雨樋にも種類があるって本当? 代表的な雨樋の種類と特徴

雨樋にもいろいろな種類があり、それぞれに違った特徴があることをご存知でしたか?実は雨樋はデザインで選択することもできるほど様々な形・材質のものがあります。ここでは代表的な雨樋の種類と特徴についてご紹介しますので、交換時の参考にしてみてください。

雨樋の役割は?

雨樋は家を守るために大切な役割を担っています。屋根に落ちた雨水を受けて集め、地上や下水へと流します。雨樋がなかったり、正しく機能していないと、家の屋根や外壁は汚れがひどくなり、劣化や腐敗のリスクを高めることになります。

雨樋の種類と特徴とは?

雨樋は、いくつかの種類に分かれており、素材や形状などが種類によって違います。素材が違うことで、その土地の気温や天候に向いているものを選ぶことが可能です。形状は主に3種類に分かれます。

・半丸型(丸型)
半丸型の雨樋は、もっともスタンダードな形状であり、一般的に良く見かけるタイプとなります。昔からあるもので、形も単純なので値段も比較的に安いです。ゲリラ豪雨対応で直径が大きめのものも出ています。

・角型(箱型)
角型の雨樋は、デザイン性と機能性に優れています。丸型も雨水を流す機能に違いはありませんが、角型の方が丸型に比べると流水量が多くなります。ゲリラ豪雨のために片方がせりあがったタイプも出ています。また、完全な角型にしてしまうと、4角にゴミが溜まりやすくなるため、角を落としたものが多くなります。

・特殊型
東北地方や北海道など、積雪の多い地域では雪対策が講じてある特殊型という雨樋のタイプが使われることもあります。

雨樋の素材とそれぞれの特徴とは?

雨樋の素材とそれぞれの特徴およびコストの目安を紹介します。雨樋に使われている素材の種類は多く、それぞれに違った特徴を持っています。

・塩化ビニール
広く普及しており、低コストで軽く組み立ても簡単な雨樋の素材です。雨や太陽光による変色や劣化、破損しやすいデメリットがあります。地域の天候や気候などに合わせて、使いやすいものを選ぶことが大切です。価格は半円形で1本1,000円~1,800円程度が目安になります。

・合成樹脂
塩化ビニールよりも耐久性が高くなる処理が施してあり、紫外線に対して強いものもあります。コストは塩化ビニールよりは高めです。価格は半円形で1本1,800円~2,500円程度が目安になります。

・ガルバリウム鋼板
最近注目されており、雨樋以外の建材としても採用が盛んになっている金属素材です。耐久性が高く、加工もしやすいとあって金属素材としてはコストも安い傾向です。錆びにくく金属の雨樋としてはもっとも多く使われている素材です。価格は半円形で1本4,500円~6,000円程度が目安になります。

・銅
耐久性は高いものの、近年の酸性雨の影響によって15~20年で穴が空く可能性があります。銅らしい色から酸化していき緑がかった青に変わっていきます。価格はかなり高めで、神社仏閣などでよく使われる素材です。純和風の住宅で使われることもあります。価格は半円形で1本9,000円~11,000円程度が目安です。

・アルミ
住宅用としてはほとんど扱いのない雨樋素材です。サビないことと加工がしやすく長いものでも継ぎ目がない点がメリットとなります。熱による膨張も起こりにくいものです。

・ステンレス
錆びにくく、耐久性の高い素材で、耐久年数も長くメンテナンスがほとんど必要ありません。内側で繋ぐことができ、継ぎ目が目立たずキレイに仕上がります。価格は高めで、あまり流通していません。

構成する部品

雨樋はいくつかの部品によって成り立っています。雨樋が劣化してしまった場合にはこれらの交換も可能です。修理の際には、部品交換で済むこともあるため、ローコストで修理できるケースも多く見られます。

・軒樋
屋根から落ちる雨水を受けるために、軒に沿って横に這わせた樋です。2.7メートル、3.6メートルと4メートル のものがあり、それぞれの建物に応じて、継いで使います。

・集水器(あんこう)
軒樋に集めた雨水を竪樋に流す排水部品です。

・竪樋(たてどい)
集めた雨水を地上に流す樋です。

・止まり
軒樋の端部分に使用するキャップのような役割の部品です。

・寄枡
2本の竪樋を寄せて排水を集める部品です。

・エルボ
外壁の曲がりに沿わせて竪樋を曲げるための部品です。

・呼び樋
集水器から竪樋につながり、竪樋に排水する役割の部品です。

普段はあまり気にも留めないという人もいるかもしれませんが、雨樋は様々な種類や特徴があり、家にはなくてはならないものです。自分好みの雨樋を見つけた際や、なにか雨樋に不具合を感じた際は、素材や形状などにこだわって交換を依頼してみてはいかがでしょうか。

メンテナンスのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    窓辺の熱を上手に遮断して、涼しく過ごすためのヒントをご紹介

    窓辺の熱を上手に遮断して、涼しく過ごすためのヒントをご紹介

    夏の暑い時期、エアコンの冷房効率を高めて室内の温度を低く保つには、「窓辺の遮熱対策」を行うのがおすすめです。遮熱対策をすることにはどのような意味があるのか、そしてどのような方法があるのか、興味を持った方は、ぜひ本記事をご…

  • 耐震

    大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

    大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

      江戸時代以前の耐震対策とは 日本が世界でも有数の地震大国であるのは誰しもが認めるところです。そのため、日本の住宅耐震技術は非常にすぐれたものとなっています。特に1923(大正12)年の関東大震災以降、耐震研…

  • 屋根材

    日本最古の洋館は和洋折衷? その意外な屋根材とは

    日本最古の洋館は和洋折衷? その意外な屋根材とは

    明治以前からあった最古の木造洋風住宅 神戸や横浜など、旧居留地であった街には歴史ある洋館が立ち並びます。洋館と呼ばれる洋風の建物はいつごろから建てられるようになったのでしょうか。 それは、明治以降といいたいところですが、…

  • 耐震

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

  • メンテナンス

    外壁塗装で重要! 外壁の下塗り材の種類と特徴

    外壁塗装で重要! 外壁の下塗り材の種類と特徴

    外装塗装では、耐久性や仕上がりの美しさを求めるために、下塗り・中塗り・上塗りと複数の工程が実施されます。どの工程も大切なのですが、基本となる下塗りは後の作業や仕上がりに大きく影響する重要な作業です。下塗りの持つ意味や、用…

  • リフォーム

    防音対策でリフォームを行うときのポイント

    防音対策でリフォームを行うときのポイント

    家で楽器の練習をしたり、ペットの鳴き声が近所に漏れないようにしたりと、防音対策をすることはご近所トラブルを防ぐ意味でとても重要です。しかし、防音対策としてリフォームを行うにあたっては、費用の問題をはじめさまざまな注意点が…

  • ライフスタイル

    おしゃれな外壁の色選びって、どうすればいいの?

    おしゃれな外壁の色選びって、どうすればいいの?

    まずは「景観ガイドライン」の確認を 戸建住宅の外壁は建物の最も多くを占める部分なので、外壁の色によって家の外観イメージは大きく変わります。したがって、新しく家を建てるときや外壁の塗替えの際には色にこだわって、おしゃれな外…

  • リフォーム

    部屋が広く見える? 腰壁リフォームの種類とメリット

    部屋が広く見える? 腰壁リフォームの種類とメリット

    インテリア上級者に人気というイメージの腰壁。最近、家のいろいろな場所での腰壁リフォームが人気を集めています。ここでは腰壁のメリットやデメリット、種類などについてご紹介します。 腰壁とは? 腰壁とは床から腰までの高さの壁の…

  • 耐震

    ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーって、なに? 住宅を建てるにはいろいろな工法があります。日本で木造住宅を建てる場合、在来工法に次いで多く用いられているのが、ツーバイフォー工法です。通称「ツーバイフォー」や「2 x 4」とも呼ばれることが多…

  • ライフスタイル

    フローリングにはどんな種類がある? 床材の種類と特徴

    フローリングにはどんな種類がある? 床材の種類と特徴

    住宅リフォームで人気のプランと言えば、やはりフローリングの張替えではないでしょうか。フローリングを新しいものに変更するだけで、室内の印象を大きく変えることができます。ここでは、フローリングの種類やその他の床材、特徴などに…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ