歴史と現代に見る自然派の屋根材

日本で初めての屋根

飛騨高山の白川郷に代表される茅葺きの屋根の家並みは日本の原風景ともいわれます。そんな茅葺き屋根の材料「茅」ですが、これは特定の植物ではなく、ススキなどのイネ科の植物の総称です。この草で葺いた屋根を総じて茅葺き屋根と呼びます。

ところで、茅葺き屋根はいつごろからあったのか、ご存知ですか?

それは、なんと縄文時代にさかのぼります。遺跡などの調査から、日本で初めて人の手によって作られた住まいは縄文時代の「竪穴式住居」とされています。竪穴式住居には壁がなく、地面に掘った穴の上に直接茅葺きの屋根が乗せられていました。茅葺き屋根は日本で初めての屋根になります。 茅は日本中どこでも手に入りやすい材料だったため、茅葺き屋根は時代を超えて全国各地で作られ続けました。茅葺き屋根の家は身近な自然の材料で作ることができる日本の風土に合った住まいだったのです。

茅葺き屋根のヒミツ

とはいえ、雨が多く高温多湿の日本では、草で作った屋根では雨漏りや腐食しないのか疑問を持たれるかもしれません。その疑問に対する答えは屋根の形と内装にあります。茅を水平に葺くと水は漏れてしまいますが、勾配(傾斜)をつければ水は流れ落ちます。勾配が急になれば、より排水しやすくなります。瓦屋根などに比べて茅葺き屋根が急勾配になっているのはそのためです。また、茅葺き屋根の下にはいろりが作られていました。いろりで火をたくことで、煙によって湿気や水分を蒸発させていたのです。 白川郷の家々はかなりの急勾配ですが、本来はここまでの勾配は必要ありません。養蚕が盛んだったこの土地では、屋根裏に蚕を飼うスペースを最大限に確保する必要があったためでした。

こうした歴史的な背景から、茅葺き屋根は日本に最も古くから伝わる自然素材の屋根材といえます。身近な自然を暮らしに取り入れることが上手な先人の知恵が屋根にも詰まっていたのですね。

こんな自然素材の屋根も

日本には茅以外にもユニークな自然の屋根材がありました。それは、「石」です。
石置き屋根という自然の石を使った屋根があったのです。いまでも北陸や北海道の海岸地域などの一部に現存するこの屋根は、板葺きの上に石を置いたもの。 風の強い沿岸地域で、屋根材が飛ばされないようする知恵だったのでしょう。こちらも、その土地にある自然の材料を使って風土に合わせて作られた屋根なのです。 工業製品である瓦は奈良時代に登場しますが、広く普及し始めるのは江戸時代の中期以降でした。石置き屋根はそれまでの中間的なものであったと考えられます。

現代の自然派の屋根は

茅葺きや板葺きの屋根は火災に弱いことから、文化財などの特別なケースを除いて、各地で姿を消していきました。現代の日本では、大半の地域で屋根には不燃の材料を使うことが法律で定められています。それ以外の地域でも、住宅の屋根材としては瓦や金属といった工業製品が使われることが一般的です。

一方で、近年、環境意識の高まりから、屋上や屋根の緑化が注目されています。屋上緑化といえば、公共の建物や商業施設などの大きなビルにあるものといったイメージが強いですが、いまでは、一般住宅の屋根や屋上にも植物を植えて緑化できるようになっています。これなら、庭のないお宅でもガーデニングが楽しめますし、屋根の緑が夏の日差しをやわらげ、冬は屋内の熱を逃しにくくしてくれます。冷暖房の効率も良くなり、ひいてはヒートアイランド現象の緩和にもつながります。

屋上や屋根の緑化の動きは、屋根の防水技術や屋根材、園芸材料などの開発の進歩があってのこと。現代では、最新の技術によって住まいに自然を取り入れることができるのです。

屋根材のおすすめ記事

その他のおすすめ記事

すべてライフスタイル屋根リフォーム屋根材メンテナンス耐震

▲ページトップ