リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

住宅の細かい不具合はリフォームのタイミングで一気に解決

住宅のリフォームをするきっかけや理由は人によりさまざま。とはいえ、戸建住宅の場合、壁紙の貼り替えや古くなったシステムキッチンやユニットバスの交換など、おおよそ10年に1度のペースでなんらかの大きな修繕や変更が必要になります。古くなった部分や設備をリフォームする場合、そのことばかりに気を取られがちですが、家全体にも目を向けてみましょう。

住宅は何年か暮らすうちに、ちょっとした不便や不具合があちこちに発生します。小さなことだけど素人では修理が難しい、かといってわざわざリフォーム業者に依頼すると費用がかさみそう……という箇所が意外とあるものです。リフォームをするタイミングで、そのような部分を洗い出し修繕や交換できそうなことは同時に済ませれば時間も費用もおトクです。

リフォームするなら、こんなところもチェック

自宅のリフォームをしたいと思ったら、次のような部分もチェックすることをおすすめします。

・建具
窓やドアなどは開け閉めの回数が多いほど早く傷みます。サッシ窓の動きがにぶい、網戸の破れ、玄関や室内ドアの蝶番やドアノブがスムーズに動かない・ゆるんでいる、ドアクローザー(ドアの上部に設置された開閉スピードを調節する器具)のタイミングがおかしい、ふすまや障子のすべりが悪いといった場合は調整や部品の交換が必要です。

・照明器具、スイッチプレート
最近はLED電球対応の照明器具が増えています。初期費用は高価ですが、寿命が長く電気代もかなり抑えられるので、内装リフォームのタイミングで、LED照明への交換を検討してもいいかもしれません。また、スイッチプレートもけっこう汚れていたりするので、壁紙を交換するなら、色や材質を合わせてこちらも交換するとすっきりします。

・水栓
水栓とは水道の蛇口やシャワーヘッドのこと。何年も使っているうちに接合部分のゴムパッキンがへたり、水が止まりにくくなります。水回りのリフォームのときには専門業者に家中の水栓のチェックをしてもらうのもいいでしょう。

・表札、ポスト、玄関灯(門灯)
古くなったり、多少キズなどがついたりしていてもそのまま使い続けていることが多いため、外壁などのリフォームのときにはいっしょに見直したい部分です。特に最近は郵便物が大型化しているので、大きめのポストや宅配ボックスへの交換・設置を検討するタイミングかもしれません。また、セキュリティに関わる玄関灯は電球切れを避けたいので、LEDタイプへの変更やセンサーライトの設置も検討したいですね。

・インターホン
屋外に設置していることから予想以上に故障しやすいのですが、故障に気づきにくい設備です。故障の原因によっては、専門業者しか修理できない場合があります。正常に作動するかチェックした上で、不具合があればリフォーム業者に相談しましょう。

住まいの総チェックをしよう

何か不具合がないか、家中をすみずみまでチェックする機会はあるようでないものです。また、実際に確認してみると意外なトラブルが潜んでいることも。なんらかのリフォームを思い立ったら、住まいの総チェックをするタイミングです。この機会を利用して住まいへの大小の不満や不便を解消することは、建物の耐用年数をのばすことにもつながります。

ただし、以上のような修理や変更のポイントは、費用に関するトラブルを避けるためにも、必ず工事前の段階でリフォーム業者と相談するようにしてください。

メンテナンスのおすすめ記事

  • 葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    どんなに小まめに掃除をしている家でも、年月が経過すれば劣化してしまうもの。特に、雨や風、雪や紫外線などから私たちの暮らしを守ってくれている“屋根”は大きなダメージを負うことになります。 ちょっとした色あせ程度であれば塗装…

  • 外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は家を守るためにも一定周期で行う必要がありますが、その塗装を長持ちさせるためには適した季節に塗装作業をすることが大切です。そこで、塗装に適した季節はいつ頃なのか、雨の日に塗装はしてもよいのか、その場合作業…

  • こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

  • スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレートって、どんな屋根材? 住宅用の屋根材として広く普及しているものに人工スレートがあります。人工スレートとは、セメントと各種の繊維を混ぜ、薄く平たい板状に成型し、表面を塗装で仕上げたものです。スレートには、天然石でで…

  • 外壁塗装時に発生する臭いの対処法

    外壁塗装時に発生する臭いの対処法

    家を新築するときや外壁をリフォームするときに外壁塗装を行いますが、そこで心配になるのが臭いの問題です。外壁塗装時に気になる臭いは何なのか、身体に害はあるのか?その対策について詳しくご紹介します。 家の中が臭い!外壁塗装時…

  • 油断は禁物! ゲリラ豪雨で雨漏りしてしまう前にやっておくべきメンテナンス

    油断は禁物! ゲリラ豪雨で雨漏りしてしまう前にやっておくべきメンテナンス

    近年、「ゲリラ豪雨」と呼ばれる局地的な集中豪雨が多くなりました。ゲリラ豪雨は、予期しないときに突然、せまい範囲に集中的に降る激しい雨のことで、住宅などに大きな被害をもたらすこともあります。 ゲリラ豪雨だけでなく、日本は梅…

  • 現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    雨漏りや湿気が家の大敵なのは、どうして? 梅雨の時期は、どうしても湿度が高くなります。 また、雨漏りも気になるもの。現代の住宅では、湿気や雨漏りは建物に大きなダメージを与える可能性がある大敵です。 その理由は、断熱と気密…

  • ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    持ち家の価値を維持するために 建築の専門家が住宅の状態を検査するサービス「ホームインスペクション(住宅診断)」が広がりつつあります。中古住宅市場の活性化を目指し、国交省もホームインスペクションを普及させる方針です。これか…

  • 外壁塗装で起こる可能性のある近所トラブルとは

    外壁塗装で起こる可能性のある近所トラブルとは

    家を建てる時やリフォームの時に行う外壁塗装工事ですが、近所に配慮をしないとトラブルになることがあります。この記事では外壁塗装で起こる可能性のあるトラブルについてと、リスクを軽減するための方法を紹介します。 外壁塗装をする…

  • ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    雨漏りというと屋根が原因のように思われがちですが、ベランダやバルコニーから起こることもあるのはご存知でしょうか。放置しておくと建物の劣化を引き起こすため、早めの対策が必要です。天井のシミなどを見つけたら、まずはベランダや…

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    雨漏りというと屋根が原因のように思われがちですが、ベランダやバルコニーから起こることもあるのはご存知でしょうか。放置しておくと建物の劣化を引き起こすため、早めの対策が必要です。天井のシミなどを見つけたら、まずはベランダや…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ