ツーバイフォーと免震の組み合わせなど 戸建住宅の耐震構造には種類があるって、ホント?

耐震、制振、免震の違いは?

日本において、大切なわが家を守っていく上でどうしても重要になるのが、地震対策です。特に戸建住宅の場合、家を守るのはオーナー自身ですから、耐震については気になるところです。近年は、「耐震」に加え、「制振」や「免震」という言葉を耳にすることが多くなりました。この3つは、いずれも地震から建物を守る構造のことですが、その違いをご存知でしょうか?

少し粉らわしいのですが、実は、「耐震」という言葉には広義と狭義の2通りの意味があります。まず、広い意味での耐震は、建築物などが地震の揺れによって倒壊したり損傷したりしないようにすること全般を指します。そして、狭い意味での耐震は地震から建物を守るための構造の種類の1つであり、制振、免震とは異なる構造になります。

つまり、広義の耐震には、この3種類の構造があるのです。

・耐震(狭義)
・制振
・免震

このうち、住宅の地震対策としては耐震構造が一般的ですが、制振や免震もどのようなものか、違いも気になりますね。そこで、この3つの構造について知っておきましょう。

耐震(狭義)

従来からある方法で、住む人の命を守るために、震度6?7クラスの大地震の揺れによっても建物が倒壊や損壊しないことを目的としています。
筋交いや構造用合板で壁を補強したり、柱と土台などの接合部を金属で固定したりすることで、構造体そのものを強化し建物全体で地震に耐えるようにします。いわば、地震で揺れても、構造や内装の被害を最小限に抑える構造です。
したがって、大きな地震では、屋内の家具や家財が転倒したり、柱やはりが損傷したりする恐れがあります。

制振

柱や梁の間に、揺れを吸収し増幅を防ぐダンパーやパネルなどの制振装置を設置することで、建物に加わる地震の振動を抑制する構造です。
建物の変形や損傷を抑え、家具なども転倒しにくくなります。
制振構造は、もともとはマンションなどの大規模な建物に採用されていましたが、近年、戸建住宅にも取り入れられるようになりました。

免震

建物と基礎の間に地震のエネルギーを吸収する免震装置を設置することで、地震の揺れを建物に伝えにくくした構造です。
地震の振動を最小限にし、建物の損傷や人への被害を防ぎます。
本来の免震装置はビルやマンションなど重量のある大きな建物に対し効果を発揮するものでしたが、最近では、木造の戸建住宅にも適した免震装置が開発されています。特に、耐震性が高いといわれるツーバイフォー住宅に免震装置を併用することで、さらに効果を高めることができます。

わが家にとって最適な耐震構造は、どう選ぶ?

制振と免震の技術は、家具の倒壊による被害など、従来の耐震構造の課題を改善するために開発されたものです。耐震は地震の揺れに耐えるという考えですが、これに対し、制振と免震は建物に伝わる揺れを軽減するものといえるでしょう。また、揺れの抑制ということでは、制振よりも免震の方が効果は高くなります。

とはいえ、住宅の耐震を考えるとき、どの構造が適しているかは、建物の形状や、地盤、予算などの条件を総合して検討する必要があります。新耐震基準以降に建設された住宅は上述の耐震構造を備えていますが、制振や免震を併用した方が良いかどうかもそうした条件によります。加えて、リフォームで耐震性を高めたいのか、地震に強い家を新しく建てたいのかによっても、適した耐震補強の仕方が違ってきます。

わが家にとって最適な耐震については、設計事務所や施工業者などとよく相談してくださいね。

耐震のおすすめ記事

  • 知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    地震大国として知られる日本。地震の多い地に併せて建築分野でもその対策が進化していますが、地震対策において耐震、制震、免震という三つの技術が用いられているのはご存知でしょうか。ここではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを…

  • 「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    わが家の耐震性を再確認 1981年に新耐震基準が施行されましたが、それ以前に建てられた木造住宅と以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。全国の多くの自治体では、新耐震基準以前に建てられた木造住宅などを対象に耐震診断…

  • 古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • 「在来工法」と「2 x 4」、耐震性が高い家はどっち?

    「在来工法」と「2 x 4」、耐震性が高い家はどっち?

    木造住宅の工法の違いをご存知? これから家を建てるのなら、地震に強い家にしたいですね。木造住宅の場合、どのような建て方をすれば、耐震性の高い家にできるのでしょう? 建物の耐震性を確保する方法は、工法(建て方)によって異な…

  • どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    耐震診断・耐震補強は大切だけど 地震の多いこの国では、住宅の耐震性はとても大切です。今後も大きな地震の可能性が予測されており、家族を守るためにも、わが家がどのくらい安全なのか知っておきたいものです。そんなことから、耐震診…

  • わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫? この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。 木造住宅については、屋根が重いと地…

  • 耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

  • 地震に強い家の条件とは

    地震に強い家の条件とは

    家に求められる耐震性能は? この国で住まいについて考えるとき、避けて通れないのが地震対策です。ここ数年でも、記憶に新しい大きな地震がありました。これから家を建てたり、購入するのなら、しっかりと耐震性能を見きわめたいもので…

  • 2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    日本では比較的新しい工法、2×4 現代の日本で木造住宅を建てる場合、主に木造軸組構法と枠組壁工法の2通りの工法があります。 木造軸組構法は古来より日本に伝わる建築工法であることから、在来工法とも呼ばれます。これに対し、通…

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    あこがれの海辺の住まい作りを成功させるには

    あこがれの海辺の住まい作りを成功させるには

    海辺の家であこがれのライフスタイル 南の島の茅葺き屋根のリゾートホテルで海を見ながら過ごすひととき…自宅でそんな気分を味わえたら、と思ったことはありませんか?海の見える家にあこがれている方は少なくないかもしれません。 そ…

  • ライフスタイル

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールという考え方 家は快適に暮らすための場所であるのはもちろんですが、住む人のセンスやライフスタイルを表現できる場でもあります。おしゃれな家づくりをするなら、内装から外観までトータルにコーディネートしたいもので…

  • 耐震

    「地震に強い家」とはどんな家? 地震に強い家と弱い家の違い

    「地震に強い家」とはどんな家? 地震に強い家と弱い家の違い

    揺れを感じない小さな地震も含めると、日本では相当な回数の地震が起こっています。そんな日本で暮らしている以上、自宅が地震に弱い家か、それとも地震に強い家なのかは気になるところですね。そこで、ここでは地震に弱い家、強い家それ…

  • リフォーム

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    住まいの断熱って、どんなもの? 木枯らしが吹く季節になってくると、家の中で暖かく過ごしたいと思う一方、暖房コストも気になりますよね。「家の中がなんだか寒い。暖房が効きにくい。」、そんなふうに感じることがあれば、実は住まい…

  • 耐震

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    わが家の耐震性を再確認 1981年に新耐震基準が施行されましたが、それ以前に建てられた木造住宅と以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。全国の多くの自治体では、新耐震基準以前に建てられた木造住宅などを対象に耐震診断…

  • ライフスタイル

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    ライフスタイルは変わるものだから 家は長年にわたって暮らすもの。家を建てることになったら、いつまでも家族みんなが快適で暮らしやすい住まいにしたいものです。とはいえ、年月が経つうち、住む人のライフスタイルは変わっていきます…

  • 屋根

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の塗替えをする理由は? 日本の夏といえば、台風がつきもの。台風をはじめとする自然災害が多い日本の住宅においては、屋根メンテナンスをきちんとすることが家の寿命を伸ばす秘訣になります。屋根はつねに紫外線や風雨に直接さらさ…

  • 屋根

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    外観イメージを左右する屋根の色 屋根の塗替えリフォームをすることになったら、どのように色を選べばいいのでしょう? 屋根は外壁とともに、住宅の外観イメージを構成する主要な部分。屋根の色選びによって、家の見た目は大きく変わり…

  • リフォーム

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    浴室の施工法の違いとは? 自宅の浴室をリフォームすることになったら、快適でくつろげる場所にしたいものですね。ところで、浴室づくりといえば、ユニットバスが主流ですが、在来工法という選択肢もあるのをご存知ですか? 既成のパー…

  • 耐震

    どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    耐震診断・耐震補強は大切だけど 地震の多いこの国では、住宅の耐震性はとても大切です。今後も大きな地震の可能性が予測されており、家族を守るためにも、わが家がどのくらい安全なのか知っておきたいものです。そんなことから、耐震診…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ