初めてのリフォームを成功させるために

リフォームって、どうするの?

気に入って購入したマイホームも、何年か暮らすうちに修繕や変更したい箇所が出てきます。そこで、リフォームを検討することになりますが、初めての場合は、どこ(誰)に依頼すればいいのか、どのように進めればいいのか、わからないという人が大半でしょう。

実は、リフォームには工事を依頼する前から工事完了までの間に意外と多くのステップがあります。予算オーバーなどのトラブルを防ぎ、リフォームを成功させるためには、この各ステップを抑えておくことが大切です。

リフォーム全体の流れとは

初めてのリフォームをスムーズに行うために、全体の流れと各ステップを知っておきましょう。

1)リフォームの要望や目的、場所、期限などをまとめる
現在の住まいへの不満や要望を元に、家族で話し合いながら、どこをどのように、いつまでに変更/改善したいのかはっきりさせましょう(例えば、お風呂が古くなったから新しくしたい、できれば、浴室乾燥機も付けたいなど)。リフォームしたい場所が複数ある場合は優先順位も決めておきます。

2)情報収拾をする
リフォームの要望に合わせ、情報を集めます。インターネットや雑誌、リフォーム業者のパンフレットなどから、イメージに近い画像や写真を集めれば、要望をより具体的にするのに役立ちます。また、ネットでは、業者ごとの得意分野やデザインのテイスト、費用の相場なども調べておきましょう。

3)おおよその予算を決める
リフォームに使えるおおよその予算を決めましょう。いくらまで使えるか上限を決めておけば、大きな予算オーバーを防げます。ローンを考えている場合は、金融機関のホームページなどで毎月の返済額と利息額をシミュレーションすれば上限の目安になります。

4)リフォーム業者を探す
工事を依頼する業者を探します。2)で調べた情報を元に、リフォーム専門会社の他に、ハウスメーカー、工務店、設計事務所(建築家)など、さらに詳しく各社の施工事例などを見ていきましょう。その上で、依頼先の候補を3社程度にしぼり込みます。

5)見積もりを依頼・検討する
依頼先候補の業者に見積もりを依頼します。(リフォーム予定の)家の図面を用意し、予算や要望はできるだけ具体的に伝えましょう。見積もりは基本設計(プラン)とともに上がってきます。各社の見積もりとプランを比較検討することになりますが、金額に加え、工事の内容、使用する材料や設備、工期などを確認しながら比較します。

6)リフォーム業者を決めて契約する
依頼する業者が決まれば、詳細な打ち合わせをしましょう。打ち合わせを重ねるうちに、最初の見積もりやプランが変更されることも少なくありません。工事の追加や変更による予算オーバーを防ぐために、見積もり金額とプランの詳細、工期、追加・変更の対応、アフターサービスなどについて確認し、納得した上で、工事の契約を交わしましょう。契約は書面にすることをおすすめします。

7)工事の着工
リフォーム業者から工程表をもらい、工期についての説明を受けると、工事が始まります。着工前に、工事中の責任者の連絡先や近隣への対応、職人さんへの差し入れが必要かどうかも聞いておきましょう。工事中はプラン通りに工事が行われているかどうか確認し、気になることがあれば、責任者に連絡します。

8)工事の完成・引き渡し
工事が完了したら、担当者立ち会いの上で不備がないかチェックをし、カギなどを受け取り、引き渡しとなります。このとき、保証書を出す業者もあります。

■この記事を読んだ方はこんな記事もチェックしています■
▼リフォームのトラブル事例集
▼リフォームのトラブルを少なくする「動線計画」って、なに?

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

すべてライフスタイル屋根リフォーム屋根材メンテナンス耐震

▲ページトップ