リノベーションの予算はどう考えればいい?

リノベーションは大きな買い物

既存の住宅の内外装や設備を一新し、新築同様かそれ以上の状態に改修するリノベーション。新築よりも割安な費用で済むこともあり、近年注目されています。「古くなってきたわが家を住みやすく手直ししたい」「中古住宅を購入して思い通りの家づくりをしたい」といった欲求からリノベーションを検討する人は少なくないと思いますが、新築に近い大規模な工事になるため、大きな「買い物」であることには変わりません。
予算オーバーを防いで、限りある予算の範囲内で希望通りに家づくりを成功させたいものです。そのためには、リノベーションの予算についてどう考えればいいのでしょうか。

リノベーションの相場は?

リノベーションを思い立ったら、まずは費用の目安になる相場が知りたいものです。しかし、実はリノベーションでは、この相場を知るのが難しいのです。というのも、建物の劣化具合と、どこにどれくらい手を入れるかでコストが大きく変わってくるからです。

特に戸建住宅の場合は、専有部分のみ工事するマンションとは違い、「同じ状態の家は2軒とない」といわれるように、内外装や土台、エクステリアなどすべてを含めた建物の傷み具合がそれぞれの家によって違います。また、どのような材料を使って、どのように施工するかでもコストは変わります。例えば内装の壁仕上げでいえば、クロス(壁紙)仕上げの場合、壁紙のグレードによってコストが変わるのは当然ですが、塗り壁にするとクロス仕上げ全般よりも割高になります。

このようなことから、リノベーションの予算を固めていく上で大切になるのが、建物の状態(劣化具合)をできるだけ正確に把握することと、リノベーションへの要望や希望・こだわりをはっきりさせることです。建物の状態については、工事を依頼する業者に事前に調査をしてもらうことができます。リノベーションへの要望などについては、家族でよく相談しリストアップしましょう。その上で、リストの項目に優先順位をつけていくことをおすすめします。

優先順位をはっきりさせよう

予算をより具体的にするためにも、リノベーション業者に見積もりを出してもらいましょう。見積もり依頼をする際には、家族でまとめたリノベーションへの要望や希望・こだわりをしっかりと伝えることが大切です。

上がってきた見積もりが予算を超えている場合は、削れるものやコストダウンできるものがないか業者と相談します。ここで役に立つのが、リノベーションへの要望リストの優先順位です。要望やこだわりの優先順位がはっきりしていると業者との打ち合わせもスムーズになります。

「定価制」という選択肢も

近年は「定価制」リフォームやリノベーションをうたう業者が増えています。定価制リフォーム・リノベーションとは、坪あたりの単価や面積ごとに価格を決めて工事をするシステムのことです。これには標準装備として使う建材や設備のグレードの範囲が決まっていて、費用がわかりやすいというメリットがあります。

一方、戸建住宅のリノベーションでは、構造や外装、土台、エクステリアにまで手を入れることが多いため、こうした部分のどこまでが「定価」に含まれるのか、よく確認することが必要です。また、定価制とはいえ、契約後に工事の変更や材料・設備のグレードアップなどをした場合、追加料金が発生するのが一般的です。どのような場合に追加料金が発生するのか、事前に確認しておきましょう。

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

すべてライフスタイル屋根リフォーム屋根材メンテナンス耐震

▲ページトップ