屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

屋根はいつか「葺き替え」が必要に

家は長年にわたって住み続けるもの。戸建住宅でいつまでも快適に暮らしていくには、内外装や設備の適切なメンテナンスやリフォームが欠かせません。住まいの快適さを支えるのは住宅の性能ですが、住宅性能を維持する上で重要になるのが屋根です。

住宅の屋根は、屋根材の種類などにより維持メンテナンスの方法や耐用年数が異なりますが、いずれも耐用年数を過ぎた場合は「葺き替え」、つまり新しい屋根に交換する必要があります。とはいえ、住宅オーナーにとって屋根の葺き替えは数十年に1度のこと。屋根業者などに葺き替えのリフォームを勧められても、何をするのかピンとこない人の方が多いでしょう。

そこで、今回は屋根の葺き替えについての基礎知識をお届けします。

屋根の構造を知ろう

屋根の葺き替え時期と工法は屋根材によって異なります。また、屋根材だけでなく、その下地の傷み具合によっても工事の内容が変わるので、まずは屋根の構造について知っておきましょう。屋根には、一般的に、下部から順に次のような材料が重ねて設置されています。

・野地板:ルーフィングや屋根材を固定するための土台となる板で、小屋組(屋根を支える骨組み)の構造材である垂木(たるき)の上に設置する

・ルーフィング:アスファルトを主原料とする防水シート

・仕上げ材:瓦やスレートなどの屋根材

では、次に屋根材の種類別に葺き替えの時期や工法を紹介しましょう。ここでは、住宅の屋根材として一般的な瓦と人工スレート(以下スレート)のケースをまとめます。

瓦屋根の葺き替え

瓦の耐用年数は40年以上と非常に長いのですが、ルーフィングや野地板はそれよりも早く劣化します。そのため、新築から20?30年で葺き替えを検討することが必要です。瓦屋根の葺き替えには、次の2通りの工法があります。

・葺き直し:既存の瓦を再利用する方法。ルーフィングなどの下地が劣化しているが、瓦には問題がない時に行う。

・葺き替え:既存の瓦を全て撤去し、新しいものに交換する。状態に応じてルーフィングや野地板も交換。耐震性を考慮するなら、瓦よりも軽いスレートやガルバリウム鋼板に変更することも可能。

瓦は耐久性の高い屋根材なので、既存の瓦を再利用する「葺き直し」で済むのか、それとも「葺き替え」で全てを新調するのか、見きわめが重要になります。

スレート屋根の葺き替え

スレートの耐用年数は20?25年といわれています。スレートは防水性を維持するために10年に1度は塗り替えメンテナンスが必要ですが、耐用年数が過ぎると塗り替えをしても防水性は回復しないので、葺き替えをすることになります。スレート屋根の葺き替えは、大きく分けて次の2つの工法になります。

・葺き替え:既存のスレートを全て撤去し、新しいものに交換する方法。劣化の具合に応じてルーフィングや野地板も交換。スレートよりも軽いガルバリウム鋼板に変更することも可能。

・カバー工法:古いスレートを撤去せずに、上から軽いガルバリウム鋼板などの屋根材をかぶせて設置する。スレートの上に直打ちする方法と、スレートの上に野地板を敷いてから葺く方法の2パターンがある。廃材が少なく、古い屋根材の撤去費用も抑えられるといったメリットがあるが、ビスを打つため、粉塵対策は必要。また、野地板の劣化具合や建物の耐震性によっては施工できないことも。

屋根の葺き替え時期は、そのまま屋根材の耐用年数でもあるので、新築の際の屋根材選びの参考になります。比較的新しい屋根材で、近年普及が広がるガルバリウム鋼板は、瓦やスレートからの変更も可能です。ガルバリウム鋼板の耐用年数は、グレードや環境にもよりますが40年程度といわれています。

メンテナンスのおすすめ記事

  • 外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討したいのは、汚れにくい外壁塗装選びです。汚れにくい外壁塗装を選ぶことで、メンテナンスや清掃の手間を減らして長く快適な状態をキープできます。外壁が汚れる、または汚れて見える理由を解き明かし、汚れにくく…

  • 外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は家を守るためにも一定周期で行う必要がありますが、その塗装を長持ちさせるためには適した季節に塗装作業をすることが大切です。そこで、塗装に適した季節はいつ頃なのか、雨の日に塗装はしてもよいのか、その場合作業…

  • 雨樋にも種類があるって本当? 代表的な雨樋の種類と特徴

    雨樋にも種類があるって本当? 代表的な雨樋の種類と特徴

    雨樋にもいろいろな種類があり、それぞれに違った特徴があることをご存知でしたか?実は雨樋はデザインで選択することもできるほど様々な形・材質のものがあります。ここでは代表的な雨樋の種類と特徴についてご紹介しますので、交換時の…

  • 家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    シロアリは木造住宅にとって大敵です。シロアリが発生してしまうと家の土台や根太(ねだ)なども浸食されますし、放置しておくと被害は拡大します。ここでは、木造住宅の天敵とも言えるシロアリへの対策についてご紹介しますので、被害を…

  • こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

  • 外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁の塗装メンテナンスが必要な理由 ご自宅の外壁が色あせてきたり、汚れが目立ってきたりすれば、それは塗替えメンテナンスが必要なサインかもしれません。外壁は、屋根とともに住まいを雨風や直射日光から守ってくれる大切な部分。外…

  • 屋根のメンテナンスやリフォームをしないと、どうなるの?

    屋根のメンテナンスやリフォームをしないと、どうなるの?

    屋根のメンテナンスは雨漏りを防ぐため 屋根は日々の雨風や直射日光、また台風などから住まいを守ってくれる大切な部分です。トラブルなく快適に暮らしていくには、定期的な屋根の点検やメンテナンスが欠かせませんし、耐用年数が過ぎた…

  • 油断は禁物! ゲリラ豪雨で雨漏りしてしまう前にやっておくべきメンテナンス

    油断は禁物! ゲリラ豪雨で雨漏りしてしまう前にやっておくべきメンテナンス

    近年、「ゲリラ豪雨」と呼ばれる局地的な集中豪雨が多くなりました。ゲリラ豪雨は、予期しないときに突然、せまい範囲に集中的に降る激しい雨のことで、住宅などに大きな被害をもたらすこともあります。 ゲリラ豪雨だけでなく、日本は梅…

  • 葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    どんなに小まめに掃除をしている家でも、年月が経過すれば劣化してしまうもの。特に、雨や風、雪や紫外線などから私たちの暮らしを守ってくれている“屋根”は大きなダメージを負うことになります。 ちょっとした色あせ程度であれば塗装…

  • 外壁の塗装メンテナンスって、どんなことをするの?

    外壁の塗装メンテナンスって、どんなことをするの?

      外壁メンテナンスの基本とは わが家でいつまでも快適に暮らすためには、適切にメンテナンスを行って家を良好な状態に保つことが欠かせません。特に戸建住宅の場合は、雨風から直接住まいを守ってくれる外装のメンテナンス…

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    外壁の塗装メンテナンスって、どんなことをするの?

    外壁の塗装メンテナンスって、どんなことをするの?

      外壁メンテナンスの基本とは わが家でいつまでも快適に暮らすためには、適切にメンテナンスを行って家を良好な状態に保つことが欠かせません。特に戸建住宅の場合は、雨風から直接住まいを守ってくれる外装のメンテナンス…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ