ご存知ですか?あの歴史的建造物の瓦屋根のヒミツ

お城やお寺の意外な瓦屋根

日本のお城や神社仏閣などの屋根には古くから瓦が使われてきました。伝統的な日本の瓦といえば、黒やグレーの陶器瓦が一般的です。そして、伝統的な建築物には、本葺瓦がよく用いられます。また、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーが一般的です。とはいえ、なかには、そんなイメージを超えたユニークなものもあります。
今回は、歴史的な建物の意外な瓦屋根についてお話しします。

首里城の赤い屋根のヒミツ

亜熱帯の青い空に映える赤い屋根が印象的な首里城。本来は、15世紀から19世紀まで続いた琉球王朝の時代に建てられたものです。第2次世界大戦で全焼し、1992年に、18世紀当時の姿に復元されました。
本土の伝統建築とはおもむきが異なり、エキゾチックなイメージが強い首里城ですが、独特な建築様式は日本と中国の築城文化の融合によるもの。その貴重な価値が認められ、2000年に首里城跡として世界遺産に登録されました。
さて、首里城の赤い屋根は「琉球赤瓦(りゅうきゅうあかがわら)」という素焼きの瓦で葺いたもの。このあざやかな赤はどうやって出しているのか不思議ではありませんか?それは沖縄の風土に密接に関係しています。

沖縄の風土に根ざした琉球赤瓦

琉球赤瓦は沖縄の鉄分を多く含む土が原料です。土に水を混ぜて成型し乾燥させたあと、高温で焼く本土の瓦とは違い、低温で素焼きにすることで土の中の鉄分が酸化し独特の赤い色になります。本土の瓦のようにしっかり焼けば黒い色になりますが、あえて素焼きにすることにヒミツがあるのです。
素焼きの瓦には吸水性があります。沖縄の瓦は雨が降るといったん水を吸収し、気温の上昇に合わせて水分を蒸発させて熱を逃し、温度を下げる働きをするのです。
琉球赤瓦は亜熱帯の沖縄の暮らしに最適な屋根材といえますね。首里城の屋根にはこの伝統的な瓦が使われています。沖縄のシンボル首里城には、その風土に根ざした建築文化の知恵が込められていたのです。

歴史ある寺院にハイテク素材の屋根

一方、沖縄から離れた東京には意外な瓦屋根のお寺があります。観光スポットとしても有名な都内最古の寺院、浅草寺の宝蔵門は2007年、本堂は2010年、改修工事により屋根が葺き替えられました。いずれの屋根も竣工後、従来のような重厚な瓦屋根の姿を見せていますが、実は、そこに使われているのは伝統的な陶器の瓦ではありません。
改修にあたって、お寺側からは古くなった瓦屋根を軽く丈夫な屋根にしたいという要望がありました。多くの人が訪れるため、災害に強い安全な建物をという配慮からです。そこで、採用されたのが、チタン製の金属瓦だったのです。
チタンは比較的近年に実用化された金属で、ジェットエンジンのタービン翼などに利用されるハイテク素材です。軽く半永久的な耐久性があり、屋根材としても非常に優秀ですが、曲げても元に戻ってしまうという非常に加工しづらい性質も持ち合わせています。
しかし、素材メーカーの試行錯誤を重ねた技術革新により、陶器瓦そっくりの加工が可能になったのです。また、チタン瓦には陶器のようなマットな風合いもあり、新しくなった浅草寺の屋根は瓦専門の業者も見間違えるほど。さらに、チタン瓦の屋根の重量は従来の陶器瓦の屋根の8分の1という軽さで、耐震性も高まりました。これなら、安全に毎日多くの参拝客や観光客を迎えられます。

千年以上の歴史ある浅草寺の屋根にハイテク素材が使われていたとは、意外でした。伝統的な瓦で3世紀前の状態に復元された首里城とは好対照といえます。瓦屋根にも伝統と革新があるのです。興味深いですね。

屋根材のおすすめ記事

  • わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    いま、人気の屋根材とは 家を建てたり、屋根を葺き替えたりすることになったら、どのような屋根材を選べばいいのでしょう? 一般的な住宅用として、広く普及している屋根材のスレート。また、近年、耐震性が高く丈夫なことから人気上昇…

  • 屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    スレート屋根にもいろいろある? 現代の戸建住宅向けの一般的な屋根材の1つにスレートがあります。スレートは薄い板状の屋根材で、瓦に比べて色数も多く、軽量で耐震性にも優れています。 そうしたことからか広く使用されているのです…

  • スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    広く普及しているスレート屋根材とは 青空に風光る季節、日本の住宅街の眺めといえば、青い空に瓦屋根の家並みでしたが、それも懐かしいものとなりましたね。いま、瓦屋根にかわって、広く普及している屋根材はスレートと呼ばれるもので…

  • いろいろあります。住まいを守る「屋根」の素材。

    いろいろあります。住まいを守る「屋根」の素材。

    快適な住まいを守る屋根 春は仕事や学業などで新しいことが始まるシーズンです。この時期は引越しをされる方も多いでしょう。心機一転の春は「家」についていろいろと見直したり、考えたりするのによい季節なのかもしれませんね。住宅ロ…

  • 世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の優れた屋根材とは この4月から電力の全面自由化がスタートします。自由化によって事業者間で競争になれば、電気料金は安くなると思いがちですが、そうとは限りません。発電用の燃料費の変動が電気料金に大きく影響するよう…

  • 瓦屋根にもいろいろあるってホント? 瓦の種類を知ろう

    瓦屋根にもいろいろあるってホント? 瓦の種類を知ろう

    瓦屋根の材料はいろいろある? 瓦屋根は、文字通り瓦で葺いた屋根のことです。日本各地どこの住宅地でもよく見かけ、古くから神社仏閣やお城の屋根にも使われてきました。このように、瓦は、私たち日本人にとってとてもなじみ深い屋根材…

  • スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根の雨漏りの意外な原因 雨の多い季節になりました。木造住宅の大敵、雨漏りをしっかり防いでいきたいものです。 雨漏りの原因といえば、屋根の瓦やスレートの破損、ズレ、または窓のサッシまわりのシーリングの劣化などが考…

  • 切妻屋根とドームを持つ図書館「中之島図書館」 その屋根材は?

    切妻屋根とドームを持つ図書館「中之島図書館」 その屋根材は?

      築100年を超えて現役の図書館 日本に西洋の建築技術が入ってきたのは、江戸時代末期の19世紀後半ごろ。明治時代以降には、国内外の建築家たちにより歴史に残る西洋風の名建築が数多く建てられるようになりました。そ…

  • あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    歴史あるフシギなお寺 東京の中でも、とりわけ江戸情緒が残る街・築地。 その象徴ともいえる、にぎやかな場外市場から1本の通りをへだてた場所にそのお寺はあります。江戸時代から続く歴史と由緒ある寺院ながら、一歩その境内に踏み入…

  • オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    再注目される国立代々木競技場 2020年の2度目の東京オリンピック開催に向け、新国立競技場や選手村の建設が急ピッチで進んでいます。一方で、前回開催時の施設を今回も利用することが決まっています。そうした施設の中でも、特に有…

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    海外インテリアに学ぶホテルライクな寝室づくり

    海外インテリアに学ぶホテルライクな寝室づくり

    寝室をお気に入りの空間に 住まいにおける寝室とは、どのような空間でしょう? 寝室は単に寝るだけの部屋と考えている人も多いかもしれません。しかし、本来は1日の疲れを取り、明日への活力を養うための大切な場所です。したがって、…

  • 屋根

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    地震対策で意外に大切なこと 地震や台風など、日本は災害の多い国です。それだけに、大切なわが家をしっかりと守りたいものです。特に、ここ数年は大きな地震が相次いでいることから、自宅の耐震性が気になる方は少なくないでしょう。地…

  • ライフスタイル

    窓まわりを工夫して外国の家のような部屋づくり

    窓まわりを工夫して外国の家のような部屋づくり

    外国風の部屋づくりは窓まわりから? 家を訪れた友人に「まるで、外国の家みたい!」といってもらえるような部屋づくりをしたいと思いませんか? とはいえ、映画や雑誌で見るような外国の家は日本と違い、広くて天井も高く、そのまま真…

  • メンテナンス

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    家を守る大切な外壁や屋根の工事だから 外壁や屋根の修繕・リフォームが必要になったら、外装業者に工事を依頼することになります。外装は住宅全体を雨風から守る重要な部分ですから、きっちりとした施工が欠かせません。とはいえ、屋根…

  • メンテナンス

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    どんなに小まめに掃除をしている家でも、年月が経過すれば劣化してしまうもの。特に、雨や風、雪や紫外線などから私たちの暮らしを守ってくれている“屋根”は大きなダメージを負うことになります。 ちょっとした色あせ程度であれば塗装…

  • ライフスタイル

    知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    茅葺き屋根は日本だけじゃない? この5月に開催予定の伊勢志摩サミットで注目される伊勢神宮。その本殿の屋根は急な勾配がついた特徴的な形をしています。これは、板の上に草で葺かれた茅葺屋根であるためです。茅葺きの「茅」とは、ス…

  • 屋根材

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    現代にも通じる洋館のスタイル 「家を建てるなら、おしゃれな洋館のような建物にしたい」そう思う人は少なくないでしょう。日本に洋風建築が入って来た明治以降から昭和初期にかけ、日本で暮らす外国人や裕福な日本人の住宅として、美し…

  • メンテナンス

    外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁の塗装メンテナンスが必要な理由 ご自宅の外壁が色あせてきたり、汚れが目立ってきたりすれば、それは塗替えメンテナンスが必要なサインかもしれません。外壁は、屋根とともに住まいを雨風や直射日光から守ってくれる大切な部分。外…

  • 耐震

    木造住宅の地震対策!?ツーバイフォー、在来工法ともに大切なこと?

    木造住宅の地震対策!?ツーバイフォー、在来工法ともに大切なこと?

    地震対策は耐震補強だけじゃない? 日本で安心、安全な住まいづくりを考えるとき、非常に重要になるのが地震対策です。現在では、何らかの対策を施しているお宅は少なくないと思います。とはいえ、「わが家は地震に強いツーバイフォーだ…

  • ライフスタイル

    外国人も興味津々、神社の屋根デザインあれこれ

    外国人も興味津々、神社の屋根デザインあれこれ

    屋根を見れば建てられた時代がわかる このところ、伊勢神宮の式年遷宮と出雲大社(写真)の大遷宮が重なり、京都では下鴨神社、上賀茂神社の遷宮が続きました。その話題はテレビやネットなどでも取り上げられ、日本国内はもちろん、外国…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ