大阪城の美しい緑の屋根をよみがえらせた、驚きの屋根修理とは

大阪城の屋根材は?

古くから、商都・大阪のランドマークであり続ける大阪城。美しい緑の屋根がそのシンボルになっていますが、この屋根は何でできているかご存知ですか?屋根材としては立派な本瓦の形状をしていますが、緑色の瓦を葺いているのでしょうか?
いいえ、実は大阪城の屋根は金属屋根なのです。それも、銅板を使った銅瓦で葺いているのです。

そう聞くと、なぜ緑色なのか疑問に思われる方もいるかもしれません。銅製品の身近なものには10円玉や銅なべがありますが、大阪城の屋根はずいぶんと違う色をしていますね。この色の違いには、銅特有の性質が関係しています。
銅本来の色は10円玉のような赤みがかった褐色です。大阪城の屋根も、銅瓦が葺かれたばかりのときは、光沢のある赤褐色できらびやかなものでした。

銅屋根が緑色になる理由

屋外に置かれた銅の表面は経年のうちに雨水により酸化し、緑色の「緑青(ろくしょう)」と呼ばれるサビが発生します。大阪城の屋根が緑色なのは、銅瓦がこの緑青におおわれているためです。

通常、金属にとってサビは劣化のサインになりますが、銅の緑青はそれとは正反対のメカニズムを持ちます。銅屋根の場合、銅瓦を葺いてからおよそ20?30年で屋根全体が緑青の皮膜におおわれるようになります。緑青は水や酸に溶けることなく、しっかりと銅表面に付着し、長年にわたり銅内部を守るのです。

このようにして大阪城の屋根は緑青によって守られているのですが、改修に際してその美しい色を保つために、驚くべき方法が使われていました。

波乱に満ちた大阪城の歴史

大阪城の屋根の修理についてお話しする前に、少しこのお城の「歴史」と「いま」に触れておきましょう。

1583年に豊臣秀吉によって創建された大坂城(※)は、外観5層の大天守に黄金の装飾をふんだんに用いた非常にぜいたくなものであったといわれています。しかし、1615年の大坂夏の陣で落城、廃墟となりました。その後、徳川幕府によって再建されますが、度重なる落雷のため、18世紀末には天守閣をはじめとする建物の大部分が焼失してしまいます。

それから長い時を経て昭和の時代に入り、大阪市民たちの寄付により大阪城が復興されることになります。豊臣時代の乏しい資料を元に、当時としては最新工法である鉄筋コンクリート造のお城が1931年(昭和6年)に竣工しました。これが現在にいたる大阪城なのですが、戦災による被害を乗り越えながらも経年による老朽化が進んだため、1995年から97年にかけ「平成の大改修」が行われることになりました。

※「大阪」の地名表記は明治以降のものですが、それ以前は「大坂」でした。そのため、明治以前に建てられた城を「大坂城」、以降のものを「大阪城」としています。

シンボルの緑の屋根を守るために

「平成の大改修」では、建物の老朽化への対応や耐震補強、屋根の修理などが施されましたが、特に屋根の修理は、既存の銅瓦の再利用を目指し繊細で丹念な作業が行われました。竣工から60年以上経過した大阪城の屋根の銅瓦には、鳥のフンが大量に付着していたのです。工業用の掃除機で吸い取れば、効率よく汚れを取れます。しかし、工業用掃除機では吸引力が強すぎて、銅瓦の表面の緑青まではがれてしまいます。

そこで、お城のシンボルである緑色を残すために、家庭用の掃除機を使って1枚1枚汚れを取り、さらに、1枚ずつたたいて形を整えていきました。その数、なんと5万枚以上。気の遠くなるような作業の末、まるでトルコ石のように美しい緑の屋根がよみがえりました。

屋根材の銅瓦は金属屋根の中でも非常に高価で、その耐用年数は100年以上といわれます。昭和の復興から約90年、「平成の大改修」から20年、大阪城の銅屋根はいまも健在です。

■この記事を読んだ方はこんな記事もチェックしています■
▼ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦
▼美しすぎる洋風建築、国宝・迎賓館をいろどる屋根材とは

屋根のおすすめ記事

  • 切妻屋根のファサードがシンボル 生まれ変わったもう1つの公会堂

    切妻屋根のファサードがシンボル 生まれ変わったもう1つの公会堂

    大阪のもう1つの公会堂? 大阪市の公会堂といえば、有名なのが、市の中心部・中之島公園に位置する中央公会堂です。「中之島公会堂」とも呼ばれ親しまれている大阪市中央公会堂は築100年を迎える、赤レンガの壁とアーチ状の銅屋根の…

  • 屋根に太陽光発電を設置する際の注意点

    屋根に太陽光発電を設置する際の注意点

    近年ではスマートハウスやゼロエネルギーハウス(ZEH)が話題となっています。また、2020年の省エネ基準適合住宅の義務化などもあり、ますます太陽光発電に注目が集まっています。ここでは、太陽光発電を設置できる屋根の種類やメ…

  • 台風前に対策しよう!強風で屋根が飛ぶ前にしておくべきこと

    台風前に対策しよう!強風で屋根が飛ぶ前にしておくべきこと

    強風が原因で屋根が飛ぶ、ということがあります。気象庁の「風の強さと吹き方」の定義によると平均風速が15m/s(風に向かって歩くのが困難な状態)を超えると屋根被害の可能性が現れ始めるとされています。また、平成3年の台風19…

  • 屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    外観イメージを左右する屋根の色 屋根の塗替えリフォームをすることになったら、どのように色を選べばいいのでしょう? 屋根は外壁とともに、住宅の外観イメージを構成する主要な部分。屋根の色選びによって、家の見た目は大きく変わり…

  • 屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    東京駅の屋根に注目 日本の首都・東京の玄関といえる東京駅。保存復原プロジェクトにより、2012年に丸の内駅舎が創建当時の姿を取り戻しました。国の重要文化財でもある駅舎ですが、駅として日々機能しながら、観光スポットとしても…

  • 火災保険が使えるって本当? 火災保険で屋根工事を行う方法とは

    火災保険が使えるって本当? 火災保険で屋根工事を行う方法とは

    住宅ローンを組む際に加入義務があったため火災保険に加入している、という方も多いでしょう。実はこの火災保険、火災が起きたときだけに利用できる保険ではないのです。場合によっては火災保険を使って屋根工事を行うこともできます。こ…

  • 屋根勾配って、どうやって決めるの?

    屋根勾配って、どうやって決めるの?

    屋根における重要な要素 屋根は住宅の外装の大きな面積を占める部分です。そのため、その形状や材質は家の外観イメージ並びに住宅の性能に大きく影響します。屋根には形状、軒の出幅といった要素がありますが、特に重要な要素が勾配(屋…

  • こまめな屋根塗装を!直射日光がスレート屋根に与える影響

    こまめな屋根塗装を!直射日光がスレート屋根に与える影響

    メンテナンスが欠かせないスレート屋根 スレートは現代の多くの住宅に使用されている薄い板状の屋根材です。粘板岩を加工した高価な天然ものもありますが、一般的には薄型化粧スレートとも呼ばれるセメントに繊維素材を混入したものが住…

  • 屋根や外壁に生じるシミ、カビ対策はしっかりと

    屋根や外壁に生じるシミ、カビ対策はしっかりと

    屋根や外壁のシミ、カビの放置は厳禁 春風が気持ちいいシーズンになりました。梅雨を前にしたこの時期、衣替えや虫干しをされるご家庭が多いと思います。高温多湿の日本で1年を快適に暮らすための知恵ですね。 せっかくですから、この…

その他のおすすめ記事

  • 屋根

    屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

    屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

    台風シーズンの後の大切なこと ここ数年、台風が大型化し、その被害も大きくなりがちです。雨風から住まいを守る役割を持つ屋根は台風の被害を最も受けやすく、それだけにデリケートな部分です。台風シーズンが過ぎた後、大きな被害はな…

  • メンテナンス

    現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    雨漏りや湿気が家の大敵なのは、どうして? 梅雨の時期は、どうしても湿度が高くなります。 また、雨漏りも気になるもの。現代の住宅では、湿気や雨漏りは建物に大きなダメージを与える可能性がある大敵です。 その理由は、断熱と気密…

  • リフォーム

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    「家の顔」づくりに大切なスペース 洗濯物やふとんを干したり、エアコンの室外機置き場として、また植木鉢を置いてガーデニング気分を楽しむなど、ベランダは日々の暮らしに欠かせないスペースです。戸建住宅のベランダを安全に維持して…

  • リフォーム

    清潔でおしゃれなトイレにするためのリフォームとは

    清潔でおしゃれなトイレにするためのリフォームとは

    トイレのリフォームで大切なことは 住まいの中でもトイレは小さなスペースですが、家族みんなにとって欠かせない場所です。また、お客様が使うこともあるでしょう。したがって、いつでも清潔にしておきたいですし、ちょっぴりおしゃれだ…

  • リフォーム

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    修繕計画を立てて効率よいメンテナンスを 日銀のマイナス金利政策の影響で、預金利息がほぼ0%になっています。貯めて増やすのがむずかしい時代になりましたが、ご自宅の修繕資金は計画されていますか? うちは戸建てなので、マンショ…

  • 屋根

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    姫路城の屋根の色は白? それともグレー? 国宝であり、日本で初めての世界遺産である姫路城は、白鷺城(はくろじょう、しらさぎじょう)とも呼ばれ親しまれてきました。そう呼ばれるゆえんは、天守群のシルエットが、まるで鳥のシラサ…

  • 屋根材

    快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な室内空間づくりで大切なこと 室内の壁と天井は住まいの大きな面積を占める部分ですから、どのような質感や色に仕上げるかで内装のイメージは大きく変わります。また、使用する壁材や天井材の種類によっては室内環境にも影響します…

  • ライフスタイル

    湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    収納にはしっかりと湿気対策を 高温多湿の日本で快適な住まいをつくるには、湿気対策が重要になります。それは、居室だけではなく、収納についてもいえることです。家の中には、ふだんあまり開け閉めすることがない収納スペースもあるか…

  • 屋根

    驚きの「屋根」活用術

    驚きの「屋根」活用術

    屋根を有効スペースとして考える ぽかぽかと暖かい陽気の日が増えました。気候の良い日には、アウトドアライフを楽しみたいですね。出かけることなく、自宅の庭で子供たちを思い切り遊ばせたり、ガーデニングやバーベキューなどができれ…

  • 屋根

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    屋根ってメンテナンスが必要なの? ここ数年、中古住宅のリフォームやリノベーションが増えています。これからは、1度建てた住宅を長く大切に維持していく傾向にあるようです。 マイホームを長持ちさせ、いつまでも快適に暮らすには定…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ