おしゃれな外壁の色選びって、どうすればいいの?

まずは「景観ガイドライン」の確認を

戸建住宅の外壁は建物の最も多くを占める部分なので、外壁の色によって家の外観イメージは大きく変わります。したがって、新しく家を建てるときや外壁の塗替えの際には色にこだわって、おしゃれな外壁にしたいですね。今回は、そのための色選びのコツをお教えします。

まずは、外壁の色選びを始める前に注意したいことがあります。外壁の色を決めるには周囲の環境との調和が大切になりますが、最初に確認したいのが、自宅のある地域に「景観ガイドライン」が定められているかどうかです。

自治体によっては、街の景観保護のために、ガイドラインを定めて建物の外装に使用できる色を限定しています。家の新築や外壁の塗り替えをするときは、必ず事前に役所に確認するようにしましょう。「景観ガイドライン」がある場合は、その範囲内で色選びをすることになります。

3段階の色の組み合わせとは?

いよいよ外壁の色の選び方ですが、色選びをしやすくする色彩プランの基本的な考え方を知っておきましょう。これは、次のような3段階の色を組み合わせてカラーコーディネートしていく方法です。

・ベースカラー:最も大きな面積を占める部分の色

・アソートカラー:ベースカラーの次に大きな面積を占める部分の色で、ベースカラーの同系色や濃度を変えた色を使うことが多い

・アクセントカラー:小さな面積でアクセントとなる部分の色で、ベースカラーの対比となる色を使うことが多い

近年は1棟の住宅の外壁を2色以上で塗り分けることも多いですが、外壁に使用する色は3色までがまとめやすいと言われています。これにベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーをあてはめて考えると、効率良く色選びができます。外壁の塗り分けをしないのであれば、ベースカラーとアクセントカラーの組み合わせで考えましょう。

通常は外壁にベースカラーとアソートカラー、ベランダの面材(手すり)やひさしなどにアクセントカラーを使うことが多いようです。新築の場合は、ベランダやひさし、玄関ドア、窓枠・サッシなども同時にカラーコーディネートできますが、塗り替えの場合、外部設備・建具の交換をしないのであれば、既存の色とのマッチングも考える必要があります。木製や鉄製のベランダ・玄関ドアは塗り替えができるので、外壁と同時に塗り替えてもいいかもしれません。

3段階で外壁の色を考えよう

では、この3段階の色の考え方を元に外壁の色彩プランを進めていきましょう。

1)まず、外壁を塗り分ける場合は塗り分け部位を決めます。最も面積の大きな部分がベースカラーとなります。ベースカラーは、周囲の街並や自然、特に向う三軒両隣との調和を考えて選びましょう。住宅地なら落ち着いた色、緑の多い場所なら少しくすんだ色がマッチしやすいです。

2)ベースカラーに次いで面積の大きいアソートカラーを決めます。ベースカラーの同系色を使うのが基本ですが、色の濃淡を変えることで大きく印象が変わることも。ベースカラーとのコントラストが弱いとふわっと柔らかなイメージに、コントラストが強いとくっきり引き締まったイメージになります。

3)最後に、最も目立つポイントになるアクセントカラーを決めます。全体よりも暗い色や白、反対色など、効果的なアクセントになる色を選びましょう。

※「景観ガイドライン」がある地域では、決められた範囲の中から色を選んでください。

外壁の色選びにあたっては、多くのハウスメーカーや外壁業者が画像によるカラーシミュレーションをしてくれます。以上を参考に全体のバランスを考えながらシミュレーションして、納得いく色選びをしてくださいね。

■この記事を読んだ方はこんな記事もチェックしています■
▼景観に溶け込むシックな家にするための色使い
▼屋根の色選び、基調の4色はこう使う

ライフスタイルのおすすめ記事

  • ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    外装材選びのポイントは? 建物の屋根と外壁はあわせて外装と呼ばれます。屋根の葺き替えや外壁の張り替えなど、外装の大規模なリフォームが必要になったら、また家を建てることになったら、どのような外装材を選べばいいのでしょう? …

  • 使いやすい間取りでおしゃれな家に

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    おしゃれな家にするには間取りも重要? 家を新築したりリノベーションすることになったら、訪れた人がほめてくれるようなおしゃれな家にしたいですね。内外装のデザインはもちろん、壁紙や床材なども気になりますが、おしゃれな家づくり…

  • 湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    収納にはしっかりと湿気対策を 高温多湿の日本で快適な住まいをつくるには、湿気対策が重要になります。それは、居室だけではなく、収納についてもいえることです。家の中には、ふだんあまり開け閉めすることがない収納スペースもあるか…

  • 外国風の住宅にするコツ

    外国風の住宅にするコツ

    外国風の住まい作りのポイントは日本との違い 海外の映画やドラマに出てくるインテリアにあこがれる人は少なくないと思います。自宅をリフォームすることになったら、外国風のおしゃれな住まいにしたいと思う人もいることでしょう。その…

  • 照明に工夫しておしゃれな家づくり

    照明に工夫しておしゃれな家づくり

    おしゃれな家づくりのコツは照明にあり? 自宅を新築したりリフォームする際には、おしゃれな家にしたいですね。それには、内外装のデザインにこだわる、家具や生活雑貨のテイストを揃えるなど、いくつかのコツがありますが、照明の使い…

  • 窓まわりを工夫して外国の家のような部屋づくり

    窓まわりを工夫して外国の家のような部屋づくり

    外国風の部屋づくりは窓まわりから? 家を訪れた友人に「まるで、外国の家みたい!」といってもらえるような部屋づくりをしたいと思いませんか? とはいえ、映画や雑誌で見るような外国の家は日本と違い、広くて天井も高く、そのまま真…

  • 中古物件購入後によくあるトラブルとは?

    中古物件購入後によくあるトラブルとは?

    中古物件を購入した後にトラブルになった、という話を聞いたことはあるでしょうか。実はだれの身にも起こる可能性があり、決して他人事ではないと言えます。ここでは、中古物件購入後に起きがちなトラブルの内容や、トラブルに気づいたと…

  • 見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    収納で個性的な住まいを演出? ライフスタイルにこだわった個性的な住まいにしたいと思う人は少なくないでしょう。特に戸建住宅なら、外観から内装まで、まるごと思い通りの家づくりができます。わが家の個性を演出するなら、内・外装の…

  • とんがり屋根の異人館 風見鶏の大切な役割とは?

    とんがり屋根の異人館 風見鶏の大切な役割とは?

    神戸北野を代表する異人館 歴史ある異人館が建ち並び、多くの観光客が訪れる神戸市北野地区。その中でもひときわ有名で、この街を代表する建物が「風見鶏の館」の愛称で親しまれる旧トーマス邸です。なぜ、そう呼ばれているかは、その外…

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    とんがり屋根の異人館 風見鶏の大切な役割とは?

    とんがり屋根の異人館 風見鶏の大切な役割とは?

    神戸北野を代表する異人館 歴史ある異人館が建ち並び、多くの観光客が訪れる神戸市北野地区。その中でもひときわ有名で、この街を代表する建物が「風見鶏の館」の愛称で親しまれる旧トーマス邸です。なぜ、そう呼ばれているかは、その外…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ