切妻屋根のファサードがシンボル 生まれ変わったもう1つの公会堂

大阪のもう1つの公会堂?

大阪市の公会堂といえば、有名なのが、市の中心部・中之島公園に位置する中央公会堂です。「中之島公会堂」とも呼ばれ親しまれている大阪市中央公会堂は築100年を迎える、赤レンガの壁とアーチ状の銅屋根のコンビネーションが美しいネオルネッサンス様式の建物です。これに加え、この街には、もう1つ歴史ある美しい公会堂があったことをご存知でしょうか? それは、リノベーションにより結婚式場として生まれ変わった旧桜宮公会堂です。

旧桜宮公会堂は、中之島公園の北東に位置する造幣局本局北側の桜之宮公園にあります。桜之宮公園とそこへつながる大川(旧淀川)沿いの遊歩道は、春には桜並木が美しい、都会のオアシスともいえる緑ゆたかな場所。その遊歩道から公園に入ると、緑の木々の間にあらわれる石造りの建物が旧桜宮公会堂です。まず、高い6本の石柱と直線的な切妻屋根のファサード(正面玄関)が目に入りますが、その姿はまるでギリシャかローマ時代の神殿を思わせます。

明治期の建物から復元されたシンボル

もともと旧桜宮公会堂は、1935年(昭和8年)に明治天皇記念館として建設されました。
そのシンボルとなっているファサード部分は、1870年(明治3年)に建設された造幣寮(現・造幣局)の金銀鋳造所から移築されたものです。この当時、同鋳造所は築60年以上が経過し老朽化のため取り壊されることになったのですが、美しいと評判の高かった正面玄関部分は保存され、明治天皇記念館の建設時に取り付けられたのです。
また、記念館の建物全体も同鋳造所の現存時の姿に合わせて復元されました。このファサード部分は大阪府最古の洋風建築の1つであり、国の重要文化財にも指定されています。

旧桜宮公会堂の建築様式は?

このファサード部分を含めた鋳造所の設計者は、明治政府に雇用されたアイルランド出身の技師、トーマス・ウォートルス。設計にあたって、ウォートルスが採用した建築様式は、古代ローマ時代のトスカーナ式でした。このスタイルの基本となっているのが、石造りの6本の柱と銅板で葺かれたなだらかな切妻屋根です。
切妻屋根とは下記画像のような、屋根の両側が傾斜になっている、山形の形状をした屋根のことをいいます。

※画像は銅板葺き切妻屋根のイメージです。

これに加え、コーニス、ペディメントと呼ばれる部分も大きな特徴となっています。コーニスは、柱と屋根のひさしの境の水平の細長い部材で、軒蛇腹(のきじゃばら)ともいわれます。そして、ペディメントとは、切妻屋根とコーニスに囲まれた三角形の壁面です。ペディメントには彫刻などで装飾を施すことが多く、美観上とても重要な部分とされています。
まさに、ローマ神話に出てくるような、直線的な力強さと神秘的な優美さが感じられる建物です。

生まれ変わった近代化の象徴

明治の始まりは日本の近代国家へのスタートでもありました。貨幣制度の確立は近代国家に欠かせないものですから、造幣局鋳造所の建設は近代化の象徴でもあったといえます。そこで建てられた建物が、このように古典的で優美なスタイルであったとは、非常に興味深いですね。

戦後以降、この建物は「桜宮公会堂」となり、図書館やギャラリーとして使われてきましたが、2007年に閉鎖されてしまいます。しかし、それから6年後の2013年、リノベーションを経て「桜宮公会堂」は結婚式場に生まれ変わりました。平成のリノベーションでは、歴史ある建物の構造全体を残し、内装も本来のスタイルを活かした改装が行われました。

いったんは閉鎖され歴史に埋れかけた名建築が、人々の門出を祝う場所としてよみがえったのです。

屋根のおすすめ記事

その他のおすすめ記事

すべてライフスタイル屋根リフォーム屋根材メンテナンス耐震

▲ページトップ