ツーバイフォーと免震の組み合わせなど 戸建住宅の耐震構造には種類があるって、ホント?

耐震、制振、免震の違いは?

日本において、大切なわが家を守っていく上でどうしても重要になるのが、地震対策です。特に戸建住宅の場合、家を守るのはオーナー自身ですから、耐震については気になるところです。近年は、「耐震」に加え、「制振」や「免震」という言葉を耳にすることが多くなりました。この3つは、いずれも地震から建物を守る構造のことですが、その違いをご存知でしょうか?

少し粉らわしいのですが、実は、「耐震」という言葉には広義と狭義の2通りの意味があります。まず、広い意味での耐震は、建築物などが地震の揺れによって倒壊したり損傷したりしないようにすること全般を指します。そして、狭い意味での耐震は地震から建物を守るための構造の種類の1つであり、制振、免震とは異なる構造になります。

つまり、広義の耐震には、この3種類の構造があるのです。

・耐震(狭義)
・制振
・免震

このうち、住宅の地震対策としては耐震構造が一般的ですが、制振や免震もどのようなものか、違いも気になりますね。そこで、この3つの構造について知っておきましょう。

耐震(狭義)

従来からある方法で、住む人の命を守るために、震度6?7クラスの大地震の揺れによっても建物が倒壊や損壊しないことを目的としています。
筋交いや構造用合板で壁を補強したり、柱と土台などの接合部を金属で固定したりすることで、構造体そのものを強化し建物全体で地震に耐えるようにします。いわば、地震で揺れても、構造や内装の被害を最小限に抑える構造です。
したがって、大きな地震では、屋内の家具や家財が転倒したり、柱やはりが損傷したりする恐れがあります。

制振

柱や梁の間に、揺れを吸収し増幅を防ぐダンパーやパネルなどの制振装置を設置することで、建物に加わる地震の振動を抑制する構造です。
建物の変形や損傷を抑え、家具なども転倒しにくくなります。
制振構造は、もともとはマンションなどの大規模な建物に採用されていましたが、近年、戸建住宅にも取り入れられるようになりました。

免震

建物と基礎の間に地震のエネルギーを吸収する免震装置を設置することで、地震の揺れを建物に伝えにくくした構造です。
地震の振動を最小限にし、建物の損傷や人への被害を防ぎます。
本来の免震装置はビルやマンションなど重量のある大きな建物に対し効果を発揮するものでしたが、最近では、木造の戸建住宅にも適した免震装置が開発されています。特に、耐震性が高いといわれるツーバイフォー住宅に免震装置を併用することで、さらに効果を高めることができます。

わが家にとって最適な耐震構造は、どう選ぶ?

制振と免震の技術は、家具の倒壊による被害など、従来の耐震構造の課題を改善するために開発されたものです。耐震は地震の揺れに耐えるという考えですが、これに対し、制振と免震は建物に伝わる揺れを軽減するものといえるでしょう。また、揺れの抑制ということでは、制振よりも免震の方が効果は高くなります。

とはいえ、住宅の耐震を考えるとき、どの構造が適しているかは、建物の形状や、地盤、予算などの条件を総合して検討する必要があります。新耐震基準以降に建設された住宅は上述の耐震構造を備えていますが、制振や免震を併用した方が良いかどうかもそうした条件によります。加えて、リフォームで耐震性を高めたいのか、地震に強い家を新しく建てたいのかによっても、適した耐震補強の仕方が違ってきます。

わが家にとって最適な耐震については、設計事務所や施工業者などとよく相談してくださいね。

耐震のおすすめ記事

  • 在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

    在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

      工法によって、リフォームの仕方が変わる? 近年、年数を経た家を建て替えるのではなくリフォームをして暮らしやすさや価値を向上させるケースが多くなっています。また、地震や台風などの災害対策としてのリフォームを考…

  • 中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

  • 古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • 大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

    大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

      江戸時代以前の耐震対策とは 日本が世界でも有数の地震大国であるのは誰しもが認めるところです。そのため、日本の住宅耐震技術は非常にすぐれたものとなっています。特に1923(大正12)年の関東大震災以降、耐震研…

  • 2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    日本では比較的新しい工法、2×4 現代の日本で木造住宅を建てる場合、主に木造軸組構法と枠組壁工法の2通りの工法があります。 木造軸組構法は古来より日本に伝わる建築工法であることから、在来工法とも呼ばれます。これに対し、通…

  • 地震に強い家の条件とは

    地震に強い家の条件とは

    家に求められる耐震性能は? この国で住まいについて考えるとき、避けて通れないのが地震対策です。ここ数年でも、記憶に新しい大きな地震がありました。これから家を建てたり、購入するのなら、しっかりと耐震性能を見きわめたいもので…

  • わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫? この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。 木造住宅については、屋根が重いと地…

  • 知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    地震大国として知られる日本。地震の多い地に併せて建築分野でもその対策が進化していますが、地震対策において耐震、制震、免震という三つの技術が用いられているのはご存知でしょうか。ここではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを…

  • 耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームの重要なポイントとは この春で東日本大震災から5年になりますが、マイホームの耐震性については、気に留めておきたいものです。戸建住宅の耐震性を考える上で、何に気をつければ良いのでしょう。 よく言われているポイ…

その他のおすすめ記事

  • リフォーム

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家は永遠じゃない? 家を購入したり、建てたりしたなら、いつまでも快適に暮らしたいものですね。とはいえ、新築から10年以上経てば、何かしらメンテナンスや修繕が必要になってきます。 また、エアコンや給湯器などの住宅設備の多く…

  • 屋根

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    住宅の外観デザインのポイントは これから家を建てることになったら、家の中も外も思い通りのデザインにしたいですね。このごろは、立地環境やライフスタイルにあわせて、住宅の外観にこだわる人が増えています。道行く人が感心するよう…

  • メンテナンス

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

  • 耐震

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

  • 屋根

    屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

    屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

    台風シーズンの後の大切なこと ここ数年、台風が大型化し、その被害も大きくなりがちです。雨風から住まいを守る役割を持つ屋根は台風の被害を最も受けやすく、それだけにデリケートな部分です。台風シーズンが過ぎた後、大きな被害はな…

  • 屋根材

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    金属瓦は現代の屋根材? 日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。 ガルバリウム鋼…

  • リフォーム

    リフォームとリノベーションの違いとは

    リフォームとリノベーションの違いとは

    建物の「改修」の意味合いが強いリフォーム 最近、よく耳にするようになった「リノベーション」という言葉。建物の増改築に関することですが、「リフォーム」とはどのような違いがあるかご存知ですか。実は、これまで両者には厳密な定義…

  • 屋根材

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の優れた屋根材とは この4月から電力の全面自由化がスタートします。自由化によって事業者間で競争になれば、電気料金は安くなると思いがちですが、そうとは限りません。発電用の燃料費の変動が電気料金に大きく影響するよう…

  • 屋根材

    シンプルモダン、それとも和風? ガルバリウム鋼板でデザインにこだわる家づくり

    シンプルモダン、それとも和風? ガルバリウム鋼板でデザインにこだわる家づくり

    人気の住宅スタイル、シンプルモダンとは 住宅の建築デザインには、さまざまなスタイルがあります。いつまでも暮らしやすく、飽きのこないおしゃれなデザインの家をつくりたいと思ったら、どのようなスタイルにすればいいのでしょう? …

  • 屋根材

    スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    広く普及しているスレート屋根材とは 青空に風光る季節、日本の住宅街の眺めといえば、青い空に瓦屋根の家並みでしたが、それも懐かしいものとなりましたね。いま、瓦屋根にかわって、広く普及している屋根材はスレートと呼ばれるもので…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ