家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

家は永遠じゃない?

家を購入したり、建てたりしたなら、いつまでも快適に暮らしたいものですね。とはいえ、新築から10年以上経てば、何かしらメンテナンスや修繕が必要になってきます。

また、エアコンや給湯器などの住宅設備の多くも耐用年数が10年とされていますし、内装の壁紙や床材のフローリングは10年から15年で劣化していきます。外壁は耐用年数が15年から20年程度といわれ、屋根材も材質によっては10年に1回程度のメンテナンスが必要です。つまり、家は建ててから、おおよそ10年ごとに設備の入れ替えや何らかのメンテナンス、修繕が、複数箇所必要になるということです。

長年暮らすと、家はどうなる?

住宅の設備ならびに内外装材は、耐用年数が過ぎたからといって家としてすぐに住めなくなるわけではありません。
多くの場合、耐用年数が少しばかり過ぎていても、日々の使用や暮らしに影響はないのですが、いつ壊れるかはわかりません。耐用年数に合わせた交換やメンテナンスをしていないと、突発的な故障や不具合が多くなり、快適さや便利さが損なわれます。特に屋根や外壁といった外装はメンテナンスや修繕が遅れれば遅れるほど、直すのに大掛かりな工事が必要になり、費用も割高になります。

また、お気に入りのわが家であっても、長年暮らすうちに住人のライフスタイルは変わっていきます。家族が増えたり減ったりしたので間取りを変えたい、老後のためにバリアフリーにしたいといった要望が出てくるものです。さらに、住宅設備や建材は年々性能が向上しています。大きな不満はなくても、より便利で快適な住まいにするためにトイレやキッチンなどの設備を変えたい、耐震性や断熱性を高めたい、ということもあるでしょう。

リノベーションや建替えを検討するべき状況とは

こうした要望や希望がリフォームのきっかけとなることは多いのですが、これに加え、建物や設備が老朽化し修繕の必要な箇所が重なると、単純な補修や部分的なリフォームでは済まないこともあります。下記のような要望や状況があり、特に複数該当するような場合には、リノベーションや建替えも視野に検討した方がよいかもしれません。

・間取りを大きく変えたい
・耐震性や断熱性を向上させたい
・キッチンやユニットバスなど複数の設備を交換したい
・水まわり設備を移動させたい
・増築または減築したい
・構造躯体(壁、柱、はりなど)や土台に腐食・傷みがある

リフォーム、リノベーション、建替えの見きわめは

ここで、リフォームとリノベーション、建替えの違いを確認しておきましょう。特に厳密な区別はありませんが、通常、家の傷んだ部分の修繕や設備の交換など、原状に近い状態に回復させる補修工事をリフォームといいます。これに対し、全ての設備を一新して間取りも大きく変更するなど、建物の性能や価値を向上させる大掛かりな改修工事をリノベーションといいます。建替えは文字通り、古い建物を壊して基礎から新しい建物を作ることなので、工期は長く費用も大きくなります。

土台や構造に傷みがなければ、建替えなくても、リノベーションできる場合もあり、費用や工期を抑えることができますが、どちらにするかを判断するには、見た目だけではわからないことが多く、専門家による構造や土台、基礎、耐力壁などのチェックが必要になります。また、部分的なリフォームを希望していても、構造や土台に不具合があれば、まずそこを直すべきです。

いずれにしても、新築や購入から年数が経ち、部分的でも家の修繕が増えてきたら、家全体の状態を把握することが大切です。まずは建築士によるホームインスペクション(住宅診断)を受けてみて、検討するのもよいかもしれません。

■この記事を読んだ方はこんな記事もチェックしています■
▼ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”
▼住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールという考え方 家は快適に暮らすための場所であるのはもちろんですが、住む人のセンスやライフスタイルを表現できる場でもあります。おしゃれな家づくりをするなら、内装から外観までトータルにコーディネートしたいもので…

  • 屋根

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    外観イメージを左右する屋根の色 屋根の塗替えリフォームをすることになったら、どのように色を選べばいいのでしょう? 屋根は外壁とともに、住宅の外観イメージを構成する主要な部分。屋根の色選びによって、家の見た目は大きく変わり…

  • 屋根材

    屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    ハイグレードな塗装鋼板とは 近年、住宅の外壁や屋根といった外装の材料として普及が進むガルバリウム鋼板をご存知でしょうか? 鋼板でありながら、サビに強く高い耐久性があり、金属特有の軽さから耐震性にもすぐれた建材です。このよ…

  • 屋根材

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    再注目される国立代々木競技場 2020年の2度目の東京オリンピック開催に向け、新国立競技場や選手村の建設が急ピッチで進んでいます。一方で、前回開催時の施設を今回も利用することが決まっています。そうした施設の中でも、特に有…

  • リフォーム

    住宅購入にかかる税金とは別? リフォームにかかる税金

    住宅購入にかかる税金とは別? リフォームにかかる税金

    リフォーム工事をする際にさまざまな税金がかかることはご存知でしょうか。税金について把握しておかないと、「いざリフォームしたら想定以上に予算がかかってしまった」という事態に陥ってしまう可能性もあります。ここでは、リフォーム…

  • リフォーム

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    浴室の施工法の違いとは? 自宅の浴室をリフォームすることになったら、快適でくつろげる場所にしたいものですね。ところで、浴室づくりといえば、ユニットバスが主流ですが、在来工法という選択肢もあるのをご存知ですか? 既成のパー…

  • 屋根材

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    現代にも通じる洋館のスタイル 「家を建てるなら、おしゃれな洋館のような建物にしたい」そう思う人は少なくないでしょう。日本に洋風建築が入って来た明治以降から昭和初期にかけ、日本で暮らす外国人や裕福な日本人の住宅として、美し…

  • メンテナンス

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    雨どいが大切な理由 戸建住宅の屋根や外壁は住まいを雨風から守る大切な部分です。それとともに、雨水から家を守るために大きな役割をしているのが雨どいです。雨どいには屋根の付属品のようなイメージがあるかもしれませんが、十分に機…

  • メンテナンス

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるために大切なこと 春の花が咲き、過ごしやすい季節になりました。比較的気候が穏やかに安定しているこの時期に、ご自宅のお手入れについて考えてみてはいかがでしょう。いつまでも快適に暮らすために、マイホームは…

  • メンテナンス

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    持ち家の価値を維持するために 建築の専門家が住宅の状態を検査するサービス「ホームインスペクション(住宅診断)」が広がりつつあります。中古住宅市場の活性化を目指し、国交省もホームインスペクションを普及させる方針です。これか…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ