戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

浴室の施工法の違いとは?

自宅の浴室をリフォームすることになったら、快適でくつろげる場所にしたいものですね。ところで、浴室づくりといえば、ユニットバスが主流ですが、在来工法という選択肢もあるのをご存知ですか?

既成のパーツを現場で組み立てるユニットバスは工事が手軽で均質な仕上がりになります。これに比べ、浴室の在来工法は、いわばオーダーメイド。
費用や工期はユニットバスよりも多くなりがちですが、特に戸建住宅の場合は浴室そのものの広さや窓の大きさ・配置などフレキシブルに施工できるので、個性的な浴室づくりが可能です。

自宅の浴室のリフォームを考えているなら、ユニットバスと在来工法の特長と違いを知っておかれても良いでしょう。

近年主流のユニットバスとは

ユニットバスはシステムバスとも呼ばれ、工場で生産された床や壁、天井、浴槽などのパーツを現場で組み立てる工法です。水もれを防止する防水パンで床・壁・天井を一体的に覆うので、防水性が高く、2階以上でも防水工事なしで設置できます。また、すき間が少ないつくりなので、断熱性にも優れています。

床や浴槽などの各パーツの材質、色などは既存のものから選ぶことになりますが、最近はデザインも豊富で、高齢者や障害者を意識したバリアフリー仕様やファミリー向けタイプなども登場しています。ユニットバスのパーツや完成品はカタログやショールームでサンプルを見て選ぶことができるので、仕上がりがイメージしやすいのも特長の1つです。

すべてのパーツは専門メーカーが製造しているので、短い工期で安定した防水性とクォリティに仕上がるのがユニットバスの大きな特長といえるでしょう。その一方で、浴室スペースが最小の規格サイズよりも狭かったり、形状が変則的だったりする場合は、設置できません。

フルオーダーメイドの在来工法

浴室の在来工法は造作とも呼ばれる昔ながらの工法で、防水処理をした上で壁や床、天井、浴槽を現場で施工する方法です。
浴室の広さや、浴槽の形、床・壁・天井のデザインなど施主の希望や建物の条件に合わせて施工できるので、各パーツの材質や色はほぼ自由に選べます。
例えば、好きな位置に大きな窓をつくる、床や壁に好みのタイルや天然石を貼る、ヒノキの浴槽にする、といったことや、住む人の体型や障害に合わせた、きめ細かいバリアフリー対策もできます。

このように、スペースの広さや形状に合わせて、施主のこだわりを活かしたオリジナルの浴室づくりができるのが、在来工法の最大の特長です。
ただし、それだけに工期が長くなり、費用も割高になります。
加えて、防水処理から内装工事まで工程が多く、工程ごとに異なる技術を持つ職人が作業をするので、入念な打ち合わせが必要です。
そのため、在来工法で浴室づくりをする場合は、この工法の経験が豊富なリフォーム業者に依頼することをおすすめします。

ハーフユニットという方法も

ユニットバスと在来工法の違いをお分かりいただけたでしょうか?

浴室リフォームの際は、どちらかの工法を選ぶことになりますが、この他に、ハーフユニットという選択肢もあります。
これは、浴槽とその縁までの壁、そして床が一体となったユニットを使う施工法です。この場合は、壁と天井は天然木やタイルなど好みの材料で仕上げることができ、窓も好みの大きさや位置につくることが可能です。

以上を参考に、建物の条件や予算、工期などに合わせて、施工業者と相談しながら、わが家に最適な浴室づくりをしてくださいね。

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • 屋根

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の塗替えをする理由は? 日本の夏といえば、台風がつきもの。台風をはじめとする自然災害が多い日本の住宅においては、屋根メンテナンスをきちんとすることが家の寿命を伸ばす秘訣になります。屋根はつねに紫外線や風雨に直接さらさ…

  • 屋根材

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の優れた屋根材とは この4月から電力の全面自由化がスタートします。自由化によって事業者間で競争になれば、電気料金は安くなると思いがちですが、そうとは限りません。発電用の燃料費の変動が電気料金に大きく影響するよう…

  • 屋根

    屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    東京駅の屋根に注目 日本の首都・東京の玄関といえる東京駅。保存復原プロジェクトにより、2012年に丸の内駅舎が創建当時の姿を取り戻しました。国の重要文化財でもある駅舎ですが、駅として日々機能しながら、観光スポットとしても…

  • 屋根材

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    ユニークな異人館 異国情緒ただよう神戸市北野地区の異人館街には、歴史ある美しい洋館が立ち並びます。これらの洋館が異人館と呼ばれるのは、幕末や明治時代以降に欧米人の住居として建てられたためです。北野の異人館には、贅を尽くし…

  • 屋根

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    地震対策で意外に大切なこと 地震や台風など、日本は災害の多い国です。それだけに、大切なわが家をしっかりと守りたいものです。特に、ここ数年は大きな地震が相次いでいることから、自宅の耐震性が気になる方は少なくないでしょう。地…

  • 屋根材

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    いま、人気の屋根材とは 家を建てたり、屋根を葺き替えたりすることになったら、どのような屋根材を選べばいいのでしょう? 一般的な住宅用として、広く普及している屋根材のスレート。また、近年、耐震性が高く丈夫なことから人気上昇…

  • 屋根材

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    スレート屋根にもいろいろある? 現代の戸建住宅向けの一般的な屋根材の1つにスレートがあります。スレートは薄い板状の屋根材で、瓦に比べて色数も多く、軽量で耐震性にも優れています。 そうしたことからか広く使用されているのです…

  • メンテナンス

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

  • 屋根材

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    瓦にもいろいろある? 日本の住宅地でよく見かける瓦屋根。その屋根材といえば、当然ながら昔から伝わる日本瓦を思い浮かべる人は多いでしょう。とはいえ、日本瓦によく似た「セメント瓦」という屋根材について耳にしたことはありません…

  • メンテナンス

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根はいつか「葺き替え」が必要に 家は長年にわたって住み続けるもの。戸建住宅でいつまでも快適に暮らしていくには、内外装や設備の適切なメンテナンスやリフォームが欠かせません。住まいの快適さを支えるのは住宅の性能ですが、住宅…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ