木造住宅の地震対策!?ツーバイフォー、在来工法ともに大切なこと?

地震対策は耐震補強だけじゃない?

日本で安心、安全な住まいづくりを考えるとき、非常に重要になるのが地震対策です。現在では、何らかの対策を施しているお宅は少なくないと思います。とはいえ、「わが家は地震に強いツーバイフォーだから」、「うちは耐震補強を済ませているから」といっても、地震が来た場合に大丈夫とはいい切れません。特に木造住宅の場合は、耐震補強をしていても、適切にメンテナンスや補修がされていなければ、耐震性が低下することがあるからです。

日本の木造戸建住宅の建て方は、主に在来工法かツーバイフォーになりますが、その違いに関わらず、雨漏りや結露、シロアリが発生すると、構造や土台の腐食、蟻害(シロアリによる食害)につながることがあります。そうなると、建物は老朽化し耐震性も損なわれ、地震のときに倒壊・損傷が起きやすくなります。

したがって、木造住宅の耐震性を維持していくには、雨漏り、結露、シロアリによる被害を防ぐことが欠かせません。そこで、そのために必要なメンテナンスと点検ポイントについて知っておきましょう。

基本になる屋根と外壁の定期メンテナンス

雨漏りや結露が進むと、柱やはりなどの構造や土台の腐食につながりますし、家の中にシロアリの好む湿度の高い環境をつくり出してしまいます。なので、雨漏りと結露を防ぐために建物の防水性を維持することが何よりも大切になります。まず雨漏りを防ぐための基本になるのが、外装(屋根と外壁)の定期メンテナンスです。

製品や塗料のグレードにより外装メンテナンスの時期は異なりますが、住宅向けの一般的な屋根材や外壁材は、おおよそ10年に1度が塗装の塗り替え時期目安です。
こうしたメンテナンスの時期には、屋根材のズレや破損、外壁のひび割れなどがないかも一緒に点検し、必要に応じて補修をしておきましょう。
また、シーリングの打ち換えが必要になるのもこの時期です。サイディングの継ぎ目やサッシまわりのシーリングに注意し、ひび割れていたり剥がれていたりしたら業者に相談しましょう。

結露の原因とチェックポイントは

雨漏りが原因になることもありますが、断熱や換気が十分でない場合も結露が発生します。結露があるとカビも発生しやすく、健康にもよくありません。結露が発生しやすい場所は、屋根裏や天井、北側の壁、収納や押し入れの中などです。こうした場所が濡れていたり、シミやカビがある場合は、外装に詳しい業者に点検を依頼し、対処法を相談しましょう。

シロアリ対策は予防と早期発見が肝心

シロアリの被害から住まいを守るためには、発生させないための予防が何よりも大切です。もし、シロアリが発生してしまった場合は、できるだけ被害を抑えるために早期発見が欠かせません。つまり、シロアリ対策は早ければ早いほど良いのです。次のポイントを参考に、わが家のチェックをしてみましょう。

・家の中やその周辺で羽アリを見かける
・新築から5年以上経つが、シロアリ予防をしたことがない
・柱や床下のすき間、木材の継ぎ目に土がたまっている
・軒や柱が下がった、建具の立て付けが悪くなった
・床を歩くときしむ、ゆるく感じる
・押し入れや収納の中がじめじめするようになった

このうち、1つでもあてはまる場合はシロアリが発生している恐れがあるので、専門業者への早めの相談をおすすめします。

住まいの耐震性を維持していくには、以上のような点検とメンテナンスがカギになりますが、いずれも専門的な知識と技術が必要になるので、必ず専門の業者に依頼するようにしてください。

■この記事を読んだ方はこんな記事もチェックしています■
▼「在来工法」と「2 x 4」、耐震性が高い家はどっち?
▼ツーバイフォーと免震の組み合わせなど 戸建住宅の耐震構造には種類があるって、ホント?

耐震のおすすめ記事

  • 知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    地震大国として知られる日本。地震の多い地に併せて建築分野でもその対策が進化していますが、地震対策において耐震、制震、免震という三つの技術が用いられているのはご存知でしょうか。ここではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを…

  • 「地震に強い家」とはどんな家? 地震に強い家と弱い家の違い

    「地震に強い家」とはどんな家? 地震に強い家と弱い家の違い

    揺れを感じない小さな地震も含めると、日本では相当な回数の地震が起こっています。そんな日本で暮らしている以上、自宅が地震に弱い家か、それとも地震に強い家なのかは気になるところですね。そこで、ここでは地震に弱い家、強い家それ…

  • 2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    日本では比較的新しい工法、2×4 現代の日本で木造住宅を建てる場合、主に木造軸組構法と枠組壁工法の2通りの工法があります。 木造軸組構法は古来より日本に伝わる建築工法であることから、在来工法とも呼ばれます。これに対し、通…

  • 古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • 在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    「ツーバイフォー(2×4)」は、19世紀に北米で生まれた住宅工法のひとつです。日本には1970年代に導入され、“耐震性の高い工法”として幅広く普及しました。実際、阪神淡路大震災や東日本大震災ではこの工法で建てられた住宅の…

  • 地震に強い家の条件とは

    地震に強い家の条件とは

    家に求められる耐震性能は? この国で住まいについて考えるとき、避けて通れないのが地震対策です。ここ数年でも、記憶に新しい大きな地震がありました。これから家を建てたり、購入するのなら、しっかりと耐震性能を見きわめたいもので…

  • わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫? この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。 木造住宅については、屋根が重いと地…

  • 大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

    大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

      江戸時代以前の耐震対策とは 日本が世界でも有数の地震大国であるのは誰しもが認めるところです。そのため、日本の住宅耐震技術は非常にすぐれたものとなっています。特に1923(大正12)年の関東大震災以降、耐震研…

  • どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    耐震診断・耐震補強は大切だけど 地震の多いこの国では、住宅の耐震性はとても大切です。今後も大きな地震の可能性が予測されており、家族を守るためにも、わが家がどのくらい安全なのか知っておきたいものです。そんなことから、耐震診…

その他のおすすめ記事

  • 耐震

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • リフォーム

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    中古物件で思い通りの家づくり? ここ数年間、戸建住宅の建設費用ならびに新築住宅の価格も高止まりの傾向が続き、新築着工件数も低水準で推移しています。ただ、細部までこだわって思い通りの家を新築したい、ピカピカの新築住宅に住み…

  • 耐震

    ツーバイフォーと免震の組み合わせなど 戸建住宅の耐震構造には種類があるって、ホント?

    ツーバイフォーと免震の組み合わせなど 戸建住宅の耐震構造には種類があるって、ホント?

    耐震、制振、免震の違いは? 日本において、大切なわが家を守っていく上でどうしても重要になるのが、地震対策です。特に戸建住宅の場合、家を守るのはオーナー自身ですから、耐震については気になるところです。近年は、「耐震」に加え…

  • 屋根材

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    現代にも通じる洋館のスタイル 「家を建てるなら、おしゃれな洋館のような建物にしたい」そう思う人は少なくないでしょう。日本に洋風建築が入って来た明治以降から昭和初期にかけ、日本で暮らす外国人や裕福な日本人の住宅として、美し…

  • 耐震

    耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームの重要なポイントとは この春で東日本大震災から5年になりますが、マイホームの耐震性については、気に留めておきたいものです。戸建住宅の耐震性を考える上で、何に気をつければ良いのでしょう。 よく言われているポイ…

  • 屋根材

    シンプルモダン、それとも和風? ガルバリウム鋼板でデザインにこだわる家づくり

    シンプルモダン、それとも和風? ガルバリウム鋼板でデザインにこだわる家づくり

    人気の住宅スタイル、シンプルモダンとは 住宅の建築デザインには、さまざまなスタイルがあります。いつまでも暮らしやすく、飽きのこないおしゃれなデザインの家をつくりたいと思ったら、どのようなスタイルにすればいいのでしょう? …

  • 耐震

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

  • 耐震

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫? この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。 木造住宅については、屋根が重いと地…

  • 耐震

    知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    地震大国として知られる日本。地震の多い地に併せて建築分野でもその対策が進化していますが、地震対策において耐震、制震、免震という三つの技術が用いられているのはご存知でしょうか。ここではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを…

  • 耐震

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ