リフォームやリノベーションはどこに依頼すればいい?

家にはリフォーム、リノベーションがつきもの?

マイホームを購入したら、いつまでも快適に暮らしたいものです。しかし、家は暮らしているうちに必ずリフォームしたい箇所が出てきますし、年数が経てばリノベーションを検討することもあるかもしれません。

では、わが家をリフォームやリノベーションすることになったら、どこ(誰)に依頼すればいいのでしょうか?

まず思い浮かぶのが「リフォーム業者」です。インターネットで検索すると数多くの業者にヒットしますが、実は、ひと言にリフォーム業者といっても、さまざまなタイプがあり、特長や得意とする工事が異なります。リフォーム、リノベーションが必要になったとき、業者探しの参考になるよう、リフォーム業者のタイプについて知っておきましょう。

リフォーム業者のタイプを知ろう

住宅のリフォーム業者は、母体となる事業などによって、主に次のようなタイプに分けられます。

・リフォーム専業系
比較的新しい業態で、リフォーム専業として創業した業者。総合リフォームを行う業者が多く、自社で施工する場合もあるが、下請けに任せる場合もあります。

・地場工務店系
小規模な業者が多く、地域密着のいわゆる「街の工務店」。自社物件の補修をはじめ、小さな修繕からリノベーションまで手がける。交渉次第では細かい要望に応えてくれる場合もあります。

・住宅設備/建材メーカー系
水回り設備やサッシなどのメーカーを母体とする業者。自社製品の設置や交換、メンテナンスなどを中心に行っているが、リフォーム全般を手がけることもあります。

・専門工事業系
塗装や内装、エクステリアなどを専門とする業者が、自社の専門分野の部分的なリフォームを手がけます。

・ハウスメーカー系
全国展開の大手が多く、自社で建てた物件のアフターメンテナンスが中心だが、他の住宅のリフォーム、リノベーションも手がける業者が増えています。戸建住宅の実績が豊富で、費用については定額制(パッケージプラン)をうたっている業者が多いです。

・ゼネコン、デベロッパー系
全国展開の大手が多く、ハウスメーカー系と一部重複します。マンションのリフォーム実績が豊富ですが、戸建リフォームやリノベーションも手がける業者もあります。総合的なデザイン提案が得意です。

・建築家(設計事務所)
設計と見積りや工事のチェックを行い、実際の工事は提携する工務店が施工します。建築家(士)と相談しながら、フルオーダーメイドのリフォーム・リノベーションが可能です。

この他に、最近はインテリアショップやホームセンターなどでもリフォームを手がけるケースが増えています。

リフォーム業者を探すときは

このようにリフォーム業者には違いがあることから、単にリフォームといっても、どこをリフォームしたいのか、建物の一部分または全体なのかなどによって選ぶ業者のタイプが違ってくることがわかります。加えて、同じタイプでも、設計デザインのテイストなどは個々の業者によって違いがあります。業者探しをする際は、各業者のホームページなどでタイプと施工実績を確認するとよいでしょう。

その前に、自宅の新築時とそれ以降の工事の情報を確認しておくことも大切です。例えば、独自のモジュール(基準となる寸法)や建材などで住宅を建設しているハウスメーカーがあります。その場合、メンテナンスやリフォームも同じ業者で施工するのが基本です。また、建築家に依頼して建てた家のリフォームも同じ人(事務所)によるものでなければ、建物の価値が下がる可能性があります。

以上を参考に、自宅の状況と希望するリフォーム、リノベーションの内容をよく確認した上で、リフォーム業者探しをしてくださいね。

■この記事を読んだ方はこんな記事もチェックしています■
▼屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために
▼屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

すべてライフスタイル屋根リフォーム屋根材メンテナンス耐震

▲ページトップ