日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

瓦にもいろいろある?

日本の住宅地でよく見かける瓦屋根。その屋根材といえば、当然ながら昔から伝わる日本瓦を思い浮かべる人は多いでしょう。とはいえ、日本瓦によく似た「セメント瓦」という屋根材について耳にしたことはありませんか?

セメント瓦の形状や色は、一見して日本瓦と区別がつかないほどですが、実は、まったくの別もので耐用年数やメンテナンスの仕方も異なります。
やり方を間違えて屋根にダメージを与えるのは防ぎたいもの。雨漏りなどのトラブルが起きないよう、自宅の屋根材に合った適切なメンテナンス法を知っておきたいですね。今回は、日本瓦と比較しながら、セメント瓦の特徴やメンテナンスについてお伝えします。

日本瓦とセメント瓦、どう違う?

まずは、日本瓦とセメント瓦それぞれの特徴を見ていきましょう。

<日本瓦>
粘土瓦、和瓦とも呼ばれます。粘土を材料に成型して、高温で焼き上げたもの。液体が染み込むのを防ぐために釉薬(ゆうやく)と呼ばれるガラス質のうわぐすりをかけて色をつけた陶器瓦と釉薬をかけずに仕上げる無釉瓦の2種類に大別されます。無釉瓦の代表的なものにいぶし瓦があります。陶器質なので耐水性・防水性にすぐれ、長年にわたり色あせすることなく高い耐久性を備えています。

耐久性・耐用年数:30年程度で全面葺き替えを検討
メンテナンス:瓦そのものはメンテナンス不要だが、下地の漆喰部分の点検やメンテナンスが必要
重量:重いため構造躯体を頑強にする必要あり
性能:耐火性、断熱性、保温性、遮音性がある
価格:高価

<セメント瓦>
セメントと砂などを原料に加圧成型し乾燥させ、表面を塗料で塗装したもの。厚形スレートとも呼ばれます。セメント瓦そのものには防水性がないので、防水性能を維持するために定期的な塗装メンテナンスが必要です。一方、塗装によりさまざまな色に着色することができ、形状も日本瓦や洋瓦のタイプがあります。

耐久性・耐用年数:日本瓦よりも割れやすい、20年程度で全面葺き替えを検討
メンテナンス:10年を目安に塗り替えメンテナンスが必要
重量:重いため構造躯体を頑強にする必要あり
性能:耐火性、遮音性がある
価格:やや手ごろ

セメント瓦にはこまめなメンテナンスを

こうしてみると、日本瓦とセメント瓦は原材料と製造方法など異なることがわかりますね。メンテナンスについても同様です。
ほとんどメンテナンスがいらない日本瓦と対照的に、セメント瓦の屋根にはこまめな塗装メンテナンスが欠かせません。塗装の塗膜が劣化するとコケやカビが発生し、セメント瓦そのものが急速に劣化し防水性が失われ、割れる恐れもあります。したがって、そうなる前の早めのメンテナンスが大切です。目安は10年ですが、色あせしてきたら塗り替えを検討した方がよいでしょう。

セメント瓦の葺き替えは

また、耐用年数が過ぎた場合は葺き替えをすることになりますが、再度セメント瓦を使用するなら、将来にわたって同様のメンテナンスが必要です。セメント瓦の価格は日本瓦よりも手ごろですが、今後のメンテナンスコストを考えると、他の屋根材への変更を検討してもいいかもしれません。

そこで、セメント瓦と同じ価格帯ということで考えると、ガルバリウム鋼板も選択肢のひとつ。金属なのにサビにくく耐久性に優れ、20年にわたりメンテナンスフリーの製品もあり、コストパフォーマンスのよい屋根材といえます。加えて、金属であることから軽く、重いセメント瓦からガルバリウム鋼板への葺き替えは、建物全体の耐震性を高めることにもつながります。一度検討してみてはいかがでしょうか。

屋根材のおすすめ記事

その他のおすすめ記事

すべてライフスタイル屋根リフォーム屋根材メンテナンス耐震

▲ページトップ