家を建てるなら、知っておきたい屋根材と屋根勾配の関係

屋根づくりの重要ポイント

住宅にとって屋根は日々の雨風や日差し、また台風などの災害から住まいを守ってくれる大切な部分です。一方、洋風のとんがり屋根や重厚な大屋根など、屋根は建物の外観イメージづくりにも大きく影響します。したがって、家を建てるときにどのような屋根にするかは、住宅の性能とデザインの両面から見てとても大事なことなのです。

屋根づくりには、屋根材選びや形状をどうするかなど、いくつかのポイントがあります。そこで、性能、デザインともに納得できる屋根を作るために、知っておきたい屋根材と屋根勾配の関係についてお話しします。

屋根の性能とデザインにとって大事なもの

一般的な住宅用の屋根材には、粘土瓦、化粧スレート、ガルバリウム鋼板があります。これらの屋根材はそれぞれ質感や色のバリエーションが異なることから、どの屋根材を選ぶかで屋根ひいては家全体の印象が違ってきます。また、屋根の面積が大きいほど、屋根の印象が強くなりデザインのバリエーションも広がります。そして屋根の面積は主に屋根勾配によって決まります。

屋根勾配とは、屋根の傾斜角度のこと。傾斜していることにより雨水を流すことができるので、木造住宅の場合、どのような屋根にも勾配をつけることが欠かせません。このように、屋根勾配は防水という屋根の基本的な性能を維持する上で非常に重要な要素ですが、屋根材によって適切な屋根勾配が異なります。屋根材に合った必要最低限の勾配がついていないと、雨水をじゅうぶん排水できず雨漏りを起こす可能性があるのです。

屋根材ごとの最低勾配とは

ここで、それぞれの屋根材の特徴と必要な最低勾配を知っておきましょう。屋根勾配は、底辺を10寸とする直角三角形の高さであらわします。例えば、1寸勾配であれば、底辺10寸高さ1寸の直角三角形の斜辺が勾配となります。

・粘土瓦(日本瓦):粘土を成型し焼いた陶器質の屋根材。形状はいくつかあるが和風住宅にマッチする。色は黒、グレー、いぶし銀などが中心。必要な勾配は4寸以上

・化粧スレート:セメントを原材料にした屋根材。形状は薄い板状のみで、洋風住宅に合わせやすい。塗装製品なので、色数は豊富。必要な勾配は2.5寸以上

・ガルバリウム鋼板:サビに強く耐久性の高い金属鋼板。板状や和風・洋風の瓦タイプなどさまざまな形状がある。屋根材としては塗装して仕上げるので、色数は非常に豊富。必要な勾配は0.5寸以上(形状により異なる)

このように屋根材によって違いがありますが、最低限必要な勾配が小さいものほど、さまざまな勾配に対応できます。とはいえ、同じ屋根材でも葺き方によって適切な勾配が異なります。例えば、いろんな勾配に幅広く対応できるガルバリウム鋼板ですが、シンプルな縦方向の葺き方なら0.5寸、瓦の形状では3寸以上が必要です。

立地条件や地域の環境も考える

この他に住宅の立地条件や環境も、屋根勾配そして屋根のデザインを決めるポイントになります。
例えば、都市部の斜線規制がある地域では、決められた斜線の範囲内に建物をおさめなければいけません。一般的には北側が規制されますが、屋根の両側を同じ勾配にすると建物の容積が取れないことも。その場合、屋根の形状を片流れにし、容積を確保する方法があります。また、積雪地域では、屋根に積もった雪が自然に落ちるようにするのかしないのかで屋根勾配が違ってきます。

以上のように屋根づくりにはさまざまな条件が関わってきます。そんななかで、わが家らしいこだわりのある屋根にするには、いろんな勾配や形状にフレキシブルに対応できる屋根材を選ぶことが大切かもしれません。

ライフスタイルのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

すべてライフスタイル屋根リフォーム屋根材メンテナンス耐震

▲ページトップ