屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

台風シーズンの後の大切なこと

ここ数年、台風が大型化し、その被害も大きくなりがちです。雨風から住まいを守る役割を持つ屋根は台風の被害を最も受けやすく、それだけにデリケートな部分です。台風シーズンが過ぎた後、大きな被害はなくても思っている以上に劣化が進むこともあり得ます。 見える範囲でいいので、ご自宅の屋根にこんな症状がないか確認してみましょう。

・瓦やスレートの破損、ヒビ、ズレ
・金属屋根のはがれ、破損
・スレートや金属屋根の塗装のはがれ

以上のような変化があれば、放置しておくと建物全体の深刻なダメージにつながる恐れがあります。直ちに屋根の専門業者に補修の屋根工事を依頼することをおすすめします。

一見、被害がないようでも…

一方、こうした明らかな被害や損傷がなくても、安心できるとは限りません。台風の直後に雨漏りなどの被害が見られなくても、トラブルの原因がひそみ、時間をかけて症状となって現れることもあるのです。

では、そうした雨漏りトラブルの可能性を見つけるには、どうすればいいのでしょう?こちらのチェックリストは雨漏りの初期症状をまとめたものです。これを参考に、継続的に家の中と外を観察するようにしてください。

・ベランダやバルコニーにひび割れ、塗装のはがれがある
・天井にシミができた、天井近くの壁の色があせてきた
・天井の壁紙が浮いてきた、はがれてきた
・床材がふくれる、フローリング材が反ってくる
・ふすまや障子がふくらんだり、うねったりする
・特定の部屋や場所で結露が増えた
・玄関や室内においた靴や革製品にカビが発生した
・夜中など、静かになると水滴のような音がする

これまでにはなかったのに、こんな症状が出てくれば、雨漏りが起きている可能性があります。屋根業者に点検を依頼して雨漏りの原因を見つけ、適切な屋根工事をしてもらいましょう。

こんな箇所も点検を

台風シーズンの後には、他にもチェックしておきたい箇所があります。
屋根に太陽光発電パネルを設置している場合は、見える範囲で飛来物による破損などがないか確認します。特に目立つダメージがなくても、発電量が通常よりも減少している場合は、パネルや設備に損傷が起きている恐れがあります。 また、外壁などにも被害や不具合がないかチェックしておきましょう。外壁にひび割れや塗装のはがれがあれば、補修が必要になります。 外壁まわりを見るときには、雨どいがはずれたり、ずれたりしていないか、とい自体や受け金具の破損がないかも確認します。雨どいにこうした症状があれば、雨が降ったときの排水が正常にできなくなるので、こちらも早いうちに修理することが必要です。さらに、雨どいやベランダの排水溝の中が落ち葉や飛来物でつまっていれば、雨水があふれる可能性があるので、こまめに掃除をしておきましょう。

大切なわが家の屋根を守っていくには、定期的な点検や塗替工事等のメンテナンスが必要となります。大きな台風の後などは屋根のトラブルがないか確認したいものです。

屋根のおすすめ記事

その他のおすすめ記事

すべてライフスタイル屋根リフォーム屋根材メンテナンス耐震

▲ページトップ