ゲリラ豪雨から住まいを守るために メンテナンスやリフォームはここがポイント

ゲリラ豪雨からわが家を守ろう

近年、「ゲリラ豪雨」と呼ばれる局地的な集中豪雨が多くなりました。ゲリラ豪雨は、予期しないときに突然、せまい範囲に集中的に降る激しい雨のことで、住宅などに大きな被害をもたらすことがあります。

これに加えて台風など日本は水害の多い国ですから、自宅の水害対策について気になっている方も多いのではないでしょうか。
特に、戸建住宅の場合、わが家を守るのはオーナー様自身です。ゲリラ豪雨などの水害から大切なわが家を守るためのポイントを知っておきましょう。

日ごろからの点検とメンテナンスが基本

木造住宅の場合、浸水とまではならなくても、ちょっとした雨水の侵入があれば、構造部分の腐食など深刻な被害につながることがあります。
浸水をはじめ、雨漏りや雨の吹き込みなどを防ぐには、こまめな点検やメンテナンスが基本になります。次のポイントを参考に、日ごろから住まいとその周囲の点検・メンテナンスを行い、必要に応じて修理をしましょう。

・屋根
定期的に瓦やスレートの割れ、ひび、ずれ、屋根のめくれ、はがれなどがないか点検を依頼する。アンテナ類はしっかり固定する。

・雨どい
継ぎ手のずれやはずれ、腐食などがないか、また外壁や屋根に固定されているか確認する。枯れ葉やゴミがたまるのを防ぎ、雨水がスムーズに排水できるよう、防護ネット等を設置する。

・ベランダ
排水口に枯れ葉やゴミがたまらないよう掃除しておく。物干しざおや植木鉢など落下や飛散の恐れがあるものはしまっておく。

・窓、雨戸
窓ガラスのひび割れや窓枠、雨戸にがたつきやゆるみがないか確認。

・外壁
定期的な塗替えメンテナスを行い、外壁のひび割れ、すき間、腐食などがないか確認する。

・塀
ブロック塀に傾きや亀裂、破損箇所がないか確認。板塀は腐食や浮きがないかを調べ、支柱を立てる。

・地下/半地下施設
地下や半地下に玄関やガレージなどがある場合、土のうや止水板を用意しておく。

・屋外設備
エアコンの室外機、プロパンガスのボンベなどはしっかりと固定する。

・排水溝、側溝
雨水があふれないよう、排水溝や側溝は掃除しておく。また、雨水ますの上には植木鉢などを置かないようにする。

ゲリラ豪雨に備えるためには、日ごろからのメンテナンスに加え、耐用年数が短い外装パーツは早めの交換リフォームをおすすめします。

リフォームでさらに強化を

万が一の事態に備えて、リフォームによってさらに水害に強い建物にすることもできます。

・屋根、外壁
耐用年数の過ぎた屋根材や外壁材は防水性能に不安があるので、防水性能の高い材料に交換する。

・窓まわり
ひさしや雨戸のない窓は雨が吹き込みやすいので、リフォームで後付けできるひさしや雨戸を設置する。

・大がかりなリフォームをする場合
間取り変更をともなうような大がかりなリフォームをするなら、万一の浸水に備え、なるべく1Fはガレージやピロティにする。上の階に避難しやすいよう、階段の幅は広めにし、踊り場を設ける。

ゲリラ豪雨には油断は禁物

水害への備えをする場合、まずは自宅の水害リスクを知ることが大切です。地元の自治体の洪水ハザードマップや災害履歴を元に、考えられる被害への対策をしましょう。とはいえ、これまでに水害の被害がなかった地域でも油断は禁物です。

突然降り出すゲリラ豪雨は短時間で予想を超える降水量となることも。土地が低くなくても、雨どいや側溝の排水の状態が良くなければ冠水や浸水する恐れがあります。そんな被害を少しでも減らせるよう、日ごろからのメンテナンスはもちろんのこと、必要であればリフォームなどの対策も計画的に行なっておきましょう。

メンテナンスのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

すべてライフスタイル屋根リフォーム屋根材メンテナンス耐震

▲ページトップ