個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

家づくりにとって重要な収納プラン

家を新築したり、リフォームしたりするなら、わが家のライフスタイルに合った家づくりをしたいですね。それには、ライフスタイルに合わせて機能・デザインともに暮らしやすいような内装や外装にしたいものですが、こだわりたいポイントはそれだけではありません。家づくりは収納も含めて考えることが大切です。

何かとスペースが限られる日本の住環境では、住宅の収納プランは居住空間と暮らしやすさに大きく影響します。わが家らしい家にするために、収納について考えてみませんか?

収納の基本は適材適所と寸法

まずは、使いやすい収納づくりのために、抑えておきたい基本のポイントがあります。それは、このふたつ。

<動線を考えた配置>
使いやすい収納とは、出し入れがすぐにできることです。それには、使うものは使う場所にしまうのが基本。つまり、動線に沿った配置ということです。例えば、玄関先には下駄箱があるのは当然ですが、加えて外出時に身につけるものや外で使うものも収納できれば便利です。洗面室を浴室の脱衣室や洗濯機置き場と兼ねるなら、シャンプーや洗剤類のストック、お風呂の掃除道具などを置ける棚があれば家事や生活の動線がスムーズになります。

<収納するものに合った寸法>
ものを使う場所に収納をつくっても、そのものに合わせた寸法になってなければ、片づけにくく、結局ものがあふれてしまうことになりかねません。効率良く片づくようにするには、しまうものに合わせた寸法の収納をつくる必要があります。特に重要になるのが、奥行きの寸法です。
一般的に、寝具を収納するには80cm、洋服をハンガーにかけてしまうには60cmの奥行きが必要です。また、奥行きが45cmあれば、家電類、シャツなどの衣類やタオルなどをたたんでしまえます。25cm前後の奥行きなら、食器や書籍類がしまえます。

わが家に合った収納の考え方

次に、わが家のライフスタイルに合わせた収納の場所とサイズを考えましょう。例えば、アウトドアスポーツをしたり、旅行好きだったりする家族なら、外で使うものが多いでしょうから、玄関まわりの収納を大きくしたいですね。その場合は、床面が玄関の土間とバリアフリーになっているシューズインクローゼットはいかがでしょう?

これなら、靴をはいたまま旅行用のスーツケースやスポーツグッズの出し入れができ、ハンガーレールをつけておけば外出用のロングコートも掛けて収納できます。室内側からも行き来できるようにしておけば、とても便利に使え、湿気もこもりません。シューズインクローゼットはベビーカーも収納しやすいですし、帽子やバッグなどの小物収納できる棚も作っておけば、外出の用意がラクになるので、小さなお子さんのいる家庭にもおすすめです。

家事のスタイルも考えよう

また、ライフスタイルによって家事の仕方も変わってくるので、収納づくりには家事のスタイルを反映させたいものです。共働きで平日は忙しく週末に家事や買物をまとめてするといった家庭なら、洗濯機置き場にランドリーかごを複数置ける棚を設置する、キッチンに保存食品や調理器具をしまうパントリーをつくるなどすれば、すっきりと片づきますし家事の効率も良くなるでしょう。

ライフスタイルにこだわった住空間を演出するには、まず家全体がすっきりと片づいていることが前提です。それだけに収納は重要な部分。家族のライフスタイルに合わせた家づくりをするなら、収納にもしっかりとこだわりましょう。

ライフスタイルのおすすめ記事

  • 今どきのおしゃれな家に和室は不要?それとも必要?

    今どきのおしゃれな家に和室は不要?それとも必要?

    和室があれば、何かと便利? ライフスタイルの欧米化にともない、現代は和室のない家が増えています。これから家を建てるなら、欧米風のモダンな家にしたいと思う人も多いでしょう。そんなおしゃれな家には和室は不要かもしれません。 …

  • 海外インテリアに学ぶホテルライクな寝室づくり

    海外インテリアに学ぶホテルライクな寝室づくり

    寝室をお気に入りの空間に 住まいにおける寝室とは、どのような空間でしょう? 寝室は単に寝るだけの部屋と考えている人も多いかもしれません。しかし、本来は1日の疲れを取り、明日への活力を養うための大切な場所です。したがって、…

  • スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    外観イメージを決めるものとは 住宅の外観イメージは住まいの「顔」ともいえる大切なもの。家を新築したり、外装のリフォームをすることになったら、景観にほどよくマッチし、住む人はもちろん訪れる人にも好印象を与える外観にしたいで…

  • 知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    茅葺き屋根は日本だけじゃない? この5月に開催予定の伊勢志摩サミットで注目される伊勢神宮。その本殿の屋根は急な勾配がついた特徴的な形をしています。これは、板の上に草で葺かれた茅葺屋根であるためです。茅葺きの「茅」とは、ス…

  • 屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    おしゃれな家は屋根がポイント? 「おしゃれな家を建てたい!」と思ったら、何を参考にすればいいのでしょうか。まずは建築の歴史に残るおしゃれな住宅を見ることをおすすめします。とりわけ1920年代に成立したモダニズムと呼ばれる…

  • ペットとともに暮らすためのリフォームとは

    ペットとともに暮らすためのリフォームとは

    室内で暮らすペットが増えている? 現代の日本では、少子化の一方、犬や猫を飼うご家庭が多くなりました。特に犬を飼っている世帯のうち、室内で飼うことが多い小型犬の割合が1995年の26%から2014年には63%ととても高くな…

  • ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板の次世代建材 家を建てることになったら、安全で快適な住まいにするために気にしたいことがたくさんあります。耐震性など災害に強いことはもちろん、断熱性や湿気対策も大切です。そして、内外装ともデザインにこだわり…

  • 景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    美しい街並を作り出すものとは ぬけるような青い空に映えるオレンジ色の屋根と白い壁の家並、??そんな南欧の街並にあこがれる人は少なくないでしょう。地中海の青い空と美しいコントラストを作り出している屋根はテラコッタと呼ばれる…

  • あこがれの海外インテリアを上手に取り入れるには

    あこがれの海外インテリアを上手に取り入れるには

    海外インテリアを日本の住まいに取り入れるには 自宅の新築やリフォームをすることになったら、おしゃれでステキな住まいにしたいですね。そこで、気になるのが、ミッドセンチュリーや北欧スタイル、アーリーアメリカンなどのハイセンス…

  • 室内壁のプチリフォームで外国みたいなおしゃれな家に

    室内壁のプチリフォームで外国みたいなおしゃれな家に

    手軽に室内壁のイメージを変えるには 住宅の内装を構成する要素のうち、室内壁はつねに視界に入り、大きな面積を占める部分です。したがって、壁の色や模様、テクスチャーによってインテリアの印象は大きく変わります。外国の家やおしゃ…

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    室内壁のプチリフォームで外国みたいなおしゃれな家に

    室内壁のプチリフォームで外国みたいなおしゃれな家に

    手軽に室内壁のイメージを変えるには 住宅の内装を構成する要素のうち、室内壁はつねに視界に入り、大きな面積を占める部分です。したがって、壁の色や模様、テクスチャーによってインテリアの印象は大きく変わります。外国の家やおしゃ…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ