おしゃれな家にするために リビングの間取りとインテリアづくりの注意点

リビングは住まいの中心だから

住まいの中でも、中心となる場所はどこでしょう?

それは、家族みんなが集まる場所、つまりリビングルームです。
リビングは家族みんながくつろいだり、友人や来客を招いておもてなししたりと、家族にとってとても大切で、パブリックな意味合いもあるスペースです。したがって、新築やリフォームでリビングルームをつくるときには、わが家のこだわりやあこがれのインテリアを取り入れたおしゃれな空間にしたいですね。
とはいえ、家族みんなが快適に過ごせて、使いやすい空間にすることも忘れてはいけません。そのためには、インテリアに加え、間取りの段階からしっかりとプランニングすることが大事です。

そこで、おしゃれで快適なリビングルームをつくるための間取りとインテリアの注意点について、お伝えします。

あこがれのワンルームLDKの注意点

広々としたワンルームのLDKにあこがれる人は多いと思います。近年はリビング(Living)、ダイニング(Dining)、キッチン(Kitchen)を別にせず、この3つのスペースをつなげてワンルームにした住宅が多くなりました。ワンルームのLDKは、空間を広く使え、家族のコミュニケーションも取りやすいなどメリットも多いのですが、キッチンが丸見えになる、キッチンからの音や匂い、油汚れが全体に広がるといったデメリットもあります。

しかし、こうしたデメリットは少し工夫することで解消できます。

例えば、LDKを長方形や正方形ではなく、キッチンとリビングダイニング、またはダイニングキッチンとリビングでカドを囲むようにL字形に配置すれば、キッチンが多少散らかっていてもリビングからの視線を遮れます。

長方形や正方形の配置の場合でも、キッチンとダイニング、もしくはダイニングとリビングの間を引き戸や折れ戸で仕切れるようにしておけば、急な来客のときなどに便利です。加えて、いずれの間取りでも、ワンルームLDKのキッチンには広いスペースに対応した換気扇を設置することで匂いや油汚れも防げます。

庭や和室とのつながりも考えて

リビングの間取りでは、キッチンやダイニング以外のスペースとのつながりも考えたいものです。庭やベランダに面したリビングなら、掃き出し窓の外側にウッドデッキをつくるのはいかがでしょう?室内の床とウッドデッキの高さと色を合わせれば、外に広がるような開放的な空間を演出できます。

また、同じ階に和室をつくるなら、それぞれ独立させるのではなく、リビングとつなげるのがおすすめです。和室との間は、引き戸で仕切れるようにしておけば必要に応じて広く使えます。

さらに、和室の床面は椅子の座面くらいの高さにした「小上がり」にすれば、ちょっと腰かけて洗濯物をたたんだりするのに便利ですし、家族でくつろぐときも、リビングの椅子やソファに座った人と目線の高さが合うので話もはずみます。

リビングのインテリアはどうこだわる?

リビングは住まいの中心になる大事な場所ですから、そのインテリアづくりにはぜひこだわりたいところです。だからといって、家族みんなのこだわりや好みを取り入れると、まとまりのないインテリアになってしまいます。

そこで大切なのが、リビングの壁や床・天井を家具などの「背景」と考えることです。つまり、壁紙や床材は無難でシンプルな色・柄に抑え、家具や調度品、カーテンなどのインテリアファブリックにこだわりを反映させましょう。その方が、どんなインテリアにもマッチし、みんなのこだわりを無理なく取り入れることのできる飽きの来ないリビングにすることができるのです。

ライフスタイルのおすすめ記事

  • カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールという考え方 家は快適に暮らすための場所であるのはもちろんですが、住む人のセンスやライフスタイルを表現できる場でもあります。おしゃれな家づくりをするなら、内装から外観までトータルにコーディネートしたいもので…

  • とんがり屋根の異人館 風見鶏の大切な役割とは?

    とんがり屋根の異人館 風見鶏の大切な役割とは?

    神戸北野を代表する異人館 歴史ある異人館が建ち並び、多くの観光客が訪れる神戸市北野地区。その中でもひときわ有名で、この街を代表する建物が「風見鶏の館」の愛称で親しまれる旧トーマス邸です。なぜ、そう呼ばれているかは、その外…

  • あこがれの海辺の住まい作りを成功させるには

    あこがれの海辺の住まい作りを成功させるには

    海辺の家であこがれのライフスタイル 南の島の茅葺き屋根のリゾートホテルで海を見ながら過ごすひととき…自宅でそんな気分を味わえたら、と思ったことはありませんか?海の見える家にあこがれている方は少なくないかもしれません。 そ…

  • 屋根の人気色 、色彩相談室!

    屋根の人気色 、色彩相談室!

    屋根の色にも流行がある? うららかで過ごしやすくなりました。梅雨に向かう前の春は四季の中でも屋根の塗替えに適した季節です。これから街中の緑も生い茂ってきますから、周辺環境と合わせて家のカラーリングを考えるのもいいかもしれ…

  • 天然の木材を使った家のナチュラルな内装づくり

    天然の木材を使った家のナチュラルな内装づくり

    心地よく飽きのこない内装づくりなら 家は長年にわたって暮らすものなので、その内側は心地よく飽きのこないデザインにしたいものです。また、数年前にはシックハウス症候群が問題になったことからも、天然木などの自然素材を活かしたナ…

  • あこがれの海外インテリアを上手に取り入れるには

    あこがれの海外インテリアを上手に取り入れるには

    海外インテリアを日本の住まいに取り入れるには 自宅の新築やリフォームをすることになったら、おしゃれでステキな住まいにしたいですね。そこで、気になるのが、ミッドセンチュリーや北欧スタイル、アーリーアメリカンなどのハイセンス…

  • 個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    家づくりにとって重要な収納プラン 家を新築したり、リフォームしたりするなら、わが家のライフスタイルに合った家づくりをしたいですね。それには、ライフスタイルに合わせて機能・デザインともに暮らしやすいような内装や外装にしたい…

  • 照明に工夫しておしゃれな家づくり

    照明に工夫しておしゃれな家づくり

    おしゃれな家づくりのコツは照明にあり? 自宅を新築したりリフォームする際には、おしゃれな家にしたいですね。それには、内外装のデザインにこだわる、家具や生活雑貨のテイストを揃えるなど、いくつかのコツがありますが、照明の使い…

  • 外国風の住宅にするコツ

    外国風の住宅にするコツ

    外国風の住まい作りのポイントは日本との違い 海外の映画やドラマに出てくるインテリアにあこがれる人は少なくないと思います。自宅をリフォームすることになったら、外国風のおしゃれな住まいにしたいと思う人もいることでしょう。その…

  • 知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    茅葺き屋根は日本だけじゃない? この5月に開催予定の伊勢志摩サミットで注目される伊勢神宮。その本殿の屋根は急な勾配がついた特徴的な形をしています。これは、板の上に草で葺かれた茅葺屋根であるためです。茅葺きの「茅」とは、ス…

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    どんなに小まめに掃除をしている家でも、年月が経過すれば劣化してしまうもの。特に、雨や風、雪や紫外線などから私たちの暮らしを守ってくれている“屋根”は大きなダメージを負うことになります。 ちょっとした色あせ程度であれば塗装…

  • 屋根材

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根のデザインと屋根材選び 住まいを守る上で屋根はとても重要なものであり、さらには住宅の外装の大部分を占めることから、外観イメージにも大きく影響します。したがって、家を建てるときに、どのような屋根にするかは大きな問題です…

  • 屋根

    急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    人気の北欧デザインって、どんなもの? 少し前から、日本では北欧デザインの家具や雑貨が人気です。北欧デザインとは、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドといった北欧諸国のデザインの総称で、世界的な評価も高く、家…

  • 耐震

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • 屋根材

    災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    東大に江戸時代の瓦屋根 日本を代表する最高学府、東京大学。その本郷キャンパスのシンボルとなっているのが、通称「赤門」です。江戸時代後期に建てられたものですが、もともとは何の門だったのか、ご存知ですか? 赤門は、旧加賀藩の…

  • 屋根材

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    金属瓦は現代の屋根材? 日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。 ガルバリウム鋼…

  • 屋根材

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の優れた屋根材とは この4月から電力の全面自由化がスタートします。自由化によって事業者間で競争になれば、電気料金は安くなると思いがちですが、そうとは限りません。発電用の燃料費の変動が電気料金に大きく影響するよう…

  • 屋根材

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    外壁サイディングってなに? 家を建てたり、外装のリフォームをすることになったら、屋根や外壁にどのような材料を使うかが大きなポイントになります。材料によって建物全体の外観イメージが大きく変わりますし、その後の維持メンテナン…

  • 屋根材

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    現代にも通じる洋館のスタイル 「家を建てるなら、おしゃれな洋館のような建物にしたい」そう思う人は少なくないでしょう。日本に洋風建築が入って来た明治以降から昭和初期にかけ、日本で暮らす外国人や裕福な日本人の住宅として、美し…

  • 耐震

    地震に備えて屋根工事をしよう! 耐震性に優れている屋根とは?

    地震に備えて屋根工事をしよう! 耐震性に優れている屋根とは?

    耐震性を考えて屋根工事をしよう、と目にしたことがある方も少なくないと思います。では、耐震性に優れている屋根とはいったいどのような屋根なのでしょうか。ここでは、耐震性に優れた屋根、地震に強い屋根にするにはどんな工事が必要な…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ