家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

家は永遠じゃない?

家を購入したり、建てたりしたなら、いつまでも快適に暮らしたいものですね。とはいえ、新築から10年以上経てば、何かしらメンテナンスや修繕が必要になってきます。

また、エアコンや給湯器などの住宅設備の多くも耐用年数が10年とされていますし、内装の壁紙や床材のフローリングは10年から15年で劣化していきます。外壁は耐用年数が15年から20年程度といわれ、屋根材も材質によっては10年に1回程度のメンテナンスが必要です。つまり、家は建ててから、おおよそ10年ごとに設備の入れ替えや何らかのメンテナンス、修繕が、複数箇所必要になるということです。

長年暮らすと、家はどうなる?

住宅の設備ならびに内外装材は、耐用年数が過ぎたからといって家としてすぐに住めなくなるわけではありません。
多くの場合、耐用年数が少しばかり過ぎていても、日々の使用や暮らしに影響はないのですが、いつ壊れるかはわかりません。耐用年数に合わせた交換やメンテナンスをしていないと、突発的な故障や不具合が多くなり、快適さや便利さが損なわれます。特に屋根や外壁といった外装はメンテナンスや修繕が遅れれば遅れるほど、直すのに大掛かりな工事が必要になり、費用も割高になります。

また、お気に入りのわが家であっても、長年暮らすうちに住人のライフスタイルは変わっていきます。家族が増えたり減ったりしたので間取りを変えたい、老後のためにバリアフリーにしたいといった要望が出てくるものです。さらに、住宅設備や建材は年々性能が向上しています。大きな不満はなくても、より便利で快適な住まいにするためにトイレやキッチンなどの設備を変えたい、耐震性や断熱性を高めたい、ということもあるでしょう。

リノベーションや建替えを検討するべき状況とは

こうした要望や希望がリフォームのきっかけとなることは多いのですが、これに加え、建物や設備が老朽化し修繕の必要な箇所が重なると、単純な補修や部分的なリフォームでは済まないこともあります。下記のような要望や状況があり、特に複数該当するような場合には、リノベーションや建替えも視野に検討した方がよいかもしれません。

・間取りを大きく変えたい
・耐震性や断熱性を向上させたい
・キッチンやユニットバスなど複数の設備を交換したい
・水まわり設備を移動させたい
・増築または減築したい
・構造躯体(壁、柱、はりなど)や土台に腐食・傷みがある

リフォーム、リノベーション、建替えの見きわめは

ここで、リフォームとリノベーション、建替えの違いを確認しておきましょう。特に厳密な区別はありませんが、通常、家の傷んだ部分の修繕や設備の交換など、原状に近い状態に回復させる補修工事をリフォームといいます。これに対し、全ての設備を一新して間取りも大きく変更するなど、建物の性能や価値を向上させる大掛かりな改修工事をリノベーションといいます。建替えは文字通り、古い建物を壊して基礎から新しい建物を作ることなので、工期は長く費用も大きくなります。

土台や構造に傷みがなければ、建替えなくても、リノベーションできる場合もあり、費用や工期を抑えることができますが、どちらにするかを判断するには、見た目だけではわからないことが多く、専門家による構造や土台、基礎、耐力壁などのチェックが必要になります。また、部分的なリフォームを希望していても、構造や土台に不具合があれば、まずそこを直すべきです。

いずれにしても、新築や購入から年数が経ち、部分的でも家の修繕が増えてきたら、家全体の状態を把握することが大切です。まずは建築士によるホームインスペクション(住宅診断)を受けてみて、検討するのもよいかもしれません。

■この記事を読んだ方はこんな記事もチェックしています■
▼ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”
▼住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

リフォームのおすすめ記事

  • 収納のリフォームトラブルを防ぐには

    収納のリフォームトラブルを防ぐには

    使いやすい収納をつくるには 何かとスペースが限られる日本の住宅事情では、収納に悩むご家庭は少なくないと思います。自宅をリフォームするのなら、後になって「収納が足りない」「なんとなくクローゼットが使いにくい」といったことは…

  • 外装リフォームのときには防犯のことも考えよう

    外装リフォームのときには防犯のことも考えよう

    秋冬は空き巣が増える!? このところ、朝夕冷え込むようになってきましたね。衣類を入れ替えたり、暖房器具を出したり、冬への準備をされるご家庭も多いと思います。これに加え、この時期に気をつけていただきたいことがあります。 そ…

  • 断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    外壁のリフォームが必要になったら 外壁は屋根とともに雨風から住まいを守ってくれる大切な部分です。そのため、外壁にはいろんな性能が求められますが、なかでも、快適に暮らすために重要になるのが断熱性です。断熱性が高ければ、冷暖…

  • 「雨漏りがなければ大丈夫」は大間違い! 屋根のリフォームのタイミングと方法は?

    「雨漏りがなければ大丈夫」は大間違い! 屋根のリフォームのタイミングと方法は?

    雨漏りしてからでは遅すぎる 家を構成する部位の中でも、屋根は直接雨風から住まいを守ってくれる重要な部分です。しかしながら、日ごろはあまり屋根のことを気にしていない人が多いのではないでしょうか? また、新築から何年も経過し…

  • リフォーム中は何処に住む? 仮住まいの選び方

    リフォーム中は何処に住む? 仮住まいの選び方

    リフォームを検討している場合、リフォーム工事中の仮住まいについて気になったことはありませんか?住宅の一部分のリフォームであれば、自宅に住みながら工事をすることができますが、大掛かりな工事となると仮住まいへの引っ越しが必要…

  • リノベーションとは違う? スケルトンリフォームとは

    リノベーションとは違う? スケルトンリフォームとは

    みなさんは「スケルトンリフォーム」という言葉はご存知ですか?自由な間取りを選べて快適な住まいを作れる方法ですが、スケルトンリフォームにはリスクや注意点もあります。リノベーションとも似ていますが混同せずに正しい意味や効果、…

  • 得意・不得意がある? リフォームの依頼先の種類と特徴

    得意・不得意がある? リフォームの依頼先の種類と特徴

    家のリフォームをする場合、どこに工事を依頼すればいいのかと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。住宅リフォームを行っている業者はたくさんありますが、実はそのリフォームの内容や分野によって得意・不得意があります。あとで後…

  • 自分らしい個性的な家にしたい。リノベーションのきっかけとは?

    自分らしい個性的な家にしたい。リノベーションのきっかけとは?

    個性的な家作りはライフスタイルへのこだわりから 持ち家のリノベーションのきっかけは、世帯によりさまざまです。とはいえ、どの世帯でも、年月によって家族構成やライフスタイルが変わります。 自宅のリフォームが必要になったら、そ…

  • 空き家をリフォーム、リノベーションして居住するメリット

    空き家をリフォーム、リノベーションして居住するメリット

    近年、全国的に増え続けている空き家。総務省が発表した平成25年度住宅・土地統計調査のデータでも、空き家率は過去最高の13.5%となっています(※1) 。なぜ、いま空き家が増えてきているのでしょうか。ここでは、空き家が増え…

  • 在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    こだわりの浴室づくりなら、在来工法? 住まいの中でも浴室は、日々の疲れをいやし明日に向けてリフレッシュするための大切な場所。家を建てたり、リフォームしたりするなら「ホテルや旅館のようなお風呂にしたい!」と思う人も少なくな…

その他のおすすめ記事

  • リフォーム

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    修繕計画を立てて効率よいメンテナンスを 日銀のマイナス金利政策の影響で、預金利息がほぼ0%になっています。貯めて増やすのがむずかしい時代になりましたが、ご自宅の修繕資金は計画されていますか? うちは戸建てなので、マンショ…

  • 屋根

    急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    人気の北欧デザインって、どんなもの? 少し前から、日本では北欧デザインの家具や雑貨が人気です。北欧デザインとは、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドといった北欧諸国のデザインの総称で、世界的な評価も高く、家…

  • 屋根

    屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    東京駅の屋根に注目 日本の首都・東京の玄関といえる東京駅。保存復原プロジェクトにより、2012年に丸の内駅舎が創建当時の姿を取り戻しました。国の重要文化財でもある駅舎ですが、駅として日々機能しながら、観光スポットとしても…

  • ライフスタイル

    屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    おしゃれな家は屋根がポイント? 「おしゃれな家を建てたい!」と思ったら、何を参考にすればいいのでしょうか。まずは建築の歴史に残るおしゃれな住宅を見ることをおすすめします。とりわけ1920年代に成立したモダニズムと呼ばれる…

  • メンテナンス

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    雨どいが大切な理由 戸建住宅の屋根や外壁は住まいを雨風から守る大切な部分です。それとともに、雨水から家を守るために大きな役割をしているのが雨どいです。雨どいには屋根の付属品のようなイメージがあるかもしれませんが、十分に機…

  • 屋根材

    スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    広く普及しているスレート屋根材とは 青空に風光る季節、日本の住宅街の眺めといえば、青い空に瓦屋根の家並みでしたが、それも懐かしいものとなりましたね。いま、瓦屋根にかわって、広く普及している屋根材はスレートと呼ばれるもので…

  • 屋根材

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    瓦にもいろいろある? 日本の住宅地でよく見かける瓦屋根。その屋根材といえば、当然ながら昔から伝わる日本瓦を思い浮かべる人は多いでしょう。とはいえ、日本瓦によく似た「セメント瓦」という屋根材について耳にしたことはありません…

  • リフォーム

    リフォームやリノベーションはどこに依頼すればいい?

    リフォームやリノベーションはどこに依頼すればいい?

    家にはリフォーム、リノベーションがつきもの? マイホームを購入したら、いつまでも快適に暮らしたいものです。しかし、家は暮らしているうちに必ずリフォームしたい箇所が出てきますし、年数が経てばリノベーションを検討することもあ…

  • ライフスタイル

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    収納で個性的な住まいを演出? ライフスタイルにこだわった個性的な住まいにしたいと思う人は少なくないでしょう。特に戸建住宅なら、外観から内装まで、まるごと思い通りの家づくりができます。わが家の個性を演出するなら、内・外装の…

  • ライフスタイル

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    ライフスタイルは変わるものだから 家は長年にわたって暮らすもの。家を建てることになったら、いつまでも家族みんなが快適で暮らしやすい住まいにしたいものです。とはいえ、年月が経つうち、住む人のライフスタイルは変わっていきます…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ