使いやすい間取りでおしゃれな家に

おしゃれな家にするには間取りも重要?

家を新築したりリノベーションすることになったら、訪れた人がほめてくれるようなおしゃれな家にしたいですね。内外装のデザインはもちろん、壁紙や床材なども気になりますが、おしゃれな家づくりには間取りも重要です。間取りとは、建物内の部屋や区画・設備配置のことをいいます。

間取りは家の中での移動や家事のしやすさに大きく関わり、家の中をおしゃれに演出する上でも欠かせない要素です。例えば、内装デザインにもこだわり広々としたワンルームのリビングダイニングにしたのに、なんとなく片づかない、玄関に入ると生活感のあるリビングがすぐに目に入ってしまう…。こんな場合は間取りに問題があり使いづらい配置になっていることが多く、逆に、使いやすい間取りの家はおしゃれな演出もしやすいのです。

そこで、今回はおしゃれな家にするための間取りの考え方をご紹介します。

まず、玄関とリビングを考える

まずは玄関を起点に考えましょう。来客があれば、玄関からリビングルームに通すことが一般的ですが、生活感を見せたくないというお宅も多いでしょう。特にリビングにダイニングやキッチンもつなげるのであれば、リビングを玄関側に配置し、リビングとダイニングの間に可動式の間仕切りを設置すれば、必要に応じて部屋を仕切ることができるので便利です。

また、来客の多いお宅なら、家族でくつろぐリビングルームとは別に、玄関近くに第2のリビングをつくることを考えてもいいでしょう。もしくは、玄関からはリビングやダイニングが見えないようにし、玄関土間やホールを小さなテーブルと椅子を置けるくらいの広さにして、ちょっとした応接スペースにする方法もあります。

第2のリビングや玄関の応接スペースは、空間をプライベートとパブリック(来客用)に分ける考え方です。これなら来客用スペースには置きたいものだけを置くことができ、装飾や片づけもしやすいですね。

廊下のない間取りの注意点

近年は、居室の面積を広く取るためにできるだけ廊下をつくらない家が増えつつあります。こうした間取りでは、リビングルームに階段があったりトイレや洗面などの水回り設備が接することも多くなります。来客中やくつろぎたいときに、誰かがリビングを横切ってトイレや階段へ行き来すると落ち着きませんし、音や臭いが気になることも。

廊下のないリビング中心の間取りでは、家族の生活動線をよく確認し、階段と水回りは来客やくつろぎスペースのじゃまにならない配置にしたいものです。

収納の場所にも気をつけよう

おしゃれな家づくりでは、収納の容量に加え場所も重要です。なんとなくモノが片づかず雑然としていると、おしゃれな内装デザインにしても引き立ちません。特に家の中でいつもすっきりと片づいていてほしい場所といえばリビングルームと玄関だと思いますが、逆にいえば雑多なモノがあふれやすい場所でもあります。

帰宅後、玄関からすぐにリビングルームに入ることが多ければ、玄関とリビングを結ぶ動線上にじゅうぶんな容量の収納をつくりましょう。リビングによけいなモノを持ち込まずに済みますし、リビングに面した位置に収納をつくれば、急な来客のときにもサッと片づけることができます。また、玄関土間に収納力のあるシューズインクロゼットをつくるのもおすすめ。靴はもちろん、上着やバッグなども収納してから家に上がれます。

こうして収納の配置にも気を使うことで、家の顔である玄関やリビングをいつでもすっきりとおしゃれにしておくことができます。

■この記事を読んだ方はこんな記事もチェックしています■
▼おしゃれな家にするために リビングの間取りとインテリアづくりの注意点
▼個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

ライフスタイルのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

すべてライフスタイル屋根リフォーム屋根材メンテナンス耐震

▲ページトップ