快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

快適な室内空間づくりで大切なこと

室内の壁と天井は住まいの大きな面積を占める部分ですから、どのような質感や色に仕上げるかで内装のイメージは大きく変わります。また、使用する壁材や天井材の種類によっては室内環境にも影響します。

室内の壁と天井の仕上げといえば、クロス(壁紙)貼りと思う方が多いかもしれませんが、本来、内装の仕上げ方にはいくつか種類があります。使用する壁材や天井材(仕上げ材)によって、施工方法と施工後のイメージは大きく異なり、住まいの快適さにも影響します。
そこで、内装の仕上げ材と施工方法について知っておきましょう。

壁材と天井材の種類を知っておこう

一般的な住宅の内装の仕上げには主にこの3種類があります。

・クロス貼り
クロスを貼って仕上げる方法で、最も短い工期で施工できます。クロスは壁紙とも呼ばれますが、素材にはビニール、和紙、布などがあり、色や柄、テクスチャーなどバリエーションが豊富です。素材別ではビニールクロスが最も安価で広く使われていて、抗菌加工したものや汚れを水拭きできるタイプもあります。和紙や布のクロスには独特の質感や暖かみがありますが、高価です。

・塗り壁(左官)
下地に左官材と呼ばれる壁材を塗り重ねていく仕上げ方で、近年は漆喰(しっくい)や珪藻土(けいそうど)といった左官材が人気です。表面をマットにしたり、コテ跡を残したりすることができ、独特の味わいと深みのある仕上げになりますが、施工に手間と時間がかかるためコストは高価になります。

・塗装(ペイント、ペンキ塗り)
室内用のペンキを塗って仕上げる方法です。塗料は色数が豊富で、混色すれば無数に色を作ることができます。下地のつなぎ目やクギ跡の処理をていねいに仕上げる必要があり、クロス仕上げよりも工期がかかり、費用も高めです。

この他に、木の板や木製パネルを貼る板貼り(板壁)という方法や浴室などの水回りスペース用にはタイルやボードタイプの仕上げ材もあります。

コストで選ぶなら

以上のように仕上げ材によって施工方法や工期が異なりますが、壁と天井は大きな面積を占めるので、どの仕上げにするのかでトータルのコストが大きく変わります。コストの面では、ビニールクロスが最もリーズナブルで施工も手軽です。ただし、ビニールクロスには通気性がないので、北側の部屋の窓まわりなどでは結露やカビが発生する可能性があります。その場合は、吸湿性のある和紙やケナフ、パルプ製のクロスを使うのもいいでしょう。

ほとんどの場合、壁、天井とも同じ材料が使えますが、クロス仕上げでも壁と天井で色や柄を変える、壁は塗り壁にして天井を板貼りにするといったことも可能です。最近では、4面ある壁の1面の色や材料を変えるアクセントウォールといったデザインの手法が人気です。

室内環境もポイント

室内環境にこだわりたいなら、おすすめなのが漆喰や珪藻土の塗り壁です。漆喰と珪藻土には湿気や匂いを吸収する効果がありますが、費用は最も高め。そこで、最近では、漆喰を塗料化したペイント製品や、珪藻土をしみ込ませたクロスも登場しています。こうした製品はビニールクロスよりも高価ですが、場所や用途によって使い分けるといいでしょう。

壁材・天井材を選ぶにあたっては、費用や用途・目的、デザイン性などがポイントになります。何を優先させたいか考えた上で、設計者や工事業者とよく相談してください。

屋根材のおすすめ記事

  • 瓦屋根にもいろいろあるってホント? 瓦の種類を知ろう

    瓦屋根にもいろいろあるってホント? 瓦の種類を知ろう

    瓦屋根の材料はいろいろある? 瓦屋根は、文字通り瓦で葺いた屋根のことです。日本各地どこの住宅地でもよく見かけ、古くから神社仏閣やお城の屋根にも使われてきました。このように、瓦は、私たち日本人にとってとてもなじみ深い屋根材…

  • あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    歴史あるフシギなお寺 東京の中でも、とりわけ江戸情緒が残る街・築地。 その象徴ともいえる、にぎやかな場外市場から1本の通りをへだてた場所にそのお寺はあります。江戸時代から続く歴史と由緒ある寺院ながら、一歩その境内に踏み入…

  • 今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    外壁サイディングってなに? 家を建てたり、外装のリフォームをすることになったら、屋根や外壁にどのような材料を使うかが大きなポイントになります。材料によって建物全体の外観イメージが大きく変わりますし、その後の維持メンテナン…

  • 世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の優れた屋根材とは この4月から電力の全面自由化がスタートします。自由化によって事業者間で競争になれば、電気料金は安くなると思いがちですが、そうとは限りません。発電用の燃料費の変動が電気料金に大きく影響するよう…

  • 日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    瓦にもいろいろある? 日本の住宅地でよく見かける瓦屋根。その屋根材といえば、当然ながら昔から伝わる日本瓦を思い浮かべる人は多いでしょう。とはいえ、日本瓦によく似た「セメント瓦」という屋根材について耳にしたことはありません…

  • いろいろあります。住まいを守る「屋根」の素材。

    いろいろあります。住まいを守る「屋根」の素材。

    快適な住まいを守る屋根 春は仕事や学業などで新しいことが始まるシーズンです。この時期は引越しをされる方も多いでしょう。心機一転の春は「家」についていろいろと見直したり、考えたりするのによい季節なのかもしれませんね。住宅ロ…

  • 歴史と現代に見る自然派の屋根材

    歴史と現代に見る自然派の屋根材

    日本で初めての屋根 飛騨高山の白川郷に代表される茅葺きの屋根の家並みは日本の原風景ともいわれます。そんな茅葺き屋根の材料「茅」ですが、これは特定の植物ではなく、ススキなどのイネ科の植物の総称です。この草で葺いた屋根を総じ…

  • 災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    東大に江戸時代の瓦屋根 日本を代表する最高学府、東京大学。その本郷キャンパスのシンボルとなっているのが、通称「赤門」です。江戸時代後期に建てられたものですが、もともとは何の門だったのか、ご存知ですか? 赤門は、旧加賀藩の…

  • 洋風の瓦がある? 洋瓦の種類とメンテナンス方法

    洋風の瓦がある? 洋瓦の種類とメンテナンス方法

    瓦と聞くと古い木造住宅の屋根に使われている日本瓦をイメージするかもしれませんが、近年では洋瓦を採用した住宅が増えています。洋瓦とはどういったものなのでしょうか。ここでは瓦の一種である洋瓦の特徴や種類、メンテナンス方法など…

  • ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    金属瓦は現代の屋根材? 日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。 ガルバリウム鋼…

その他のおすすめ記事

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ