収納のリフォームトラブルを防ぐには

使いやすい収納をつくるには

何かとスペースが限られる日本の住宅事情では、収納に悩むご家庭は少なくないと思います。自宅をリフォームするのなら、後になって「収納が足りない」「なんとなくクローゼットが使いにくい」といったことは避けたいもの。とはいえ、単純に収納を多くつくったからといって、必ずしも使いやすいとは限りません。

使い勝手がよく、十分な容量のある収納をつくるには、事前のプランニングが重要になります。収納のリフォームトラブルを防いで、家中をすっきりと整理整頓するためのプランニングの方法をお教えします。

3つのステップで考える収納プラン

効率のよい収納づくりのポイントは以下の2点です。
・みんなで使うものを含めて家族全員の持ち物を把握する
・使うものは使う場所にしまう

これらのポイントを抑えながら、ステップごとに収納づくりのプランニングを進めていきましょう。

<ステップ1>
まず、家族それぞれの持ち物をリストアップします。紙とペン、またはスマホのメモ機能などを使って、何がいくつあるのかわかるように各自の持ち物リストをつくりましょう。家族みんなで使うもののリストアップも忘れないように。

<ステップ2>
リストアップした各自の持ち物を、下の分類例1を参考に、使用の目的別に分類します。

分類例1)

お父さん
・通勤、仕事で使う:通勤かばん、文具、ノートパソコン、スマホなど
・趣味や家で使う:スポーツ用品、書籍・雑誌類、寝具など
・衣類、靴、バッグ、ネクタイ・ベルトなど

お母さん
・通勤、仕事で使う:通勤かばん、文具、スマホなど
・趣味や家で使う:手芸・裁縫用品、書籍・雑誌類、美容家電、寝具など
・衣類、靴、バッグ、アクセサリー、化粧品など

長男(小学生)
・通学、学校で使う:通学かばん、教科書、ノート、文具、体操服など
・習い事で使う:スポーツ用品、ユニフォームなど
・趣味や家で使う:参考書、ゲーム機+カセット、雑誌、寝具など
・衣類、靴、バッグ、帽子など

家族みんなで使うものは、次のように使用頻度によって分類します。

分類例2)

・日常的に使う:デスクトップパソコン、掃除道具、アイロン、ドライヤー、タオル等のリネン類、消耗品(洗剤、トイレットペーパー等)など
・ときどき使う:来客用のイス、ホットプレートなど
・季節によって使う:扇風機、こたつ、五月人形、スキー用品など
・あまり使わない:礼服、来客用の寝具、非常持ち出し袋など

この段階で、何年も使っていないもの、必要性のないものは思い切って処分することも検討しましょう。

<ステップ3>
最後に、何をどこで使ってどこに収納するか考えます。
上記のお父さんの持ち物の例では、夜寝る前に本や雑誌を読むことが多ければ寝室に本棚がほしいですし、通勤かばんや趣味のスポーツ用品は玄関に収納できれば便利でしょう。このようにして、ステップ2で分類した各自の持ち物リストに収納したい場所を書き込んでいきます。それを家族全員と共用品の分をつきあわせると、どこにどんなタイプ・大きさの収納をつくればいいかわかります。

例えば、衣類は原則、各自の居室に収納しても、通勤・通学用のジャケットやコートなどは玄関近くに家族全員分を収納できれば便利かもしれません。また、あまり使わなくても、いざという時に必要な非常持ち出し袋は外への出入口近くに置きたいもの。こうして考えていくと、玄関付近には衣類が掛けられて、バッグ類もしまえる棚がついた大きめのクローゼットがあればいいですね。

このプランニングの手法は、リフォームトラブルを防いで効率的な収納をつくるのに役立ちます。リフォームの際は、ぜひ参考にしてくださいね。

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • 屋根

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    屋根ってメンテナンスが必要なの? ここ数年、中古住宅のリフォームやリノベーションが増えています。これからは、1度建てた住宅を長く大切に維持していく傾向にあるようです。 マイホームを長持ちさせ、いつまでも快適に暮らすには定…

  • メンテナンス

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

  • メンテナンス

    外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    最近自宅の外壁がなんだか古臭くなってきた、と感じることはあるでしょうか。もしかすると、それは塗装のチョーキング現象かもしれません。 の可能性があります。チョーキング現象という言葉は建築用語ですので、あまり聞きなじみがない…

  • 屋根材

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の優れた屋根材とは この4月から電力の全面自由化がスタートします。自由化によって事業者間で競争になれば、電気料金は安くなると思いがちですが、そうとは限りません。発電用の燃料費の変動が電気料金に大きく影響するよう…

  • 屋根

    軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    屋根は家づくりの重要ポイント 屋根は、住まいを直射日光や雨風から守ってくれる大切な部分です。屋根をどう作るかで、住宅の性能や外観のイメージにも大きく関係します。このように家づくりにおいて屋根は重要なポイントといえますが、…

  • 屋根材

    快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な室内空間づくりで大切なこと 室内の壁と天井は住まいの大きな面積を占める部分ですから、どのような質感や色に仕上げるかで内装のイメージは大きく変わります。また、使用する壁材や天井材の種類によっては室内環境にも影響します…

  • リフォーム

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    浴室の施工法の違いとは? 自宅の浴室をリフォームすることになったら、快適でくつろげる場所にしたいものですね。ところで、浴室づくりといえば、ユニットバスが主流ですが、在来工法という選択肢もあるのをご存知ですか? 既成のパー…

  • ライフスタイル

    湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    収納にはしっかりと湿気対策を 高温多湿の日本で快適な住まいをつくるには、湿気対策が重要になります。それは、居室だけではなく、収納についてもいえることです。家の中には、ふだんあまり開け閉めすることがない収納スペースもあるか…

  • ライフスタイル

    ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    外装材選びのポイントは? 建物の屋根と外壁はあわせて外装と呼ばれます。屋根の葺き替えや外壁の張り替えなど、外装の大規模なリフォームが必要になったら、また家を建てることになったら、どのような外装材を選べばいいのでしょう? …

  • ライフスタイル

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールという考え方 家は快適に暮らすための場所であるのはもちろんですが、住む人のセンスやライフスタイルを表現できる場でもあります。おしゃれな家づくりをするなら、内装から外観までトータルにコーディネートしたいもので…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ