世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

京都・清水の舞台の高さは?

千年の都として栄えた古都・京都。二条城や平等院など「古都京都の文化財」として知られる17ヵ所の文化財は世界遺産にも指定されています。
そうした文化財群のなかでも、特に有名なのが清水寺です。このお寺を有名にしているのは、ことわざにもなっている「清水の舞台」とその景観をつくり出している立地といえるでしょう。

清水寺は幾つかの建物からなりますが、清水の舞台と呼ばれている部分は、本堂の前面に張り出すようにつくられています。本来は特別な法会などで観音さまに芸能を奉納するための舞台で、その面積は約190平方メートル。およそ家一軒分ほどの大きさになります。

この大きな舞台が切り立った断崖にせり出すようにつくられているのですが、これはどれほどの高さなのでしょうか?
崖下の礎石から舞台までは約12メートルですから、現代でいえば4階建てのビルに相当する高さです。山あいからこの建物を眺めると、舞台を支える柱の下の部分や礎石が木々に囲まれていることで、より高さが強調されています。また、舞台に立って景色を眺めると、まるで中空にいるかのようにダイナミックに周囲の絶景を楽しめます。

存在感あるもう1つのシンボル

このように清水寺のシンボルとなっている本堂の舞台ですが、その本堂には、もう1つ大きなシンボルがあります。それは、本堂の外観の大きな面積を占める屋根です。

その表面積は約2050平方メートル(約620坪)という非常に大きなものですが、棟(屋根の頂点)から軒先まで、なだらかな曲線で構成されています。この屋根の造りは「寄棟造り」と呼ばれ、平安時代の宮殿や貴族の邸宅の建築様式の流れをくむものです。また、屋根材には檜皮(ひわだ)が使われています。

清水寺本堂の大屋根は、特に舞台側の軒が深く作られていて、これが強い存在感となっています。清水の舞台のダイナミックな迫力はこの大屋根もあってのことといえるでしょう。

こうした特徴のある清水寺の本堂ですが、いつ頃建てられたのでしょうか?

清水寺の開創は778年。1200年もの非常に長い歴史のあるお寺ですが、1629年(寛永6年)の大火災によりほぼ全焼してしまいます。現存しているこの本堂は、その後、徳川家光の寄進により1633年に再建されたものです。

「平成の大改修」のクライマックスは

家光による再建からすでに400年近く。この間、修理がくり返されてきましたが、傷みが激しくなったため、清水寺では2008年から「平成の大改修」が行われています。2017年2月からは、そのクライマックスともいえる本堂大屋根の葺き替え工事が始まりました。

これは屋根材の檜皮を交換する工事になりますが、檜皮とは文字通り檜(ひのき)の樹皮のこと。檜皮を屋根材として加工し、屋根を葺く技術は古来より日本で独自に発達してきました。檜皮は樹齢50年から60年の檜から採取しますが、樹皮が再生されるまで8年程度かかります。このように檜皮は希少な材料であり、同じ植物性の屋根材である藁(わら)などに比べると非常に高価なため、檜皮葺きは伝統的な神社仏閣などの屋根に限られています。

先述の通り、清水寺の屋根は非常に大きなものですから、その葺き替えには大量の檜皮が必要になります。工事を運営する京都府文化財保護課では、10年をかけて全国から檜皮を集め葺き替え工事にのぞみました。

大改修工事の竣工予定は2020年3月。現在、本堂の周囲には礎石から屋根の頂上まで足場が組まれていますが、その姿も圧巻です。清水寺の次の大改修は数十年後といわれます。工事中の清水の舞台と大屋根の姿も一見の価値があるのではないでしょうか。

屋根材のおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • 屋根

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の塗替えをする理由は? 日本の夏といえば、台風がつきもの。台風をはじめとする自然災害が多い日本の住宅においては、屋根メンテナンスをきちんとすることが家の寿命を伸ばす秘訣になります。屋根はつねに紫外線や風雨に直接さらさ…

  • メンテナンス

    戸建住宅の修繕計画を立てよう

    戸建住宅の修繕計画を立てよう

    家は購入してからが大事 マイホームを持つことが将来の夢という人は少なくないでしょう。しかし、家は手に入れることがゴールではありません。長年にわたって良い状態を維持し、快適に暮らし続けるのが大切です。 日本では、これまで木…

  • リフォーム

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    中古物件で思い通りの家づくり? ここ数年間、戸建住宅の建設費用ならびに新築住宅の価格も高止まりの傾向が続き、新築着工件数も低水準で推移しています。ただ、細部までこだわって思い通りの家を新築したい、ピカピカの新築住宅に住み…

  • 屋根材

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根の雨漏りの意外な原因 雨の多い季節になりました。木造住宅の大敵、雨漏りをしっかり防いでいきたいものです。 雨漏りの原因といえば、屋根の瓦やスレートの破損、ズレ、または窓のサッシまわりのシーリングの劣化などが考…

  • メンテナンス

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    住宅の細かい不具合はリフォームのタイミングで一気に解決 住宅のリフォームをするきっかけや理由は人によりさまざま。とはいえ、戸建住宅の場合、壁紙の貼り替えや古くなったシステムキッチンやユニットバスの交換など、おおよそ10年…

  • 屋根

    大阪城の美しい緑の屋根をよみがえらせた、驚きの屋根修理とは

    大阪城の美しい緑の屋根をよみがえらせた、驚きの屋根修理とは

    大阪城の屋根材は? 古くから、商都・大阪のランドマークであり続ける大阪城。美しい緑の屋根がそのシンボルになっていますが、この屋根は何でできているかご存知ですか?屋根材としては立派な本瓦の形状をしていますが、緑色の瓦を葺い…

  • リフォーム

    初めてのリフォームを成功させるために

    初めてのリフォームを成功させるために

    リフォームって、どうするの? 気に入って購入したマイホームも、何年か暮らすうちに修繕や変更したい箇所が出てきます。そこで、リフォームを検討することになりますが、初めての場合は、どこ(誰)に依頼すればいいのか、どのように進…

  • リフォーム

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家は永遠じゃない? 家を購入したり、建てたりしたなら、いつまでも快適に暮らしたいものですね。とはいえ、新築から10年以上経てば、何かしらメンテナンスや修繕が必要になってきます。 また、エアコンや給湯器などの住宅設備の多く…

  • メンテナンス

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    家を守る大切な外壁や屋根の工事だから 外壁や屋根の修繕・リフォームが必要になったら、外装業者に工事を依頼することになります。外装は住宅全体を雨風から守る重要な部分ですから、きっちりとした施工が欠かせません。とはいえ、屋根…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ