地震に強い家の条件とは

家に求められる耐震性能は?

この国で住まいについて考えるとき、避けて通れないのが地震対策です。ここ数年でも、記憶に新しい大きな地震がありました。これから家を建てたり、購入するのなら、しっかりと耐震性能を見きわめたいものですが、地震に強い家とはどのようなものでしょう?

それは耐震性の高い家ということになりますが、大きな地震が来ても倒壊することのない丈夫な建物であればよいのではなく、住む人の生命と財産を守ってくれるものでなければなりません。そのような家をつくるには、地盤や基礎から屋根まで、家の内外のいろいろなポイントごとに求められる条件があります。

地震に強い家を手に入れるために、それらのポイントごとの必要条件を知っておきましょう。

地震に強い家づくりのポイント

地震に強い住宅をつくるためのポイントをまとめると、次のようになります。

・地盤
まずは、固くてしっかりした地盤(敷地)を選ぶことが基本。地盤の強さは役所のハザードマップや地盤情報システムなどで調べることができる。軟弱地盤や液状化がある場合は、地盤改良工事が必要。

・基礎
基礎は、大きくは直接基礎と地中に杭を打ち込む杭基礎に分けられ、さらに、直接基礎には、1階の壁の下に沿って配置する布基礎と建物全体の底板一面を支えるベタ基礎がある。土地の形状(坂、造成地など)や地盤の状態、地盤改良の必要性、建物の階層などの諸条件にあわせ、どの基礎を選ぶべきか設計者や工事業者とよく相談して決める。また、建築済みの物件の場合は、これらの諸条件に適した基礎担っているか、専門家にチェックを依頼する。

・建物の形状
平面図で家全体の形を見たときに、外周の線がなるべく長方形に近いシンプルな形になっていると、ねじれるような振動にも耐えやすい。

・構造(軸組工法の場合)
柱やはりなどの構造材には太く腐食しにくいものを使用し、接合部分は金物でしっかりと緊結する。また、2階建て以上の建物の角に使う隅柱(すみばしら)は、必ず土台から最上階の軒まで継ぎ目なく通った、通し柱にする。

・耐力壁
建物全体に筋交い入りの耐力壁をバランスよくじゅうぶんに配置したいが、2階建て以上の場合は、上下階で耐力壁の位置を揃える。隅角部(建物の角)には、開口を設けないようにする。

・屋根と外壁
上空から平面的に見た屋根の形は、できるだけ凹凸のない長方形に近いシンプルな形にする。また、屋根と外壁は軽量化する。

・湿気とシロアリ対策
家の中に湿気が溜まると、柱や土台などが腐食しシロアリが発生しやすくなる。構造部などに腐食やシロアリ被害があると建物の強度が落ちるため、湿気とシロアリ対策も重要。水まわりや床下、基礎には換気口を設け、屋根裏や壁の内部にも風が通るようしておく。また、定期的に腐食やシロアリの発生を防ぐための薬品の塗布などを行う。

・内装と収納
建物内部の壁や天井の仕上げは地震の揺れで剥落しづらい仕上げにする。また、転倒した家具により下敷きになる事故や避難経路がふさがるのを避けるために、家具はなるべく造作(造り付け)にするか、しっかりと固定する。さらに、中身が飛び出さないよう、収納の扉は引き違い戸など揺れても開きにくいものにする。

新しく家を建てる際は、以上を参考に、設計者や工事業者とよく相談をしていただければと思います。建売りや中古住宅の購入を考えている場合、仲介する不動産業者を通して、これらのポイントについて確認してください。古い住宅だと、いくつかのポイントが不明といったこともありますが、その場合は、住宅履歴を取りよせる、建築士などに調査を依頼するなどして確認するようにしましょう。

耐震のおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    家づくりにとって重要な収納プラン 家を新築したり、リフォームしたりするなら、わが家のライフスタイルに合った家づくりをしたいですね。それには、ライフスタイルに合わせて機能・デザインともに暮らしやすいような内装や外装にしたい…

  • リフォーム

    リノベーションとは違う? スケルトンリフォームとは

    リノベーションとは違う? スケルトンリフォームとは

    みなさんは「スケルトンリフォーム」という言葉はご存知ですか?自由な間取りを選べて快適な住まいを作れる方法ですが、スケルトンリフォームにはリスクや注意点もあります。リノベーションとも似ていますが混同せずに正しい意味や効果、…

  • リフォーム

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    中古物件で思い通りの家づくり? ここ数年間、戸建住宅の建設費用ならびに新築住宅の価格も高止まりの傾向が続き、新築着工件数も低水準で推移しています。ただ、細部までこだわって思い通りの家を新築したい、ピカピカの新築住宅に住み…

  • メンテナンス

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    持ち家の価値を維持するために 建築の専門家が住宅の状態を検査するサービス「ホームインスペクション(住宅診断)」が広がりつつあります。中古住宅市場の活性化を目指し、国交省もホームインスペクションを普及させる方針です。これか…

  • リフォーム

    リフォームやリノベーションを予算内で納める方法って?

    リフォームやリノベーションを予算内で納める方法って?

    リフォーム・リノベーションの予算オーバーを防ごう 自宅をリフォームやリノベーションすることになったら、「理想の家づくりがしたい!」といったふうに夢が広がります。とはいえ、他の買物と同じように、リフォーム、リノベーションも…

  • 屋根材

    シンプルモダン、それとも和風? ガルバリウム鋼板でデザインにこだわる家づくり

    シンプルモダン、それとも和風? ガルバリウム鋼板でデザインにこだわる家づくり

    人気の住宅スタイル、シンプルモダンとは 住宅の建築デザインには、さまざまなスタイルがあります。いつまでも暮らしやすく、飽きのこないおしゃれなデザインの家をつくりたいと思ったら、どのようなスタイルにすればいいのでしょう? …

  • ライフスタイル

    外国風の住宅にするコツ

    外国風の住宅にするコツ

    外国風の住まい作りのポイントは日本との違い 海外の映画やドラマに出てくるインテリアにあこがれる人は少なくないと思います。自宅をリフォームすることになったら、外国風のおしゃれな住まいにしたいと思う人もいることでしょう。その…

  • 耐震

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

  • 屋根

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    住宅の外観デザインのポイントは これから家を建てることになったら、家の中も外も思い通りのデザインにしたいですね。このごろは、立地環境やライフスタイルにあわせて、住宅の外観にこだわる人が増えています。道行く人が感心するよう…

  • リフォーム

    リフォームやリノベーションの前に考えよう 使いやすいキッチンの条件とは

    リフォームやリノベーションの前に考えよう 使いやすいキッチンの条件とは

    使いやすいキッチンって、どんなもの? キッチンは家の中でも特にモノが多く、長い時間家事をする場所ですから、効率のよい空間であってほしいもの。リフォームやリノベーションをすることになった場合も、何かと要望が多くなる場所です…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ