雨樋にも種類があるって本当? 代表的な雨樋の種類と特徴

雨樋にもいろいろな種類があり、それぞれに違った特徴があることをご存知でしたか?実は雨樋はデザインで選択することもできるほど様々な形・材質のものがあります。ここでは代表的な雨樋の種類と特徴についてご紹介しますので、交換時の参考にしてみてください。

雨樋の役割は?

雨樋は家を守るために大切な役割を担っています。屋根に落ちた雨水を受けて集め、地上や下水へと流します。雨樋がなかったり、正しく機能していないと、家の屋根や外壁は汚れがひどくなり、劣化や腐敗のリスクを高めることになります。

雨樋の種類と特徴とは?

雨樋は、いくつかの種類に分かれており、素材や形状などが種類によって違います。素材が違うことで、その土地の気温や天候に向いているものを選ぶことが可能です。形状は主に3種類に分かれます。

・半丸型(丸型)
半丸型の雨樋は、もっともスタンダードな形状であり、一般的に良く見かけるタイプとなります。昔からあるもので、形も単純なので値段も比較的に安いです。ゲリラ豪雨対応で直径が大きめのものも出ています。

・角型(箱型)
角型の雨樋は、デザイン性と機能性に優れています。丸型も雨水を流す機能に違いはありませんが、角型の方が丸型に比べると流水量が多くなります。ゲリラ豪雨のために片方がせりあがったタイプも出ています。また、完全な角型にしてしまうと、4角にゴミが溜まりやすくなるため、角を落としたものが多くなります。

・特殊型
東北地方や北海道など、積雪の多い地域では雪対策が講じてある特殊型という雨樋のタイプが使われることもあります。

雨樋の素材とそれぞれの特徴とは?

雨樋の素材とそれぞれの特徴およびコストの目安を紹介します。雨樋に使われている素材の種類は多く、それぞれに違った特徴を持っています。

・塩化ビニール
広く普及しており、低コストで軽く組み立ても簡単な雨樋の素材です。雨や太陽光による変色や劣化、破損しやすいデメリットがあります。地域の天候や気候などに合わせて、使いやすいものを選ぶことが大切です。価格は半円形で1本1,000円~1,800円程度が目安になります。

・合成樹脂
塩化ビニールよりも耐久性が高くなる処理が施してあり、紫外線に対して強いものもあります。コストは塩化ビニールよりは高めです。価格は半円形で1本1,800円~2,500円程度が目安になります。

・ガルバリウム鋼板
最近注目されており、雨樋以外の建材としても採用が盛んになっている金属素材です。耐久性が高く、加工もしやすいとあって金属素材としてはコストも安い傾向です。錆びにくく金属の雨樋としてはもっとも多く使われている素材です。価格は半円形で1本4,500円~6,000円程度が目安になります。

・銅
耐久性は高いものの、近年の酸性雨の影響によって15~20年で穴が空く可能性があります。銅らしい色から酸化していき緑がかった青に変わっていきます。価格はかなり高めで、神社仏閣などでよく使われる素材です。純和風の住宅で使われることもあります。価格は半円形で1本9,000円~11,000円程度が目安です。

・アルミ
住宅用としてはほとんど扱いのない雨樋素材です。サビないことと加工がしやすく長いものでも継ぎ目がない点がメリットとなります。熱による膨張も起こりにくいものです。

・ステンレス
錆びにくく、耐久性の高い素材で、耐久年数も長くメンテナンスがほとんど必要ありません。内側で繋ぐことができ、継ぎ目が目立たずキレイに仕上がります。価格は高めで、あまり流通していません。

構成する部品

雨樋はいくつかの部品によって成り立っています。雨樋が劣化してしまった場合にはこれらの交換も可能です。修理の際には、部品交換で済むこともあるため、ローコストで修理できるケースも多く見られます。

・軒樋
屋根から落ちる雨水を受けるために、軒に沿って横に這わせた樋です。2.7メートル、3.6メートルと4メートル のものがあり、それぞれの建物に応じて、継いで使います。

・集水器(あんこう)
軒樋に集めた雨水を竪樋に流す排水部品です。

・竪樋(たてどい)
集めた雨水を地上に流す樋です。

・止まり
軒樋の端部分に使用するキャップのような役割の部品です。

・寄枡
2本の竪樋を寄せて排水を集める部品です。

・エルボ
外壁の曲がりに沿わせて竪樋を曲げるための部品です。

・呼び樋
集水器から竪樋につながり、竪樋に排水する役割の部品です。

普段はあまり気にも留めないという人もいるかもしれませんが、雨樋は様々な種類や特徴があり、家にはなくてはならないものです。自分好みの雨樋を見つけた際や、なにか雨樋に不具合を感じた際は、素材や形状などにこだわって交換を依頼してみてはいかがでしょうか。

メンテナンスのおすすめ記事

  • ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    雨漏りというと屋根が原因のように思われがちですが、ベランダやバルコニーから起こることもあるのはご存知でしょうか。放置しておくと建物の劣化を引き起こすため、早めの対策が必要です。天井のシミなどを見つけたら、まずはベランダや…

  • 外壁にカビができる原因と落とし方とは? 予防する方法も紹介

    外壁にカビができる原因と落とし方とは? 予防する方法も紹介

    家の外壁が汚れている、こすってみてもなかなかシミが落ちない……という場合、その汚れやシミの正体はカビかもしれません。そこで、そもそもなぜ外壁にカビができるのか、カビを落として再びカビができないようにするにはどうすればよい…

  • 屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    遮熱って、なに? 断熱との違いは? 今夏は記録的な猛暑となり、外出を控えたいほど暑い日が多くなっています。熱中症を防ぐためにも屋内を涼しく保つことが大切ですが、冷房のための電気料金も気になるところです。暑い夏だからこそ、…

  • 屋根のメンテナンスやリフォームをしないと、どうなるの?

    屋根のメンテナンスやリフォームをしないと、どうなるの?

    屋根のメンテナンスは雨漏りを防ぐため 屋根は日々の雨風や直射日光、また台風などから住まいを守ってくれる大切な部分です。トラブルなく快適に暮らしていくには、定期的な屋根の点検やメンテナンスが欠かせませんし、耐用年数が過ぎた…

  • 外壁塗装時に発生する臭いの対処法

    外壁塗装時に発生する臭いの対処法

    家を新築するときや外壁をリフォームするときに外壁塗装を行いますが、そこで心配になるのが臭いの問題です。外壁塗装時に気になる臭いは何なのか、身体に害はあるのか?その対策について詳しくご紹介します。 家の中が臭い!外壁塗装時…

  • DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク 自宅の外壁塗装は道具を揃えることでDIYでも行うことができます。しかし、DIYにはメリット・デメリットがあり、これらを十分に理解しておかないと後で後悔する可能性があります…

  • しっかり計画をたてよう! 戸建住宅の修繕計画の立て方

    しっかり計画をたてよう! 戸建住宅の修繕計画の立て方

    新築で購入した憧れの戸建住宅。しかし、屋根や外壁、ピカピカのキッチンやバスルームも、長い年月を重ねれば劣化は避けられません。いつまでも快適に暮らし続けるにはどうしたら良いのでしょうか。 答えは、メンテナンスやリフォームと…

  • 外壁塗装で起こる可能性のある近所トラブルとは

    外壁塗装で起こる可能性のある近所トラブルとは

    家を建てる時やリフォームの時に行う外壁塗装工事ですが、近所に配慮をしないとトラブルになることがあります。この記事では外壁塗装で起こる可能性のあるトラブルについてと、リスクを軽減するための方法を紹介します。 外壁塗装をする…

  • スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレートって、どんな屋根材? 住宅用の屋根材として広く普及しているものに人工スレートがあります。人工スレートとは、セメントと各種の繊維を混ぜ、薄く平たい板状に成型し、表面を塗装で仕上げたものです。スレートには、天然石でで…

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレートって、どんな屋根材? 住宅用の屋根材として広く普及しているものに人工スレートがあります。人工スレートとは、セメントと各種の繊維を混ぜ、薄く平たい板状に成型し、表面を塗装で仕上げたものです。スレートには、天然石でで…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ