屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

おしゃれな家は屋根がポイント?

「おしゃれな家を建てたい!」と思ったら、何を参考にすればいいのでしょうか。まずは建築の歴史に残るおしゃれな住宅を見ることをおすすめします。とりわけ1920年代に成立したモダニズムと呼ばれる時代の建築家の作品には、いまの時代にも通用するモダンでスタイリッシュな住宅も少なくありません。

家の外観デザインは主に屋根と外壁によって構成されます。特に屋根は家の表情をつくる重要な要素ですが、モダニズム建築には屋根が特徴的な住宅がよく見られます。今回は、そうした住宅の中から、現代のおしゃれな家づくりの参考にしたくなる2つの作品をご紹介します。

屋根勾配がつくる家の表情

最初にご紹介するのは、1925年から26年にかけて横浜市山手町に創建された「エリスマン邸」です。「現代建築の父」と称されるチェコ出身の建築家アントニン・レーモンドの設計により、当初は、貿易商社で働くスイス出身のフリッツ・エリスマン氏の住居として建設されました。創建された当時のエリスマン邸は、木造2階建てで和館つき、屋根はスレート葺き、1階の外壁は羽目板張り、2階は下見板張りでしたが、現在は和館を除く部分が横浜市の元町公園内に再現されています。

エリスマン邸の外観デザインを見ると非常にすっきりとしたシンプルな印象を受けますが、これは、伝統的な意匠を重んじるモダニズム以前の洋館建築とは一線を画すスタイルとなっています。特に、そのイメージを強調しているのが、ゆるい勾配のスレート屋根でしょう。控えめといっていいほどシンプルなエリスマン邸の屋根ですが、水平線を強調した軒や2階と1階で方向を変えて張られた羽目板の外壁、よろい戸などとの組み合わせで、表情豊かな外観をつくり出しています。

屋根の印象を決めるのは

屋根の印象は形状や色によってつくられますが、傾斜の度合いである屋根勾配によっても大きく影響されます。屋根勾配が急になると、屋根の面積は大きくなり、全体に占める屋根の存在感も強くなるのです。屋根勾配がゆるいと逆のイメージになります。エリスマン邸の屋根が控えめな印象を受けるのは、落ち着いた色使いもありますが、その勾配も影響しているといえます。

さて、次にご紹介するのは、同じく木造のモダニズム住宅の1つですが、こちらは大きな屋根がシンボルの「前川國男邸」です。この住宅は、日本の近代建築の発展に貢献した建築家、前川國男の自邸として1942年、東京都品川区に建てられました。現在は東京都小金井市の江戸東京たてもの園で見ることができます。

前川國男はフランスで「モダニズムの巨匠」ル・コルビジェに師事した後、日本で開設されたレーモンドの設計事務所で働き、その後、独立して自身の事務所を立ち上げました。その事務所の所員であった崎谷小三郎が、前川邸の設計を担当しています。

存在感ある和のイメージの大屋根

前川邸の外観の最大の特長は、なんといっても、存在感のある大きな切妻屋根でしょう。それほど急な屋根勾配ではありませんが、軒も深く、大きく住まいを包み込むように感じられます。頂点から軒にかけて屋根の両端部に取り付けた破風板(はふいた)が軒に向かうほど幅広になっているのも印象的です。これは、伊勢神宮からインスピレーションを得たものだといわれています。

全体として和のイメージが強い前川邸ですが、現代の和モダンに通じるセンスが感じられます。モダニズムの旗手と呼ばれた建築家の自邸が日本の伝統イメージを取り入れたものであったのは非常に興味深いですね。

■この記事を読んだ方はこんな記事もチェックしています■
▼アルベロベッロと白川郷 異なる屋根材のとんがり屋根の意外な関係
▼家を建てるなら、知っておきたい屋根材と屋根勾配の関係

ライフスタイルのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • 屋根材

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    ユニークな異人館 異国情緒ただよう神戸市北野地区の異人館街には、歴史ある美しい洋館が立ち並びます。これらの洋館が異人館と呼ばれるのは、幕末や明治時代以降に欧米人の住居として建てられたためです。北野の異人館には、贅を尽くし…

  • 屋根材

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    金属瓦は現代の屋根材? 日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。 ガルバリウム鋼…

  • メンテナンス

    外壁塗装で起こる可能性のある近所トラブルとは

    外壁塗装で起こる可能性のある近所トラブルとは

    家を建てる時やリフォームの時に行う外壁塗装工事ですが、近所に配慮をしないとトラブルになることがあります。この記事では外壁塗装で起こる可能性のあるトラブルについてと、リスクを軽減するための方法を紹介します。 外壁塗装をする…

  • ライフスタイル

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    美しい街並を作り出すものとは ぬけるような青い空に映えるオレンジ色の屋根と白い壁の家並、??そんな南欧の街並にあこがれる人は少なくないでしょう。地中海の青い空と美しいコントラストを作り出している屋根はテラコッタと呼ばれる…

  • ライフスタイル

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールという考え方 家は快適に暮らすための場所であるのはもちろんですが、住む人のセンスやライフスタイルを表現できる場でもあります。おしゃれな家づくりをするなら、内装から外観までトータルにコーディネートしたいもので…

  • ライフスタイル

    外国風の住宅にするコツ

    外国風の住宅にするコツ

    外国風の住まい作りのポイントは日本との違い 海外の映画やドラマに出てくるインテリアにあこがれる人は少なくないと思います。自宅をリフォームすることになったら、外国風のおしゃれな住まいにしたいと思う人もいることでしょう。その…

  • リフォーム

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    住まいの断熱って、どんなもの? 木枯らしが吹く季節になってくると、家の中で暖かく過ごしたいと思う一方、暖房コストも気になりますよね。「家の中がなんだか寒い。暖房が効きにくい。」、そんなふうに感じることがあれば、実は住まい…

  • 屋根

    急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    人気の北欧デザインって、どんなもの? 少し前から、日本では北欧デザインの家具や雑貨が人気です。北欧デザインとは、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドといった北欧諸国のデザインの総称で、世界的な評価も高く、家…

  • メンテナンス

    外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁の塗装メンテナンスが必要な理由 ご自宅の外壁が色あせてきたり、汚れが目立ってきたりすれば、それは塗替えメンテナンスが必要なサインかもしれません。外壁は、屋根とともに住まいを雨風や直射日光から守ってくれる大切な部分。外…

  • リフォーム

    リフォームが必要?知っておきたい屋根・外壁のお手入れ

    リフォームが必要?知っておきたい屋根・外壁のお手入れ

    家の状態を長く良好に保つためにできること 新築から数年経ったわが家の屋根や外壁が汚れてきたら、どうすればいいのでしょう。外にさらされている部分だから、多少の汚れは仕方ないでしょうか。 いいえ、その汚れは屋根や外壁リフォー…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ