オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

再注目される国立代々木競技場

2020年の2度目の東京オリンピック開催に向け、新国立競技場や選手村の建設が急ピッチで進んでいます。一方で、前回開催時の施設を今回も利用することが決まっています。そうした施設の中でも、特に有名で再注目されているのが「国立代々木競技場」です。

ご存知の方も多いと思いますが、国立代々木競技場は前回開催時のサブ会場として建設されました。1964年ですから、実に、50年以上前のことになります。長い年月を経た今でも、美しくスタイリッシュですし、当時としても、「デザイン」「構造」ともに画期的なものでした。

この競技場を設計したのは、建築家の丹下健三氏。モダニズム建築の旗手であり、日本人建築家として、世界で最も早くから評価されるようになった1人です。

ユニークな屋根を生み出した構造とは?

国立代々木競技場は、第一、第二体育館と、この2つの体育館の間にある付属棟の3つの建物によって構成されています。メインとなる第一体育館は、地上から見てもユニークな建物であることがわかりますが、上空から見ると、丸い貝殻のような形の屋根に目をうばわれます。この屋根が代々木競技場の大きな特長であり、「吊り屋根構造」によって形づくられています。

「吊り屋根構造」とは、吊り橋のように2本の支柱を立てワイヤーを通し、屋根を吊るといったもの。これにより体育館の中には柱がなく、選手と観客を包み込むような一体感のある大空間を確保できたのです。この構造は、当時世界的にも前代未聞といえるものでした。

次のオリンピックもメンテナンスがあってこそ?

代々木競技場のシンボルである第一体育館の屋根ですが、どのような材料でできているのでしょうか? この流れるように美しいフォルムをつくり出している屋根材は4.5ミリの厚さの鉄板です。鉄といえば錆びるというイメージが強いですが、50年以上を経ても、この美しさが維持できているヒミツは、実は「メンテナンス」にあります。

そのメンテナンスとは、塗装の塗り替えです。代々木競技場では、1968年から数年おきに大屋根の部分的な塗装の塗り替えを行ってきました。しかしながら、錆が出たところに塗り重ねをするという応急処置で対応していたため、しばらく経つと下地ごとはがれてまた錆が発生するといった状態の繰り返しでもありました。

そこで2011年、竣工後初となる塗装の全面的な塗り替え工事が行われました。今までの応急処置ではなく、一度大屋根の塗装を全部はがして鉄板の表面をきれいに補修した後、「下塗り(錆止め)」「フッ素樹脂系遮熱塗料」「トップコート」という3重(!)の塗装が施されたことで、屋根の機能性が更に高められました。歴史ある代々木競技場が次のオリンピックの舞台となるのは、こうしたメンテナンスがあってこそといえますね。

住宅にも金属屋根

さて、鉄をはじめとする金属の屋根材が使われるのは、競技場のような大きな建物だけではありません。金属の屋根材は住宅にも使用されることが多くなっており、その塗装のメンテナンスが必要であるのは代々木競技場の屋根と同じです。現在では、サビを抑える加工技術が進歩していますが、一般的な住宅の金属屋根は10年に1回程度の塗装メンテナンスをするのが良いとされています。

ここで、特に注目したいのが、ガルバリウム鋼板です。ガルバリウム鋼板は鉄の鋼板に合金めっき(亜鉛やアルミ)を施し、サビに強く耐久性を高めた金属素材で、住宅の屋根材として普及が進んでいます。その塗装の種類やグレードによっては、20年間メンテナンス不要な製品もあるほどです。

国立代々木競技場の建設から50年以上。進化した金属の屋根材、ガルバリウム鋼板がいつまでも美しい住宅の屋根をつくりだします。

■この記事を読んだ方はこんな記事もチェックしています■
▼あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア
▼ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

屋根材のおすすめ記事

  • 今も国宝を守る日本最古の瓦屋根とは

    今も国宝を守る日本最古の瓦屋根とは

    瓦屋根はいつからあるの? 昔からこの国で住宅に最も多く使われてきた屋根材といえば、瓦ではないでしょうか。銅やガルバリウム鋼板でできた金属瓦、最近は樹脂製の瓦などもありますが、本来、瓦とは粘土を成形し焼いたものを指します。…

  • 瓦屋根にもいろいろあるってホント? 瓦の種類を知ろう

    瓦屋根にもいろいろあるってホント? 瓦の種類を知ろう

    瓦屋根の材料はいろいろある? 瓦屋根は、文字通り瓦で葺いた屋根のことです。日本各地どこの住宅地でもよく見かけ、古くから神社仏閣やお城の屋根にも使われてきました。このように、瓦は、私たち日本人にとってとてもなじみ深い屋根材…

  • いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    屋根は、熱い日差しや冷たい雨風から私たちの住まいを守ってくれる大切な存在です。 もしもあなたが新築やリフォームを考えているのであれば、その素材にもこだわってみませんか? 屋根材にはさまざまな種類があり、それぞれに異なる見…

  • シンプルモダン、それとも和風? ガルバリウム鋼板でデザインにこだわる家づくり

    シンプルモダン、それとも和風? ガルバリウム鋼板でデザインにこだわる家づくり

    人気の住宅スタイル、シンプルモダンとは 住宅の建築デザインには、さまざまなスタイルがあります。いつまでも暮らしやすく、飽きのこないおしゃれなデザインの家をつくりたいと思ったら、どのようなスタイルにすればいいのでしょう? …

  • トタン屋根ってどんな屋根? メリットとデメリットとは

    トタン屋根ってどんな屋根? メリットとデメリットとは

    かつては日本全国の住宅で使われていた「トタン屋根」。現在ではスレートやガルバリウム鋼板を使った屋根が主流となり、その需要は減少傾向にありますが、まだまだ各地で活躍している姿を見ることができます。ここでは、そんなトタン屋根…

  • 屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    ハイグレードな塗装鋼板とは 近年、住宅の外壁や屋根といった外装の材料として普及が進むガルバリウム鋼板をご存知でしょうか? 鋼板でありながら、サビに強く高い耐久性があり、金属特有の軽さから耐震性にもすぐれた建材です。このよ…

  • 塩害を防ぎたい! 海風に強い屋根・外壁材の選び方

    塩害を防ぎたい! 海風に強い屋根・外壁材の選び方

    まだ劣化するほど古くないのに、屋根の金属部分がサビたり、外壁の塗装が剥げたり。 海沿いの地域でよく見られるこの「塩害」は、海水の蒸発によって空気に混じった塩分が海風に運ばれ、建物や自動車に付着することで起こります。 海の…

  • 切妻屋根とドームを持つ図書館「中之島図書館」 その屋根材は?

    切妻屋根とドームを持つ図書館「中之島図書館」 その屋根材は?

      築100年を超えて現役の図書館 日本に西洋の建築技術が入ってきたのは、江戸時代末期の19世紀後半ごろ。明治時代以降には、国内外の建築家たちにより歴史に残る西洋風の名建築が数多く建てられるようになりました。そ…

  • 歴史と現代に見る自然派の屋根材

    歴史と現代に見る自然派の屋根材

    日本で初めての屋根 飛騨高山の白川郷に代表される茅葺きの屋根の家並みは日本の原風景ともいわれます。そんな茅葺き屋根の材料「茅」ですが、これは特定の植物ではなく、ススキなどのイネ科の植物の総称です。この草で葺いた屋根を総じ…

  • 快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な室内空間づくりで大切なこと 室内の壁と天井は住まいの大きな面積を占める部分ですから、どのような質感や色に仕上げるかで内装のイメージは大きく変わります。また、使用する壁材や天井材の種類によっては室内環境にも影響します…

その他のおすすめ記事

  • 屋根材

    快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な室内空間づくりで大切なこと 室内の壁と天井は住まいの大きな面積を占める部分ですから、どのような質感や色に仕上げるかで内装のイメージは大きく変わります。また、使用する壁材や天井材の種類によっては室内環境にも影響します…

  • ライフスタイル

    家を建てるときに知っておきたい! 住宅の屋根勾配の考え方

    家を建てるときに知っておきたい! 住宅の屋根勾配の考え方

    家を建てようとするとき、ぜひしっかりと考えてほしいのが屋根の勾配をどうするかという問題です。屋根づくりにおいては素材選びとともに、勾配の度合い、屋根の形が重要な意味を持ってきます。 勾配の違いによるメリットとデメリットな…

  • ライフスタイル

    天然の木材を使った家のナチュラルな内装づくり

    天然の木材を使った家のナチュラルな内装づくり

    心地よく飽きのこない内装づくりなら 家は長年にわたって暮らすものなので、その内側は心地よく飽きのこないデザインにしたいものです。また、数年前にはシックハウス症候群が問題になったことからも、天然木などの自然素材を活かしたナ…

  • 屋根材

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    ユニークな異人館 異国情緒ただよう神戸市北野地区の異人館街には、歴史ある美しい洋館が立ち並びます。これらの洋館が異人館と呼ばれるのは、幕末や明治時代以降に欧米人の住居として建てられたためです。北野の異人館には、贅を尽くし…

  • リフォーム

    在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    こだわりの浴室づくりなら、在来工法? 住まいの中でも浴室は、日々の疲れをいやし明日に向けてリフレッシュするための大切な場所。家を建てたり、リフォームしたりするなら「ホテルや旅館のようなお風呂にしたい!」と思う人も少なくな…

  • ライフスタイル

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    おしゃれな家にするには間取りも重要? 家を新築したりリノベーションすることになったら、訪れた人がほめてくれるようなおしゃれな家にしたいですね。内外装のデザインはもちろん、壁紙や床材なども気になりますが、おしゃれな家づくり…

  • 耐震

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    今、あなたが住んでいる木造住宅は大きな地震が来たとしても倒壊や大破することなく、十分に耐えられる構造や性能を備えているでしょうか? もしも地震対策や耐震性について不安があるのなら、すぐにでも手を打っておくべきです。地震に…

  • メンテナンス

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    雨どいが大切な理由 戸建住宅の屋根や外壁は住まいを雨風から守る大切な部分です。それとともに、雨水から家を守るために大きな役割をしているのが雨どいです。雨どいには屋根の付属品のようなイメージがあるかもしれませんが、十分に機…

  • 屋根材

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    いま、人気の屋根材とは 家を建てたり、屋根を葺き替えたりすることになったら、どのような屋根材を選べばいいのでしょう? 一般的な住宅用として、広く普及している屋根材のスレート。また、近年、耐震性が高く丈夫なことから人気上昇…

  • ライフスタイル

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    美しい街並を作り出すものとは ぬけるような青い空に映えるオレンジ色の屋根と白い壁の家並、??そんな南欧の街並にあこがれる人は少なくないでしょう。地中海の青い空と美しいコントラストを作り出している屋根はテラコッタと呼ばれる…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ