屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

屋根のデザインと屋根材選び

住まいを守る上で屋根はとても重要なものであり、さらには住宅の外装の大部分を占めることから、外観イメージにも大きく影響します。したがって、家を建てるときに、どのような屋根にするかは大きな問題です。家は長く暮らすものですから、後悔しないよう気に入ったデザインの屋根にしたいですね。また、屋根本来の機能をきちんと活かせるようにすることも忘れてはなりません。

そこで、注意したいのが屋根材選びです。住宅用の屋根材には幾つか種類がありますが、その種類によっては、屋根の色やデザインが制限されるのをご存知でしょうか? 今回は、屋根のデザインと屋根材選びの関係についてお伝えします。

屋根のデザインを構成する要素とは

まずは、屋根のデザインを構成する主な要素を知っておきましょう。それは、この3つになります。

・色
・勾配(屋根の傾斜角度、屋根勾配とも呼ばれる)
・形状(切妻や寄棟、片流れなど屋根の形づくり方)

このうち、屋根材によって変わってくるのが色と勾配です。現代の住宅用の主な屋根材には、瓦、人工スレート(以下スレート)、金属屋根がありますが、それぞれの特徴とカラーバリエーションは次の通りです。

・瓦:粘土を成型し焼いたもので、日本の伝統的な和瓦(日本瓦)や欧米風の洋瓦がある。和瓦の色は、黒、グレー、いぶし銀、赤褐色の系統色になるが、近年はこれら以外の色も増えつつある。洋瓦は赤褐色系が中心で、南洋風の明るい色も増加中。

・スレート:セメントを主原料とした板状の屋根材。塗装製品なので、カラーバリエーションが豊富。

・金属屋根:鉄を主原料にサビにくい加工をしたガルバリウム鋼板が主流。ガルバリウム鋼板も塗装製品なので、カラーバリエーションが非常に豊富。

色数が豊富な屋根材は?

上記のように、最もカラーバリエーションが豊富な屋根材はガルバリウム鋼板になります。また、ガルバリウム鋼板とスレートは新築から一定の年数を経て塗装の塗り替えをすることになりますが、このときに色を変更することも可能です。

瓦は高級感がありますが、塗り替えの必要がないので、建築後に屋根の色を変更することはできません。

機能的にも大事な屋根勾配

屋根は勾配(傾斜)があることで雨水を流す働きをします。屋根材の種類によって必要となる傾斜の度合いが異なり、適切な屋根勾配になっていないと屋根に雨水がたまり雨漏りを起こしやすくなります。屋根勾配は急なものから順に、急勾配>並勾配>緩(かん)勾配の3つに大きく分けられます。

勾配と屋根材の関係ですが、瓦屋根の場合は並勾配以上の傾斜が必要です。これに対し、スレートとガルバリウム鋼板は緩勾配にも対応でき、特に、ガルバリウム鋼板は勾配が非常に少ない屋根にも使えます。

勾配は急になるほど屋根の面積が大きくなり、同じ色でも面積によって印象が変わります。例えば、並以上の勾配で黒など濃い色の屋根は伝統的で重厚、緩勾配でうすい色の屋根なら現代的で軽い印象になります。

和風? それとも洋風?

このことから、どのような印象にしたいかが屋根材選びのポイントといえます。また、和風住宅には和瓦、モダンな洋風住宅にはスレートがマッチしやすいなど、屋根材ごとの特徴的なイメージも参考になるでしょう。そこで、注目したいのがガルバリウム鋼板です。

ガルバリウム鋼板には、フラットな板状だけでなく、金属の加工性を活かした和瓦や洋瓦の形状の製品もあり、質感も本来の瓦に近いものになっています。色数も多く幅広い勾配にも対応できるので、ガルバリウム鋼板なら、和風・洋風問わず、とんがり屋根から平たい屋根までフレキシブルな屋根づくりが可能です。

屋根材のおすすめ記事

その他のおすすめ記事

すべてライフスタイル屋根リフォーム屋根材メンテナンス耐震

▲ページトップ