台風後の点検ポイント10! 雨漏りのチェックポイントもご案内

台風が近づくと、テレビのニュースでも備えや安全対策が呼びかけられます。しかし、台風が過ぎ去ったからといって安心してはいられません。台風後の点検もしっかりしましょう。ぱっと見ただけではわかりにくい箇所に、思わぬ被害を受けていることもあるからです。とはいえ、やみくもに点検したのでは意味がありません。チェックすべきポイントを紹介しますので、ぜひ台風後の点検に役立ててください。

台風シーズンの後の大切なこと

ここ数年、台風が大型化し、その被害も大きくなりがちです。雨風から住まいを守る役割を持つ屋根は台風の被害を最も受けやすく、それだけにデリケートな部分です。台風シーズンが過ぎた後、大きな被害はなくても思っている以上に劣化が進むこともあり得ます。

台風後にすべき点検ポイント

見える範囲でいいので、ご自宅の屋根にこんな症状がないか確認してみましょう。

1.瓦やスレートの破損、ヒビ、ズレ

強風により、瓦やスレート(板状の屋根材)が壊れたりずれたりすることがあります。硬いものが飛んできて当たった場合、ヒビが入ってしまうことも。またズレが生じている場合、何かの拍子に落下したり飛んだりして、他の家や人に被害を与えてしまう可能性もあります。
点検する際のポイントは、少し離れた位置から全体を眺めてみることです。少しでも「おかしいかな?」と思えるところがあったら、点検を依頼しましょう。我が家を守るためだけでなく、他の人に被害を及ぼさないためでもあります。

2.金属屋根のはがれ、破損

強風は、金属製の屋根もはがして浮き上がらせたり、金属板ごと飛ばしたりという事態を引き起こすことがあります。屋根の様子を見て、明らかに色合いが違うところが目についたら、はがれや破損など何かしらの不具合が生じているかもしれません。

3.塗装のはがれ

台風の直接的な影響というより、前回の塗装から年数が経っていると、経年劣化によりスレートや金属屋根の塗装がはがれてしまうことがあります。点検のついでに、確認してみましょう。塗装は見栄えをよくするためだけに施すのではなく、雨や紫外線、ホコリなどから家を守るために必要不可欠。屋根材のバリアのような役目を果たしてくれるものです。

4.外壁

また、外壁などにも被害や不具合がないかチェックしておきましょう。外壁にひび割れや塗装のはがれがあれば、補修が必要になります。

5.雨どい

外壁まわりを見るときには、雨どいがはずれたり、ずれたりしていないか、とい自体や受け金具の破損がないかも確認します。雨どいにこうした症状があれば、雨が降ったときの排水が正常にできなくなるので、こちらも早いうちに修理することが必要です。さらに、雨どいやベランダの排水溝の中が落ち葉や飛来物でつまっていれば、雨水があふれる可能性があるので、こまめに掃除をしておきましょう。

6.テレビアンテナ

テレビアンテナも風の影響を受けます。傾いたりしていないか、折れた部品はないか、配線が切れたりはしていないか、細かいところまでしっかり点検をしましょう。不具合をそのままにしておくと、電波の受信に影響が出てテレビを見ることができなくなってしまいます。自分で修理をするか、電気店に修理を依頼するかで対処しましょう。

7.シャッター

大雨と強風を受けると、シャッターもゆがんでしまうことがあります。スムーズに開閉できるか、閉じたときには錠がかかるか、たわみやぐらつきはないか、丹念に調べてみましょう。

8.バルコニー

バルコニーは、落ち葉や枝が散乱しやすい場所です。よそから飛んできた衣類がたたきつけられていることも。そこまでひどい状態ではなかったにしても、台風後にはバルコニーをきれいに掃除することをおすすめします。「大丈夫だろう」と放置しておいたものが積もり積もると排水口をふさぎ、水びたしになってしまう恐れがあるからです。

9.排水溝・排水マス

排水溝や排水マスには、泥が流れ込んだり落ち葉が吹き込んだりしていることがあります。きちんと点検し、泥がたまっていたら、かき出しておきましょう。落ち葉も、丁寧に取り除いてください。そうでないと排水機能が悪くなり、家の周りに水がたまってしまう危険性があります。

10.太陽光発電パネル

屋根に太陽光発電パネルを設置している場合は、見える範囲で飛来物による破損などがないか確認します。特に目立つダメージがなくても、発電量が通常よりも減少している場合は、パネルや設備に損傷が起きている恐れがあります。

以上のような変化があれば、放置しておくと深刻なダメージにつながる恐れがあります。直ちに専門業者に補修工事を依頼することをおすすめします。

台風後の雨漏りのチェックポイント

一方、こうした明らかな被害や損傷がなくても、安心できるとは限りません。台風の直後に雨漏りなどの被害が見られなくても、トラブルの原因がひそみ、時間をかけて症状となって現れることもあるのです。
では、そうした雨漏りトラブルの可能性を見つけるには、どうすればいいのでしょう? こちらのチェックリストは雨漏りの初期症状をまとめたものです。これを参考に、継続的に家の中と外を観察するようにしてください。

  • ・ベランダやバルコニーにひび割れ、塗装のはがれがある
  • ・天井にシミができた、天井近くの壁の色があせてきた
  • ・天井仕上げ材や壁紙が浮いてきた、はがれてきた
  • ・床材がふくれる、フローリング材が反ってくる
  • ・ふすまや障子がふくらんだり、うねったりする
  • ・特定の部屋や場所で結露が増えた
  • ・玄関や室内においた靴や革製品にカビが発生した
  • ・夜中など、静かになると水滴のような音がする

 

これまでにはなかったのに、こんな症状が出てくれば、雨漏りが起きている可能性があります。業者に点検を依頼して雨漏りの原因を見つけ、適切な対処をしてもらいましょう。また、大切なわが家を守っていくには、定期的な点検や塗替工事等のメンテナンスが必要となります。大きな台風の後などは家にトラブルがないか確認したいものです。

屋根のおすすめ記事

  • 屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    東京駅の屋根に注目 日本の首都・東京の玄関といえる東京駅。保存復原プロジェクトにより、2012年に丸の内駅舎が創建当時の姿を取り戻しました。国の重要文化財でもある駅舎ですが、駅として日々機能しながら、観光スポットとしても…

  • 屋根の形にはどのようなものがある? 屋根の形状と特徴

    屋根の形にはどのようなものがある? 屋根の形状と特徴

    住まいの建て替えやリフォームの際、屋根の形状を変えることがあります。小規模なリフォームの場合だと屋根にまで手を加えることは少ないかもしれませんが、屋根のリフォームや建て替えとなると、屋根についての知識も必要になってきます…

  • 軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    屋根は家づくりの重要ポイント 屋根は、住まいを直射日光や雨風から守ってくれる大切な部分です。屋根をどう作るかで、住宅の性能や外観のイメージにも大きく関係します。このように家づくりにおいて屋根は重要なポイントといえますが、…

  • 急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    人気の北欧デザインって、どんなもの? 少し前から、日本では北欧デザインの家具や雑貨が人気です。北欧デザインとは、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドといった北欧諸国のデザインの総称で、世界的な評価も高く、家…

  • 賢く使おう! 屋根のリフォームで使える助成金・補助金について

    賢く使おう! 屋根のリフォームで使える助成金・補助金について

    日々、強い日差しや風雨に晒され続けている屋根。年月が経てば劣化や破損は避けられないものです。しかしながら、いざ「リフォームを」と考えてはみても、屋根の重ね葺きや葺き替えにかかる費用は100万円を超える場合もあり、とても手…

  • 屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    姫路城の屋根の色は白? それともグレー? 国宝であり、日本で初めての世界遺産である姫路城は、白鷺城(はくろじょう、しらさぎじょう)とも呼ばれ親しまれてきました。そう呼ばれるゆえんは、天守群のシルエットが、まるで鳥のシラサ…

  • 火災保険が使えるって本当? 火災保険で屋根工事を行う方法とは

    火災保険が使えるって本当? 火災保険で屋根工事を行う方法とは

    住宅ローンを組む際に加入義務があったため火災保険に加入している、という方も多いでしょう。実はこの火災保険、火災が起きたときだけに利用できる保険ではないのです。場合によっては火災保険を使って屋根工事を行うこともできます。こ…

  • 天窓をつけると雨漏りする? 屋根に天窓をつけるメリット

    天窓をつけると雨漏りする? 屋根に天窓をつけるメリット

    せっかく新築購入やリフォームをするなら、天窓を設置してみたいと思いませんか? 昼間は自然光が差し込み、夜は綺麗な星空を見ながら眠る……。天窓に憧れる方はたくさんいるでしょう。ここでは、天窓のメリットやデメリット、屋根に設…

  • ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ライフスタイルを広げるスペースとは 断熱性の高い現代の住宅の室内は冷暖房がよく効き、季節を問わず暮らしやすくなっています。そうはいっても、気候の良い時期には、住まいの中に自然の風や光を取り入れたいもの。 屋内と外をつなぐ…

  • あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    屋根ってメンテナンスが必要なの? ここ数年、中古住宅のリフォームやリノベーションが増えています。これからは、1度建てた住宅を長く大切に維持していく傾向にあるようです。 マイホームを長持ちさせ、いつまでも快適に暮らすには定…

その他のおすすめ記事

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ