わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

いま、人気の屋根材とは

家を建てたり、屋根を葺き替えたりすることになったら、どのような屋根材を選べばいいのでしょう?
一般的な住宅用として、広く普及している屋根材のスレート。また、近年、耐震性が高く丈夫なことから人気上昇中の、金属屋根の1つであるガルバリウム鋼板。この2種類の屋根材は価格も手ごろで、よく耳にする名前ではないでしょうか。
とはいえ、屋根材は日ごろからあまり意識しない建材ですから、なじみがないという方も多いでしょう。また、どちらにするか決めるには、コストだけではなく、さまざまな要素を検討したいですね。

そこで、よく耳にするスレートとガルバリウム鋼板の特徴を紹介しながら、比較してみたいと思います。

スレートってどんな屋根材?

スレートには、希少で高価な天然石製の天然スレートとセメントを主原料とする人工の化粧スレートがあります。ここでは、価格も手ごろで、住宅用として一般的に使用されている化粧スレート(以下スレート)についてご紹介します。
スレートはセメントと合成繊維を混ぜてうすい板状に成型し、表面を塗装した屋根材です。軽量で耐震性が良く、安価で施工性も高いことから、広く普及しています。

<スレートの主な特徴>

・耐用年数:20年?25年

・メンテナンス:色落ちなどの美観の部分と防水性を維持するために、10年ごとに塗替えが必要

・軽く、耐震性が高い

・耐火性、耐熱性が高いため、燃えない。熱を伝えにくい

・施工しやすく、複雑な形状の屋根にも施工可能

・色数が豊富で、和風・洋風どちらのタイプの住宅にもマッチする

・シンプルなデザインの建物に合わせやすい

・形状が限られている

・衝撃に弱いため、強風時の飛来物で割れることも

・凍害に対して不安がある

・海浜地域での潮風による塩害に強い

ガルバリウム鋼板の屋根材とは?

ガルバリウム鋼板は鉄をベースにした合金の板の表面に特殊なめっきを施し、サビや腐食に強くした金属素材です。屋根材としては、塗装により、さらに耐久性を高めた塗装鋼板を使用します。薄くて軽い金属の特性から、耐震性が高く、さまざま形状に加工することができます。また、防音性や断熱性などについての金属特有のデメリットを施工や加工技術により、改善することも可能です。

<ガルバリウム鋼板の主な特徴>

・耐用年数:約40年

・メンテナンス:10年を目安に塗替えするのが腐食防止のためには良いが、20年程度メンテナンスフリーのタイプもある

・屋根材としては最も軽量で薄く、耐震性が非常に高い

・耐火性が高く、燃えにくい

・熱が伝わりやすいのが、塗装により遮熱効果を持たせたものもある

・厚みが薄いので防音性に難があるが、施工方法や表面加工により防音が可能

・施工性が非常に高く、複雑な形状の屋根にも対応できる

・色数が非常に豊富で、形状もシンプルな板状から瓦タイプまで、フレキシブルに成型できるため、さまざまなデザインの建物にマッチさせることが可能

・凍害の恐れがなく、積雪にも強い

・海浜地域では塩害を受けやすいが、塩害対策を施したタイプもある

コストに加えて検討したいこと

屋根は長年にわたって維持する部分ですから、屋根材の選択にあたっては、耐久性やメンテナンスの回数・コストが重要になります。そういう意味では、スレートよりもガルバリウム鋼板の方がコストパフォーマンスが良いといえそうですね。

しかし、新築や葺き替えのあと、何年住むのかによってトータルコストは変わります。さらに、塩害対策や防音など、プラスアルファの加工や施工工事をする場合はコストが違ってくる可能性があります。わが家のライフスパンや立地環境などの条件も視野に入れて、施工業者にご相談ください。

屋根材のおすすめ記事

  • あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    歴史あるフシギなお寺 東京の中でも、とりわけ江戸情緒が残る街・築地。 その象徴ともいえる、にぎやかな場外市場から1本の通りをへだてた場所にそのお寺はあります。江戸時代から続く歴史と由緒ある寺院ながら、一歩その境内に踏み入…

  • 切妻屋根とドームを持つ図書館「中之島図書館」 その屋根材は?

    切妻屋根とドームを持つ図書館「中之島図書館」 その屋根材は?

      築100年を超えて現役の図書館 日本に西洋の建築技術が入ってきたのは、江戸時代末期の19世紀後半ごろ。明治時代以降には、国内外の建築家たちにより歴史に残る西洋風の名建築が数多く建てられるようになりました。そ…

  • 屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根のデザインと屋根材選び 住まいを守る上で屋根はとても重要なものであり、さらには住宅の外装の大部分を占めることから、外観イメージにも大きく影響します。したがって、家を建てるときに、どのような屋根にするかは大きな問題です…

  • 日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    瓦にもいろいろある? 日本の住宅地でよく見かける瓦屋根。その屋根材といえば、当然ながら昔から伝わる日本瓦を思い浮かべる人は多いでしょう。とはいえ、日本瓦によく似た「セメント瓦」という屋根材について耳にしたことはありません…

  • ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    現代にも通じる洋館のスタイル 「家を建てるなら、おしゃれな洋館のような建物にしたい」そう思う人は少なくないでしょう。日本に洋風建築が入って来た明治以降から昭和初期にかけ、日本で暮らす外国人や裕福な日本人の住宅として、美し…

  • スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根の雨漏りの意外な原因 雨の多い季節になりました。木造住宅の大敵、雨漏りをしっかり防いでいきたいものです。 雨漏りの原因といえば、屋根の瓦やスレートの破損、ズレ、または窓のサッシまわりのシーリングの劣化などが考…

  • いろいろあります。住まいを守る「屋根」の素材。

    いろいろあります。住まいを守る「屋根」の素材。

    快適な住まいを守る屋根 春は仕事や学業などで新しいことが始まるシーズンです。この時期は引越しをされる方も多いでしょう。心機一転の春は「家」についていろいろと見直したり、考えたりするのによい季節なのかもしれませんね。住宅ロ…

  • 世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    京都・清水の舞台の高さは? 千年の都として栄えた古都・京都。二条城や平等院など「古都京都の文化財」として知られる17ヵ所の文化財は世界遺産にも指定されています。 そうした文化財群のなかでも、特に有名なのが清水寺です。この…

  • ご存知ですか?あの歴史的建造物の瓦屋根のヒミツ

    ご存知ですか?あの歴史的建造物の瓦屋根のヒミツ

    お城やお寺の意外な瓦屋根 日本のお城や神社仏閣などの屋根には古くから瓦が使われてきました。伝統的な日本の瓦といえば、黒やグレーの陶器瓦が一般的です。そして、伝統的な建築物には、本葺瓦がよく用いられます。また、いぶし銀とい…

  • 世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の優れた屋根材とは この4月から電力の全面自由化がスタートします。自由化によって事業者間で競争になれば、電気料金は安くなると思いがちですが、そうとは限りません。発電用の燃料費の変動が電気料金に大きく影響するよう…

その他のおすすめ記事

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ