2×4住宅の耐震性のヒミツとは

日本では比較的新しい工法、2×4

現代の日本で木造住宅を建てる場合、主に木造軸組構法と枠組壁工法の2通りの工法があります。
木造軸組構法は古来より日本に伝わる建築工法であることから、在来工法とも呼ばれます。これに対し、通称2×4(ツーバイフォー)の枠組壁工法はアメリカが発祥で、約40年前に日本でも導入されるようになりました。
わが国では比較的新しい工法になりますが、「2×4工法の家は地震に強い」という話を耳にすることがあります。地震が多い国の住民としては、気になるところですね。そこで、今回は2×4住宅の耐震性についてお伝えします。

2×4の特徴「モノコック構造」とは

2×4住宅が地震に強いとされる理由はこの工法の大きな特徴である「モノコック構造」にあります。
柱や梁の軸組で建物を構成する在来工法に対し、2×4工法は天井・壁・床の面で建物を構成する面構造です。構造用製材の枠組みに構造用合板を貼りつけたパネルで天井・壁・床を作って一体化させるので、それぞれの居室は6面のパネルで構成された箱のようになります。この6面体の構造がモノコック構造です。
柱と梁の接合部である「点」で建物を支える在来工法の構造とは違い、全体が大きな6面体であるモノコック構造の2×4住宅は「面と線」で建物を支えます。したがって、地震の揺れを箱形の建物全体で受け止めて分散させるので、地震の力が部分的に片寄ることがないため損傷や倒壊の可能性が低いとされています。実際に、これまでの大きな地震でも、2×4住宅の被害は非常に少ないものでした。また、2×4工法では、すべての壁が横からの力に耐える耐力壁です。このことから、台風などの強風にも強い構造となっています。

2×4住宅に耐震リフォームは必要?

このように構造そのものに耐震性を持たせた2×4住宅ですが、建築にあたっては現場の作業が省力化されていて、在来工法よりも短い工期で済みます。
2×4工法では、国や公的規格で定められた品質の建材を使用することになっており、使用する箇所ごとに部材の種類なども決められています。また、施工については、建材やクギなどの使用方法や使用する箇所、施工の手順まで、きめ細かくマニュアル化されています。
こうしたことから、施工者が違っても均質な性能の住宅が建てられるのです。そのため、2×4工法の場合、新築時に規格通りの材料を使い、マニュアル通りに施工されていれば、基本的に耐震リフォームは必要ありません。
ただし、新築後に出入口や窓を増やす、部屋を大きくするなどしたい場合は耐震性に影響することがあります。2×4住宅のリフォームの際は、必ず専門の業者に相談しましょう。

いつまでも安心して2×4住宅で暮らすために

さらに、2×4住宅はその構造から断熱性と気密性にも優れています。枠組材に構造用面材を貼り付けて外壁を作るので、構造体全体で断熱化の工事がしやすく、面構造なので気密性も高くなります。
これにより、冷暖房の効率が良く、年間通して暮らしやすいのですが、その反面、注意したいのが湿気や結露、雨水の侵入です。気密性の高い建物の中では、いったん湿気が溜まったり結露が発生したりすると自然乾燥しにくく、構造の腐食やシロアリの発生を招く恐れがあります。腐食やシロアリ被害は木造住宅を急激に老朽化させ、せっかくの耐震性を損なわせます。

2×4住宅でいつまでも安心して暮らすには、日ごろから換気に気をつけ、雨漏りや雨水の浸入が起きないようにしましょう。雨漏りなどを防ぐには、定期的な屋根や外壁の点検、メンテナンスが欠かせません。

2×4住宅には耐震性をはじめさまざまな優れた性能があります。とはいえ、そうした性能を維持して快適に暮らし続けるためには、日ごろからのメンテナンスが大切です。

耐震のおすすめ記事

  • ツーバイフォーと免震の組み合わせなど 戸建住宅の耐震構造には種類があるって、ホント?

    ツーバイフォーと免震の組み合わせなど 戸建住宅の耐震構造には種類があるって、ホント?

    耐震、制振、免震の違いは? 日本において、大切なわが家を守っていく上でどうしても重要になるのが、地震対策です。特に戸建住宅の場合、家を守るのはオーナー自身ですから、耐震については気になるところです。近年は、「耐震」に加え…

  • 知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    地震大国として知られる日本。地震の多い地に併せて建築分野でもその対策が進化していますが、地震対策において耐震、制震、免震という三つの技術が用いられているのはご存知でしょうか。ここではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを…

  • ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーって、なに? 住宅を建てるにはいろいろな工法があります。日本で木造住宅を建てる場合、在来工法に次いで多く用いられているのが、ツーバイフォー工法です。通称「ツーバイフォー」や「2 x 4」とも呼ばれることが多…

  • 地震に強い家の条件とは

    地震に強い家の条件とは

    家に求められる耐震性能は? この国で住まいについて考えるとき、避けて通れないのが地震対策です。ここ数年でも、記憶に新しい大きな地震がありました。これから家を建てたり、購入するのなら、しっかりと耐震性能を見きわめたいもので…

  • 耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

  • 耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームの重要なポイントとは この春で東日本大震災から5年になりますが、マイホームの耐震性については、気に留めておきたいものです。戸建住宅の耐震性を考える上で、何に気をつければ良いのでしょう。 よく言われているポイ…

  • 「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    わが家の耐震性を再確認 1981年に新耐震基準が施行されましたが、それ以前に建てられた木造住宅と以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。全国の多くの自治体では、新耐震基準以前に建てられた木造住宅などを対象に耐震診断…

  • 在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    「ツーバイフォー(2×4)」は、19世紀に北米で生まれた住宅工法のひとつです。日本には1970年代に導入され、“耐震性の高い工法”として幅広く普及しました。実際、阪神淡路大震災や東日本大震災ではこの工法で建てられた住宅の…

  • 在来工法の家づくりって、どんなもの?

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    日本で最も多い家づくりの工法 住宅を建てるにはいろんな構法がありますが、日本で最も多く用いられているのが木造軸組構法です。在来工法とも呼ばれ、木材が豊かなこの国に古くから伝わってきた家づくりの方法です。木の柱や梁(はり)…

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    住宅工法の種類を知ろう 家を建てることになったら、いろいろと知っておきたいことがあります。その中でも基本となるのが住宅の工法です。工法とは建物の骨組み(躯体)をつくる方法のこと。在来工法とツーバイフォーがよく知られていま…

  • ライフスタイル

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    ライフスタイルは変わるものだから 家は長年にわたって暮らすもの。家を建てることになったら、いつまでも家族みんなが快適で暮らしやすい住まいにしたいものです。とはいえ、年月が経つうち、住む人のライフスタイルは変わっていきます…

  • 耐震

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    今、あなたが住んでいる木造住宅は大きな地震が来たとしても倒壊や大破することなく、十分に耐えられる構造や性能を備えているでしょうか? もしも地震対策や耐震性について不安があるのなら、すぐにでも手を打っておくべきです。地震に…

  • 耐震

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    日本で最も多い家づくりの工法 住宅を建てるにはいろんな構法がありますが、日本で最も多く用いられているのが木造軸組構法です。在来工法とも呼ばれ、木材が豊かなこの国に古くから伝わってきた家づくりの方法です。木の柱や梁(はり)…

  • 耐震

    大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

    大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

      江戸時代以前の耐震対策とは 日本が世界でも有数の地震大国であるのは誰しもが認めるところです。そのため、日本の住宅耐震技術は非常にすぐれたものとなっています。特に1923(大正12)年の関東大震災以降、耐震研…

  • リフォーム

    在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    こだわりの浴室づくりなら、在来工法? 住まいの中でも浴室は、日々の疲れをいやし明日に向けてリフレッシュするための大切な場所。家を建てたり、リフォームしたりするなら「ホテルや旅館のようなお風呂にしたい!」と思う人も少なくな…

  • リフォーム

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    浴室の施工法の違いとは? 自宅の浴室をリフォームすることになったら、快適でくつろげる場所にしたいものですね。ところで、浴室づくりといえば、ユニットバスが主流ですが、在来工法という選択肢もあるのをご存知ですか? 既成のパー…

  • リフォーム

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    中古物件で思い通りの家づくり? ここ数年間、戸建住宅の建設費用ならびに新築住宅の価格も高止まりの傾向が続き、新築着工件数も低水準で推移しています。ただ、細部までこだわって思い通りの家を新築したい、ピカピカの新築住宅に住み…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ