災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

東大に江戸時代の瓦屋根

日本を代表する最高学府、東京大学。その本郷キャンパスのシンボルとなっているのが、通称「赤門」です。江戸時代後期に建てられたものですが、もともとは何の門だったのか、ご存知ですか?

赤門は、旧加賀藩の上屋敷の表門として、1827年に建立されました。上屋敷とは、地位の高い武家や大名が住居としていた屋敷のこと。その門として、切妻造の瓦屋根を冠した立派な造りとなっています。

この屋根の葺き方は、棒状の丸瓦と平たい平瓦を組み合わせる本瓦葺きという方法ですが、重厚で豪華な印象があります。加えて、大棟の飾り瓦には徳川将軍家の三つ葉葵、軒先に使用する軒瓦には加賀藩前田家の家紋である梅鉢紋の細工が施されています。梅鉢紋は学問の神様である天満宮の神紋でもあるので、東大にふさわしいものですね。

また、屋根の頂上である棟には、丸瓦を使って青海波という波の模様を表現しています。このように、赤門の屋根はとても凝った造りになっているのです。

瓦屋根が普及した理由とは

このことから、江戸時代には、瓦の製造や施工について高い技術があったことが想像できます。屋根材としての瓦は奈良時代に中国から伝来しましたが、広く普及するようになったのは江戸時代に入ってからです。その理由として、瓦の製造や施工技術の進歩に加えて都市防災の必要性がありました。

江戸時代の始まりとともに、日本中で城下町が建設されるようになります。城下町は城を中心に武家屋敷や町家が集中する現在の都市の原型です。密集する建物を火災の延焼から守るために、それまでは一般的だった茅葺きや板葺きに代わって火に強い陶器の瓦屋根が増えていったのです。

すぐには広がらなかった瓦屋根

江戸時代の東京、江戸は人口50万人以上の大都市であったといわれています。江戸の町は密集し「火事と喧嘩は江戸の華」というように、火事が多く、類焼で大火になることが何度もあり、江戸の火災対策は大きな課題でした。しかし、江戸時代初期には、防火性が高いにもかかわらず、瓦屋根は高価なため武家や裕福な商家などに限られていました。

また、1657年の明暦の大火のあと、幕府は瓦葺き禁止令を出しています。大きな火災のあとにしては異様な命令に思えますが、当時の消火法は建物を壊す破壊消火が基本でした。瓦屋根だと消火のときに瓦が落下して危険だったのです。

瓦以前には、こんな屋根材も

とはいえ、茅葺きや板葺きの屋根では、火災に対してはやはり不安があります。そこで、幕府は屋根を牡蛎の殻でおおうよう勧めました。屋根材に牡蛎の殻とは不思議ですが、当時東京湾では牡蛎がたくさん採れたため、その殻も手に入りやすかったのです。

身近なもので江戸の人たちの住まいを守ろうとしたのでしょう。実際の防災効果は定かではありませんが、江戸の町では「蛎殻(かきがら)屋根」が広く普及しました。

1720年、一転して、幕府は瓦の防火性を重視し、武家から一般の庶民にまで奨励するようになります。本瓦よりも軽く施工しやすい桟瓦(さんがわら)の発明などもあり、この後、瓦屋根が江戸に急速に広がりました。そして、赤門のような歴史に残る美しい瓦屋根が数多く作られたのです。

日本では住宅の屋根材として最も多く使用されている瓦ですが、普及するにあたっては、このような紆余曲折があったのです。それは、災害に強い屋根を求めた歴史ともいえます。

屋根材のおすすめ記事

  • 塩害を防ぎたい! 海風に強い屋根・外壁材の選び方

    塩害を防ぎたい! 海風に強い屋根・外壁材の選び方

    まだ劣化するほど古くないのに、屋根の金属部分がサビたり、外壁の塗装が剥げたり。 海沿いの地域でよく見られるこの「塩害」は、海水の蒸発によって空気に混じった塩分が海風に運ばれ、建物や自動車に付着することで起こります。 海の…

  • 屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    ハイグレードな塗装鋼板とは 近年、住宅の外壁や屋根といった外装の材料として普及が進むガルバリウム鋼板をご存知でしょうか? 鋼板でありながら、サビに強く高い耐久性があり、金属特有の軽さから耐震性にもすぐれた建材です。このよ…

  • スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根の雨漏りの意外な原因 雨の多い季節になりました。木造住宅の大敵、雨漏りをしっかり防いでいきたいものです。 雨漏りの原因といえば、屋根の瓦やスレートの破損、ズレ、または窓のサッシまわりのシーリングの劣化などが考…

  • 屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    ユニークな異人館 異国情緒ただよう神戸市北野地区の異人館街には、歴史ある美しい洋館が立ち並びます。これらの洋館が異人館と呼ばれるのは、幕末や明治時代以降に欧米人の住居として建てられたためです。北野の異人館には、贅を尽くし…

  • 日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    瓦にもいろいろある? 日本の住宅地でよく見かける瓦屋根。その屋根材といえば、当然ながら昔から伝わる日本瓦を思い浮かべる人は多いでしょう。とはいえ、日本瓦によく似た「セメント瓦」という屋根材について耳にしたことはありません…

  • 快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な室内空間づくりで大切なこと 室内の壁と天井は住まいの大きな面積を占める部分ですから、どのような質感や色に仕上げるかで内装のイメージは大きく変わります。また、使用する壁材や天井材の種類によっては室内環境にも影響します…

  • 歴史と現代に見る自然派の屋根材

    歴史と現代に見る自然派の屋根材

    日本で初めての屋根 飛騨高山の白川郷に代表される茅葺きの屋根の家並みは日本の原風景ともいわれます。そんな茅葺き屋根の材料「茅」ですが、これは特定の植物ではなく、ススキなどのイネ科の植物の総称です。この草で葺いた屋根を総じ…

  • 洋風の瓦がある? 洋瓦の種類とメンテナンス方法

    洋風の瓦がある? 洋瓦の種類とメンテナンス方法

    瓦と聞くと古い木造住宅の屋根に使われている日本瓦をイメージするかもしれませんが、近年では洋瓦を採用した住宅が増えています。洋瓦とはどういったものなのでしょうか。ここでは瓦の一種である洋瓦の特徴や種類、メンテナンス方法など…

  • オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    再注目される国立代々木競技場 2020年の2度目の東京オリンピック開催に向け、新国立競技場や選手村の建設が急ピッチで進んでいます。一方で、前回開催時の施設を今回も利用することが決まっています。そうした施設の中でも、特に有…

  • 屋根の雨音がうるさい……屋根の雨音を軽減する方法とは?

    屋根の雨音がうるさい……屋根の雨音を軽減する方法とは?

    自宅の屋根の雨音がうるさくて気になる……というとき、何か雨音を軽減するための効果的な方法はあるのでしょうか?屋根材による雨音の違いとその理由、そして屋根を完全に葺き替えてしまう以外の、コストと手間を抑えた軽減のための対策…

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    モデル・香菜子さんインタビュー:使ってみて分かる本当に良いものの美しさ

    モデル・香菜子さんインタビュー:使ってみて分かる本当に良いものの美しさ

    モデル、イラストレーター、デザイナーと、いくつもの顔を持つ香菜子さん。二児の母でもある彼女は、本当に欲しいものを自分で作り、自然体のライフスタイルを実践することで、多くの女性からの支持を得ています。そんな彼女に、ご自身の…

  • メンテナンス

    外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討したいのは、汚れにくい外壁塗装選びです。汚れにくい外壁塗装を選ぶことで、メンテナンスや清掃の手間を減らして長く快適な状態をキープできます。外壁が汚れる、または汚れて見える理由を解き明かし、汚れにくく…

  • リフォーム

    家の中が寒い……すきま風が起こる原因と対策

    家の中が寒い……すきま風が起こる原因と対策

    暖房をつけているのにも関わらず、部屋の中にすきま風が入ってきてしまい、とても寒いという経験をしたことはないでしょうか。すきま風を放置しておくと、部屋が寒くなってしまうだけではなく、部屋を暖めるために使用する光熱費も高くな…

  • メンテナンス

    在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    住宅工法の種類を知ろう 家を建てることになったら、いろいろと知っておきたいことがあります。その中でも基本となるのが住宅の工法です。工法とは建物の骨組み(躯体)をつくる方法のこと。在来工法とツーバイフォーがよく知られていま…

  • 屋根

    ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ライフスタイルを広げるスペースとは 断熱性の高い現代の住宅の室内は冷暖房がよく効き、季節を問わず暮らしやすくなっています。そうはいっても、気候の良い時期には、住まいの中に自然の風や光を取り入れたいもの。 屋内と外をつなぐ…

  • リフォーム

    どちらを選択する? 建て替えかリフォームか迷ったときのチェックポイント

    どちらを選択する? 建て替えかリフォームか迷ったときのチェックポイント

    マイホームが古くなってくるとリフォーム、もしくは建て替えも検討し始めますが、リフォームと建て替えどちらにするべきかで迷ってしまうことはよくあります。リフォームと建て替えではさまざまな部分で違いがありますから、ここではどち…

  • リフォーム

    リフォームのトラブル事例集

    リフォームのトラブル事例集

    リフォームのトラブルが急増 ここ数年間で屋根や外壁のリフォームをめぐるトラブルが相次いでいます。 特に、訪問販売によるトラブルが急増しています。突然の訪問で屋根や外壁の不具合を指摘しリフォームを「即契約」させるケースが多…

  • メンテナンス

    外壁にコケが生えてしまう原因は? コケが生えてしまったときの対処法

    外壁にコケが生えてしまう原因は? コケが生えてしまったときの対処法

    コケは観賞用に育てる分には良いものですが、マイホームの外壁に意図せずに生えてしまったものは非常に迷惑です。コケは見た目が悪いだけでなく、実は家や人にも悪影響を与える恐れがあります。コケに気づいたら、早めに正しく対処してお…

  • 屋根

    国宝・阿弥陀三尊像の美しさのヒミツは屋根と天井にあった?

    国宝・阿弥陀三尊像の美しさのヒミツは屋根と天井にあった?

    不思議な関係の2つの国宝 長い歴史のあるわが国には、建造物や美術工芸品といった数多くの国宝があります。また、文化財と呼ばれるものもありますが、その違いは何なのでしょうか? 文化財とは、文化活動によって生み出され、文化財保…

  • 屋根

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    屋根ってメンテナンスが必要なの? ここ数年、中古住宅のリフォームやリノベーションが増えています。これからは、1度建てた住宅を長く大切に維持していく傾向にあるようです。 マイホームを長持ちさせ、いつまでも快適に暮らすには定…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ