おしゃれな外壁の色選びって、どうすればいいの?

まずは「景観ガイドライン」の確認を

戸建住宅の外壁は建物の最も多くを占める部分なので、外壁の色によって家の外観イメージは大きく変わります。したがって、新しく家を建てるときや外壁の塗替えの際には色にこだわって、おしゃれな外壁にしたいですね。今回は、そのための色選びのコツをお教えします。

まずは、外壁の色選びを始める前に注意したいことがあります。外壁の色を決めるには周囲の環境との調和が大切になりますが、最初に確認したいのが、自宅のある地域に「景観ガイドライン」が定められているかどうかです。

自治体によっては、街の景観保護のために、ガイドラインを定めて建物の外装に使用できる色を限定しています。家の新築や外壁の塗り替えをするときは、必ず事前に役所に確認するようにしましょう。「景観ガイドライン」がある場合は、その範囲内で色選びをすることになります。

3段階の色の組み合わせとは?

いよいよ外壁の色の選び方ですが、色選びをしやすくする色彩プランの基本的な考え方を知っておきましょう。これは、次のような3段階の色を組み合わせてカラーコーディネートしていく方法です。

・ベースカラー:最も大きな面積を占める部分の色

・アソートカラー:ベースカラーの次に大きな面積を占める部分の色で、ベースカラーの同系色や濃度を変えた色を使うことが多い

・アクセントカラー:小さな面積でアクセントとなる部分の色で、ベースカラーの対比となる色を使うことが多い

近年は1棟の住宅の外壁を2色以上で塗り分けることも多いですが、外壁に使用する色は3色までがまとめやすいと言われています。これにベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーをあてはめて考えると、効率良く色選びができます。外壁の塗り分けをしないのであれば、ベースカラーとアクセントカラーの組み合わせで考えましょう。

通常は外壁にベースカラーとアソートカラー、ベランダの面材(手すり)やひさしなどにアクセントカラーを使うことが多いようです。新築の場合は、ベランダやひさし、玄関ドア、窓枠・サッシなども同時にカラーコーディネートできますが、塗り替えの場合、外部設備・建具の交換をしないのであれば、既存の色とのマッチングも考える必要があります。木製や鉄製のベランダ・玄関ドアは塗り替えができるので、外壁と同時に塗り替えてもいいかもしれません。

3段階で外壁の色を考えよう

では、この3段階の色の考え方を元に外壁の色彩プランを進めていきましょう。

1)まず、外壁を塗り分ける場合は塗り分け部位を決めます。最も面積の大きな部分がベースカラーとなります。ベースカラーは、周囲の街並や自然、特に向う三軒両隣との調和を考えて選びましょう。住宅地なら落ち着いた色、緑の多い場所なら少しくすんだ色がマッチしやすいです。

2)ベースカラーに次いで面積の大きいアソートカラーを決めます。ベースカラーの同系色を使うのが基本ですが、色の濃淡を変えることで大きく印象が変わることも。ベースカラーとのコントラストが弱いとふわっと柔らかなイメージに、コントラストが強いとくっきり引き締まったイメージになります。

3)最後に、最も目立つポイントになるアクセントカラーを決めます。全体よりも暗い色や白、反対色など、効果的なアクセントになる色を選びましょう。

※「景観ガイドライン」がある地域では、決められた範囲の中から色を選んでください。

外壁の色選びにあたっては、多くのハウスメーカーや外壁業者が画像によるカラーシミュレーションをしてくれます。以上を参考に全体のバランスを考えながらシミュレーションして、納得いく色選びをしてくださいね。

■この記事を読んだ方はこんな記事もチェックしています■
▼景観に溶け込むシックな家にするための色使い
▼屋根の色選び、基調の4色はこう使う

ライフスタイルのおすすめ記事

  • 天然の木材を使った家のナチュラルな内装づくり

    天然の木材を使った家のナチュラルな内装づくり

    心地よく飽きのこない内装づくりなら 家は長年にわたって暮らすものなので、その内側は心地よく飽きのこないデザインにしたいものです。また、数年前にはシックハウス症候群が問題になったことからも、天然木などの自然素材を活かしたナ…

  • ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板の次世代建材 家を建てることになったら、安全で快適な住まいにするために気にしたいことがたくさんあります。耐震性など災害に強いことはもちろん、断熱性や湿気対策も大切です。そして、内外装ともデザインにこだわり…

  • ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    外装材選びのポイントは? 建物の屋根と外壁はあわせて外装と呼ばれます。屋根の葺き替えや外壁の張り替えなど、外装の大規模なリフォームが必要になったら、また家を建てることになったら、どのような外装材を選べばいいのでしょう? …

  • カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールという考え方 家は快適に暮らすための場所であるのはもちろんですが、住む人のセンスやライフスタイルを表現できる場でもあります。おしゃれな家づくりをするなら、内装から外観までトータルにコーディネートしたいもので…

  • 今どきのおしゃれな家に和室は不要?それとも必要?

    今どきのおしゃれな家に和室は不要?それとも必要?

    和室があれば、何かと便利? ライフスタイルの欧米化にともない、現代は和室のない家が増えています。これから家を建てるなら、欧米風のモダンな家にしたいと思う人も多いでしょう。そんなおしゃれな家には和室は不要かもしれません。 …

  • 床から音が……床がきしむ原因と対策

    床から音が……床がきしむ原因と対策

    床がきしむ音は、音量自体は小さなものかもしれませんが、一度聞いてしまうとその後もずっと気になってしまうものです。家が古いから、木材だからといった理由だけでなく、新築でも起こりうるのはご存知ですか?床がきしむ原因は意外なこ…

  • 家を建てるなら、知っておきたい屋根材と屋根勾配の関係

    家を建てるなら、知っておきたい屋根材と屋根勾配の関係

    屋根づくりの重要ポイント 住宅にとって屋根は日々の雨風や日差し、また台風などの災害から住まいを守ってくれる大切な部分です。一方、洋風のとんがり屋根や重厚な大屋根など、屋根は建物の外観イメージづくりにも大きく影響します。し…

  • フローリングにはどんな種類がある? 床材の種類と特徴

    フローリングにはどんな種類がある? 床材の種類と特徴

    住宅リフォームで人気のプランと言えば、やはりフローリングの張替えではないでしょうか。フローリングを新しいものに変更するだけで、室内の印象を大きく変えることができます。ここでは、フローリングの種類やその他の床材、特徴などに…

  • 残暑を乗り切るために 窓辺の遮熱対策はできていますか?

    残暑を乗り切るために 窓辺の遮熱対策はできていますか?

      暑い夏、住宅に求められる性能は 年々、夏の暑さが厳しくなり残暑の時期も長くなっています。室内にいても熱中症になることもあり、冷房の効率を良くして家の中を涼しく保つことが大切です。そこで、最近注目されているの…

  • おしゃれな家づくりは窓辺から! 窓装飾の種類を知っておこう

    おしゃれな家づくりは窓辺から! 窓装飾の種類を知っておこう

    窓辺にこだわるおしゃれな家 外国風のおしゃれな家にあこがれても、日本の住宅事情ではスペースの広さや天井の高さなど外国とは大きく異なります。そのため、おしゃれな家づくりは難しいと考える人も多いかもしれません。しかし、壁や天…

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    おしゃれな家づくりは窓辺から! 窓装飾の種類を知っておこう

    おしゃれな家づくりは窓辺から! 窓装飾の種類を知っておこう

    窓辺にこだわるおしゃれな家 外国風のおしゃれな家にあこがれても、日本の住宅事情ではスペースの広さや天井の高さなど外国とは大きく異なります。そのため、おしゃれな家づくりは難しいと考える人も多いかもしれません。しかし、壁や天…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ