外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

外壁の塗装メンテナンスが必要な理由

ご自宅の外壁が色あせてきたり、汚れが目立ってきたりすれば、それは塗替えメンテナンスが必要なサインかもしれません。外壁は、屋根とともに住まいを雨風や直射日光から守ってくれる大切な部分。外壁の劣化を防ぐことは、住まいそのものを守ることなのです。

戸建住宅の外壁材の主な種類には、モルタル、窯業系および金属系サイディング、タイル貼りがあります。このうちモルタルとサイディングは表面を塗料で塗装することで塗膜をつくり、耐久性や防水性を持たせています。しかし、塗膜は経年により劣化していくので、外壁の耐久性を保つためには、定期的な塗装の塗替えメンテナンスが必要です。

そこで、気になるのが塗替えメンテナンスの時期ですが、これは使用する塗料によります。つまり、塗料ごとに耐用年数が異なり、耐用年数の長いものほどグレードが高く、費用も高額になります。

今回は、ご自宅の外壁の塗替えメンテナンスの際の参考になるよう、住宅の外壁用の塗料の種類と特徴についてお伝えします。

外壁用塗料の種類は

一般的な住宅の外壁用の塗料の種類は、大きく次の4種類に分けられます。リストの上から下へかけてグレードが高くなります。

<アクリル塗料>
耐用年数:5?8年/価格:安価
アクリル樹脂が塗膜となりコーティングする塗料で、外壁に加え室内壁にも使用することもある。最も安価で重ね塗りができるが、耐用年数は最も短い。

<ウレタン塗料>
耐用年数:8?11年/価格:手ごろ
ウレタン樹脂が塗膜となりコーティングする塗料で、外壁に加え木部や鉄部などにも幅広く使用される。リーズナブルでカラーバリエーションも豊富だが、耐久性や防水性がやや低いので長期的な使用には不向き。数年前までは、外壁用に広く用いられていた。

<シリコン塗料>
耐用年数:12?15年/価格:やや高価
正式な名称はアクリルシリコン。アクリルをベースにシリコンを加えた塗料で、特殊な結合による樹脂でコーティングする。耐水性と耐候性があり、汚れにくく、耐久性が高い。カラーバリエーションも豊富で、屋根にもよく使われる。価格と性能のバランスが良く、近年、広く使われている。

<フッ素塗料>
耐用年数:15?20年/価格:高価
フッ素カルシウムを主原料とし、フッ素樹脂によりコーティングする塗料。汚れをよせつけない機能があり、酸性雨にも強い。また、耐候性にすぐれ、耐久性は最高レベルなので、長年にわたり美観を維持できる。

塗料選びは費用と耐用年数のバランスを考えて

以上の耐用年数は塗装後からのものですが、あくまでもおおよその目安です。同じ種類の塗料でも、メーカーや商品によって耐用年数や性能が異なり、外壁材との相性もあります。加えて、耐用年数は気候や立地条件にも影響されます。実際に塗替えメンテナンスをするとなると、塗料の価格が気になりますが、通常の外壁の塗装工事では足場が必要になり、その費用もかかります。足場の設置費用は塗料のグレードに左右されないので、この金額も含めて耐用年数とのコストパフォーマンスを検討したいものです。ご自宅の状況に合わせて、塗装業者やリフォーム業者とよく相談されることをおすすめします。

外壁の塗装の劣化が進むと、建物内部への雨水侵入など深刻な被害につながる可能性があります。そうした被害を防ぐ外壁の塗替えは、家を長持ちさせるための基本的なメンテナンスといえます。塗料の耐用年数を参考に、適切に外壁のメンテナンスをしていきましょう。

メンテナンスのおすすめ記事

  • リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    住宅の細かい不具合はリフォームのタイミングで一気に解決 住宅のリフォームをするきっかけや理由は人によりさまざま。とはいえ、戸建住宅の場合、壁紙の貼り替えや古くなったシステムキッチンやユニットバスの交換など、おおよそ10年…

  • DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク 自宅の外壁塗装は道具を揃えることでDIYでも行うことができます。しかし、DIYにはメリット・デメリットがあり、これらを十分に理解しておかないと後で後悔する可能性があります…

  • 外壁をツートンカラーにするなら、どんな色の組み合わせがおすすめ?

    外壁をツートンカラーにするなら、どんな色の組み合わせがおすすめ?

    外壁塗装をする際にはカラー選びが重要になってきます。どのカラーを選ぼうか迷ったときには、思い切っておしゃれにツートンカラーにしてしまうのはいかがでしょうか。ここでは、ツートンカラーの外壁塗装についてご紹介していきます。 …

  • 在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    住宅工法の種類を知ろう 家を建てることになったら、いろいろと知っておきたいことがあります。その中でも基本となるのが住宅の工法です。工法とは建物の骨組み(躯体)をつくる方法のこと。在来工法とツーバイフォーがよく知られていま…

  • 手入れは大変? 勾配天井がある家のメリットとデメリット

    手入れは大変? 勾配天井がある家のメリットとデメリット

    古民家風のカフェなどに入ると、勾配天井になっていることがあります。こうした天井はなんとなく趣もあって、素敵だなと感じている方も多いのではないでしょうか。もしかすると、自宅の新築やリフォームで勾配天井を採用してみようと考え…

  • 外壁塗装で起こる可能性のある近所トラブルとは

    外壁塗装で起こる可能性のある近所トラブルとは

    家を建てる時やリフォームの時に行う外壁塗装工事ですが、近所に配慮をしないとトラブルになることがあります。この記事では外壁塗装で起こる可能性のあるトラブルについてと、リスクを軽減するための方法を紹介します。 外壁塗装をする…

  • ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    雨漏りというと屋根が原因のように思われがちですが、ベランダやバルコニーから起こることもあるのはご存知でしょうか。放置しておくと建物の劣化を引き起こすため、早めの対策が必要です。天井のシミなどを見つけたら、まずはベランダや…

  • 戸建住宅の修繕計画を立てよう

    戸建住宅の修繕計画を立てよう

    家は購入してからが大事 マイホームを持つことが将来の夢という人は少なくないでしょう。しかし、家は手に入れることがゴールではありません。長年にわたって良い状態を維持し、快適に暮らし続けるのが大切です。 日本では、これまで木…

  • 外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討したいのは、汚れにくい外壁塗装選びです。汚れにくい外壁塗装を選ぶことで、メンテナンスや清掃の手間を減らして長く快適な状態をキープできます。外壁が汚れる、または汚れて見える理由を解き明かし、汚れにくく…

  • 結露してしまう原因は? 結露を防止するための対策

    結露してしまう原因は? 結露を防止するための対策

    冬場多くの家庭を悩ませている結露。放置するとカビやダニを発生させ家にダメージを与えることにもなるので、しっかりと対策を取ることが大切です。結露の原因を知って、効果的に対処できるよう気を配っていきましょう。 結露の原因とは…

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    結露してしまう原因は? 結露を防止するための対策

    結露してしまう原因は? 結露を防止するための対策

    冬場多くの家庭を悩ませている結露。放置するとカビやダニを発生させ家にダメージを与えることにもなるので、しっかりと対策を取ることが大切です。結露の原因を知って、効果的に対処できるよう気を配っていきましょう。 結露の原因とは…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ