgもあるので、揺れをかなり抑えることができ、家屋倒壊のリスクも下がります。

屋根材が重い素材の場合には葺き替え工事の検討を

ツーバイフォーは確かに地震に強く優れた工法と言えますが、古くからある在来工法でも現在の耐震基準を満たしている住宅であれば特に不安はなく、2つを比べても耐震性そのものに大きな差はありません。

それよりも、重い屋根材をガルバリウム 鋼板などの金属素材に変更して屋根全体を軽くする方が、地震対策としては有効と言えそうです。あなたもこの機会にご自宅の屋根材を見直してみませんか?

耐震のおすすめ記事

  • 知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    地震大国として知られる日本。地震の多い地に併せて建築分野でもその対策が進化していますが、地震対策において耐震、制震、免震という三つの技術が用いられているのはご存知でしょうか。ここではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを…

  • 地震に強い家の条件とは

    地震に強い家の条件とは

    家に求められる耐震性能は? この国で住まいについて考えるとき、避けて通れないのが地震対策です。ここ数年でも、記憶に新しい大きな地震がありました。これから家を建てたり、購入するのなら、しっかりと耐震性能を見きわめたいもので…

  • 耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

  • 在来工法の家づくりって、どんなもの?

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    日本で最も多い家づくりの工法 住宅を建てるにはいろんな構法がありますが、日本で最も多く用いられているのが木造軸組構法です。在来工法とも呼ばれ、木材が豊かなこの国に古くから伝わってきた家づくりの方法です。木の柱や梁(はり)…

  • 古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • 耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームの重要なポイントとは この春で東日本大震災から5年になりますが、マイホームの耐震性については、気に留めておきたいものです。戸建住宅の耐震性を考える上で、何に気をつければ良いのでしょう。 よく言われているポイ…

  • どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    耐震診断・耐震補強は大切だけど 地震の多いこの国では、住宅の耐震性はとても大切です。今後も大きな地震の可能性が予測されており、家族を守るためにも、わが家がどのくらい安全なのか知っておきたいものです。そんなことから、耐震診…

  • 2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    日本では比較的新しい工法、2×4 現代の日本で木造住宅を建てる場合、主に木造軸組構法と枠組壁工法の2通りの工法があります。 木造軸組構法は古来より日本に伝わる建築工法であることから、在来工法とも呼ばれます。これに対し、通…

  • しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    今、あなたが住んでいる木造住宅は大きな地震が来たとしても倒壊や大破することなく、十分に耐えられる構造や性能を備えているでしょうか? もしも地震対策や耐震性について不安があるのなら、すぐにでも手を打っておくべきです。地震に…

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

  • ライフスタイル

    湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    収納にはしっかりと湿気対策を 高温多湿の日本で快適な住まいをつくるには、湿気対策が重要になります。それは、居室だけではなく、収納についてもいえることです。家の中には、ふだんあまり開け閉めすることがない収納スペースもあるか…

  • リフォーム

    「雨漏りがなければ大丈夫」は大間違い! 屋根のリフォームのタイミングと方法は?

    「雨漏りがなければ大丈夫」は大間違い! 屋根のリフォームのタイミングと方法は?

    雨漏りしてからでは遅すぎる 家を構成する部位の中でも、屋根は直接雨風から住まいを守ってくれる重要な部分です。しかしながら、日ごろはあまり屋根のことを気にしていない人が多いのではないでしょうか? また、新築から何年も経過し…

  • 屋根材

    アルベロベッロと白川郷 異なる屋根材のとんがり屋根の意外な関係

    アルベロベッロと白川郷 異なる屋根材のとんがり屋根の意外な関係

    イタリアのユニークなとんがり屋根 世界には、いろいろな変わった屋根があり、ユニークで美しい屋根が世界遺産となる景観をつくり出している場所があります。そんな場所の1つ、イタリア南部のアルベロベッロという村をご存知ですか? …

  • メンテナンス

    外壁にコケが生えてしまう原因は? コケが生えてしまったときの対処法

    外壁にコケが生えてしまう原因は? コケが生えてしまったときの対処法

    コケは観賞用に育てる分には良いものですが、マイホームの外壁に意図せずに生えてしまったものは非常に迷惑です。コケは見た目が悪いだけでなく、実は家や人にも悪影響を与える恐れがあります。コケに気づいたら、早めに正しく対処してお…

  • リフォーム

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    外壁のリフォームが必要になったら 外壁は屋根とともに雨風から住まいを守ってくれる大切な部分です。そのため、外壁にはいろんな性能が求められますが、なかでも、快適に暮らすために重要になるのが断熱性です。断熱性が高ければ、冷暖…

  • ライフスタイル

    ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板の次世代建材 家を建てることになったら、安全で快適な住まいにするために気にしたいことがたくさんあります。耐震性など災害に強いことはもちろん、断熱性や湿気対策も大切です。そして、内外装ともデザインにこだわり…

  • 屋根材

    快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な室内空間づくりで大切なこと 室内の壁と天井は住まいの大きな面積を占める部分ですから、どのような質感や色に仕上げるかで内装のイメージは大きく変わります。また、使用する壁材や天井材の種類によっては室内環境にも影響します…

  • 屋根

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の塗替えをする理由は? 日本の夏といえば、台風がつきもの。台風をはじめとする自然災害が多い日本の住宅においては、屋根メンテナンスをきちんとすることが家の寿命を伸ばす秘訣になります。屋根はつねに紫外線や風雨に直接さらさ…

  • 屋根材

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    いま、人気の屋根材とは 家を建てたり、屋根を葺き替えたりすることになったら、どのような屋根材を選べばいいのでしょう? 一般的な住宅用として、広く普及している屋根材のスレート。また、近年、耐震性が高く丈夫なことから人気上昇…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ