ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

金属瓦は現代の屋根材?

日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。

ガルバリウム鋼板は最新の製造技術により、金属なのにサビに強く、高い耐久性を持たせた、いわばハイテクな屋根材です。加工性が良いことから、和洋問わず建築デザインに合わせた加工ができます。軽くて耐震性にも優れていることから、現代の住環境に対応した屋根をフレキシブルに作ることができます。

こうしてみると、金属瓦は現代的な屋根材のように思えますね。しかし、意外と長い歴史があるのです。

江戸時代を代表する金属屋根とは

日本で金属瓦が使われるようになったのは江戸時代。お城や神社仏閣、武家や商家の住宅の屋根が銅瓦で葺かれるようになりました。信長や秀吉の時代までは、銅のような金属の加工は大変な作業でした。しかし徳川幕府の時代に入り、金属加工の技術が進み、さらに労働力の集約も手伝って、金属瓦が広く使われるようになったのです。

銅瓦は高価だったため、一般の住宅には普及しなかったのですが、城郭などの屋根材には多く使われました。その理由として、軽さと高い耐久性、耐火性などがあげられます。当時から金属屋根は高機能の屋根材だったのです。また、高価な銅を使うことは権力と財力の象徴でもありました。

幕府の力を誇示するという意味でも、江戸時代の代表的な銅瓦のお城といえるのは名古屋城でしょう。名古屋城は、1612年、徳川家康によって築城されました。そこには、天下統一に向け幕府の体制を確立したいという意志が込められ、濃尾平野を見下ろす高台に巨大な城郭が建てられたのです。

名古屋城の屋根色のヒミツ

金の鯱(しゃちほこ)と並び、名古屋城の象徴といえるのが、本丸天守閣の五重五層の雄大で美しい緑色の屋根です。この緑色は緑青(ろくしょう)と呼ばれる銅が酸化して発生するサビの色です。サビは金属には良くないもののように思えますが、銅の場合は、この緑青が表面にできることで保護皮膜となり、長期間にわたる耐久性を発揮するのです。

また、銅は耐火性や耐熱性が高いことから、第2次世界大戦中も「名古屋城は焼けない」といわれていました。しかし、空襲から鯱を避難させようと組んでいた足場に焼夷弾が命中、炎上し、鯱も天守も焼失してしまいます。鯱は火災から建物を守る霊獣のシンボルだったのですが…。
現在の名古屋城の天守は戦後復元されたものです。構造は鉄筋コンクリートですが、外観は創建時の通りに作られ、屋根は木製の下地に0.5mm厚の銅板が貼り付けられています。

歴史の中で培われてきた金属屋根

江戸時代に、こんな機能性の高い屋根材が使われていたとは驚きです。とはいえ、感心するのはこれだけではありません。日本では奈良時代から金属瓦があったという説も近年浮上しています。

記録によると、奈良の東大寺に匹敵する歴史を持つ古刹、西大寺の薬師金堂の屋根が銅板で葺かれたとされています。これが、なんと765年のこと。この西大寺の銅瓦の実物は確認できませんが、記録の上では日本最古の金属瓦は奈良時代にあったことになります。

海外の記録を見ると、120年ごろのローマではドーム屋根を青銅で葺いたといわれています。金属屋根には気が遠くなるような長い歴史があったのですね。
これだけの長い歴史の中で、金属屋根の加工技術や施工法の研究が続けられ、蓄積されてきたものが、現代に活かされているのです。

屋根材のおすすめ記事

  • ご存知ですか?あの歴史的建造物の瓦屋根のヒミツ

    ご存知ですか?あの歴史的建造物の瓦屋根のヒミツ

    お城やお寺の意外な瓦屋根 日本のお城や神社仏閣などの屋根には古くから瓦が使われてきました。伝統的な日本の瓦といえば、黒やグレーの陶器瓦が一般的です。そして、伝統的な建築物には、本葺瓦がよく用いられます。また、いぶし銀とい…

  • 今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    外壁サイディングってなに? 家を建てたり、外装のリフォームをすることになったら、屋根や外壁にどのような材料を使うかが大きなポイントになります。材料によって建物全体の外観イメージが大きく変わりますし、その後の維持メンテナン…

  • 世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    京都・清水の舞台の高さは? 千年の都として栄えた古都・京都。二条城や平等院など「古都京都の文化財」として知られる17ヵ所の文化財は世界遺産にも指定されています。 そうした文化財群のなかでも、特に有名なのが清水寺です。この…

  • 災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    東大に江戸時代の瓦屋根 日本を代表する最高学府、東京大学。その本郷キャンパスのシンボルとなっているのが、通称「赤門」です。江戸時代後期に建てられたものですが、もともとは何の門だったのか、ご存知ですか? 赤門は、旧加賀藩の…

  • オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    再注目される国立代々木競技場 2020年の2度目の東京オリンピック開催に向け、新国立競技場や選手村の建設が急ピッチで進んでいます。一方で、前回開催時の施設を今回も利用することが決まっています。そうした施設の中でも、特に有…

  • 歴史と現代に見る自然派の屋根材

    歴史と現代に見る自然派の屋根材

    日本で初めての屋根 飛騨高山の白川郷に代表される茅葺きの屋根の家並みは日本の原風景ともいわれます。そんな茅葺き屋根の材料「茅」ですが、これは特定の植物ではなく、ススキなどのイネ科の植物の総称です。この草で葺いた屋根を総じ…

  • 洋風の瓦がある? 洋瓦の種類とメンテナンス方法

    洋風の瓦がある? 洋瓦の種類とメンテナンス方法

    瓦と聞くと古い木造住宅の屋根に使われている日本瓦をイメージするかもしれませんが、近年では洋瓦を採用した住宅が増えています。洋瓦とはどういったものなのでしょうか。ここでは瓦の一種である洋瓦の特徴や種類、メンテナンス方法など…

  • あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    歴史あるフシギなお寺 東京の中でも、とりわけ江戸情緒が残る街・築地。 その象徴ともいえる、にぎやかな場外市場から1本の通りをへだてた場所にそのお寺はあります。江戸時代から続く歴史と由緒ある寺院ながら、一歩その境内に踏み入…

  • 屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    ハイグレードな塗装鋼板とは 近年、住宅の外壁や屋根といった外装の材料として普及が進むガルバリウム鋼板をご存知でしょうか? 鋼板でありながら、サビに強く高い耐久性があり、金属特有の軽さから耐震性にもすぐれた建材です。このよ…

  • 日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    瓦にもいろいろある? 日本の住宅地でよく見かける瓦屋根。その屋根材といえば、当然ながら昔から伝わる日本瓦を思い浮かべる人は多いでしょう。とはいえ、日本瓦によく似た「セメント瓦」という屋根材について耳にしたことはありません…

その他のおすすめ記事

  • リフォーム

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    「家の顔」づくりに大切なスペース 洗濯物やふとんを干したり、エアコンの室外機置き場として、また植木鉢を置いてガーデニング気分を楽しむなど、ベランダは日々の暮らしに欠かせないスペースです。戸建住宅のベランダを安全に維持して…

  • 屋根

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    地震対策で意外に大切なこと 地震や台風など、日本は災害の多い国です。それだけに、大切なわが家をしっかりと守りたいものです。特に、ここ数年は大きな地震が相次いでいることから、自宅の耐震性が気になる方は少なくないでしょう。地…

  • 屋根

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    姫路城の屋根の色は白? それともグレー? 国宝であり、日本で初めての世界遺産である姫路城は、白鷺城(はくろじょう、しらさぎじょう)とも呼ばれ親しまれてきました。そう呼ばれるゆえんは、天守群のシルエットが、まるで鳥のシラサ…

  • 屋根材

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    現代にも通じる洋館のスタイル 「家を建てるなら、おしゃれな洋館のような建物にしたい」そう思う人は少なくないでしょう。日本に洋風建築が入って来た明治以降から昭和初期にかけ、日本で暮らす外国人や裕福な日本人の住宅として、美し…

  • リフォーム

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    修繕計画を立てて効率よいメンテナンスを 日銀のマイナス金利政策の影響で、預金利息がほぼ0%になっています。貯めて増やすのがむずかしい時代になりましたが、ご自宅の修繕資金は計画されていますか? うちは戸建てなので、マンショ…

  • 屋根材

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    スレート屋根にもいろいろある? 現代の戸建住宅向けの一般的な屋根材の1つにスレートがあります。スレートは薄い板状の屋根材で、瓦に比べて色数も多く、軽量で耐震性にも優れています。 そうしたことからか広く使用されているのです…

  • メンテナンス

    戸建住宅の修繕計画を立てよう

    戸建住宅の修繕計画を立てよう

    家は購入してからが大事 マイホームを持つことが将来の夢という人は少なくないでしょう。しかし、家は手に入れることがゴールではありません。長年にわたって良い状態を維持し、快適に暮らし続けるのが大切です。 日本では、これまで木…

  • 屋根材

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    外壁サイディングってなに? 家を建てたり、外装のリフォームをすることになったら、屋根や外壁にどのような材料を使うかが大きなポイントになります。材料によって建物全体の外観イメージが大きく変わりますし、その後の維持メンテナン…

  • 耐震

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • 屋根材

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の優れた屋根材とは この4月から電力の全面自由化がスタートします。自由化によって事業者間で競争になれば、電気料金は安くなると思いがちですが、そうとは限りません。発電用の燃料費の変動が電気料金に大きく影響するよう…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ