屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

姫路城の屋根の色は白? それともグレー?

国宝であり、日本で初めての世界遺産である姫路城は、白鷺城(はくろじょう、しらさぎじょう)とも呼ばれ親しまれてきました。そう呼ばれるゆえんは、天守群のシルエットが、まるで鳥のシラサギが翼を広げたように優美に見えることからだといわれています(由来は諸説あり)。

2015年に、約6年にわたる「平成の大修理」を終えた姫路城は、“白過ぎ城”といえるほどお城全体の白さがきわだつ姿になり、まさにシラサギを思わせます。お城全体が白く見えるのは、漆喰の外壁に加え、屋根の目地にも漆喰を施工しているからです。しかし、これを見て、大修理以前と色合いがあまりに違うと感じる人も多いのではないでしょうか?

実は、修理をする前の姫路城の屋根の色は、長年にわたり濃いグレーでした。現在の白い屋根と見慣れていたグレーの屋根、どちらが本来の姫路城の屋根色なのでしょう? その答えは屋根修理にあります。

壮麗な天守を築いたのは

まず、姫路城の歴史について少し知っておきましょう。

姫路城の歴史は古く、1333年、姫路に築かれた砦(とりで)が始まりといわれています。1346年に本格的な城が築かれ、城主を変えながら時代を経て、1581年、羽柴(のち豊臣)秀吉が中国地方の毛利氏攻略の拠点として、黒田官兵衛の意見を取り入れながら3層の天守を持つ城を建設しました。

その後、関ヶ原の戦いにより功を成した池田輝政が姫路城の城主となり、1601年から8年の歳月をかけ新たな城を築きます。池田輝政が建設した姫路城は、外観5重、内部は7階という大天守と3方向の3つの小天守を渡り櫓(やぐら)で結ぶ連立式天守という豪華で壮麗なものでした。これが現在にも続く姫路城のシンボルとなっています。

姫路城の屋根材は?

姫路城のカラーイメージには屋根が大きく関わっているのですが、どのような屋根材を使って、どのようにして建てられたのでしょうか?

姫路城に使われている屋根材は、いぶし瓦と呼ばれる日本に古来から伝わる瓦の1種です。瓦は本来粘土を成型し焼成して作られますが、いぶし瓦は焼成の最後に「いぶす」ことで表面に炭素の膜ができます。これにより、いぶし銀のような独特の光沢と色合い持つ瓦となるのです。

姫路城の屋根は、このいぶし瓦を使い、筒状の丸瓦と平たい平瓦を組み合わせる本瓦葺きという工法で葺かれています。これは日本建築の中でも高度な技術が必要とされる葺き方です。

このようにして葺かれた姫路城の屋根は、いぶし瓦の色のはず…なのですが、姫路城の場合は、さらに瓦と瓦の継ぎ目である目地に漆喰を施し耐久性を高めています。これは池田輝政が築城したときと同じ手法です。瓦そのものはグレーですが、すべての目地を白い漆喰で縁どるようにしていることから、お城全体がシラサギのように白く見えるのです。

白い姫路城はいつまで見られる?

漆喰は施工後、経年により汚れやカビで黒く変色していきます。大修理以前に見慣れていたグレーの屋根は経年により変色したものだったのです。平成の大修理では、老朽化した漆喰と8万枚以上ある瓦を取り外し、屋根の解体が行われました。そして、取り外した瓦のうち再度使用できるものは汚れを落とし、新しく製造した瓦を足して屋根を葺き替え、目地の漆喰も新しく施工し直したのです。

このようにして、輝くような白さによみがえった姫路城ですが、漆喰はまた変色していきます。今回の大修理では、防カビ剤を使用することでしばらくは白さを維持できますが、竣工後から5年ほどで以前のようなグレーの屋根になるといわれています。シラサギのように白い姫路城は、今の機会を逃すと、次の大修理まで見れなくなってしまうかもしれませんね。

■この記事を読んだ方はこんな記事もチェックしています■
▼ご存知ですか?あの歴史的建造物の瓦屋根のヒミツ
▼メルヘンの国の世界遺産と秘境に見る 美しい屋根と外壁の色合い

屋根のおすすめ記事

  • 屋根の形にはどのようなものがある? 屋根の形状と特徴

    屋根の形にはどのようなものがある? 屋根の形状と特徴

    住まいの建て替えやリフォームの際、屋根の形状を変えることがあります。小規模なリフォームの場合だと屋根にまで手を加えることは少ないかもしれませんが、屋根のリフォームや建て替えとなると、屋根についての知識も必要になってきます…

  • 切妻屋根のファサードがシンボル 生まれ変わったもう1つの公会堂

    切妻屋根のファサードがシンボル 生まれ変わったもう1つの公会堂

    大阪のもう1つの公会堂? 大阪市の公会堂といえば、有名なのが、市の中心部・中之島公園に位置する中央公会堂です。「中之島公会堂」とも呼ばれ親しまれている大阪市中央公会堂は築100年を迎える、赤レンガの壁とアーチ状の銅屋根の…

  • ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ライフスタイルを広げるスペースとは 断熱性の高い現代の住宅の室内は冷暖房がよく効き、季節を問わず暮らしやすくなっています。そうはいっても、気候の良い時期には、住まいの中に自然の風や光を取り入れたいもの。 屋内と外をつなぐ…

  • 屋根工事をする際に覚えておきたい、ルーフィングについて

    屋根工事をする際に覚えておきたい、ルーフィングについて

    ルーフィングという言葉を聞いたことはありますか?ルーフィングとは家の屋根材の下に用いられる防水シートのことです。自分の目では確認できないルーフィングですが、ルーフィングは屋根の防水に重要な役割を果たしています。ここでは、…

  • 屋根に太陽光発電を設置する際の注意点

    屋根に太陽光発電を設置する際の注意点

    近年ではスマートハウスやゼロエネルギーハウス(ZEH)が話題となっています。また、2020年の省エネ基準適合住宅の義務化などもあり、ますます太陽光発電に注目が集まっています。ここでは、太陽光発電を設置できる屋根の種類やメ…

  • 急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    人気の北欧デザインって、どんなもの? 少し前から、日本では北欧デザインの家具や雑貨が人気です。北欧デザインとは、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドといった北欧諸国のデザインの総称で、世界的な評価も高く、家…

  • 驚きの「屋根」活用術

    驚きの「屋根」活用術

    屋根を有効スペースとして考える ぽかぽかと暖かい陽気の日が増えました。気候の良い日には、アウトドアライフを楽しみたいですね。出かけることなく、自宅の庭で子供たちを思い切り遊ばせたり、ガーデニングやバーベキューなどができれ…

  • 屋根から伝わる熱を遮断できる? 屋根の遮熱方法

    屋根から伝わる熱を遮断できる? 屋根の遮熱方法

    夏になると家の中はどうしても暑くなってしまいますよね。 でも、室内が暑いのは外の気温のせいだけではありません。実は、家の作りによって、室内がとても暑くなってしまう場合があります。ここでは夏に室内が暑くなってしまう原因や、…

  • 屋根に雑草が生えた!? 原因と対策とは

    屋根に雑草が生えた!? 原因と対策とは

    家の外や窓から屋根を覗いてみたら、雑草が生えていた……という経験をしたことがある方は意外と多いのではないでしょうか。どうして屋根に雑草が?と不思議に思うかもしれません。ここでは、屋根に雑草が生えてしまう原因と、その対策に…

  • あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    屋根ってメンテナンスが必要なの? ここ数年、中古住宅のリフォームやリノベーションが増えています。これからは、1度建てた住宅を長く大切に維持していく傾向にあるようです。 マイホームを長持ちさせ、いつまでも快適に暮らすには定…

その他のおすすめ記事

  • 屋根材

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    瓦にもいろいろある? 日本の住宅地でよく見かける瓦屋根。その屋根材といえば、当然ながら昔から伝わる日本瓦を思い浮かべる人は多いでしょう。とはいえ、日本瓦によく似た「セメント瓦」という屋根材について耳にしたことはありません…

  • 耐震

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫? この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。 木造住宅については、屋根が重いと地…

  • メンテナンス

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根はいつか「葺き替え」が必要に 家は長年にわたって住み続けるもの。戸建住宅でいつまでも快適に暮らしていくには、内外装や設備の適切なメンテナンスやリフォームが欠かせません。住まいの快適さを支えるのは住宅の性能ですが、住宅…

  • 屋根材

    災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    東大に江戸時代の瓦屋根 日本を代表する最高学府、東京大学。その本郷キャンパスのシンボルとなっているのが、通称「赤門」です。江戸時代後期に建てられたものですが、もともとは何の門だったのか、ご存知ですか? 赤門は、旧加賀藩の…

  • リフォーム

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    外壁のリフォームが必要になったら 外壁は屋根とともに雨風から住まいを守ってくれる大切な部分です。そのため、外壁にはいろんな性能が求められますが、なかでも、快適に暮らすために重要になるのが断熱性です。断熱性が高ければ、冷暖…

  • メンテナンス

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    雨どいが大切な理由 戸建住宅の屋根や外壁は住まいを雨風から守る大切な部分です。それとともに、雨水から家を守るために大きな役割をしているのが雨どいです。雨どいには屋根の付属品のようなイメージがあるかもしれませんが、十分に機…

  • 屋根

    驚きの「屋根」活用術

    驚きの「屋根」活用術

    屋根を有効スペースとして考える ぽかぽかと暖かい陽気の日が増えました。気候の良い日には、アウトドアライフを楽しみたいですね。出かけることなく、自宅の庭で子供たちを思い切り遊ばせたり、ガーデニングやバーベキューなどができれ…

  • 耐震

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • ライフスタイル

    ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板の次世代建材 家を建てることになったら、安全で快適な住まいにするために気にしたいことがたくさんあります。耐震性など災害に強いことはもちろん、断熱性や湿気対策も大切です。そして、内外装ともデザインにこだわり…

  • ライフスタイル

    モデル・香菜子さんインタビュー:使ってみて分かる本当に良いものの美しさ

    モデル・香菜子さんインタビュー:使ってみて分かる本当に良いものの美しさ

    モデル、イラストレーター、デザイナーと、いくつもの顔を持つ香菜子さん。二児の母でもある彼女は、本当に欲しいものを自分で作り、自然体のライフスタイルを実践することで、多くの女性からの支持を得ています。そんな彼女に、ご自身の…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ