世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

京都・清水の舞台の高さは?

千年の都として栄えた古都・京都。二条城や平等院など「古都京都の文化財」として知られる17ヵ所の文化財は世界遺産にも指定されています。
そうした文化財群のなかでも、特に有名なのが清水寺です。このお寺を有名にしているのは、ことわざにもなっている「清水の舞台」とその景観をつくり出している立地といえるでしょう。

清水寺は幾つかの建物からなりますが、清水の舞台と呼ばれている部分は、本堂の前面に張り出すようにつくられています。本来は特別な法会などで観音さまに芸能を奉納するための舞台で、その面積は約190平方メートル。およそ家一軒分ほどの大きさになります。

この大きな舞台が切り立った断崖にせり出すようにつくられているのですが、これはどれほどの高さなのでしょうか?
崖下の礎石から舞台までは約12メートルですから、現代でいえば4階建てのビルに相当する高さです。山あいからこの建物を眺めると、舞台を支える柱の下の部分や礎石が木々に囲まれていることで、より高さが強調されています。また、舞台に立って景色を眺めると、まるで中空にいるかのようにダイナミックに周囲の絶景を楽しめます。

存在感あるもう1つのシンボル

このように清水寺のシンボルとなっている本堂の舞台ですが、その本堂には、もう1つ大きなシンボルがあります。それは、本堂の外観の大きな面積を占める屋根です。

その表面積は約2050平方メートル(約620坪)という非常に大きなものですが、棟(屋根の頂点)から軒先まで、なだらかな曲線で構成されています。この屋根の造りは「寄棟造り」と呼ばれ、平安時代の宮殿や貴族の邸宅の建築様式の流れをくむものです。また、屋根材には檜皮(ひわだ)が使われています。

清水寺本堂の大屋根は、特に舞台側の軒が深く作られていて、これが強い存在感となっています。清水の舞台のダイナミックな迫力はこの大屋根もあってのことといえるでしょう。

こうした特徴のある清水寺の本堂ですが、いつ頃建てられたのでしょうか?

清水寺の開創は778年。1200年もの非常に長い歴史のあるお寺ですが、1629年(寛永6年)の大火災によりほぼ全焼してしまいます。現存しているこの本堂は、その後、徳川家光の寄進により1633年に再建されたものです。

「平成の大改修」のクライマックスは

家光による再建からすでに400年近く。この間、修理がくり返されてきましたが、傷みが激しくなったため、清水寺では2008年から「平成の大改修」が行われています。2017年2月からは、そのクライマックスともいえる本堂大屋根の葺き替え工事が始まりました。

これは屋根材の檜皮を交換する工事になりますが、檜皮とは文字通り檜(ひのき)の樹皮のこと。檜皮を屋根材として加工し、屋根を葺く技術は古来より日本で独自に発達してきました。檜皮は樹齢50年から60年の檜から採取しますが、樹皮が再生されるまで8年程度かかります。このように檜皮は希少な材料であり、同じ植物性の屋根材である藁(わら)などに比べると非常に高価なため、檜皮葺きは伝統的な神社仏閣などの屋根に限られています。

先述の通り、清水寺の屋根は非常に大きなものですから、その葺き替えには大量の檜皮が必要になります。工事を運営する京都府文化財保護課では、10年をかけて全国から檜皮を集め葺き替え工事にのぞみました。

大改修工事の竣工予定は2020年3月。現在、本堂の周囲には礎石から屋根の頂上まで足場が組まれていますが、その姿も圧巻です。清水寺の次の大改修は数十年後といわれます。工事中の清水の舞台と大屋根の姿も一見の価値があるのではないでしょうか。

屋根材のおすすめ記事

  • スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根の雨漏りの意外な原因 雨の多い季節になりました。木造住宅の大敵、雨漏りをしっかり防いでいきたいものです。 雨漏りの原因といえば、屋根の瓦やスレートの破損、ズレ、または窓のサッシまわりのシーリングの劣化などが考…

  • 屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根のデザインと屋根材選び 住まいを守る上で屋根はとても重要なものであり、さらには住宅の外装の大部分を占めることから、外観イメージにも大きく影響します。したがって、家を建てるときに、どのような屋根にするかは大きな問題です…

  • 今も国宝を守る日本最古の瓦屋根とは

    今も国宝を守る日本最古の瓦屋根とは

    瓦屋根はいつからあるの? 昔からこの国で住宅に最も多く使われてきた屋根材といえば、瓦ではないでしょうか。銅やガルバリウム鋼板でできた金属瓦、最近は樹脂製の瓦などもありますが、本来、瓦とは粘土を成形し焼いたものを指します。…

  • 災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    東大に江戸時代の瓦屋根 日本を代表する最高学府、東京大学。その本郷キャンパスのシンボルとなっているのが、通称「赤門」です。江戸時代後期に建てられたものですが、もともとは何の門だったのか、ご存知ですか? 赤門は、旧加賀藩の…

  • どの素材がおすすめ? 台風に強い屋根材の選び方

    どの素材がおすすめ? 台風に強い屋根材の選び方

    建物の中でもっとも風雨の影響を受けるのは屋根です。台風が頻繁に上陸する地域にお住まいの方や、引越する予定がある方は、マイホームを守る要である屋根であり、それを構成する“屋根材”選びにも慎重にならなければいけません。台風に…

  • トタン屋根ってどんな屋根? メリットとデメリットとは

    トタン屋根ってどんな屋根? メリットとデメリットとは

    かつては日本全国の住宅で使われていた「トタン屋根」。現在ではスレートやガルバリウム鋼板を使った屋根が主流となり、その需要は減少傾向にありますが、まだまだ各地で活躍している姿を見ることができます。ここでは、そんなトタン屋根…

  • 今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    外壁サイディングってなに? 家を建てたり、外装のリフォームをすることになったら、屋根や外壁にどのような材料を使うかが大きなポイントになります。材料によって建物全体の外観イメージが大きく変わりますし、その後の維持メンテナン…

  • 洋風の瓦がある? 洋瓦の種類とメンテナンス方法

    洋風の瓦がある? 洋瓦の種類とメンテナンス方法

    瓦と聞くと古い木造住宅の屋根に使われている日本瓦をイメージするかもしれませんが、近年では洋瓦を採用した住宅が増えています。洋瓦とはどういったものなのでしょうか。ここでは瓦の一種である洋瓦の特徴や種類、メンテナンス方法など…

  • 快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な室内空間づくりで大切なこと 室内の壁と天井は住まいの大きな面積を占める部分ですから、どのような質感や色に仕上げるかで内装のイメージは大きく変わります。また、使用する壁材や天井材の種類によっては室内環境にも影響します…

  • 日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    瓦にもいろいろある? 日本の住宅地でよく見かける瓦屋根。その屋根材といえば、当然ながら昔から伝わる日本瓦を思い浮かべる人は多いでしょう。とはいえ、日本瓦によく似た「セメント瓦」という屋根材について耳にしたことはありません…

その他のおすすめ記事

  • 屋根材

    災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    東大に江戸時代の瓦屋根 日本を代表する最高学府、東京大学。その本郷キャンパスのシンボルとなっているのが、通称「赤門」です。江戸時代後期に建てられたものですが、もともとは何の門だったのか、ご存知ですか? 赤門は、旧加賀藩の…

  • メンテナンス

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    持ち家の価値を維持するために 建築の専門家が住宅の状態を検査するサービス「ホームインスペクション(住宅診断)」が広がりつつあります。中古住宅市場の活性化を目指し、国交省もホームインスペクションを普及させる方針です。これか…

  • リフォーム

    ウッドデッキも可能?ベランダをおしゃれで便利にリフォームしよう

    ウッドデッキも可能?ベランダをおしゃれで便利にリフォームしよう

    ベランダリフォームでアウターリビングに 初夏や秋口など気候のよい時期には、自然の風を家の中に上手に取り込んで快適に暮らしたいですね。家の中と外をつなぐ場所で自然の風を感じながらくつろげる、そんな「アウターリビング」という…

  • メンテナンス

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    雨どいが大切な理由 戸建住宅の屋根や外壁は住まいを雨風から守る大切な部分です。それとともに、雨水から家を守るために大きな役割をしているのが雨どいです。雨どいには屋根の付属品のようなイメージがあるかもしれませんが、十分に機…

  • 屋根材

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    いま、人気の屋根材とは 家を建てたり、屋根を葺き替えたりすることになったら、どのような屋根材を選べばいいのでしょう? 一般的な住宅用として、広く普及している屋根材のスレート。また、近年、耐震性が高く丈夫なことから人気上昇…

  • 屋根材

    シンプルモダン、それとも和風? ガルバリウム鋼板でデザインにこだわる家づくり

    シンプルモダン、それとも和風? ガルバリウム鋼板でデザインにこだわる家づくり

    人気の住宅スタイル、シンプルモダンとは 住宅の建築デザインには、さまざまなスタイルがあります。いつまでも暮らしやすく、飽きのこないおしゃれなデザインの家をつくりたいと思ったら、どのようなスタイルにすればいいのでしょう? …

  • 屋根

    軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    屋根は家づくりの重要ポイント 屋根は、住まいを直射日光や雨風から守ってくれる大切な部分です。屋根をどう作るかで、住宅の性能や外観のイメージにも大きく関係します。このように家づくりにおいて屋根は重要なポイントといえますが、…

  • 屋根

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    姫路城の屋根の色は白? それともグレー? 国宝であり、日本で初めての世界遺産である姫路城は、白鷺城(はくろじょう、しらさぎじょう)とも呼ばれ親しまれてきました。そう呼ばれるゆえんは、天守群のシルエットが、まるで鳥のシラサ…

  • 屋根材

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    現代にも通じる洋館のスタイル 「家を建てるなら、おしゃれな洋館のような建物にしたい」そう思う人は少なくないでしょう。日本に洋風建築が入って来た明治以降から昭和初期にかけ、日本で暮らす外国人や裕福な日本人の住宅として、美し…

  • 耐震

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ