屋根のメンテナンスやリフォームをしないと、どうなるの?

屋根のメンテナンスは雨漏りを防ぐため

屋根は日々の雨風や直射日光、また台風などから住まいを守ってくれる大切な部分です。トラブルなく快適に暮らしていくには、定期的な屋根の点検やメンテナンスが欠かせませんし、耐用年数が過ぎた屋根は葺き替えなどのリフォームが必要です。では、なぜ、屋根のメンテナンスやリフォームが必要なのでしょうか。

屋根の定期的なメンテナンスを怠った場合、雨漏りなどの問題が発生する可能性があります。実際に問題が発生しないとメンテナンスの必要性を感じにくいと思いますが、気づいた時にはすでに深刻な事態になっていることも少なくないので、日ごろからの屋根の点検、メンテナンスが重要になるのです。

そこで、屋根メンテナンスやリフォームの重要性を意識するためにも、雨漏りがどのようなトラブルにつながるか知っておきましょう。

雨漏りが家を壊す!?

家の外側から入り込んだ雨水はいろんな経路をたどって家の中につたってきます。例えば、屋根の下地の傷んだ箇所などから雨水が入り込んだ場合、天井にシミとなって表れることがあります。これは、屋根から天井まで雨水の通った場所は濡れているということです。また、雨漏りが起きるのは、家の中に入り込んだ雨水を建物が吸収しきれなくなったからです。雨漏りを発見した時点で、すでにある程度、建物に雨水がしみ込んでいると考えられます。

当然ながら、水がしみ込んだり、濡れた部分は腐食しやすくなります。これが柱や梁(はり)などの構造や土台部分に及ぶと、家の強度を落とすことになり、最悪は地震の際などの倒壊につながります。

・電気系統へのダメージも
雨漏りによる水は天井裏や壁の内部・表面を通ることも少なくありません。その際、電気の配線や設備を濡らすと、漏電する恐れがあります。漏電は火災につながりますし、ショートを起こし家電が故障することもあり得ます。

・湿気がシロアリ被害を招く
家の中で雨漏りがあると、湿気が発生しやすくなります。こうした湿度が高く、うす暗い場所を好むのが、木造住宅の大敵、シロアリです。つまり、雨漏りは木材を食べるシロアリを呼びよせ、その被害も発生させる可能性があるのです。構造や土台などの部分にシロアリ被害があると、建物が倒壊しやすくなります。

・住人の健康も心配に
さらに、家の中が湿気の多い状態では、建材である木材をはじめ、家の中に保管している食品や衣類などにカビが発生しやすくなります。カビは、アレルギーなどを引き起こしますし、エサとしてダニを招くことになり、住人の健康への影響も心配されます。

以上のようなトラブルが自宅に起きたら、大がかりな工事が必要になりますし、最悪は建替えということもあり得ます。それだけに費用も多大になるでしょう。雨漏りを防ぐことは、こうした深刻な事態を防ぐということです。

また、屋根の点検・メンテナンスの時期や耐用年数は屋根材により異なります。屋根の専門業者と相談の上、自宅の屋根材にあった定期点検・メンテナンスを欠かさないようにしてくださいね。

■この記事を読んだ方はこんな記事もチェックしています■
▼屋根や外壁に生じるシミ、カビ対策はしっかりと
▼住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

メンテナンスのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

すべてライフスタイル屋根リフォーム屋根材メンテナンス耐震

▲ページトップ