個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

家づくりにとって重要な収納プラン

家を新築したり、リフォームしたりするなら、わが家のライフスタイルに合った家づくりをしたいですね。それには、ライフスタイルに合わせて機能・デザインともに暮らしやすいような内装や外装にしたいものですが、こだわりたいポイントはそれだけではありません。家づくりは収納も含めて考えることが大切です。

何かとスペースが限られる日本の住環境では、住宅の収納プランは居住空間と暮らしやすさに大きく影響します。わが家らしい家にするために、収納について考えてみませんか?

収納の基本は適材適所と寸法

まずは、使いやすい収納づくりのために、抑えておきたい基本のポイントがあります。それは、このふたつ。

<動線を考えた配置>
使いやすい収納とは、出し入れがすぐにできることです。それには、使うものは使う場所にしまうのが基本。つまり、動線に沿った配置ということです。例えば、玄関先には下駄箱があるのは当然ですが、加えて外出時に身につけるものや外で使うものも収納できれば便利です。洗面室を浴室の脱衣室や洗濯機置き場と兼ねるなら、シャンプーや洗剤類のストック、お風呂の掃除道具などを置ける棚があれば家事や生活の動線がスムーズになります。

<収納するものに合った寸法>
ものを使う場所に収納をつくっても、そのものに合わせた寸法になってなければ、片づけにくく、結局ものがあふれてしまうことになりかねません。効率良く片づくようにするには、しまうものに合わせた寸法の収納をつくる必要があります。特に重要になるのが、奥行きの寸法です。
一般的に、寝具を収納するには80cm、洋服をハンガーにかけてしまうには60cmの奥行きが必要です。また、奥行きが45cmあれば、家電類、シャツなどの衣類やタオルなどをたたんでしまえます。25cm前後の奥行きなら、食器や書籍類がしまえます。

わが家に合った収納の考え方

次に、わが家のライフスタイルに合わせた収納の場所とサイズを考えましょう。例えば、アウトドアスポーツをしたり、旅行好きだったりする家族なら、外で使うものが多いでしょうから、玄関まわりの収納を大きくしたいですね。その場合は、床面が玄関の土間とバリアフリーになっているシューズインクローゼットはいかがでしょう?

これなら、靴をはいたまま旅行用のスーツケースやスポーツグッズの出し入れができ、ハンガーレールをつけておけば外出用のロングコートも掛けて収納できます。室内側からも行き来できるようにしておけば、とても便利に使え、湿気もこもりません。シューズインクローゼットはベビーカーも収納しやすいですし、帽子やバッグなどの小物収納できる棚も作っておけば、外出の用意がラクになるので、小さなお子さんのいる家庭にもおすすめです。

家事のスタイルも考えよう

また、ライフスタイルによって家事の仕方も変わってくるので、収納づくりには家事のスタイルを反映させたいものです。共働きで平日は忙しく週末に家事や買物をまとめてするといった家庭なら、洗濯機置き場にランドリーかごを複数置ける棚を設置する、キッチンに保存食品や調理器具をしまうパントリーをつくるなどすれば、すっきりと片づきますし家事の効率も良くなるでしょう。

ライフスタイルにこだわった住空間を演出するには、まず家全体がすっきりと片づいていることが前提です。それだけに収納は重要な部分。家族のライフスタイルに合わせた家づくりをするなら、収納にもしっかりとこだわりましょう。

ライフスタイルのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

すべてライフスタイル屋根リフォーム屋根材メンテナンス耐震

▲ページトップ